FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


チルノ時計


あの東日本大震災から早2年が経過しましたが、仙台出身の自分としては心痛むものがあります。
知人関係で亡くなった人も多数おりますし・・・
関係者各位のご冥福を改めてお祈り申し上げます。
宮城県は、実は1978年にも大地震を経験しております。
今となっては東日本大震災の影に隠れてしまっていますし、記憶が薄れていっているとは
思いますが・・・
1978年の宮城県沖地震の際も、中学の同級生の弟がブロック塀の下敷きになって
亡くなっています。
思えばあの時以来、建築基準法というか耐震基準が厳しくなり、ブロック塀を建てる際は
その時までは特に規定等がなかったのが、鉄柱を必ず入れる事が義務化されるなど
あの大地震がもたらした影響はそれなりにあったのではないかと思っています。
当時中学生の自分なんかも、確か大地震から半年程度は学校給食が全て中止になった事は
何か妙に印象に残っています。

1983年も秋田県沖で大地震が発生し、確か修学旅行中の小学生が津波に呑み込まれた事故が
発生したような記憶があります。
秋田県沖地震が発生した時、確か模擬試験の最中だったような気がしますが、
あの時は宮城県内も結構揺れ、試験どころではなくなったような感じがありました。


〇明石北高校

 このチームの指揮者は、後日兵庫高校の指揮者も務めた松井隆司氏で、
 この時は、兵庫高校のような「強烈な個性・インパクトのある表現」は抑え気味で
 課題曲・自由曲共にスタンダードで可愛らしい解釈をしていました。
 女の子の制服がとても可愛らしく、ブルーのセーラー服に近い感じもあり、
 とても印象に残っています。
 課題曲カドリーユも、非常に軽快で可愛らしいのですが、
 リズムセクションのトロンボーンがかなりダーダー吹きに、後押し気味に吹いていたのが
 なぜか印象に残っています。
 自由曲の「ダッタン人の踊り」も難曲を全然難曲に感じさせない程自然に楽に吹いていたのが
 印象的です。
 この曲は、昔からよく自由曲として取り上げられていましたが(最近はあまり演奏されなくなりましたが・・)
 金賞を取るのが意外と難しく、半数以上のチームは銅賞を受賞しています。金賞は、記憶に残る限りでは
 この明石北と今津中くらいかな・・・?
 このチームの「ダッタン人の踊り」は、課題曲度同様に、ややダーダー吹きというか、レガート気味に
 吹いていたのがかえって良かったような気もします。
 全体に音に切れと躍動感が漲っていて、スピード感と軽快さが両立している演奏です。

〇東邦高校

 1950年代~60年代に吹奏楽界をリードしたこのチームも80年代以降になると、東海地区の
 御三家(名電・浜松工業と商業・東海大学第一)に代表の座を明け渡すことが多くなり、
 中々全国に出る事も厳しい感じになっていました。
 たまーに、白子高校なんかも全国に出ていましたしね・・
 ま、要は東海大一がスカ金の時に、この東邦が代表になるというパターンがこの当時はあったようにも
 思えます。
 この年は、確か78年の「カディッシュ」以来だから5年ぶりの出場でしたね。
 この当時は、まだ男子高校でしたが、サウンドが意外と柔らかく、クラリネットの音色が
 非常に美しかったのが印象的です。
 よく言えば、非常によく統率されている
 悪く言うと、指揮者の棒の通り吹いている
 という感じの演奏でした。
 少しこじんまりとまとまり過ぎているというか、若干スケールに欠けるとか
 「盆栽」みたいな演奏になっていたのは惜しまれます。
 サウンドは透明感があり良かったと思うのですけどね・・・
 翌年のジェイガーの交響曲の際は、83年とは逆に幾分「荒っぽいドライヴ」の演奏になってしまうから
 面白いものです。
 東邦は確か、1985年以降から男女共学になったのかな・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Re: 明石南?

失礼・・・

自分の表記ミスでしたね・・・
訂正済です。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/371-fd067f17
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |