プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


19.駒澤大学高校


C/交響詩「ローマの祭り」~ Ⅲ.十月祭 Ⅳ.主顕祭 (O.レスピーギ)



駒澤大学高校というと、あくまで私個人の印象なのですけど、1980年代~90年代にかけては
可もなく不可も無くというかあんまり際立つ「個性」がない無難な演奏ばかりする学校かな・・?という感じで、
確かに都大会には毎年のように出場していたものの、「なんか今一つ印象に残らないチームだな・・・」という印象がありました。
都大会の結果も銀賞という結果が多かったような印象もありました。
だけど、21紀に入ってからの駒澤大学高校は突然変異という覚醒を起し、急激に上手くなって言ったような感じで、
全国大会でも何度も金賞を受賞する全国でも強豪校の一つに進化した様な印象があります。
このチームは確か1983年の組曲「ハーリ=ヤーノシュ」以来指揮者はずっと吉野先生ですので
他から優れた指揮者を引き抜いたわけでも無く、いわば、生え抜きのようなものですから、
長年の吉野先生のご苦労が見事に報われ、大輪の花が全国大会でも咲いたと言えるのかもしれないですね。

「駒澤」と聞くと大学の部のあの名門・駒澤大学をついつい連想してしまい、
「大学があんなに上手いのだから付属の高校だったきっと上手いんでしょ・・」と思われがちなのですけど、
1980年代中盤から2000年代前半までほぼ毎年のように都大会を聴いていた人間から
言わせて頂くと駒澤大学高校に関してのコメントは
「駒澤高校・・・? うーーん、なんか微妙な立ち位置・・」という感じだったのかもしれないです。
上記で書いた通り、確かに毎年のように都大会予選を勝ち抜け都大会本選に出場していたと思いますけど、
都大会の演奏を聴く限りは、「無難」とか「おとなしい」とか「ギラギラした個性があんまり感じない」
「洗練されたサウンドだけど聴く人に伝わるものはあんまりない・・」という印象が強かったような感じもあります。
都大会でも出場すれば毎年銀賞を取り続け、
銅賞と言うレヴェルではないけど全国大会代表・金賞を掴みとるまでのテクニックとか音楽性は
有していないチームみたいな感じもあり、そのあたりは全体的には「中途半端」という印象は拭えなかったと思います。

1992年の全国大会では、駒澤大学高校と東海大学第四とで「ローマの祭り」が
2チーム続けて演奏されていたのですけど、
単純比較で言うと、東海大学第四の圧倒的なエネルギーの塊りとパワーと絢爛豪華さの前では
駒澤大学高校の「おとなしさ・無個性・貧弱さ」は逆に際立っているようにも感じたものですし、
同じ「ローマの祭り」を自由曲に選びながらも、両校の違いは一目瞭然という感じだったと思います。
結果論ですけど、プログラム17~19番の3チームの自由曲はレスピーギが3チーム続いた訳なのですけど、
高岡商業・東海大学第四の「華麗なる音の絵巻」とは対照的に
駒澤大学高校の「サウンドの貧弱さと何かを伝えようとする表現力の弱さ」がかえって浮き彫りになっていたようにも
感じられたものでした。
もちろん駒澤大学高校の演奏自体は決して悪いものではなくて、音もサウンドも技術も標準以上のレヴェルはキープ
されていたと思いますし、
全く別の見方をしますと、高岡商・東海第四のあの強烈な鳴りっぷりに少し耳が疲れた後でこの駒澤大学高校の優しい音楽を
聴くとなんとなくですけどどこかホッ・・とするものはあったと思います。
更にいうと、プログラム16~18番の兵庫・高岡商業・東海大学第四というアクの強い演奏が高校の部の後半以降に
立て続けに続いていましたので、確かに「ローマの祭り」という豪快で鳴る曲を選びながらも
「どこか安心する・・ホッ・・とする」みたいな駒澤大学高校の演奏は、普門館の聴衆にもどこなく一息つかせるような
効果もあったんじゃないのかなと思います。
そう感じさせた要因は、課題曲のシャープさと切れ味というよりはマイルドな雰囲気の音の交錯が案外よかった事と
「ローマの祭り」も十月祭という少しマイルドな部分から開始させていた事も挙げられると思いますし、
全体的に確かにあんまり個性とかアクの強さは感じないけど、どことなくのんびりとしていたような雰囲気が
ローマの祭りという曲を取り上げながらもマイルドさを聴衆に伝えていたのだとも感じられます。

だけど、全体的にはちょっと今一つの仕上がりでもありましたし、結果として銀賞に入賞しましたけど、
限りなく銅賞に近い銀賞で、スレスレで銀賞に潜り込んだという印象が私の中にあったりもします。
そうですねぇ・・、私の本音を書いてしまうと、92年の都大会においては、都立永山は文句なしの代表でしたけど、
もう一つの代表枠を巡って結果的に関東第一と駒澤大学高校が激突していたようにも感じたものですけど、
あれはどうみても関東第一の課題曲Cと自由曲のプロコフィエフの「ロメオとジュリエット」の方が断然秀でているように
感じたものです。
プロコフィエフの「ロメオとジュリエット」というと、関東第一にとってはある意味トラウマのある自由曲で、
87年にあまりにも有名な「チューバ奏者置き去り事件」によって全国大会の本番のステージにおいてチューバ奏者が
わずか一人で演奏する自体に陥り、当時の関東第一の木管セクションの技術不足もあり、
全国大会銅賞という悲惨な結果に終わってしまいましたけど、その雪辱を果たした演奏が92年の都大会の関東第一の
あの素晴らしい名演だったと思います。
関東第一の92年の都大会の演奏は客観的に聴いても全く非の打ちどころが無く、表現力も劇的な雰囲気も大変
優れていましたけど、なぜか審査結果は銀賞に留まり、全国大会出場はこの年は果たせませんでした。
そして関東第一の代わりに全国大会出場を果たしたのが駒澤大学高校だったのですけど、
プログラム19番の駒澤の演奏が始まると、やはり私としては
「駒澤よりも関東第一に全国大会に出場して貰い、87年のリベンジを果たして欲しかったなぁ・・」と感じたものでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3730-1796961b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |