プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


私達って、「期間限定」とか「地域限定」とか「先着〇〇人様まで!」という限定キャンペーンに弱いかもですよね・・(笑)

なんかああやって広告やテレビやweb等で煽られてしまうと
「そうなのかー」とか何とか感じて「じゃー急がないと!」とか「この機会を逃すとこんないい条件もう当面ないのかも・・」
みたいな事をついつい頭をよぎってしまうのかもしれないですね。
ま・・「そーなのかー」なんて書いてしまうと、
自分で自分に「お前はルーミアなのか!?」とツッコミを入れたい気持ちもあったりします・・(笑)

こうした限定キャンペーンなんですけど、実態は果たしてどんなものなのてしょ・・!?
たぶんですけど、「限定」という文字を入れているのは消費者・視聴者を煽るもの以外の何物でもないと思いますし、
商品だって実は山ほど在庫を抱えていて「先着100名様限り!」と謳っていたって
100名をオーバーする申し込みがあったとしても300人でも500人でも注文さえ入ればじゃんじゃん販売するという感じで、
実態は「在庫一斉叩き売り!」という感じなのかもしれないですね・・(笑)
あ・・だけど先日のローソン×艦これコラボキャンペーンとかファミマ×けものフレンズコラボキャンペーンの
「先着順」というのはあれは本当にガチですよ!!
あれは本当に店頭で街頭景品の配布が完了した時点でキャンペーン終了でありますっ!!

こうした「期間限定」とか「先着順××名様限り」というのは、実は「一生に一度の大きな買い物」とも言われる
住宅についてもよくある話なのかもしれないです。
総合住宅展示場の各モデルハウスに見学に行くと、よく担当営業から
「今月に限り3棟限定でこの特別価格でもってご提案させて頂きます」とか
「さいたま市に新築計画がある方限定5名様まで、モニター住宅の応募を先着順でお受けいたします」
みたいないつもながらの(?)常套の煽りトークでもって
「今月中に決めてくださいよ! 来月になるとこのキャンペーンはもう終わってしまいますよ・・・
あとからキャンペーンに応募しても受付できかねますので・・」みたいな決断を半ば強引に迫られちゃうことも
決してない話ではないのですけど
(私自身も住宅営業担当時代は、そうした煽りトークは結構炸裂させていたから人のこと言えた義理じゃないですね・・汗・・!)
その種のキャンペーンというのは、住宅展示場においてはほぼ毎月のように同じような内容のキャンペーンを
展開することが多いですので、どうかこれから家の新築・建て替えをご検討される皆様におかれましては、
どうかくれぐれもそうした「期間限定キャンペーン」みたいに煽りトークに流されないようにご注意頂けると幸いであります・・(汗)
そうですねぇ・・経験者の私から言わせて頂くと、住宅展示場のモデルハウスにおけるキャンペーンで、
「これは本当に中身が充実しているしお客様にとってメリットがある」と感じられるキャンペーンというのは、
1月の新春キャンペーンと9月と10月の三連休当たりのキャンペーンだと思います。
5月のGWキャンペーンは、どちらかという「煽り広告」に近そうな感じも当時はあったのかなぁ・・と今更ながらに
感じたりもしますね。
9月のキャンペーンがどうして「内容がいいのか」というとそれは住宅メーカーとしての明確な理由があり、
一つは、この時期の契約、そして年内着工だったらギリギリ本決算の3月までに完工でき、売り上げに貢献できることと
夏休みに実家に帰省した若い世代の皆様が、親世帯から「そろそろ真剣に家づくりをはじめろ」みたいなプレッシャーを
受けたとか、「そろそろ二世帯住宅の検討を一緒に始めてみようじゃないか」みたいな相談をされたとか
結構この時期は内容がいいお客様が見学に訪れる事が多いという事で、メーカーとしても比較的お客様側にも
メリットがあるキャンペーンを打ち出しているみたいな裏事情もあったりはしそうです。

今までで一番凄まじい反響があったキャンペーンというのは、
「先着1名様限定!  モデルハウス建替えのため、現在のこの75坪のモデルハウスを一棟丸ごとお売りします!」
というものでした!
あれは他店のキャンペーンでしたけど、とにかく凄まじい程の問い合わせと来場客があったという話は耳にしています。
そして応募者の中からガチでの「抽選会」が行われ、
当選した方は大喜び、そして外れた人たちへの「代わりにこんなキャンペーンやっているのですけど、いかがですかぁ!?」
みたいな営業展開がはじまっていくのです! (笑)
ちなみにですけど「モデルハウスをそっくりお売りする」というのは正真正銘本当の話で、
それは当時勤務していた住宅メーカーの施工方法が「木造軸組ユニット工法」で、キッチン・浴室・トイレ等の設備を
あらかじめばらしておき、家そのものの分解が極めて容易という事情があったからです。
2×4工法とか在来工法ですと、こうした家の分解という事自体不可能な話に近く、そうした特殊工法の為に
そうした極めて特殊なキャンペーンが可能だったのだと思います。

金融機関勤務時代もそうした「先着受付順5名様限定!! 1000万円以上の一年もの新規定期預金の金利0.5%上乗せ!
3000万円以上の一年もの定期預金は0.7%上乗せ 1億以上ならば、なんと・・! 1%をど~んと上乗せ!!」
みたいな太っ腹キャンペーンを名目上は、先着5名様限定という事で展開した事もありました。
今現在のような歴史上でも珍しいウルトラ級の超低金利の時代ですと、こうした「金利0.5~1%上乗せ」というのは
ほぼありえないと思えるのですけど、
1990年代後半あたりまではまだそれがかろうじて可能だったのだと思われます。
貧乏県の山梨県内の支店在籍時は、そうした1000万の大口預金を一人集めるのに随分と四苦八苦させられたものですけど、
90年代後半以降、再び都内の店舗・・しかも新宿区と中野区に拠点を置く支店に異動してみて改めてよく分かったのですが、
やはりお金は持っている人は持っているという事なのです。
しかも山梨じゃなくて、都内のいわゆる「富裕層」と言われる皆様は、正直・・金銭感覚が私達庶民とは全然異なっている
ということがよーーくわかりましたし、「お金」というものは、決して公平なものではなくて、ある特定の資産家だけに
集中するもんだという事がこうしたキャンペーンを通して骨の髄まで実感したものです。

この種のキャンペーンというのは金利1%程度の上乗せという事で、金融機関の利ザヤにも関わるデリケートな内容ですし、
決して大々的にオープンできる内容ではないものでして、こういう場合は、
本店が管理している「高額納税者リスト・富裕者リスト・高額固定資産税納付者」のリストに基づいて、
郵送でキャンペーン内容を「期間限定! 先着××名限定」という煽り文句も織り交ぜご案内するものです。
ほとんどの場合、そうした先着××名様をはるかに超えた顧客より問い合わせが入るものですけど、
そうした場合は支店長も含めて「そんな限定なんて関係ないじゃん! そんなの限定数に関係なくどんどん預金獲得しちゃえ!」
という感じでイケイケで預金獲得をしたものです。
支店の営業担当としては、既存顧客だけ廻っていても、やはりそうしたボリューム獲得には限度があるものですし、
先細りするものです。だから既存顧客の管理とは別に「新規開拓」というのは必要不可欠なのですけど、
大抵の場合そうした新規開拓を飛び込み営業的に展開してもインターホン等で門前払いを食らってしまい、
「トホホ・・」という感じになってしまうのですが、
そうした特典キャンペーン時の時だけは、普段はあんだけ冷たい反応しかしないのに、「金利上乗せ」を提示しただけで、
普段のあの冷たい反応はどこへやら・・
そうしたキャンペーン案内文にヒットした問合せ宅をお伺いすると、どこの家でもにっこにっこして
「こんなに金利サービスしてくれるんだ・・」と嬉しそうに反応していた顔を見ると、営業成績的には「ありがたい」と感じる反面、
なんか人間的には「こんちくしょー」と感じるのはある意味仕方がない事なのかもしれないですね・・(汗・・!)
それでさらに輪を掛けて
「もうちょっと金利勉強してよ・・、代わりに預け入れ金を他行と証券会社から崩してもっと上乗せするからさぁ」なんて言われると
嬉しさと「駆け引きばかりしやがって・・」みたいな屈辱感の二つの気持ちに
揺れていたものですね・・・

とにかく、世の中には「お金」というものはある所にはあるという事なのだと思います!

私、好きな言葉が三つほどあったりもします。

1.お金は天下の廻りもの

2.お金はあの世に持っていけない

3.捨てる神あれば拾う神ある

というのがあるのですけど、そうですね・・・こういう全世界的な「格差社会」が拡大している状況においては、
1と2を全世界的に徹底するだけで
意外と世の中が動いていくような気さえします。

「お金」というものは「生き金」というのか、この世で使うからこそ意味があるという事なのでしょうね。
「お金は天下の廻りもの」という事ですから、
自分の為にだけ使うのではなくて、他人のため・・・困っている人のためにも使うからこそ意味がある。
そうした他人のために使ったお金というのがいずれまたまた自分にも返ってくる・・
だから、そんなケチケチしないで、お金がある時は、決して「無駄遣い奨励」という訳ではないのですけど、
「誰かのため」に使った方がいいのかもしれないですよね。
それが「生きカネ」という事であり、
現代社会で既に一つの大きな問題になっている「格差社会の是正」という事にもつながると思ったりもします。
勿論、現世で莫大な富を有している人の考えでは
「俺が一生懸命努力に努力を重ねて、勉強を重ねて・・結果的に築いてきたこの財産を
誰にも邪魔されないで貯め込んで何が悪い!!
これはオレの金なんだぁーーー!!」という事なのかもしれないですけど、
お金なんてものは、自分一人で使えるのはたかがしれていますし、
それだったら「分配」というか、きちんと「高額所得者・親からの代の資産保持者は、はそれ相応の税金を払う」
とか「寄付」みたいな形で社会に還元した方が、いずれはそれが社会全体に冨が行き渡り、
そうした事は必ず本人自身の「更なる富」にも繋がっていけるし、結果的に「情けは人の為なら・」ではないけど、
他人のために使ったお金というのはいつかは「自分自身」にかえってくると思うのですけどね・・・
そんなケチケチため込んだり、内部留保したって、一向に世の中全体の景気回復には役立たないと
思うのですけどね・・

それが出来ないのは人間の「業」であり、人間らしいところではあるとは思いますが、お金が一握りの資産家だけでなく
ある程度の公平さをもって世の中全体に還流できるだけで、世界が抱えている様々な問題・・
例えば貧困の連鎖・格差社会・紛争と言った事のほとんどが解決出来ちゃいそうな予感もあるのですけどね・・

あ・・! 確か本記事は松屋の話でしたね・・

随分と話がそれてしまったものでした・・(滝汗・・!)










上記にて、「期間限定」とか「地域限定」とか「先着〇〇人様まで!」という限定キャンペーンに弱いし
ついつい引き付けられてしまうみたいな事をなんかしらないけど、やたらグタグタと書いてしまいましたけど(汗・・)
牛めしとか定食では定評がある松屋においても「埼玉県限定! 埼玉限定ランチ500円」という地域限定キャンペーンというのも
やっていたのですね!
これって店の周りのポスターやのぼりとかwebのサイトでも実はあんまり宣伝されていない印象もあり、
私も店の前に地味に貼られていたポスターに気が付くまでは、全くのノーマークでした! (汗・・)
プレミアム牛めしは一杯380円なのですけど、これに生野菜サラダ・とろろ・キムチ・おしんこ・たまご・味噌汁が付くと
510円~540円程度になってしまうところ、埼玉県内の店舗でAM11:00~PM15:00に限って全て500円という「ワンコイン」に
収まるというのがこの「埼玉限定ランチ」という事なのですけど、
こうしたワンコインというのは日々のお小遣いに限りがあり節約生活を余儀なくされている普通のサラリーマンにとっては
ありがたいものがありますね!
たかが10~40円、されど10~40円という感じですね!

多分ですけど、このキャンペーンは都内とか千葉・神奈川では展開されていないと思われるだけに
こうした「埼玉限定」という限定というワードにはなんかついつい魅かれるものがありますし、
「埼玉限定」という言葉自体になんかくすぐられるものがありそうですね! (笑)
プレミアム牛めし自体とても美味しいし、例えばこれにとろろ・卵・味噌汁が付いて本来は530円のところ、これが500円というのは
やはりお財布に優しい「地域限定キャンペーン」と言えそうですね!





譚セ螻祇convert_20170614181758




それにしても埼玉限定ランチに必ず付いてくる「プレミアム牛めし」は改めてですけど美味しいものですね!

ネットの口コミ等ではこの「プレミアム牛めし」は、正直あんまりいい事は書かれていませんし、どちらかというと
マイナス評価の方が多いような印象もあります。
「従来の牛めしとプレミアム牛めしの味の違いが今一つよく分からない」とか「実質的な値上げにすぎない」とか
「タレが薄くなった気がする」とか
「プレミアム牛めしは先代を犠牲にしてプレミアムと名乗れるほど果たして美味しくなったのか疑問が残る」とか
「プレミアムになったの名前と金額だけ」
そういった声があるのも一応は史実のようです。

だけど、私自身はこの松屋の「プレミアム牛めし」はとても美味しいと思います

以前の牛めしとは味が全然違うし、このプレミアム牛めしを一度食べてしまうと、二度と以前の牛めしに戻れなくなってしまう!
みたいな美味しさは間違いなくあると思います。

どこが変ったのかと言うと、一言で言うとお肉が大変ジューシーになり、そしてそのお肉がとてつもなく柔らかい!という
事です!
例えて言うと、以前の牛めしが「缶詰の牛肉の大和煮」とすると今回のプレミアム牛めしは「すき焼き」という違いが
あるようにも感じられたもします。
以前は、ま、確かにまずくはないのですけど、部分的に「なんかまずいすじ肉食べているみたい・・」な感じも無くはなかったと
思いますし、その肉の硬さをかなり濃い味のタレで誤魔化していたような感じもなくはなかったと思いますが、
今回は、肉は確かにうすいしタレはうすい上品な味で、一見すると「マイルドすぎて印象に残らない」みたくも
感じなくもないのかとは思うのですけど、その全てを「肉の美味しさ・柔らかさ・ジューシーさ」がカバーしていると思います!

そのくらいお肉自体の味と食感は劇的に変化しているようにも感じましたし、繰り返しになりますが、
私自身はネットの意見は一旦置いておいて、とても美味しいと思います。

そして味噌汁の安っぽい(汗・・)具は以前と変わりはないのですけど、味噌汁の味自体が、だしの要素が大変強くなり、
飲んでいて「こくがある・・」と感じられたのもプラスだと思います。

チルド保存することで、肉が熟成し、旨み成分のアミノ酸が増すとのことですけど、
肉のうまみが増した分、味を濃くしなくても十分勝負できる一杯に仕上げたのではなったのではないのかなとも
思ったりもします。
とにかくこの「プレミアム牛めし」は、牛肉自体の勝利と言っても過言ではないと思います。

果たしてこの「埼玉限定キャンペーン」はいつまで続くのかな・・??
関連記事
スポンサーサイト

コメント

そういえば松屋って私、1回も行ったことないかもしれない・・・!

ぬくぬく先生さんの好きな3つの言葉、私も好きですwww
お金なんて、どうせ死んだら意味ないモノなんですから、
今生きてるうちにどんどん使えば良いんですよね~!
その点で言うと、オタクって経済回してるなって思います(笑)

お金は天下の廻りもの! 使ってナンボですよねっ!! (笑)

めろ子 様


松屋のプレミアム牛丼は以前の「牛めし」に比べるとめちゃくちゃ美味しいし、
これに舌が慣れてしまうと吉野家すら「うまくない・・」と感じるのかもしれないですね・・(汗・・)

私の大好きな言葉に共感して頂きありがとうございます!

だってお金は生きている時に使ってこそ価値があると思いますし、生きている間に色々な事を
楽しみたいですし、
それが結果的に世界経済の素晴らしき潤滑油になると思います。

やはりオタクの皆様の存在意義は大きいものがありそうですね! (笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3753-95b08a89
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |