プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


今年に入ってから、東方・艦これの素敵なフィギュアをゲットする機会に恵まれ、
そのフィギュアレビュー記事には絶対不可欠な写真なのですけど、
室内で撮影するとどうしても光の関係できれいな写真が撮りにくいということもありまして、
以前もそうでしたけど、例えば、さとり様とかゆかりんとか霊夢とか艦これの夕張ちゃんとか浜風・瑞鳳などを
自宅近くの公園までお連れさせて頂き(笑・・)、そこの公園内で写真撮影をさせて頂くこともあったりします。
もっとも私の持っているポンコツデジカメ程度の私のあのしょぼい撮影の腕では、別に室内で撮っても屋外で撮っても
大勢に影響はないと思うのですけど、室内ですと光の加減が案外難しいものでして、そうした意味では開放的で
光の調整なんかしてなくてもデジカメの自動調整機能を使いさえすれば何とかなってしまう屋外撮影のほうが
私は好きですね・・




CIMG0317_convert_20170530194304.jpg





ま、たま~にですけど、ゆかりんとか瑞鳳みたいな派手な外見のフィギュアを撮っていたりすると、
小さいお子さんが「あー、なんかヘンなことしている~」みたいに興味津々でその様子をじーーっと見つめられていることも
あったりしますし、そのお母さんたちの「関わってはいけません・・」みたいな冷たい視線を浴びたりもすると(汗・・)
「早くあっちへ行ってくれぇ~・・」みたく感じることもあったりはしますね。

だけど屋外撮影の場合、そんなことは別にどうでもいいですけど、実はもう一つ困ったことがあったりもします。

特に夏場がそうなのですけど、公園というと樹木や花等が色々と植えられているせいもあるのですが、
とにかく蚊みたいな虫が多くて、昔から蚊に刺されやすい体質の私なんかは、
こうした虫に腕とか首とか刺されまくりで困ったもんです・・
別に本人にその気が全然無くても、勝手に虫、特に蚊が勝手にどんどん近づいてきて、刺していってしまうの
ですよね・・・
何かそう言うのって、遺伝・体質というのもあるらしいのですけどとにかく、昔から蚊に刺されやすい子でした!
私、血液型は大雑把なO型なのですけど、なんかの話でO型が一番蚊に刺されやすいとかいう話を聞いたことがあるのですが、
血液型と虫刺されの因果関係なんて本当にあるのかな・・?
高校生の頃は自転車通学で片道12キロの道を毎日通っていましたけど、その抜け道と言うか近道が
田んぼの中だったのですけど、その中を半袖一枚で通り抜けると、毎回蚊に刺されまくりという感じでしたけど
最近のフィギュア撮影時も半袖というせいもありましたが、右腕が2箇所 左腕が3か所 首が1箇所・・・
まったくあんな短時間でこんなに刺されまくりですので、そりゃ痒くてたまらん!という感じになりますよね・・(笑)

まだしばらくは暑い日もあると思いますので、ムヒとか虫コナーズとか蚊取り線香が離せない日々がまだまだ続きそうですね・・

あ・・だけど蚊ぐらいならかわいいものですよ!

以前なのですけど、仕事中に毛虫に刺されてえらい目に遭ったこともありました。

その時の話なのですけど、あまりにも太ももがちくちくするのでよーく見てみると、
かなり大きめの赤いブツブツが10箇所ぐらい出ていて、これがとにかく痒くて痒くてどうしようもないという感じでした。
結果論から言うと、この時にかゆさの誘惑に負けないで
まずは水できちんと流した上で、軟骨の塗り薬を塗っておけばよかったのでしようけど、
あの時はとにかく「かゆさ」に負けてしまい、思いっきり掻いてしまったら
一時的には痒みは取れたのですけど、その後一晩寝て翌朝起きてみると、
太もも全体が炎症起こしたみたいに赤く晴れあがっていて、とにかく歩くだけでなんかチクチクする感じ・・・
会社にたどり着いて、現場監督に見て貰うと・・・

「あーー、こりゃ毛虫だね、刺されたんだね・・・・ご愁傷様! しばらく痛痒い状態続くよ・・
あ、これ、絶対に掻いちゃダメだよ!
え・・・? 既にかきまくった・・・・??
ダメだこりゃ、毛虫は毒針があるんだよ・・・
刺された部分を掻いてしまうと、毛虫の毒針がさらに、肌に食い込んでしまうんだよ。
だから、毛虫に刺されたら、水で洗い流して粘着テープを肌に触れさせて、それで針を取るのが一番なんだよ」
と教えて頂いたのですけど既に後の祭り状態でしたね・・・

赤いブツブツがその後、どんどん大きくなり、太もも全体がなんか腫れ上がってしまう感じになってしまい、
歩くのすら痛いという状態にも一時期なっていました・・・

うーーん、たかが「毛虫」と思ってバカにしているとエライ目に遭うものですね・・・

というか、あの時毛虫とは全然分からず、ただの「蚊」と思って蚊に刺されと思って普通にボリボリと掻いてしまった事が
全ての敗因だったと思います。

そしてその後勧められた「リンデロンvg軟膏」という塗り薬を塗ったところ翌日には痛さも痒さもなくなり、腫れも引いていき
なんとか元の状態に戻りました。

チクッと何かに刺されたら、それは蚊や蜂に限らず場合によっては毛虫という事もあるということですね。
そして万一毛虫に刺されたら絶対に絶対に掻いたらダメ・・・!!という事がその時の教訓でしたね!

うーーむ、やっぱり虫はこわい、こわい・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ははは…
小さい子をもつ母の気持ちもわかるけど、
ドールを野外で撮影する気持ちも
よ~くわかる!
やっぱりね、屋外の自然光で撮ると
イキイキするのよね~♪♪♪(⌒▽⌒)

毛虫って刺すんですね…(; ・`д・´)知らなかったです、私も気をつけよう!
野撮は楽しいけど、やっぱり虫刺されとの格闘になりますよね~。
私も何回、蚊に献血をしたことやら(;▽;)
でもやっぱり素人にも綺麗に撮れる自然光って魅力で、ついつい野撮したくなるんですよね(笑)

野外撮影

napo 様


私は基本的には平日休みですので、平日の午前中は公園でこうした野外撮影をしてもあまり目立たないのですけど、
たま~にですけど、保育園の園児と保母さん御一行様が来たりすると、最悪ですね・・(汗・・)

小さいお子さんたちは好奇心の塊みたいなものですからね・・

そうそう、8/29の記事のとてつもなく派手で華麗なフィギュア記事レビューにおいては、
子供たちの「なになに、このおねーさんの人形は!?」みたいな視線が痛かったです! (滝汗・・)

毛虫

めろ子 様


マヤちゃん達のドール撮影を日頃からされているめろ子さんには多分ですけど
「野外撮影というのは虫と小さいお子さんたちの視線との戦いだ・・」という事はわかって頂けると思いますので、
共感のコメントは大変ありがたいです!(笑・・)

小さいお子さんにとっては、ゆかりんとか艦これの大和・瑞鳳・翔鶴みたいな目立つ外見フィギュアは
好奇心以外の何物でもないのかもしれないです。

それと蚊には困ったもんですね・・

なんであんなへんなところを刺すのでしようか・・? (汗・・)

そうそう「毛虫」は決して侮ってはいけないですよ!

あの毒針はかなり危険です! 万一刺されたらとにかくガムテープを刺された場所に張ってぴっと剥がすことで
針を抜き、水洗いをしないと
私のようにエライ目に遭います・・!

私もよく外でフィギュア撮影をするのですが公園でやるとやっぱり見られますよね。興味津々で眺めてるちびっ子たちは「楽しそう!」「やってみたい!」とか思ってくれているんだと信じたいです…。
子供に指を差され虫にも襲われけっこう大変ですけどそれでも屋外撮影は楽しいですよね。「お気に入りのあのキャラが私の住む町をお散歩中!」…みたいな感じでw

毒毛虫はとっても怖いです!
種類によっては放っておくといつまでも痒かったり蜂に刺されたのかと思うくらいの超激痛だったり…。
そして木陰で撮影なんてする時にはそんな毒毛虫が頭上から降ってくる可能性があるのがまた恐ろしいですね…w

ゆかりんフィギュアはやっぱり子供もこわい・・??

schwert 様


小さいお子さんというのは正直ですので、以前公園で野外撮影していたゆかりんについては
「こわい・・」と感想を漏らされた小さいお子さんもいましたので、
私としては複雑な心境です・・(汗・・)
ま、ゆかりんは確かに「畏敬」というのが一つの売りでもありますので、怖いという感想は一つの褒め言葉と
解釈したいと思います・・(笑)

schwert 参のブログ内の記事でもありましたけど、ホイップのフィギュア化は大変嬉しい知らせですけど、
放映完了後2年以上経過しているのにラブリーやハニーの商品化がいまだに実現化されていないのは
とっても残念です・・
ラブリーは是非立体化して欲しいですね! (笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3790-6772e7f3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |