プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


埼玉県の浦和や大宮の神社というと、当ブログで頻繁に登場する埼玉県ローカルショートアニメの「浦和の調ちゃん」の
聖地ともいえる調神社(つきのみや神社)と大宮の大宮氷川神社が大変名高いと思いますし、同時に
お正月等での参拝客が大変多い神社だとも思えます。

だけどそうした中、普段何気にこのさいたま市浦和区と大宮区で仕事をさせて頂いている私の視点で見てみると、
「あれれ・・さいたま市周辺には意外と八雲神社と名称がある神社もいくつかあったりするものだな・・」という感覚も
実はあったりもします。

私のように「東方Project」が大好きな人間の観点で見てみると、「八雲神社」なんて見かけてしまうと、
そうですねぇ・・どうしてもゆかりん=八雲紫様をついつい連想してしまいますし、そのイメージのせいなのか
「なんだ、この八雲神社は胡散臭い神社なのか・・!?」とか
「ミステリアスな神社なのかな・・?」とか
「うっかり立ち入ったら、神隠しという名の人さらいに遭ってしまいそう・・」とか
「年増の美しい巫女さんがいるのかな・・??」(滝汗・・!)みたいななんかヘンな妄想が沸き起こりそうな神社名と言えそうなのかも
しれないですね・・・(笑・・)

まったく・・・このブログの管理人のゆかりん好きというか「ゆかりん愛=八雲紫様大好き! 今すぐ結婚してーー!!」は
すさまじいものがありそうですね・・(汗・・)
(こらこら・・先日はあんなに早苗さん大好き!とかさとり様大好き!とか言っていたくせに・・・)

ちなみにですけど・・・「八雲神社」というのは当たり前の話ですけど、全国的な観点からみても由緒ある神社の一つです!

八雲神社は、牛頭天王・スサノオを祭神とする祇園信仰の神社でして、
他に祇園信仰に基づく神社名称としては、八坂神社、祇園神社、広峯神社、天王神社、須賀神社、素盞嗚神社などが
あるようです。
八雲神社と言うと、市内に5社の八雲神社がある栃木県足利市の八雲神社が名高いのかな・・?とも思うのですが、
埼玉県内では、久喜・所沢・川越にある八雲神社が比較的有名なのだと思われます。

そうした中、浦和近辺にもなんとなく寂れているような雰囲気もあったりするのですけど(汗・・)
「八雲神社」と名前がある神社があったりするのは、東方のゆかりん好きの私としてはうれしい話でもあったりします。

それではこの記事において、ほんの少しだけですけど浦和近辺の八雲神社を散策してみたいと思います・・(笑)





002_convert_20170730192556.jpg



004_convert_20170730192716.jpg




上記は確か7月下旬あたりに撮影したと思うのですけど、ここは北浦和駅から徒歩5分程度にある浦和区常盤の八雲神社の
例大祭ののぼりです。
北浦和駅周辺から旧中山道の常盤3丁目あたりにこののぼりはかなり立っていたようにも記憶していて、
例大祭前後には、常盤3丁目の自治会館の建物の目の前に「八雲神社」と明記されたかなり大きな提灯が
飾られていたのが印象的ではあるのですけど
この自治会館の目の前にある神社の社名はなぜか「笹岡稲荷大明神」と記されていて、ここにお稲荷さんは二社あったと
思うのですが、やはりどこにも「八雲神社」という名前は見当たりません・・・
うーーん、これはどういうことなのかな・・?
周辺には「八雲神社」というのぼりが立っているし、自治会館前には八雲神社と記された提灯があるというのに、
どうして「八雲神社」という神社そのものが存在しないのかな・・・?
うーーむ、その辺りは私にもよくわかりませんでした・・
やっぱり、ゆかりん神社・・・じゃない! 八雲神社は胡散臭いというのか正体不明な神社なのかな・・?? (滝汗・・!)





005_convert_20170730192735.jpg




だけどこうやって実際に「八雲神社の例大祭でのお神輿の担ぎ手募集!」という
ポスターもあちこちで掲示されていましたので、
この八雲神社が存在しているのは間違いではないとは思うのですけど、その辺りは不明というのも
やはりミステリアスなゆかりんの名前に相応しい(?)神社なのかもしれないですね。

そうそう、神社のお神輿の担ぎ手なのですけど、これは実はお神輿次第は大変重たいもので、担ぎ手の皆様は
本当に大変だと思いますよ!
とにかく肩にずしーーんと重たいものが乗っかってくる感覚ですし、重たいから腰にはずしーんとくるし、
間違っても腰痛持ちの方は絶対にやらないほうがいいと思います。
まして夏場のお神輿担ぎは、汗かきまくりでとにかく大変以外の何物でもないと思います。

どうしてこんなことが言えるのかというと、以前私自身も町会の役員を務めていた頃に、
「若い担ぎ手がいないからあんたも手伝って」と自治会長から依頼を受けてやったものの、とにかく肩が痛い! 重たくて敵わん!
という感想しか出てこなかったです! (汗・・!)

それほどお神輿の担ぎ手は大変なのです!!

聞いた話では、プロの担ぎ手という方も存在してるようでして、日本中のお祭りを一年中担ぎ手として参加し、
その謝礼を貰うことで生計を立てている方もいるというのは驚きでした!
実際うちの町会のお祭りでもそうしたプロの方が派遣されていて、素人の私たちにお神輿の担ぎ方とか
肩や腰を痛めない方法などをレクチャーされただけでなく、実際にお神輿を常に担がれていたので、素人の我々にとっては
大変ありがたい存在でありました!




007_convert_20170730192836.jpg


009_convert_20170730192857.jpg



上記の笹岡大明神(=八雲神社という事でいいのかな・・??)から徒歩7~8分程度の浦和区元町1丁目にも
「八雲神社」という名称がある神社もあります。

実際に行ってみると・・・

神社と言うよりは民間の月極駐車場と同居するような感じでしたので、「ここが本当に神社なのかな・・?」と
正直疑問に感じたほどです・・・(汗・・)
社殿は、横長の社殿なのですが、最初は公民館なのかな・・?と勘違いをしたほど、そうですね・・
あんまり神社らしくないと思えます。

というか・・・ちょっと正直「荒れているな・・」と感じさせるほどあんまり手入れは行き届いていないというのか
放置に近いような雰囲気すら感じたものでした。

うーーむ、この状態をもしもゆかりん=八雲紫様がご覧になったとしたら、さすがにガッカリされるのかも
しれないですね・・



012_convert_20170730193022.jpg



こちらはさいたま市緑区太田窪にある八雲神社です。元町と同様にいかにも住宅地の中にポツン・・と神社だけが
残っている様な印象です。

上記の元町の八雲神社も「荒れているな・・」という印象でしたけど、こちらはもっと放置されていて
「荒れ果てているのかも・・」という印象でした。
神社の境内なのに、こんなにも草茫々で手入れがされていないというのも何だか見ているだけで
せつないものがありそうですね・・・

うーーむ、この状態をもしもゆかりん=八雲紫様がご覧になったとしたら、元町以上に荒れている様子を見て
更にもっともっとガッカリされるのかもしれないですね・・

そうですねぇ・・予想以上にさいたま市周辺の八雲神社は甘日常的な管理が行われておらず、ちょっと寂れているのかも・・?
みたいな印象がありました。
氷川神社とか調神社などのような知名度がない神社はどこもそんな感じ・・と言われちゃうとそれまでなのですけど、
ここまで荒れちゃうとますます誰も参拝客が来なくなる→そして更に荒れちゃうみたいな悪循環が
起りそうなのかもですね。

たまたま私がお詣りに来た時はちょっと手入れが行き届かなかった・・という事ならばいいのですけど、これが
恒常的でしたら、さすがにちょっと祀られている神様が気の毒という感じもありそうです。




CIMG0455_convert_20170803064014.jpg




CIMG0456_convert_20170803064041.jpg




以前も書いた事があるのですけど、東方の公式書籍の漫画の中で描かれているゆかりんとしては、
「東方三月精」で描かれている威厳と存在感に満ち溢れているゆかりん=八雲紫様がとてつもなく大好きです!
やはり何度読み返してみても
「霊夢、あなたには勉強とお仕置きが必要なようね・・」と霊夢に巫女としての自覚を促す場面のゆかりんの存在感は
素晴らしかったです!
(というか、ゆかりん・・真夏にあんな派手なドレスを身に纏って外を出歩いて暑くないのかな・・??)

ゆかりんは幻想郷最強のスキマ妖怪、そして最大の賢者、そして何よりも霊夢の保護者としての立ち位置の御方なのですけど、
以前も何度か書いた通り、私の脳内妄想としては、ゆかりんの真の正体は、
単なる妖怪をはるかに超越した存在・・例えば幻想郷創設に当たっての契約相手とも言える「龍神」そのものが
実はゆかりんではないのかとか
はたまた実は「神」そのものではないのかとか
もしかしたら霊夢の博麗神社に祀られている神様そのものではないのか
色々と解釈は分かれ判断に悩むところではあるのですけど、どちらにしてもゆかりん=八雲紫様のその圧倒的で
ミステリアスな存在は素晴らしいものがあると思いますし、そうした人の力をはるかに超越した圧倒的な力に
魅かれてしまいます!

ゆかりんは同時に「スキマ妖怪」という事で、幻想郷と私達が日々暮らしているこの「外界」を自由自在に出入りできる
東方では極めて貴重な存在と言えるのですけど、
もしもですけど、ゆかりんが外界において自分の姓と被る神社が寂れている光景を目の当たりにされると
果たしてゆかりんの心境としてはどんな感じになるのでしょうか・・?

私、とっても気になります・・・

「こうした大切な神社すら誰にもお詣りをされず寂れてしまう・・・・
 外界は既に夜も妖怪も誰も恐れはしない・・・
 観光地という事でもない限り、誰も神社になど目もくれない・・・という事なのだろうか・・・」

うーーーむ、ゆかりん=八雲紫様のこの言葉はかなり重たいものがありそうですね。
外界から完全分離をしなければ「妖怪」の存在すら許されなくなった状況・・・
「妖怪たちへの畏敬」、ま、これってすなわち、人間達が「妖怪の存在」を認めて敬っているという事の証でも
あるのですけど、「誰も妖怪を恐れない」という事は同時にゆかりんをはじめとする妖怪・神・妖精・鬼・吸血鬼・天狗等の
非日常的存在を科学等の合理的思考が一蹴し完全否定される事で
自分達自身の存在意義が根幹から問われている非常事態とも言えますからね。
だからこそ、ゆかりん達は一大決心をし、幻想郷を外界から完全遮断し、ゆかりん達妖怪勢力が人間からの畏敬無しでも
存在できるように企画立案、そして有言実行したのです!

やっぱりゆかりん=八雲紫様は、多少胡散臭くても幻想郷最大のヒロインの一人と間違いなく言えそうですね!





yukarin-hisaburi-!-01_convert_20170626175327_convert_20170704115154.png




さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです!

ここにご登場して頂くイラストは、いうまでもなくゆかりん=八雲紫様です!!

このゆかりんは、アミグリさんが今年の6月に描かれたばかりの最新作ゆかりんです!

アミグリさんのコメントとして「少女っぼいゆかりんを描きました」という事なのですけど、
まさに「その通り!」としか言いようがない可愛いかわいい少女の恥じらいみたいなゆかりんがここにはいると
思います。

それにしてもとっても可愛いゆかりんですね!

ゆかりんというとどうしても大人っぽいとか成人女性とかミステリアスな雰囲気というイメージが強いのですけど、
こういう無邪気で可愛いゆかりんももう一つのゆかりんの顔と言えるのかもしれないですね!
少し垂れ目な感じとか体全体をググッと絞っているかのようなコルセットも素敵ですし、やはりこのゆかりんの笑顔に
ホッ・・ととてつもなく癒されるものがあると思います。
そしてこんな事書いてしまうとアミグリさんからお叱りを受けちゃいそうなのですけど、このゆかりんの「胸の谷間」が
眩しすぎますっ!!
うーーん、私もこんなゆかりんの胸元に顔をうずめてみたいですっ!! (←コラコラっ・・・滝汗・・!)

母性的なゆかりんとも言えるのかもしれないですけど、やっぱりこのゆかりんは「少女の眼差し」ですよねっ!!

とにかくめちゃくちゃ可愛いゆかりんだと思います!!

上記の記事では、ゆかりんというと古くからいる困った妖怪とかスキマ妖怪とか胡散臭いとか
何考えているのか全く分からないとかミステリアスな存在とか、
色々な解釈が出来そうなのですけど、統一して言えることは、ゆかりんほど幻想郷を愛している人はいないという事なのです!
そして「幻想郷のこのシステムをどうやって維持していこうか・・」という事に日々余念がなく、
そうした観点から色々と悪巧み(?)をされているのだとも言えます。

そうした「幻想郷を私が守り抜く」という愛はまさにゆかりんとしての「母性愛」なのだと思いますし、
そうした母性愛としての女神のようなゆかりんを表現されたのがアミグリさんの上記のゆかりんなのだと思います!

上記のゆかりんは、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  も
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

8月も間もなく終わりますが、9月の当ブログは引き続きテーマは「十六夜咲夜さん」です!
そしてここにまたまたとっても素敵なアミグリさんの作品とか恒例の(?)アミグリさん名作プレイバック集も登場しますので、
どうか9月も当ブログを何卒宜しくお願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

八雲神社をめぐる旅。実に興味深くおもしろく読みました^^そういえば、私もよさこい写真を撮っているときに、なんどか似た名前の神社を見かけたような気がしますね。それぐらい、色々なところにあるということなのでしょう。
神輿の担ぎ手のプロがいるのには驚きです。
それで生計が立てられるってことは、需要がとてもあるということですよね~。しかし、世の中には本当に、色々な仕事があるものですね~^^

ゆかりん神社

八咫烏(全力稼働中) 様


東方ではお馴染みの八雲・八坂という名称ですけど、神社の名称としても全国的にはかなり多用されているみたいでして、
カラス様もそのために色々な場所で見かけているのかもしれないですね。
だけど私が八雲神社を見かけるとやっぱり「ここはゆかりん神社・・?」と思ってしまいますね・・(汗・・)

御神輿のプロの方に実際に聞いたことがあるのですけど、日本で「祭り」が行われていない日はまずないとの事で、
一つの神輿を担ぐのにプロは1~2人は必要との事なので、
「ニーズは腐るほどあるし、全国からかなりの引っ張りだこ」と言われていましたので、
食うには困らないという事なのかもしれないですね。
(最近はお祭りも減っていますからどうなんでしょ・・?)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3742-18f4494e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |