プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
12位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ラーメン屋さんで食べる「チャーシュー麺」って本当に美味しいと思いますし、あのチャーシューたっぷりのラーメンは、
「ちょっとしたぜいたくけとか「ささやかだけど自分へのご褒美」という言葉がとてもよく似合いそうですし、
私なんかも餃子とチャーシュー麺という組合せは、「最後の晩餐」メニューの候補に必ず入りそうな素敵な
メニューだと思います! (笑)

それにしてもラーメン屋のチャーシュー麺の上に乗っかっているあのうすいチャーシューはとっても美味しいものが
ありますね!
ラーメン店によってはそのチャーシューがとてつもなく肉厚というお店もあったりするのですけど、
確かにボリュームがありジューシーで美味しいとは感じるものの、
「やっぱりチャーシューはあのうすさの肉が何枚もの乗っているのがいいんだよねぇ・・、あまり肉厚すぎるのも
ちょっとね・・」みたいに感じる事もあったりします。

以前なのですけど、なんとなくチャーシュー=焼き豚なのかなぁ・・と思っていた事もあり、
一度スーパーで「焼き豚大安売り! 1パック200円!」みたいな特売がされていた時に、
「おーー、この焼き豚を購入すれば家でもあのおいしいチャーシュー麺が食べられるじゃん! これはいいねぇ・・」と思い、
この焼き豚を購入したはいいけど、家でこの焼き豚を食べてみてびっくり・・!
「えー、これってチャーシューとは全然違う食べ物じゃん! これはチャーシューとは認められない!
これはどちらかというと焼いた味付きハムみたいなもんじゃん・・」と感じたものでした。

そうなんですよ! 今にして思うとこの瞬間こそが私が「焼き豚はチャーシューに非ず!」と認識した初めての瞬間であったとも
言えると思います・・(笑)

「チャーシュー」とは、元々は中国語の「叉焼肉(チャーシューロウ)」を意味する言葉です。
豚肉のブロックに下味をつけ、その後タレを塗り、串に刺して焼いて食べる料理と言えます。
だから本来的な意味としては、チャーシューとは「焼いた豚肉」の事を示すのだと思われます。

日本にチャーシューが伝えられると、ここでまたまた日本人は「お家芸」とも言える
「日本の国民に合ったモノ」として絶妙なアレンジを施すことになります。
つまり・・豚肉のブロックに下味をつけてから、醬油や香味野菜と一緒に煮て作った方が味もしみるし、
保存も効くし柔らかくて口当たりの良いし、焼いたもの・・つまり焼き豚=チャーシューよりは全然おいしいという事が
段々に浸透していきます。
これが、いわゆる「煮豚」なのだと思われます。
確かに・・上記で書いた通り、スーパーで何気なく「これもチャーシューなのかな・・?」と思い込んで買ってしまった焼き豚
というのは、焼いたハムみたいな感じで、食感としてはコリコリ少し硬いみたいな印象もあったりします。
だけどこの煮豚は柔らかいしジューシーだし、やはりラーメンのスープと大変絡みやすいものは間違いなくあると
思います。
ラーメンのトッピングとしてちょっと硬めの焼き豚を置いちゃうと「ちょっと具材としては違うのかも・・?」みたいな感じを
もしかしたら引き起こしちゃうのかもしれません。
柔らかく口当たりのいい煮豚は、お客さんからも評判はよかったのだと思われます。
だからほとんどのラーメン店では、いわゆる「煮豚」を「チャーシュー」と称してラーメンのトッピング具材として使用したから、
人によっては(私もそうですけど)
ラーメンの具材がチャーシューであり、チャーシューの本来の意味は「焼いた豚」だし、チャーシューの素材は
豚そのものですので、
ラーメン屋の煮豚としてのチャーシュー=焼き豚と思い込んでしまった人がいたという事なのかもしれないですね。

結論から言うと、焼き豚とチャーシューは、元々の発想と素材は同じなんでしょうけど、両者は違う料理と
言えるのだと思います。
だけど私のように、焼き豚=チャーシューと思っている人は結構いらっしゃるのではないのかな・・?とも思います。

なぜこのような勘違いが起きているのかというと、そりゃ言うまでもなく
「ラーメン屋さんのチャーシュー麺がおいしいから」という事なのだと思います(笑)
「焼き豚」という料理はちゃんと存在しているのに
「チャーシュー麺のチャーシュー」と、中国語での「叉焼 = チャーシュー」の「焼」の文字からのイメージが
そうした誤解が生まれる原因にもなったのかなぁ・・とも思ったりもします。

少し整理してみると・・・

•焼き豚→ 豚肉のロース・三枚肉などのブロックをタレに漬け込み、その後窯やオーブンで焼く調理法

•煮豚→ 豚肉のロース・三枚肉・もも肉などのブロックを茹でてから調味液で煮込んだ豚肉料理

スーパー等の市販で取り扱いされている「焼き豚」と書かれているのは、甘めのハムのような味で、
それはまさしく「焼いた豚肉」そのものであり、「チャーシュー」と表記されたもの中身はほとんど「煮豚」であり、
ラーメン屋で具材としてトッピングされている「チャーシュー」とはこの煮豚の事なのです!

あ・・これに「豚の角煮」みたいに「角煮」みたいな概念を加えると、話が余計にごちゃごちゃしちゃいますので、
ここでは割愛させて頂きたいと思います・・(笑)





縺セ繧九■繧・s_convert_20170804121357



縺セ繧祇convert_20170804121337




最後に・・・

最近では市販のカップヌードルでも結構おいしい「チャーシュー麺」は出ていると思います。

チャーシューというのはなんか私的には「とんこつラーメン」ととても相性がいいと思いますし、ここに紅生姜が
大量に入ったものは大好きです!

そうしたカップ麺での「チャーシュー麺」で印象に残っている商品の一つが、確か2006年前後に商品化されていた
東洋水産の「マルちゃんシリーズ」の中の「マルちゃんのチャーシュー麺」だと思います!
あの商品はも麺もスープも美味しかったけど、圧巻はあの3枚も入っていたチャーシューですね!
豚ロース肉という触れ込みでしたけど、あの味はまさにラーメン店で食べるうすいチャーシューそのものでとても
美味しかったですし、これが3枚も入っていた!という事ですね!!

この商品はいつの間にか消滅していましたけど、ああいう素敵な商品は是非是非復活して欲しいものですね!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

日本人のお家芸である模倣からオリジナルへの進化。チャーシューでもやっぱりやっていたのですね^^;まあおいしいラーメンにおいしいチャーシューはつきものな気がします^^しかし、元あった文化に関して、以外と日本人は知らない(敬意を払っていない)気がしますので、そのあたりはなんとかしないといけないかもしれませんね^^;今回の記事、また勉強になりました^^

プロのラーメン屋のチャーシューは、炊飯器などに蒸し器を置いて蒸してあるんですね。
だから、あんなにトロトロして柔らか味が出ます…口の中でとろけるでしょ。
試しに、焼き豚でもいいから炊飯器で蒸してみて下さい。トロ味が出て一味違った焼き豚になります^^

ラーメン屋さんでは、ノーマルの醤油ラーメン
を食べる事が多いのですが、
先日、チャーシュー麺食べてみよう♪と頼んだら
チャーシューがい〜っぱいで喜んで食べ始めたものの
半分しか食べれず、チャーシュー麺は無理…と
悟ったのですが、このカップラならいけそう♪
今度、買ってみまぁ〜す(⌒▽⌒)

全く気にした事はありませんでしたが、言われてみれば確かに…ですね。
私も、肉厚こってり系より薄っぺらい方が好きなんですが、
あのペラい肉数枚で何で数百円も値上がりすんねん!?
てな感じで、なかなか注文出来ません…

文化の発展継承

八咫烏(全力稼働中) 様


日本人のこうした「アレンジ力」こそが未来の日本の生きるための能力と言えるのかもしれないですね。
こうした事は他国の素敵な文化をきちんと理解した上でないと出来ない事でもありますので、
自国だけでなくて他国の事もきちんと知る事はとても大切な事だと思います。

それにしてもあのうすくて柔らかいチャーシューは美味しいですよね!

炊飯器

sado jo 様


そうなんてすか!

チャーシューはあのトロトロの柔らかさが魅力の一つでもあるのですけど、蒸し器の代用として炊飯器でも
利用可能なのですね!
これは家庭でも出来そうなので、機会がある時に試してみたいと思います。

教えて頂きありがとうございます!

うすいほうがいいですよね・・

napo 様


確かに・・・・チャーシュー麺はとても美味しいですけど、チャーシュー自体があんまり多過ぎでも
それはそれで困ってしまう事もありますので、
うすめのチャーシューが3~4枚程度の方が美味しく味わえるのだと思います。

そうそう・・・この記事で取り上げた「マルちゃんのチャーシュー麺」は2006年頃で既に廃番となっている
商品でもありますので、この商品は既に「幻の一品」です・・(泣・・)
チャーシューの味も量も、麺やスープとの絡みも素敵で私は大好きだったのですけどね・・

差額が大きすぎ・・・?

けうけう 様


チャーシュー麺って美味しいし、あのチャーシューのうすいのだけどトロトロしてジューシーな感じが
実に素敵だと思います。

ご指摘のように一杯500円程度の普通ののラーメンがチャーシュー麺になったら、800円程度しますので
あの差額の大きさは結構痛いですし、
それゆえ中々注文しにくい一品と言えるのかもしれないですね・・
その差額を餃子に当てちゃうのかも・・?

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |