プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


16.兵庫高校


D/バレエ音楽「ロメオとジュリエット」 (S.プロコフィエフ)



素晴らしい演奏だと思います!

結論から言うと、この年の兵庫高校のコンクールとしての評価は銀賞という結果に留まるのですけど、
私個人としてはこの審査結果には大変不満を感じます。
閉会式の審査結果発表の際に銀賞と発表された際は「マジかよ・・なんでこの演奏が銀賞なの・・?」と
頭を抱えたものですし、この審査結果には今でも到底納得いかないものがあります。
松井先生時代の兵庫高校の全国大会での金賞は、1989年の「ディオニソスの祭り」と93年の「シンデレラ」なのですけど、
あくまで私個人の好みで言うと、この年の「ロメオとジュリエット」とか90年の「火の鳥」とか96年の「三つのオレンジへの恋」という
コンクール評価としては銀賞の演奏の方が金賞受賞の演奏よりも大好きというのは、
私自身がどちらかというと「個性が漲っている演奏」の方により強い共感を感じるという要素が強いというのが
大きいからと言えるのかもしれないですね。

全体的に積極的な表現姿勢に好感を持てますし、指揮者の松井先生のアクの強さが全体に漲っていると思います。
課題曲Dは、一般的に中学生がこの曲を演奏するととっても幼く感じるのですけど、高校生がこうした曲を演奏すると
真価を発揮するというのか、楽しさと親しみやすさと曲の構成の見事さを感じてしまいます。
この課題曲は一聴した限りでは「単なる子供っぽいマーチ」のように聴こえてしまう傾向があると思うのですが、
例えばヤマハ浜松とか阪急百貨店の演奏を聴くと多分一目瞭然だと思うのですけど、
この曲はきちんと聴かせ所が備わっていて、特にラストへの追込みにかけての曲としての構成美は素晴らしいものが
あると感じています。
(ヤマハ浜松のティンパニ奏者の曲の追込み感と打点の見事な打ち込みは聴いていて惚れ惚れするものがありました!)
兵庫高校の課題曲Dも単なる「楽しさ」だけではなくて、そうした曲としての構成美を適切に聴衆に伝えていたのは
大変素晴らしいものがあったと思いますし、高校の部の課題曲Dとしてはグランプリクラスの仕上がりだったと
思います。

だけど圧巻は自由曲の「ロメオとジュリエット」だと思います。

低音部がチューバを中心にバリバリ過ぎるくらい豪快に鳴らしていて、
「少し鳴らし過ぎかな・・?」と感じる部分も多々あったのだとは思いますけど、
低音の充実した響きという土台がきちんと出来ていたからこそ、課題曲も自由曲も終始大変安定していた
演奏を展開していた大きな要因になっていたんじゃないのかな・・?とも感じますね。
最近、この年の兵庫高校の課題曲と自由曲を改めて聴いてみたのですけど、やはりあの「低音セクションの安定と充実感」は
素晴らしいものがあると感じました。

この「ロメオとジュリエット」は、一般的には、モンターギュ家とキャブレット家~タイボルトの死という組合せが
大変ポピュラーな組合せと言えると思いますし、このバレエ音楽を自由曲に演奏するチームの大半はこの組合せと
なっています。
1987年に天理高校がこの組合せに「ジュリエットの墓の前で号泣するロメオ」を入れたり、
1986年の中央大学の林紀人アレンジVerのように、朝~喧嘩~少女ジュリエット~タイボルトの死という組合せという
パターンもあるのですけど、
この年の兵庫高校は、後半のタイボルトの死をメインに据えながらも、バレエ音楽全体の中から、
コンクールではあまり演奏されないような箇所からも曲の構成に加えたりと、演奏解釈とは別に選曲という意味でも
大変個性的な面は感じられたものでした。
曲の構成も、全体的には静→動→静→動という雰囲気だったと思いますし、その辺りも音楽としてのストーリー性を
大変意識されていたようにも感じられ、この辺りも大変好感を感じたものでした。

この年の兵庫高校はどのあたりが特に素晴らしかったのかと言うと、第一に自分たちのやりたい音楽の方向性を
明確に示している点、第二に、明示するだけではなくて、積極的に自分たちの音楽を
聴衆に伝えられる高度な技術を持っている点だと思います。
とにかくあの音楽的積極性は素晴らしいですし、静かな部分のリリカルでしっとりとした雰囲気も素敵なものがありますし、
激しく鳴らせる部分は上記で書いた通りの低音セクションのかなり重厚な響きもあり、
まるでロシア陸軍の重量戦車部隊の重厚な行進を彷彿とさせる充実した響きがそこにはあり、
悪く言うと威圧的にも聴こえちゃうのかもしれないですけど、やはりあの充実した響きは、「見事なハーモニー」だと
言えるのだと思います。

だけど、こうした音楽の方向性は、審査員の評価は割れるのかも・・と予想していたら、案の定銀賞にとどまってしまいました。
新屋高校・愛工大名電と並んで非常に惜しい銀賞だと思いますし、
私個人はいまだにこの年の新屋高校と兵庫高校の銀賞には全然納得していないですね!
私個人としては、新屋と兵庫は、十分金賞に値する素晴らしい演奏だと確信しています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3714-e52c22be
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |