プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


18.東海大学第四高校


A/交響詩「ローマの祭り」~Ⅰ.チルチェンセス Ⅳ.主顕祭 (O.レスピーギ)


この年の東海大学第四高校(現、東海大学札幌高校)の演奏は、高校の部の中でも群を抜く素晴らしい演奏
だったと思います。
私個人の感想としては、この年の高校の部のグランプリは常総学院でほぼ確定・・
それに次ぐのが、東海大学第四・高岡商業・洛南なのだと思います。
この年の東海大学第四高校の自由曲は、高岡商業と同じレスピーギを取り上げていますが、
東海大四の方は、「この曲をとことん盛り上げたい!!」・「豪快に鳴らしたい!!」という気持ちをストレートに音にした
実に高校生らしい伸び伸びとした演奏だと感じたものです。
この点、同じレスピーギを自由曲に選んだ高岡商業が、知的さ・洗練さ・指揮者の完璧な制御に象徴されるように
ある意味計算され尽くされた人工的な香りの演奏をしていたのに対して、
東海大学第四高校は、本能の赴くままに豪快に鳴らし、「自分たちの吹きたいように吹けた!」みたいに
音楽が自由自在でやりたい放題という印象が大変強く、
結果的にこの両校はこの年の金賞に輝いたものの、目指していた方向性には随分と違いがあったんじゃないのかな・・?
みたいに感じたりもしたものでした。ある意味対照的な演奏とも言えると思います。

だけど、東海大学第四のこの路線は結果的に成功していると思います。
聴いていて実に心地良いというか、鳴っているのに逆に「もっと吹け!! もっと鳴らせ!!」と突っ込みを入れたくなるような
演奏だったと思います。
演奏が実に生き生きとドライブしていて、躍動感と圧倒的な存在感はお見事の一言に尽きると思います。
冒頭のチルチェンセスの爆演からとにかく鳴らしっぷりが半端ないですし、主顕祭に入ってからも
その豪快な鳴らし振りは「壮絶!」の一言に尽きると思います。
だけど単なる「音の暴力」というのではなくて、パートバランスがきっちりと図られているとか
全体合奏の中で「超えてはいけない一定の音量の限界ライン」を絶対に超えないとか、
音色が大変澄み切って明るく透明感があり、サウンドに微塵も濁りがないため、どこまでいっても音楽が
清純という印象を与えているという点は大変申し分なかったと思います。
クラリネット・トロンボーン・トランペットなど随所のソロパートも、ソロになっても貧弱になる事は全くありませんでしたし、
何よりも演奏の隅から隅まで「自分たちはこのように吹きたい!」という奏者の自発性と積極性が
普門館の客席の隅から隅まで十分すぎるほど見事に伝えていたのは、本当に素晴らしいと感じたものでした。

なんていうのかな・・?

奏者がお人形さん状態とか、いかにも指揮者が「このように吹きなさい」と言われたから指示通りに無機質に吹くという感じは
皆無であったというのがこの音楽的積極性の一因と言えるのかもしれなかったです。
課題曲Aのネレイデスが大変しっとりと抒情的に静かに響かせていたのも、自由曲「ローマの祭り」という派手な曲との
対比性という意味で見事なバランス感覚と音楽的対照性の素晴らしさを提示していたのも
大きなプラス要因だったのではないかと思います。
だけど面白いもので、この演奏から4年後の1996年にやはり同じくレスピーギの交響詩「ローマの松」の演奏を
普門館で聴いた際の私の印象は、92年とは全然異なるもので
「奏者の自発性があんまり伝わってこない・・」とか
「指揮者の井田先生の意向と解釈が奏者の存在感を少し弱めているような印象」とか
「鳴っているけど音楽が単調すぎるのかも・・?」と感じたのは、私の耳が変化したというのではなくて、
それがむしろ「スクールバンドの毎年の出場メンバーの変化」という事が大きいのだと思いますし、
前年度に積極果敢な演奏をしたチームが翌年は別人チームのように無味乾燥で消極的な演奏になってしまう事も
決して珍しくないという日本のスクールバンドの特徴を示唆したような話なのだとも感じたものでした。

この年、1992年において、東海大学第四高校と埼玉の埼玉栄高校のジョイントコンサートが開催されていて、
その合同演奏で演奏された曲の一つが「ローマの祭り」であった訳でして、
東海大学第四も埼玉栄も吹奏楽コンクールの自由曲として「ローマの祭り」を選んでいたのですけど、
東海大学第四は無事に全国大会出場を果たしていたのに対して、埼玉栄はまさかまさかの関東大会ダメ金というのは
極めて意外な展開でもありました。
この年の関東大会・高校の部は私自身も聴いていたのですけど、私個人の感想としては、
「関東支部における全国大会代表4チームは、常総学院・埼玉栄・習志野・東海大学相模で決まりじゃん!
今年は、市立柏・野庭は間違いなく関東大会ダメ金で敗退じゃん・・」と感じていたのですけど、
あの年、まさか埼玉栄がダメ金で全国大会に進めなかったのは極めて意外でした!
東海大学第四とのあの素敵なジョイントコンサートとか関東大会のあの素晴らしき名演を聴いた限りでは、
まさか埼玉栄がダメ金で全国に進めないとは全く微塵も予想していなかっただけに、改めて
「コンクールの一発勝負の怖さ」と「コンクールとは審査員の偏見と好みに左右されることもある」という事を
改めて実感させられたものでした・・・
あの年の関東大会を聴いた限りでは、野庭と市立柏がまさか全国大会代表になるとは夢にも思わなかったですし、
全国大会での柏と野庭の演奏を再度聴いても、残念ながら私自身の印象は全く同じでした・・(汗・・!)

埼玉栄の「ローマの祭り」は是非普門館の聴衆の皆様に聴いて欲しかった素晴らしい演奏だっただけに
惜しまれるものがありました。
だけど埼玉栄は、1997年に再度自由曲に「ローマの祭り」を自由曲に選び、この年は全国大会でも素晴らしい名演を
聴かせてくれ雪辱を果たしてくれたのは大変素晴らしかったと思います!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3724-54c41118
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |