プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


23.武生東高校


D/交響曲第3番「シンフォニーポエム」 (A.ハチャトゥーリアン)



北陸代表と言うと、1970年代~80年代当時においては、高岡商業と富山商業の2チームだけというイメージでしたけど、
武生東高校という学校が90年代以降は
富山商業を押しのけて、3年連続全国に出場していたのは驚異的な事だと思います。
(もっとも富山商業の坪島先生は、この時期勇退されているみたいですが・・・)
余談ですけど、そうした意味においては、80年代における北陸代表の富山商業と高岡商業という不動のレギュラー代表が
定位置を占めていた中で、1982年において金沢二水高校が高岡商業を退ける形で見事に代表の座をゲットしていたのは
凄い事だと改めて感じたりもします・・

武生東の全国大会初出場は1990年の「吹奏楽のための神話」でしたけど、この時はかなり緊張していた様子が
普門館からの客席にも伝わっていて、演奏自体もカチコチに硬くて見事に演奏が崩壊していたような印象があるのですけど、
そうした初出場時のに比べると、随分と進化していたような印象があります。
90年の初代表から結果的に3年連続北陸代表の座を実力で掴んでいたその実績が既にこの頃には自信となっていたのだとも
思われます。
演奏自体も90年の初出場と明らかに異なっていて、のびのびと吹いている様な雰囲気すら漂わせていたと思います。

だけどこの時代の高校の部は既にとてつもなくレヴェルが高い時代に突入していて、
ちょっとした印象の悪さや音程の悪さが散見されれば評価としては問答無用で銅賞という評価になってしまう
厳しい時代になっていたのだと思います。

このチームの特徴はいい意味でも悪い意味でもその「おおらかさ」にあるのかなとも当時感じていました。

そうした意味においては、この課題曲Dのような曲はこのチームにぴったりみたいな感じもあり、やはりそこから聴こえてくる
音楽にはのびのびとした楽しさがあったと思います。
だけど前半というか冒頭部分のリズムが少しギクシャクしていて、このリズム感の悪さを取り戻すのに
少し時間が掛ってしまったのが上記の印象の悪さに繋がってしまったような感じもあります。

自由曲のハチャトゥーリアンのシンフォニーポエムは、このチームのおおらかさ・素朴さ・素直な感じが
ストレートに発揮されていて全体としては大変のびのびと吹いていて、スケールの大きさも十分に伝わり
決して悪い演奏ではないと思います。
結果的にこの年も銅賞を受賞するのですけど、この銅賞はちょっと気の毒みたいな感じもあったと思います。
サウンドに少し濁りを感じた事と少し全体的におおらかで素直な響きなんだけどもっさりという印象も与えがちなのが
マイナス評価として審査されたようにも感じられます。
冒頭の炎のような金管セクションの咆哮は大変迫力がありましたけど、その後に展開される木管セクションの音のうねりが
少し弱かったようにも感じられますし、
確かに強奏時の熱演には目を見張るものもあるのだけど、中間部の木管を中心とした「しっとり感」は
できれば弱奏の熱演を求めたかったのですけど、その辺りは意外と単調にさくさくと進行していたのも、私としては少し
不満を感じたものでした。
だけどラストにかけての追い込みと盛り上がりは実に自然な流れで、「スレスレ銀賞に潜り込めるかな・・?」と思ったら
評価は銅賞という事で、やはり部分的な「濁り」が印象を悪くしたような感じもありました。

武生東はは翌年の1993年の「ローマの祭り」も惜しくも銅賞で
1994当時、高校の部では珍しい「5年連続銅賞」という珍しい記録が期待されたのですが(?)
94年以降は指揮者が奥田先生から植田先生に変った事が功を奏したのか結果的に初の銅賞以外の賞を受賞し、
5金ならぬ5銅は回避されていました・・・

最後に・・

このハチャトゥーリアンの交響曲第3番「シンフォニーポエム」は、1984年の花輪高校の全国大会初演より
2016年時点で計12回全国大会で演奏されているのですけど、
初演で元祖の花輪高校を超越する演奏は中々出てこないですね・・・
やはりそれだけ小林先生が指揮された花輪高校が偉大だったという事なのかもしれないですね・・・
(個人的には91年の内灘中とか97年の立正大学は好きな演奏です!)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

シンフォニーポエムは、小林先生アレンジの花輪高校の演奏が一番だと思いますし、あの演奏を超える演奏は二度と出てこない不世出の演奏だと思います。

同感です!

けいたろう 様


私も「シンフォニーポエム」というと1984年の花輪高校の演奏が最高だと思います。

あの歴史的名演を超える演奏が21世紀に入ってもいまだに登場しないのは、花輪高校の偉大さを立証しているのだと
思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3782-8048ff65
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |