プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


温泉ホテル等の「温泉企画゜旅行」においては、夕食と朝食の「バイキング」はすでに定着していると
思いますし、あれは自分の好きな料理を少しずつでもたくさんの種類を食べることができるから、本当に
素晴らしいシステムだと思います!
バイキングとか食べ放題を最大限楽しむコツというのは簡単でして、要は一つの種類だけをたくさん食べすぎないことです!
バイキングの醍醐味はなんといっても「多種類の料理をA味わう事」なのだと思います! (笑)

そうしたバイキング…特に朝食バイキングにおいて特に大人気メニューの一つが
生ハムであり、メロンにその生ハムを包んだものといえるのかもしれないですね!
カリカリに焼いたベーコンとかマスタードたっぷりのソーセージとかスクランブルエッグとか半熟状態の目玉焼きなんかも
とっても美味しいのですけど、
「生ハム」って意外と普段では食べる機会も多くないと思えるだけに、朝食パイキングに生ハムとか生ハムのメロン包みが
メニューとして出されていると、なんかついついテンションが上がってしまいます・・(笑)

生ハムというと何となくですけど高級食材みたいなイメージがあるようにも思えます。
(普段なかなか口にしない食材ともいえますので、そのように感じるのかもしれないですね)
逆に「ベーコン」というとスーパーでもよく安売りの目玉商品みたいな扱いもされることが多いせいなのか、
どちらかというと「庶民の味」みたいな印象もあったりします。
生ハムとハムは似たようなものと思われがちなのですけど、作り方は大きく違います。
意外かもしれないのですけど、生ハムはハムよりベーコンに近いとも言え、
高価なイメージがありそうな生ハムは、庶民の味ベーコンの兄弟とも呼べる食材といえるのかもしれないです。
ちなみにですけど、ハムと生ハムの違いは言うまでもなくボイルするかボイルしないかの違いであり、
くん煙してもくん煙しなくてもボイルしなければ扱いは「生ハム」ということになるそうです。
くん煙しない生ハムは、単に干しただけの塩漬け肉にしか思えないのですけど、実はこれでも立派な生ハムと
言えるのです!
ついでに書くと、ハムと生ハムの違いはもう一つあり、
くん煙する、換言するといぶす場合の温度が異なるそうでして、いぶす時間の目安は、
ハムは温くん法という手法を取り、30~80℃の温度で1日5時間程度、それを1~3日程度いぶすのが一般的です。
生ハムは、くん煙する場合は、冷くん法という手法を取り、15~30℃の温度で
1~3週間程度とかなりの長時間かけていぶすのが一般的とされています。
(繰り返しになりますけど、生ハムはくん煙しない事・・つまりいぶさなくても生ハムとして認められています)

なんかごちゃこ゜ちゃ書きましたけど、ハムと生ハムは名前は似ているけど全然別の食べ物と言え、
味や食感を左右する調理方法はまったく別物と言えると思います。

ベーコンなのですけど、
ベーコンを作る主な部位はバラ肉で、その製造方法はバラ肉の塊を塩漬けして熟成し低温でくん製にします。
仕上げにボイル等の加工等を行わず、いぶしだけで終わるものをベーコンと呼んでいるのです。

まとめると・・ ベーコンと生ハムについては、
共通点→どちらも非加熱でいぶし方法は冷くん処理
相違点→生ハムはケーシング(型に詰める)という事で、その製造方法から考えても
生ハムに近いものはベーコーンでありハムではないのです!

冒頭で書いた通り、なんとなくイメージとしては「生ハムは高級品でベーコンは安っぽい食べ物」みたいな感じも
あったりするかとは思うのですけど、実際には生ハムとベーコンは大変近いものがあるという事なのだと思います。
だから・・
バイキング等で生ハムだけを見ても「ありがたや、ありがたや・・」と考えるのではなくて
生ハム見た際には「ベーコンに近い食材なんだ! だからこれもありがたや、ありがたや・・」と考えた方が
宜しいのかもしれないですね・・(笑)

以前なのですけど、うちの奥様がこの生ハムを懸賞品として見事に当選した事がありました!
パルマハムの生ハムを2セットでしたけど、このパルマハムって結構いい値段はするみたいで
悪くはない当選品でした。

おまけに・・実をいうとうちの奥様は生ハムが大嫌いですので、その懸賞品のおこぼれは、私が独占する結果に
なってしまいましたけど、
生ハムは、味自体は大変塩っぽいけど確かにおいしく、メロンに包んで食べるとそのしょっぱさが大分中和されるようにも
感じたものですし、
パスタの具材として使用しても麺との相性が大変申し分なかったと思いました。










パルマハムは、別名プロシュット・ディ・パルマとも呼ばれていて、
金華火腿、ハモン・セラーノと並んで世界三大ハムの一つに数えられるそうなのですね!
DOP(保護指定原産地表示)の一つとなっており、産地保証による品質管理のため、
この名称を使用する条件は厳しく運用されているとの事なのですけど、
東方のルーミアじゃないですけど、まさに「へー、そーなのかー」という感じですね! (笑)

うちの奥様が当選したパルマハムって実はかなりの高級品だったのですね!

ちなみにですけど、パルマハムに限らず生ハムの美味しい調理方法は、うすく切ったものを生で食べるのも素敵ですけど、
やはり少しひと手間加えたいですね。
そうした場合、生ハムのアボカドクリームチーズ巻き・冷たいトマトの生ハムマリネ・生ハムのアスパラチーズ巻きも
美味しいですし、
定番のバスタの場合、トマトと生ハムの冷製パスタとか生ハムのカルボナーラもとっても美味しいと思います!

たまにはロースハムだけではなくてこうした生ハムをひと手間加えて食べてみたいものですね!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

生ハムとハムって同じモノだと勘違いしていました^^;ベーコンとの関連もよくわかりました。メロンと生ハムは定番ですが、どうも果物と肉って不思議な組み合わせな感じがしますよね~^^;まあ、おいしければ構わないのですが~^^

二つの理由

八咫烏(全力稼働中) 様


考えてみると、メロンと生ハムの組合せってヘンですよね・・(笑)

そにには、メロンの熟す前の少し青臭い感じを生ハムの塩分で和らげるのと
生ハムのしょっぱさをメロンの甘さで中和するという意義があるとの事です。

一見妙な組み合わせでもちゃんと理由はあるものなのですね!

生ハムってそういうことだったのですねぇ。生ハムは大好きでよく食べるのですけど知りませんでしたw
生ハムが苦手という人もけっこういるみたいですが、味気ないグリーンサラダも生ハム2、3枚とオリーブオイルなんかがあればグッと豪華なおかずになるのでなかなか頼れる存在です。

生ハムメロンって不思議な組み合わせですけど伝統ある食べ方なのですね。しょっぱいのか甘いのかどうなのでしょう…。
私はトマトと合わせるのが美味しくて好きですw

ハムと生ハムの間にそんな差があったとは、驚きです。
同じものだと思ってました…。
両方共美味しいですしね!
生ハムはハムと比べて、生ハムメロンのように色々な食材と相性が良くて、食べ方も色々な気がします。

すいかと塩

schwert 様


野菜と生ハムの相性も抜群のものがあると思います。これだけ塩気が強いとオリーブオイルだけで十分だと
私も思います。

生ハムメロンというのは、メロンの甘さを生ハムの塩っぱさがカバーし、生ハムの塩加減の強さをメロンの甘さで
やわらげるという意味では、
スマイルでれいかさんがいっていたように「スイカに塩」みたいな効果があると
言えるのかもしれないですね。

似て非なるもの・・・

すいか 様


そうなんですよ!

実は名前は似ていようでもハムと生ハムは作り方等の概念が全然違う食べ物なんですよね!

生ハムって塩っ気が相当強いですので、メロンの甘さで補っているのかもしれないですし、
バスタと絡めることで更に味に深みを出せるし、
はたまた生野菜サラダと絡めても相当美味しいと思いますし、
使い方次第ではまだまだ違った味わいが楽しめそうな素材だと思います!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3759-dc438235
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |