プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


6代目プリキュアの「スイートプリキュア」は、音楽の街・加音町を舞台にし、
主人公・響の両親が高名な音楽家という設定のせいか、たまにですけど
「あれれ、これって幼児用アニメなのに、こんな難しい音楽用語を出しちゃっていいの・・・??」
みたいな場面も実はあったりもします。

一つの例が、第5話「ドタバタ! テレビレポーター」の話なのだと思います。










関係ないですけど、響は普段は髪に可愛いリボンを付けていることが多いのですけど
この第5話の家の中でジャージでくつろいでいる時の響は、
珍しくリボンもつけずにストレートヘアの状態でして、こうした響は極めて珍しいので、これはこれで貴重なシーンだと思います!





c79cd84b.png





響が「おなかすーいた、カップラーメンでもたーべよう!」と下まで降りた時
父親の団さんから声を掛けられるのですけど
その時の言葉が
「響、丁度良い所に来た。まさにテンポ・ジュストのタイミングだ!」というものでしたけど
この「テンポ・ジュスト」という専門音楽用語は、一般の人には分からないですよね・・・・・(笑)

私はたまたま10年程度吹奏楽をやっていたからすぐわかりましたけど、
この言葉は多分ほとんどの人はピンとこなかったのかもしれないですね。
(幼児がもしもこの言葉を知っていたとしたら、英才的音楽的教育を受けている人なのかもしれないですね・・)

「テンポ・ジュスト」とは、演奏記号の一つである「速度記号」の中で、
「正確なテンポを保って」という意味なのです。
実際のクラシック音楽の作品の中では、有名な作品の例として
チャイコフスキーのバレエ音楽「くるみ割り人形」~小序曲などがあげられます。

前述のスイートの北条団さんの場合、
別に響が「正確なスピードを保って」下まで降りてきたという意味ではなくて、
「丁度良い」と「テンポ・ジュスト⇒ジャスト⇒丁度」を掛けたというか
単なるダジャレ、オヤジギャグですけどね(汗・・!)

ところで最近提唱された音楽学説として「テンポ・ジュスト理論」というものがあるそうです。

これは何かと言うと・・・・

オランダの音楽学者、ヴィレム・レッツェ・タルスマが提唱した理論で、
「指揮棒の1往復が1拍となる」ものです。
通常は、「指揮棒の片道で1拍」なのですが、実はこれが間違いで、
「指揮棒の1往復で1拍」とするのが正しい、という驚愕理論です。

これは簡単に言うと、
これまでの楽曲の演奏時間について、従来よりも2倍時間を掛けてゆっくりと演奏するという事なのですけど、
うーーん、さすがにこれは違うのでは・・・・??
だって音楽というものは
「アレグロ等速い部分は一気にたたみかけるように演奏する事」で
「快速感」を演出できますし、
アダージョのように遅い部分も、勿論丁寧にやる事は大切なのですけど
「流れる水は腐らない」の言葉通り、
あまりにも遅いテンポ設定は、場合によっては音楽の流れそのものを断絶してしまいますからね・・・・

ま、だけどユニークな理論であるのは間違いはないのですけど
少なくても実戦向きではないようてすね・・・・(苦笑・・)

丁度タイミングよく(まさにテンポ・ジュストのタイミングなのかな・・? 汗・・!)
スイートプリキュアと音楽の話が出てきましたので、最後にもう一つだけ、スイートと音楽のネタを少しばかり
させて頂きたいと思います。
スイートの第33話についてちょびっとだけ余計なツッコミを入れさせて頂きたいと思います・・(汗・・)









スイートの第33話冒頭で、響がエレンを前にしてピアノの曲を奏でていましたけど
ラストは一音伸ばしで静かに閉じられます。
このラスト一音の和音は「D音」(→レの和音)だったと思いますが、
このD音をピアノで奏でる場合のピアノの運指は上記の通りです。
つまり真中の指で黒鍵を、左右の指で白鍵を押えるものだと思いますけど、
アニメ上は、響の指は全て白鍵を押えていました・・・

もしもアニメの響の運指が本当ならば、あの一音伸ばしの和音は、妙な不協和音みたくなっていたと思うのですけど、
ま、これは見なかったことに、気が付かなかったことにしておきましょうね・・(笑)

それともフェアリートーン達がうまく音を修正してくれていたのかな・・・・??

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3732-a4471694
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |