プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


koisi-chan-desuuu_convert_20140728152340.png




今回も冒頭からいきなりアミグリさんが描かれたイラストから開始をさせて頂きたいと思います。

今回も「名作アーカイブス」という事で、アミグリさんが過去に描かれた素晴らしいイラストの「名作プレイバック集」
という事で過去の名作イラストを改めて冒頭にご紹介をさせて頂きたいと思います。
やっぱり素晴らしいイラストは、たとえ過去に既に掲載済であっても、時を変え掲載する場所を変え、
色々な人たちにもっともっとたくさん見て頂きたいという気持ちもありますし、
こうした事を通して、素晴らしき東方絵師さまとしてのアミグリさんの存在とかアミグリさんの「dream fantasy」というブログを
一人でも多くの皆様に知って欲しいという事でもありますし、
更に大きなことを言うと、アミグリさんのイラストをきっかけにして一人でも多くの方に「東方Project」という作品を
知って欲しいという意義も実はあったりもします。

上記の「ぴーす☆」と題されたこいしちゃんは、アミグリさんが2014年7月に描かれた作品です。
ちなみにですけど、この「ぴーす☆」は、pixivでフォロワーさんが900人を突破した記念にアミグリさんが描かれた作品です!

「なんで今回はこいしちゃんなの・・?」と感じられる皆様もいらっしゃるのかとは思うのですけど、
私の脳内妄想の中では、
前回の名作集で登場したフランちゃんの駆け落ち相手として最もふさわしいのがこいしちゃんではないのかな・・?と
頭をよぎったからです・・(笑)
ま・・フランちゃんが万一紅魔館を抜け出し、無意識を操る程度の能力という事で誰にもこいしちゃんの存在が気づかれない
能力を有するこいしちゃんと一緒にフランちゃんが行動を共にしたとしても、
紅魔館の優秀なメイド長の十六夜咲夜さんに発見されてしまい、二人の仲が引き裂かれるのは時間の問題なのかも
しれないですね・・・(笑)
フランちゃんとこいしちゃんは、妹ポジション・少し狂気の要素を有している・人気投票では実姉よりも人気が高いといった
共通要素を持っているのですけど、この二人は実は公式では一度も接点・絡みがないものでありますので、
今後できればこの二人の素敵な妹同士に素晴らしき出会いがあるといいなぁ・・なんて風にも思っています。

この「ぴーす☆」なのですけど、
靴下のフリルの細かい仕上がりとか髪の毛のふわふわとした感じとか微笑んだ表情での少し控えめ気味なピースサイン
など全体的にとても上品で繊細な仕上がりのように感じられます。
こいしちゃんというとバスガイドさんみたいなあの可愛い帽子もとっても印象的なのですけど、
アミグリさんが描かれた帽子もとってもよくこいしちゃんに似合っていると思います。

こいしちゃんと咲夜さんというと東方では屈指の大人気キャラなのですけど、この二人も今の所は全く接点が無いと言うのも
何だかとても勿体ない気もしますね。

前振りがまたまた例によって長くなってしまいました・・(汗・・!)
ここから先は本記事の「咲夜さん語り」をその②としてスタートさせて頂きたいと思います。

その①で書いた通り、咲夜さんはいつも大忙し・・!

なぜかと言うと、紅魔館を実質的に取り仕切っているのは咲夜さん唯一人であり、
紅魔館の主でもあるスカーレット姉妹のお世話・無茶振りやわがままに対するフォローとか
紅魔館の居候とも言える魔法使い・パチュリーさんのお世話もあるかと思いますし、
館全体に大量に抱えている咲夜さん曰く「役にも立たない」妖精メイドの日常管理とか
料理・洗濯・掃除・後片付け・晩さん会やパーティーの料理の準備とか
日々のそうした料理に当たっての人里への買い物とか、とにかく「休む時間」なんてほぼ皆無に等しいと思いますし、
おまけに紅魔館の主のレミリア様は吸血鬼という事で、完全に夜型ですので、
普通の人間が寝ている時間帯が一番元気という事もありますので、マジに咲夜さんは「一体いつ寝てるのだろう・・?」という
感じしかしないですね。
その①で書いた通り、咲夜さんの能力は「時間を操る程度の能力」または自身が信じられない高速度で動ける能力でも
あるのですけど、こうした特殊能力が無いと咲夜さん自身がとてもじゃないけどもたない・・という事に
なりかねないですよね!

一体咲夜さんにストレスとか存在しないのかな・・?

毎日のように働き続けて、しかも365日・24時間ほぼ休みなし・・という感じなのかもしれないです。
咲夜さんが睡眠を取っている時間というのは、レミリア様が深夜のどんちゃん騒ぎで疲れ果てて爆睡をしている
明け方~夕方のどこかのちょっと空いている時間帯なのかもしれないですけど、
レミリア様は吸血鬼のくせに、茨歌仙・三月精の公式本の中でも結構昼間でも普通に活動されたり、はたまた
昼間なのに普通に霊夢の博麗神社に赴いたりしていますから、
その際に太陽光線に弱いレミリア様のために日傘を差してあげているのはいつも咲夜さんですからね・・
やっぱり「咲夜さんは一体いつ寝ているんじゃ・・!」という感じなのかもしれないですね。
私の脳内妄想の中では、妖精メイドたちの控室とか休憩所において、わずかな時間を見つけては
スヤスヤと昼寝を楽しむ咲夜さんというのがいたりもしますね・・(笑)
そしてせっかくの昼寝を楽しんでいる最中なのにそれを妨害しちゃうのは、
レミリア様の「さくやぁ~、ちょっと頼みがあるなだけどさぁ~」みたいな一声なのかもしれないですね。

咲夜さんの「楽しみ」って一体何なのでしょう・・・?

本人の「時間を操る程度の能力」を駆使してどうにかこうにか普段の日常業務を切り盛り出来ている状況の中では、
咲夜さん自体にほぼ「休み」とか「遊ぶ時間」が無いというのもなんだかとっても気の毒な気もします。
霊夢が異変解決とか妖怪退治の本業が無い時は、ほとんどの場合、魔理沙や華扇とたべっているか、
のんびりお茶飲んでいるか、はたまたうとうと昼寝を楽しんでいるという状況とはエライ違いがあるような気もします。
そこにあるのは、やはりなんだかんだ言って「ご主人のレミリア様大好き!」という気持ちなのかもしれないですね。
レミリア様と咲夜さんのゲームとか公式書籍等の会話を見てみると、
やはりそこには咲夜さん自身の「お嬢様大好き!」みたいな気持が結構伝わってきている様な感じもありますし、
例えレミリアさま自身の「運命操作能力」によって咲夜さんの過去の記憶を全て抹消し、
レミリア様自身によって「十六夜咲夜」という新しい名称を授けることによって、咲夜さん自身ももしかしたら
そこに「新しい自分」というものを発見し、
「ここの紅魔館では、私という存在を必要としてくれる居場所があるし、私が自由に裁量権をもってこのお屋敷を
好きなように切り盛りできる」みたいな「自分の存在価値と意義」を発見出来たと言えるのかもしれないですね。
これはその③以降で語りたいと思いますけど、
私自身の解釈というか脳内妄想としては「十六夜咲夜さん実は月の民説」というものを採用しておりますし、
「月の最大の賢者の永琳様から命令を受けて、月にも侵略してきた吸血鬼勢力を打倒するために
吸血鬼ハンターとして地上に派遣されたのが咲夜さん」という解釈を取っていますので、
もしかして、地上では吸血鬼とま日々の壮絶な戦いの連続に咲夜さん自身がうんざりしていたという事もあるのかも
しれないです。
そうした経緯があるからこそ、咲夜さんはレミリア様との戦いに敗れて、逆にレミリア様一派の配下になったとしても
それはそれで案外と咲夜さん自身としての納得いくものであり、
例え本当に過去の記憶が消されていたとしても、咲夜さん自身の本能と言うのか心の深層というのか
心の本音として
「もう吸血鬼との血みどろの戦いの日々は嫌だ・・」みたいなものがあったからこそ、自身が逆に紅魔館のメイド長として
吸血鬼たちの日々の生活を支える役割にも納得できる理由があり、それが結果として
咲夜さん自身の中でも
「私は紅魔館のメイド長として日々を忙しいながらも自分の役割を持って吸血鬼たちから信用される事の方が幸せ!」と
もしかしたら感じているのかもしれないですね。
それはレミリア様の運命操作能力の結果としてなのか、はたまた咲夜さん自身の心の深層の意思としてなのかは
正直誰にも分からないと思います。
レミリア様自身も、もしかしたら「そんな事今更どうでもいいじゃん! 問題はこれんらも咲夜がちゃんと紅魔館を
仕切ってくれるかどうかの方が大切・・」と思っているのかもしれないです。
咲夜さん自体は、吸血鬼としてのレミリア様自体にほとんど恐怖とか畏怖というものを感じていないようにも
感じられますし、少なくとも「あの吸血鬼が怖いから、いやいやメイド長としての仕事を強制的にさせられている」みたいな事は
皆無だと思いますし、むしろ咲夜さん自体が楽しみながら紅魔館を日々好きなように維持管理しているようにも
感じられたりもしますし、「私には生きていても何の楽しみも希望も無い・・」みたいな事はほぼゼロに等しいと思えます。
確かにレミリアおぜうさまはわがままばかり言うとんでもない無茶振りお嬢様なんですけど、
咲夜さんとレミリア様の関係は、ほぼ対等だとも言えそうですし、時に咲夜さん自身がレミリア様にツッコミを入れたり、
まるで子供をあやすような振る舞いを見せたりする事も多々あるのですけど、
咲夜さん自身も、レミリア様のわがままにまきこまれても
「このおこちゃまは本当にしょうがないわね・・くすっ・・」みたいな感じで接しているとも言えるのかもしれないですね。

幻想郷における主従関係コンビというと、永琳-うどんげのように「お師匠からの無茶振りに愚痴ばかり言ってる関係」
というのもありますし、
ゆかりん-藍のように絶対的な服従関係というのもありますし、
はたまた四季映姫-小野塚小町のように部下がサボりまくっているような関係もあったりして、その多様性は
本当に素晴らしいものがあると思うのですけど、強力な力を持っているご主人の言動に振り回される関係という意味では、
「ゆゆ様-妖夢」と「レミリア様-咲夜さん」という二組には結構共通性はあると言えるのかもしれないですね。

妖夢は、日々、白玉楼の警備・ゆゆ様への剣の指南・冥界の幽霊管理・幻想郷に遊びに行ったまま戻ってこない
幽霊の連れ戻し・ゆゆ様のお食事の準備などなど仕事はかなり多岐に渡っていますよね。
紅魔館の優秀なメイド長の十六夜咲夜も、確かに似た感じで大変な量の仕事をほぼ一人でこなしているのですけど、
咲夜さんの場合は上記で書いた通り「時間を操る程度の能力」により仕事がテンパってきたら時間を少しだけ止めちゃって、
仕事の遅れを取り戻す事は可能と思われますし、紅魔館自体には、一応は、大量の妖精メイドもいますから
妖夢みたいに一人で何から何までやるという感じではないのかもしれないですね。
もっとも白玉楼にも、あの広大なお屋敷の掃除担当みたいな使用人はいるという設定にはなっているのですけど、
妖夢のキャパは既にオーバーしているのかも・・・?
それに妖夢が日々お仕えしている御方は、飄々として何を考えているのか分からないゆゆ様ですし、
ゆゆ様にはかなり以前から「腹ペコキャラ→大食いキャラ」という設定もあり、
一説には白玉楼のエンゲル係数は7割を超え、その原因のほぼ100%はゆゆ様という感じですからね・・・(笑)
なんか、妖夢の一日は「ゆゆ様のお食事づくり」だけで終わってしまいそうな気もしますね・・(笑・・)

だけどそうした妖夢のお給料はほぼゼロという事実が判明したのは「東方文花帖」だったのですけど、
ま妖夢は元々「住み込み」みたいなものですし、
先祖代々西行寺家にお仕えする身という事を考えると、妖夢自体に「え・・お給料、なにそれ・・!?」みたいな
発想なのかもしれないですよね・・・・(笑)
妖夢は
「給金なんて貰った事ないし、休みってなんでしたっけ・・?」
「だけど三時のおやつは毎回出して貰えるし、病気になった際は三日ほどお休みを貰っていますし・・」とか何とか
言っていましたけど、うーーむ、咲夜さんも大変なブラック企業にお勤めのようですけど、
妖夢も大して変わりがないような気もしますね。

というか、咲夜さん自体に紅魔館から「お給料」というものは少しは出ているのでしょうか・・?

そうですねぇ・・咲夜さんは結構頻繁に幻想郷内の人里でお買い物をしている様子が登場していますので、
レミリア様から「紅魔館の管理運営費」みたいなものをまとめて手渡されているのかもしれないですし、
そうした管理運営費の残りが咲夜さんとしての「お給料」に相当するのではないのかな・・?とも思ったりもしますね。
というか、幻想郷自体に、果たして外界の資本主義同様の「貨幣経済」がどこまで浸透しているのかは正直あんまり
よく分からないのですけど、少なくとも幻想郷自体にお金が流通しているのは間違いないですので、
少なくとも咲夜さんは妖夢よりは自由に使えるお金を持っていると言えるのかもしれないですね。





izayoisakuya-2016-02-14_convert_20160215133937_convert_20170603074205.png




さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです!
今回ご紹介させて頂く作品は、言うまでもなく十六夜咲夜さんですっ! (笑)

本日の「アミグリさんが描かれたレミリア様&咲夜さん特集 その②」のフィナーレを飾って頂く作品は、
冒頭でもちらっと話が出ておりましたアミグリさんが昨年、2016年2月に描かれたまさに「完璧な十六夜咲夜」です!

この咲夜さんのイラストは実は当ブログでも既に何度か転載&ご紹介済ではあるのですけど、
冒頭の「名作イラストプレイバック集」ではないですけど、
やはり素晴らしいイラストは何度見ても素晴らしいとしか言いようがないですし、こうした名作を何度も何度も
ブログ内で転載し続けることは、私としてはむしろ当然の事であるとすら感じております。
なぜかと言うと、ブログ記事と言うものは、古い記事ほどどんどん埋もれていってしまうものですし、
うちのブログは「毎日更新」が一つの売りにもなっていますので、
「せっかくこの素晴らしきアミグリさんのイラストをご紹介できたぁ~」と思っていても一週間もすると
その記事自体が埋もれているという事も実は日常茶飯事でもありますので、
そうした繰り返しの転載というのは、私としては全然当たり前の事と思っていますし、やはりその背景にあるのは
「アミグリさんの描かれた名作イラスト」を一人でも多くの人に見て頂く機会を作りたいという事に他ならないと
思っています。

上記の咲夜さんの素晴らしきイラストは、実はアミグリさんにとっても「思い入れが強い作品」の一つだと思われます。
どういう事かと言うと、
アミグリさんが、2016年3月20日に広島で開催された「東方螺茶会 第二の宴」より「ゲスト寄稿」のお誘いが
あったとの事で、そのイベントのゲスト寄稿として描かれた作品が上記の十六夜咲夜さんなのです。
咲夜さんの「ナイフ投げ」がとっても凛々しいですけど
背景の時計はなんと・・・! アミグリさん自身の手描きとの事です!
この精緻な時計も手描きで描かれてしまうとは・・・!!ゲスト寄稿に当たってアミグリさんの気迫・気合を強く感じてしまいますね!!
咲夜さんの能力の一つが言うまでも無く「時間を操る程度の能力」なのですけど、
アミグリさんのこのゲスト寄稿の咲夜さんの雰囲気は、まさに「素敵なタイムトラベラー」という感じそのものですね!
咲夜さんの得意技の一つとして「ナイフ投げ」というのもありますけど、
タイムトラベラーとナイフ投げという二つの突出した能力を一枚のイラストにこれだけぎゅーーっと濃密に描かれている点は
本当にお見事だと改めて感じます。

そうそう、上記のゲスト寄稿のアミグリさんの咲夜さんは、複数ものナイフをぶん投げていますけど、
一応公式の設定の上では、
多数のナイフが同時に現れて襲いかかるその裏で、実はなのですけど咲夜さん自身が
時間を止めると同時に複数ものナイフを相手の前に置きに行ったりしているというなんとも地味な作業があるとの事です。
また同時に投げるナイフには限りがあるので手持ちが無くなると時間を止めて回収しにいくというのも
咲夜さんとしての「涙ぐましい努力の痕跡」とも言えそうですね・・・(笑)

アミグリさんが描かれた上記のゲスト寄稿の咲夜さんは、
そうした咲夜さんの「白鳥が優雅に水面を泳いでいるその裏では、人が見えない水面下で必死になって足を
バタバタさせている」みたい事も彷彿させていて、やっぱり咲夜さんは魅力的な御方なんだなぁ・・という事を改めて
私達に伝えているようにも感じられますね!


前回と今回は「咲夜さん語り」でしたけど、この咲夜さん語りは当面続いていきますので、
私自身のこんなしょぼい語りだけではなくて、むしろアミグリさんが描かれたイラストを存分に皆様に
楽しんで頂ければ幸いです!

私といたしましては、一人でも多くの皆様に dream fantasy のアミグリさんが描かれる素晴らしいイラストを見て欲しい!という気持ちで一杯です!
どうかアミグリさんの dream fantasy という
素敵なブログを宜しくお願いいたします!

上記にて転載をさせて頂きましたアミグリさんが描かれたこいしちゃん&咲夜さんのイラストは、
その権利は全てアミグリさんに帰するものでありますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので、 くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

それでは繰り返しになりますが、今月と来月に展開される「咲夜さん語り」も引き続き宜しくお願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

紅魔館を管理するのって、常人なら発狂してもおかしくないストレスな気がしますね~^^;東方もそうですけど、現実に自分がその物語のなかにいたら、って想像すると、あ、無理無理・・・^^;って思ってしまいますね^^咲夜さん語り、すごく楽しいですよ^^私も咲夜さんが給料もらっているか知りたいですね^^もしもらっているなら、よほどの高給でないと釣り合わないですよね~^^;

紅魔館ファミリー

八咫烏(全力稼働中) 様


確かに・・・


紅魔館ファミリーは、濃厚なキャラ達ばかりで、ある意味トラブルメーカーの地価の魔法使いや
居眠りばかりの門番、役に立たない大量の妖精メイド、そして何よりもあのわがままお嬢様ですので、
咲夜さんの精神状態の方を何だか心配しちゃいそうです・・

咲夜さんは意外と単独行動を取ったりする事も多いみたいですので、そういう時がストレス発散のチャンスなのかも
しれないですね。
咲夜さんのお給料は、少なくても妖夢よりは高く設定してあげて欲しいです・・(笑・・)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3749-17eabdf6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |