FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


少し古い話ですけど、先日・・8月6日は、夏(立秋)の節分の前日という事で、2月3日の立春の節分に引き続いて
大手コンビニ・スーパー等を中心にまたまた「恵方巻」のイベントが展開されていました!
というか、私、実は最近まで全然知らなかったのですけど、節分というのは2月3日のいわゆる「豆まきの日」の節分
だけではなかったのですね。
本来は一年を通して、計4回の節分があり、立春・立夏・立秋・立冬の前日がそれぞれ節分なそうです。

節分というとやはり2月の豆まきという印象が大変強いせいか、節分=2月3日とイメージが濃厚で、
まさか一年を通して節分が4回もあるとは最近まで全然知りませんでした・・・(汗・・!)

4回もあるという事なのですけど、一般的には豆まきをしたり恵方巻を食べるのは2月の立春の節分のみというイメージは
結構あると思います。
豆まきというのは全国的な風習と言えるのかもしれないですけど、恵方巻を食べるという習慣は元々は関西方面がメイン
であったのを、「2月3日はがぶりと恵方巻をかぶりつきましょう!」とコンビニ等が
2月の立春の節分と恵方巻をセットにしてキャンペーン展開したのがそもそもの始まりなのだと思います。

東北生まれ・東北と関東育ちの私にとっては、「恵方巻」って言われてもいまだに今一つピンとこないのですよね。

関西方面の行事をいつの間にか「日本の伝統行事」として全国展開するコンビニの商魂逞しさには圧倒されてしまいます。

そうしたコンビニ各社やスーパー等の努力が実り、2月3日の節分に恵方巻を食べるという習慣自体が
関西だけではなくて全国的に相当浸透したと思われる2011~12年の夏あたりから
「節分は年に4回もあるし、夏場で食欲が落ちる時期だからこそ恵方巻をガブリとかぶりついて
パワーを付けましょう!!」みたいな感じで、夏の節分=立秋の時期にも「夏の恵方巻」というイベントが始まったような
印象があります。
現実的には、まだまだこの夏の節分の恵方巻は浸透していませんし、購入する人も2月に比べると
それ程多くはないと思いますし、コンビニ・スーパー等で8月6日前後に恵方巻を見かける事はあんまりなかったような
印象もあります。

だけど商魂たくましいコンビニ業界ですし、「まだまだ稼ぐチャンスがあるはず」と認識している限りは、
今後もこうし夏の節分に恵方巻を食べようみたいなキャンペーンが強化されていくと予想されますし、
これが更に浸透していくと、
「それだったら、5月の立夏と11月の立秋の節分の際にも恵方巻を消費者に買わせるようにしよう!!」みたいな展開も
予想されますし、
もしかして・・?
数年後の日本においては「年に4回恵方巻を食べる」という習慣が新しい習慣として定着する可能性すら
秘めているのかもしれないですね。
実際に現時点ではローソンが既に年に4回の恵方巻を発売しています。

だけど現時点ではまだまだ2月の節分に比べると恵方巻の売上自体は極めて少ないとの事です。

現時点でコンビニ各社やスーパー等が「夏の恵方巻」に力を入れ始めているのは、
「いずれ年4回恵方巻を食べて貰う」事の布石とも言えるのかもしれないですし、現時点においては、
夏の恵方巻を展開する事によって、メインとなる2月の節分という「本番」に向けての事前準備とか事前PRという意味が
あるのかもしれないですね。

うーーむ、コンビニの商魂は逞しいけど、こうした事が日本人が本来有しているはずの「四季のありがたみ」とか「季節感」を
破壊していると言えるのかもしれないですね。










さてさて・・こうしたコンビニのイベントや戦略に極めて弱い御方というと・・
そりゃまー、うちの奥様に尽きると思うのですけど(汗・・!)
2月に続いて、またまた今回も何本か購入していましたね。
彼女的には、スイーツ系の恵方巻が欲しかったようで、
例えば2014年にセブンイレブンで販売されていた「フルーツブーケ」みたいにどうみてもクレープじゃん・・!みたいな商品が
無かったのが彼女的には心残りだったようですね・・

だから今年は、オムライス巻と海鮮とツナのサラダ巻という彼女にしては珍しく(?)無難な選択をしていたようでした(笑・・)




004_convert_20170807171507.jpg




こちらは「オムライス巻」ですけど、海苔の部分が卵というのもいかにもオムライスという感じですね。

そうそう・・これ中身は意外と面白いです。

ケチャップのチキンライスをベースにしているのですけど、中に丸ごと1本ウィンナーが入っているのが
なんとなく和風ホットドッグみたいな感じもしたものでした。

ウィンナーと卵とケチャップは昼のお弁当の一つの定番でもありますし、味としての相性も抜群のものがあり、
とても美味しいと思いました。
これはどちらかというと和の恵方巻ではなくて洋のロールという感じですね!




006_convert_20170807171538.jpg




こちらは海鮮とツナの恵方巻ですけど、うーん・・そうですねぇ・・印象としては、
海鮮といってもなんとなくカニカマとツナをマヨネーズでくるんだものという食感が強かったですね。

どちらかというと普段食べているような「ツナ巻き」と大して変わりがないような感じもしました。

だけど年に1回でも4回でも別にどちらでも構わないので゛すが、こうやってたまにはがぶりと太巻きをかじるのも
いいものですよね! (笑・・)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

夏の恵方巻き…そんなんあるんだぁ~
今度チェックしてみようっと(⌒▽⌒)

これからは年に4回・・??

napo 様


実はなのですけど日本には節分は年に4回あるのです!

そして商魂逞しい日本のコンビニは、4回の節分だから年に4回の恵方巻きを・・と虎視眈々と商売拡大を
狙っていると言えるのかもしれないですね!

次回は秋の恵方巻きとの事らしいです・・(笑・・)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3760-6ebae902
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |