プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「市立川口高校」というと確かに全国的にはそんなに知名度はないとは思うのですが、
巨人軍の元エースで現在は二軍監督を務められている斉藤雅樹投手の母校であり、
斉藤投手が市立川口に在籍していた当時は残念ながら悲願の甲子園出場は実現しなかったものの、
埼玉県の高校野球においてはほぼ無名校であった市立川口を埼玉県大会準優勝まで牽引したその功績は
素晴らしいものがあると思いますし、
斉藤投手はまさに「川口市の顔」という役割も担われていると思います。

だけど、この市立川口も市の予算の関係とか少子高齢化の波を受けて、来年度・・2018年度より
川口市内の市立高校3校による統廃合が確定していて
2018年度以降は「市立川口高校」という名称は消滅してしまうとの事です。
野球部にとりましても、今年は「市立川口高校としての最後の大会」という事で臨まれたと思いましたが、
やはり今年も悲願の甲子園出場を果たすことが出来ずに、野球部としての夏は閉じてしまいましたけど、
統廃合以降は新たな伝統の始まりとして、是非ぜひ新しい学校としての甲子園出場目指して頑張って頂きたいと
思います!

市立川口高校というと実は、私がかつて吹奏楽部の現役奏者だった1970年代後半~80年代後半にかけては
吹奏楽コンクールのいわゆる名門校の一つで、毎年のように普門館で個性的で大胆な演奏を聴かせて頂き、
私と同世代の吹奏楽経験者の皆様の感覚としては、
市立川口高校吹奏楽部というと間違いなく「凄い!!」という感覚と「懐かしい・・」という感覚を
持たれているんじゃないのかな・・?とも思いますね!


私にとって市立川口というと「無言の変革」も「永訣の詩」などの演奏もとてつもなく魅力的なのですけど
やはり1979年の「二つの交響的断章」という印象が大変強いです。
私、このブログでよく
「1982年の花輪高校のウォルトンの交響曲第1番終楽章の演奏こそが私がクラシック音楽という深い森の中に
入り込むきっかけ」みたいな事を書かせて頂いておりますが、同様に
「1979年の市立川口高校の二つの交響的断章の演奏こそが、私が吹奏楽オリジナル作品の魅力に気が付く
きっかけとなった演奏」と記させて頂いておりますし、
同時に、私自身が「埼玉県川口市というエリアにいつかは住んでみたい!」と思うようになったきっかけの学校とも
言えますし
(それは後年、本当に現実のものになってしまい、私自身は今でも埼玉県川口市在住です! 笑・・)
このブログの一つの目的が花輪高校吹奏楽部と市立川口高校吹奏楽部のあの偉大な不滅の名演を後世の皆様に
語り継いでいきたいという事に繋がっていると思います。

1979年当時吹奏楽コンクールの全国大会の出場チームのステージ衣装は、ほぼ例外なく学校の制服というか、
男子は学ラン、女子はセーラー服かブレザーというチームが多い中、
市立川口高校は、赤ブレザーに赤のズボン・スカートという当時としては斬新なステージ衣装でしたし、
広い普門館のステージが狭く感じるほどパーカッションをズラリとセッティングしたり
グランドハープとか法螺貝とか、コンサートチャイムとは異なる本物の「鐘」を持ち込んだり、
視覚的にも大変なインパクトはありました。
そして見た目だけではなくて演奏自体が素晴らしかったですね!
1979年の課題曲は「プレリュード」と言う「無調的色彩」の強い現代音楽系の曲だったのですが、
出だしのティンパニソロをはじめ、緊張感漲る演奏が本当に素晴らしかったですし、
後半のヴィヴラフォーン以降の木管セクションのひさやかさ、打楽器セクションの鼓動など文句のつけようがない演奏でした。
しかもこの演奏、全国大会初出場でしかもプログラム一番なのですよ・・・!!
そんなハンディーを全く感じさせない圧巻の演奏でした!!
自由曲のネリベルの「二つの交響的断章」は「これぞ゜まさしく歴史的超名演!」の名に恥じない衝撃の演奏です!!
冒頭が、チャイム・シロフォーン・グロッケン・マリンバの鍵盤打楽器から開始され
執拗に同じメロディーを反復していくのですが、この執拗な緊張感が絶品です。
アルトサックスのソロも素晴らしいし、
それに合いの手を入れる打楽器セクションの瞬発力もお見事に一言に尽きます。
ファゴットのデュエットも・・ま・・少しばかりズレはあるのですけど、やはりあの勢いは止められない感じです。
後半のティンパニソロからの金管セクションの透明かつ勢いのある展開も大変迫力がありますし、
トムトムをはじめとする打楽器セクションのやはり瞬発力と自発性は高く評価されて然るべきだと
思います。
自由曲における、ドラの鳴り方が非常に効果的なのも印象的です。特に第一楽章の鳴りっぷりは凄まじいものがありました!
あのドラは、まさに「音楽の神様が鼓動・躍動している!」という響きそのものだと思います。
この原曲は17分程度の大変長いものなのですけど、市立川口は5分30秒程度にコンパクトに収めてしまいましたので、
「もう少し長く演奏しても良かったのでは・・・? せめてこの翌年の東海大学第一高校くらいの長さは
欲しかった」とも言えなくはないのですけど、指揮者の信国先生は、
「音楽的緊張感」を優先に考え、このカット方法にしたのかもしれませんよね。

この1979年の市立川口の演奏は、まさに私の「吹奏楽オリジナル作品のバイブル」だと思いますし、原点だと
思います。

だから私としても「市立川口高校吹奏楽部」の名前が消滅してしまう事にはやはり一抹の寂しさというものは
どうしても感じざるを得ないですけど、
やはりこれも時代の波という事なのかもしれないですね。
市立川口の「二つの交響的断章」とか「無言の変革」シリーズのあの素晴らしき名演は、高校生同時の私に
与えた影響というものは凄まじいものがあったと思いますし、
1982年の東北大会にて秋田県立花輪高校吹奏楽部が残してくれたあの伝説の名演、ウォルトンの交響曲第1番終楽章と
同じくらい「私」自身の音楽の嗜好性に多大なる貢献をして頂いたと今でも実感しております。

学校統廃合というと印象的なのは、1983年から1995年にかけて、市立川口と同様に素晴らしい名演の数々を残してくれた
神奈川県の野庭高校も学校統廃合によってこの輝かしき校名が消滅した事ですね。

よくサラリーマンの世界ですと、業績不振の部署とか関連会社が「名誉ある撤退」とか「発展的解消」の美辞麗句の名において
消滅・他の部署や会社との統合という悲喜劇はよく耳にする話ではありますが、
学校までこの統廃合の波は押し寄せているという事は、やはり少子高齢化とか生徒数激減という荒波は
私達の身近な所にまで既に来ているという事なのかもしれないです。

実は私の出身高校も、つい最近までは男子高校だったのですが、やはり学校統廃合の名のもとに、
近隣の女子高校との統廃合が成立し、今現在では男女共学校となっています。
私の高校時代の思い出は、「男子校としてのの気楽さ」にあったと思うのですけど、
それが現実的に今現在の母校にないとは、卒業生としては一抹の寂しさも感じたりもします。
だけど反面、今まで男子高ゆえの吹奏楽部員の慢性的不足とかクラリネット・ファゴット・オーボエ等の絶対的な
木管楽器の奏者不足が、女の子たちがいっぱいいっぱい入部してくれたおかけで一気に解決され、
それだけではなくてOB悲願の「東北大会A部門出場」を果たしてくれた事は、本当に涙が出るほど
嬉しく感じたものでしたし、やはり、過去の伝統は伝統として考え、今現在の新しい伝統と言うものに対して
OBの一人として温かい気持ちで見させて頂きたいと思っています。

市立川口高校吹奏楽部は、1991年の関東大会でのダメ金を最後に、2005年まで吹奏楽コンクールへの出場を
しない時期が長い間続き、
正直「市立川口高校吹奏楽部」のあの偉大なる伝統と名演を知る人たちも少なくなっていたのが実態だと思うのですが、
2006年以降、市立川口は久しぶりに吹奏楽コンクールにも出場しはじめ、最近では西関東大会にもボチボチと
出場を果たされています。
信国先生時代のあの偉大なる伝統は伝統として、今現在の奏者の皆様には
「新しい伝統」としての市立川口を歩んで頂きたいですし、学校名が変ったとしても
市立川口のあの斬新て新鮮な演奏の感覚は受け継いで頂きたいと思います。

間もなく吹奏楽コンクールの埼玉県大会も開催されますけど、市立川口の「最後の夏」を
一吹奏楽ファンの立場として温かい気持ちで応援をさせて頂きたいですし、普段通りの練習の成果を
本番のステージでも存分に発揮して頂きたいものです!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

無言の変革。

今だとYouTube等の動画で観れますね。
35年以上前なので画質が良好とは言えませんが(upされた方、ごめんなさい、、、)、それでも人の肉声か?と思ってしまう打楽器らしい音と、いまでもほとんどあり得ないと思う普門館のひな壇で吹いている「法螺貝」は度抜かされますね(笑)。「洛南高校」の楽器持ち替えが普通になって見えます…。
この高校が統廃合と聞き、残念な気分ですよね。。でも統合校で「市立川口高校」になかった演奏・伝統をと私は期待したいですねぇ

さて、本日から湯沢市と秋田市で計4日間の日程で吹奏楽コンクール秋田県大会が開催されてます。閉会式後は必ず悲喜こもごもなんですが、結果のみ意識せずにコンクールまでの過程を大事にしてほしいです。
あわせて、管理人様在住の埼玉県大会と管理人様のご実家様がある宮城県大会が盛大に開催されることをお祈りいたします。

実はなのですけど・・・

一秋田県民 様


市立川口のあの「無言の変革」シリーズは、確かに賛否両論はあるとは思うのですけど
保守的な吹奏楽コンクールみたいな雰囲気に一つの風穴をあけたという点でも大変意義がある演奏だと
思いますし、なによりも自作自演は素晴らしいことだと思います。
体をくねらせながら法螺貝を吹くホルン奏者とか何よりも打楽器奏者に心から敬意を表したいと思います。

そして確かに校名は来春で消滅しますけど「新しい伝統」を目指して頑張って欲しいです!

さてさて・・実はなのですけど私の母校の中学校はここ何十年も停滞していたのですけど、
数年前に意欲的な女性指導者が登場し、とてつもなく意欲的な自由曲を選曲し、今現在はまだ県大会止まりですけど、
1975年以来の久しぶりの東北大会出場も果たして欲しいなぁ・・と思います。
ちなみに実はですけど、一昨年は確か・・
あの秋田南がかつて演奏していた「パロディー的四楽章」~Ⅱ・Ⅳを演奏していました!

秋田県大会で波乱です!

本日湯沢市で秋田県大会高校小編成の部と職場一般の部の審査があったんですが、あの秋田吹奏楽団がなんと!ダメ金で県大会で姿を消す結果になりました、、、
……でも驚きではあったんですが演奏聴いた限りだと、音のくすみやまとまり不足が顕著に感じられ(もしかしたら選曲ミス?ラヴェルの左手のためのピアノ協奏曲)、「やっぱりな…」感も否めませんでした。
ちなみに職場一般の部の秋田県代表は大曲吹奏楽団とNG吹奏楽団でした。

まずはご報告まで。

選曲ミスなのかも・・?

一秋田県民 様


貴重な情報をいち早く教えて頂きありがとうこざいます。

というか最近の県大会は随分と早い時期に実施されるのですね。私が中~高校生の頃って
9月の県大会が普通でしたので、それも受験勉強とかPTAの圧力もあるのかもしれないですね・・・

秋田吹の県大会落ちは意外ですね!

自由曲のラヴェルの「左手のためのピアノ協奏曲」は以前、川越奏和も全国大会で演奏していましたので
二匹目のドジョウを狙ったのでしょうけど、
こうしたピアノソロをメインにした曲の吹奏楽アレンジ自体少し無理があるのかもしれないですし、
同様な事はラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」にも言えると思います。
ピアノ協奏曲系で唯一吹奏楽に合っていると感じられるのは、ガーシュインの「ラプソディー・イン・ブルー」
ぐらいなのかもしれないです・・・

以前ですけど、秋田南が「クープランの墓」・「夜のガスパール」のピアノ曲を自由曲にしていた時は
最初は「え・・?」と感じたものですけど、
あの繊細な響きは素晴らしかったです!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3706-da59f27c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |