プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
12位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「ざるそば」って本当に美味しいと思いますっ!
もちろん冬場に食べるざる蕎麦もとても美味しいと感じるのですけど、やはり夏の暑い盛りに食べる冷たいざるそばほど
美味しい夏の麺類はないのではないのかな・・?とも思ってしまいますね!
そしてざるそばの薬味としての鼻にツーンとくるあの「わさび」も本当にいい味を出しているとおもいますし名わき役に相応しい
薬味だと実感します。

ざるそばは、暑くて食欲がほぼ皆無という時ですら勝手に喉をするするっ!!と滑り落ちていく感触があり、
あの「するするっ・・」という食感がとても快感でしたし、冷えているざるそばが喉を通っている時だけは
「あーー、なんか体がひんやりするぅー!」みたいな感覚があり、
めんつゆに入れる「わさび」が時にピリッ!と感じるのも、適度なアクセントにもなり、
夏場の麺類の王様じゃないのかな・・?と思ったりもしますね。
(→こらこら、先日の記事では夏場の冷やし中華ほど美味しい麺類は無い・・と書いていたじゃないか・・というツッコミは
いれないでくださいね・・・笑・・)





縺悶k_convert_20170728203041




さてさて、このざるそばなのですけど、
よく「もりそばとざるそばの違いってなんだろう・・?」みたいな事を言われたりもするのですが、
たまに世間で誤解されているように、これは「海苔の有無」ではないようです。
おそばに温かいつゆを掛けて食べるのが「かけそば」なのですけど、
冷たいそばとつゆ・薬味・具を分離して食べるのが「もりそば」との事です。
そして・・・
もりそばの場合、おそばを盛り付ける器によって名称が異なり、普通のお皿などの場合は、もりそば、
せいろに乗せる場合はせいろ、ざるに乗せて食べる場合は「ざるそぱ」という名称が与えられるとの事です。
正直、この辺りの名称は、店によって微妙な違いもあり、必ずしも絶対的な名称ではないのですけど、
少なくとも「海苔の有無による違い」ではないようです・・・(笑・・)

なんにせよ、夏にへばった時に食べる冷たいざるそばはとっても美味しいです!!

近所には何軒かお蕎麦屋さんがあるのですけど、そのうちの一軒で注文するざるそばなのですけど、
なぜか薬味に「わさび」が付いていません!
最初にあれを見た時は「ざるそばにわさびが付いていないなんてあり得ない!」と感じ、店主に
「わさびは無いのですか・・?」と聞いてみたところ
「うちはわさびじゃなくて、七味唐辛子またはすったショウガを薬味として使ってもらう店です」という答えが返ってきて
「そういうのもありなのかな・・?」と感じ、試しに一つのめんつゆが入った器に七味唐辛子を入れ、別の器にショウガを
入れてみたのですけど、意外とどちらも合いますね!
七味唐辛子はわさび以上に「辛み」がキ――ンと脳にストレートに入ってきますし結構爽快な食感です。
そしてショウガは「おとなのざるそば」みたいな感覚もあり、
最初は「これってそうめんみたいなもんじゃん!」と感じていたのですけど、味自体はそうめんとはやはり全然違っていて
そばの旨みをショウガが引き立てさせているようにも感じたものでした。

だけどやっぱりざるそばの薬味は「わさび」で決まりなのかも・・?

薬味でもあるネギとの相性で考えるとやはりわさびの方が一歩抜きんでている感はしたものでした。




繧上&_convert_20170728200119




わさびを使ったお菓子は現在ではかなり定番になっていますよね!

最近ではわさびを使ったケーキが洋菓子店でも販売されていて、「あー、なんか美味しそう!」と感じたものでした。

そうした中、山芳の「わさビーフ」というポテトチップは結構昔からある定番のわさび味のポテチだと思います。

このわさビーフは私昔から大好きでして、我が家にはほとんどの場合、この商品の買い置きはしてありますっ! (笑)

辛いポテトチップというと一般的には湖池屋の「カラムーチョ」なのかもしれないですけど、カラムーチョはあまりにも
直球すぎる感じもしなくはないものでして、
美味しさとある程度のマイルドな辛さを求めたい私は「わさビーフ」の方をついつい選んでしまいますね・・!

わさビーフと冷たいお茶とかコーラを飲みながら、エアコンの効いた部屋でプリキュア等のアニメ作品を見るというのは
至福のひと時と言えるのかもしれないです! (笑)





縺翫°縺浩convert_20170728200051




そうそう、最近ではブルボンから発売されている「チーズおかき」の本わさび味も大変気に入っています!

チーズとわさびの相性はいうまでもなく大変素晴らしいものがありますけど、これをおやきというお煎餅という和のお菓子に
素敵に応用したブルボンは素晴らしいと思います!

これ、食べるとすぐにわかると思うのですけど、意外とわさひが効いています!

最初に食べると結構鼻にツーンときますけど、次の瞬間にチーズの濃厚な味とおやきの甘い食感が
口に伝わり、絶妙な味を演出していると思います!




繧後∩縺輔¥_convert_20160717181435



さてさて・・・「東方Project」における紅魔館の吸血鬼、レミリア様が大晦日に食べられている年越しそばは、
冷たいざる蕎麦ではなくて熱いかけそばでありましたっ! (笑・・)

年越しそばでも別に冷たいざるそばを食べてもいいんでしょうけど、やっぱり大晦日の頃は寒いから
やっぱり「熱いかけそば」の方がレミリア様にとっても宜しいという事なんでしょうね。
だけど・・・
本来は吸血鬼という事で「人の血」を吸われているレミリア様なんでしょうけど、
「常識に囚われてはいけない世界の幻想郷」においては、
吸血鬼のくせに(笑・・)好物が納豆で、和食もそばも蕎麦焼酎も食べられるレミリア様が
とっても可愛いです!

レミリア様は、吸血鬼という事で、昼間の光とか十字架とか銀のナイフは大嫌いのはずなんですけど、
十字架も銀のナイフも全然平気で、
結構ひんぱんに真昼の博麗神社を訪れたり、花見の宴会に参加したりと、
吸血鬼らしくない可愛らしいカリスマがレミリア様の素敵な魅力ですよね!!

だけどレミリア様はおっかない500歳の吸血鬼なんですけど、その本質はわがままお嬢様のおこちゃまでもありますので、
もしも夏場にレミリア様が冷たいざるそばを食べたとしたら、
薬味としての辛いわさびはお口に合わないのかもしれないですね・・(笑)
だけどメイドの咲夜さんはまたまた上手いこと言って、ピリ辛のわさびたっぷりのざるそばをレミリア様に
食べさせちゃうのかもしれないですね・・(汗・・!!)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

わさびの匂いやあの辛みが、すごく食欲をかきたてるのですよね~^^ちょっと多く使いすぎて、鼻にくるのもご愛敬ですね^^わさび使ったおかしも大変においしいです。以前孤独のグルメでやっていた伊豆のわさび丼を食べるのが目下の夢であります。

ツーンとくるあれがクセになりますね(^q^)
海鮮ものには得に重要
サビがきいててなきゃいかん!

わさび…ツーンときて頭がいたくなる時は
あるけど、美味しいですよね♪
すって食べるわさびはほんと美味しい♪

わさび漬け、わさびの花…
長野に行ったらお家用に買ってるな♡

孤独のグルメ

八咫烏(全力稼働中) 様


わさびのあのツーンとした香り自体が食欲をそそるという感じですよね!

そうそう・・「孤独のグルメ」の中ではご指摘の通り、わさび丼が登場していましたけど、
井の頭五郎さんは、あのわさび丼をなんと・・!
2杯も平らげていましたね! (笑)

食べるシーンがほとんどわさび丼だけというなんの捻りもない回でしたけど、逆に印象に残った回でした!

わさびは万能調味料!!

みけねころんそう 様


私もあの鼻にツーンとくる感じが大好きです!

さび抜き寿司なんてありえないですね! (笑・・)

まぐろ丼とかサーモン丼のガリとわさびは大変重要な役割を担っていると言えるのかも
しれないですね!

長野と言えば・・

napo 様


わさびは本当に美味しいと思いますし、まさに大人の薬味という感じですね!

長野というと、野沢菜・おやきも素敵ですけど、私的にはやっぱりあの「美味しいお蕎麦」です!!

そして夏に頂く長野の冷たい手打ちそばにたっぷりのわさびと一緒にすすると
「幸せだなぁ・・」としみじみ感じてしまいますよね・・! (笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |