FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


以前、交響詩と交響曲の境界線って何だろう?と書いた事がありましたが、
結局良く分らないというか、曖昧と言うか、
作曲家が「これは交響詩」と言えば、どう見ても交響曲の体裁であっても、それは交響詩になってしまうし、
逆も然りとか何とか書いた事がありますが、
同様な事は、協奏曲と交響曲にも言えるのかなーと思います。

その典型的な例が、ラロの「スペイン交響曲」でしょうかね。
この曲は誰がどう聴いても形式的には「ヴァイオリン協奏曲」以外の何物でも無いと
思います。
だけど作曲者本人が頑なに交響曲と言っている以上、それはどうしても交響曲に
なってしまいますよね。
だけど、まあ形式はどうでもいいのですけど、この曲は魅力たっぷりの曲ですよね。
第三楽章のいかにもサラサーテを連想させるようなメロディーとか
第五楽章のスピード感あふれる展開、名曲に恥じる事はない曲だと思います。
この曲を聴くと毎回感じてしまうのですが、
第四楽章は、どう聴いても第五楽章の導入部というか序奏にしか聴こえないのですが、
なぜ単独楽章にしたのでしょうかね・・・?
第四と第五楽章は一つにまとめた方が、四楽章の交響曲としてかえってすっきりとした形式にも
なるような気がするのですが・・・
ラロのスペイン交響曲は、上京後間もない頃に、堀米ゆず子ソロの読響定期で初めて聴いて
一発で好きになりました。
その後も千住真理子とか色々な名演を聴く機会もありましたが、
個人的には、神尾真由子独奏/ヤルヴィ指揮の日本フィルのサンデーコンサートが極めて
印象に残っています。
あの時の神尾さんは、まだ高校生ぐらいだったと思いますが、神かがりのような奇跡的名演奏でした。

同じようなケースとしてベルリオーズの交響曲「イタリアのハロルド」があると思います。
この曲も誰がどうきいても「ヴィオラ協奏曲」としか聴こえないのですが、
スペイン交響曲との決定的な違いはどこにあるかと言うと、
生の演奏会に行けば分ると思うのですけど、
独奏楽器の見せ場が圧倒的に少ないというか、独奏楽器が活躍する時間が短いのが
イタリアのハロルドだと思います。
嘘か本当かよく分りませんが、ベルリオーズの回顧録では、
当初パガニーニにこの曲の総譜を見せた所、独奏楽器が活躍する場が少ない事に難色を示した・・・
と書かれていますが、曲を聴く限りでは、何となく「それは分る・・・」と
言いたくはなります。
この曲を生の演奏会で聴いた事は一度しかありません。
1997年頃に今井信子独奏の読響のサントリーホールでの演奏会だったのですが、
この演奏で二つほど面白い試みがありました。
一つは、ハープを左右二か所設置し、楽章によってハープ奏者の位置を変更させていた事
及び二つ目は、独奏者の今井さんを、指揮者の目の前ではなくて、チェロとコントラバス奏者の中間に
位置させ、しかも高さ1m程度の台の上に今井さんを乗せ、比較的高い目線に独奏者を
配置させたという事が行われていました。
正直「それ程効果はあったのかな?」と感じさせる程度の演奏的と言うか、音響的効果しかなかった
ようにも感じましたが、配置を目立たせるという視覚的効果は多少はあったかなと思います。
今井さんがもしも高所恐怖症だったとすると、かなりひびったかもしれません・・・

メシアンの「トゥーランガリア交響曲」もその辺が少し曖昧かもしれませんよね。
曲自体長いし、第10楽章まであるし、
何よりもピアノにオンド・マルトノという特殊楽器のダブル協奏曲という解釈もできるのかなーと
思います。
だけど、この曲は何度聴いても自分には理解不能・・・
せいぜい、第五楽章「星の血の喜び」・第六楽章「愛の園」くらいしか分らないです・・・
1999年のサントリーホールの東京交響楽団の定期では、
前半の矢代秋雄のピアノ協奏曲の受けは非常に良かったのに、
後半のメシアンのトゥーランガリアは、あまりにも長すぎるためか
途中で席を立つ人が続出していたので、すごく印象に残っています。
だけど、その気持ちはすごく分りますね・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/376-cd032056
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |