プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


それにしても7月に入って以降は連日だるような不快な蒸し暑さが続いていますね!

6月中盤までのあのカラ梅雨と冷夏気味の過ごしやすい日々が今となっては懐かしいですね・・(笑)

こうした暑い時には、夏バテ防止のウナギとか牛丼等を食べてスタミナ付けるのも悪くないですし、
暑い時こそ激辛のカレーを食べて思いっきり汗をかくという逆療法もいいのかもしれないですけど、
やはりこういう暑い日には、冷たいうどんとかとろろそばなんかをつるつるっとすすりたいものですね。
そしてこうした「冷たい麺類」というと王道なのがやはり「冷し中華」と言えるのかもしれないですね!

真夏の冷やし中華はとても美味しいと思います!

あの冷たい醤油ベースとかゴマのスープも美味しいですし、きゅうり・ハム・卵・棒棒鶏等の付け合せも
とても魅力ですけど、やはり何と言ってもあの冷たい麺をつるつるっとすするのが
夏にはたまらないですね!
よく味にうるさい御方ですと
「熱いラーメンはその熱さで味がごまかされてしまう傾向があるかもしれないが、冷やし中華はそうした熱さで味が
誤魔化される事は無いので、上手い下手がすぐに分かってしまう」みたいな事を言う方もいるかとは
思うのですけど、
いやいや、そんな事は無いと思います・・・(笑)
だってそんなクソ暑い日にそんな味とかに敏感になる人の方が珍しいとも感じますし、「冷たい」と感じる方が
より大切じゃないのかな・・?とも思ったりもしますね。

だけど「冷し中華」ってお店で食べると決して安くは無いのですよね・・(苦笑・・)

大体600~700円が一つの相場とも思うのですけど、麺類にこれだけお金を払うのだったら、吉野屋の豚丼を2杯も
食べられちゃうとかスーパーの弁当だったら二つも買えちゃうとか考えると
暑いからと言ってそんなやたらと冷やし中華ばかり食べる訳にはいかないというのが実態なのかもしれないです。

ラーメン・そば・うどん・焼きそばというとこういう時に大変重宝するのがカップ麺だと思うのですけど、
こうした「冷し中華」のカップ麺ってあんまり聞いた事はないですよね・・
だけど、実はあったりもするのです!
以前当ブログで「麺のスナオシ」というメーカーの一個58~68円前後という激安価格でディスカウント等で売られている事が
多い商品を取り上げさせて頂いた事がありますが、
そのスナオシと同様にスーパーやディスカウント店では「特売」というと定番になっている叩き売り商品の一つが
「大黒」というメーカーのカップ麺シリーズだと思うのですけど、その大黒の商品の中に
冷しうどん・冷やし蕎麦と並んでこの冷やし中華というのも実はあったりもします。

「麺のスナオシ」という会社は茨城県水戸市にある会社のせいか、全国的な知名度は低いのかもしれないですけど、
関東近辺では「激安麺」として多少は知られているのかもしれないです。
「麺のスナオシ」のカップ麺に関しては「安かろう、悪かろう」みたいなイメージも多少はあるのかとは思うのですけど
同様な事はこの「大黒」にも言えるのかもしれないです。
大黒の商品はどちらかというと一般的なスーパーよりはディスカウント店とか100均のお店で売られている事も
多いような気もします。




螟ァ鮟胆convert_20170710210226



螟ァ鮟・_convert_20170710210733




最初にこの大黒のカップ麺の冷やし中華を目にした時の率直な感想としては
「まずそう・・」とか
「いかにも安かろう悪かろう・・みたいな商品」とか
「さすがにカップ麺であの冷やし中華の再現は難しいでしょ・・」という感じだったのですけど、
「冷し中華がどうやってインスタント食品として再現されるのかな・・?」というのが気になってしまい、先日
ディスカウント店で一つ試しに購入をさせて頂きました。
(価格は一つ78円だったと思います)

このインスタントの冷やし中華の中身ですけど、麺そのものにりんご酢が効きはちみつも入っているという醤油だれベースの
スープに、海苔と卵の具材、そしてなんと・・! からしも入っていました!
このからしが入っているというのが中々心憎いサービスだとも感じたものです。

作り方なのですけど、要は「カップ焼きそば」と似たような感じです。

違いはどこにあるのかと言うと、カップ焼きそばは一度お湯を入れて3分程度経過した後にお湯を棄てて
ソースを入れれば完成なのですけど、冷やし中華の場合は、それだと「熱い冷やし中華」(?)になってしまいますので、
お湯を棄てた後に再度「冷たい水」を入れて再度水を切り、しかもこの水入れ→水棄てを出来れば2回ほどやって欲しいと
説明書には書かれていました。
そしてその食べ方の説明書では、水の中に氷を入れると更に美味しく食べることが出来ると書かれていました。

うーーむ、これってなんだか面倒くさーーい!!

焼きそばだと一回で済む事が、お湯入れ1回 水入れ2回でとかも「氷」を入れて欲しいという事ですので
手間としては面倒と感じざるを得ないのかもしれないですね・・・(汗・・)

これでもしも不味かったら「二度と買わない!」という感じになるのでしょうけど、さてさて、そのお味は・・・!?

結論から言うと、意外にも「美味しい!」と言わざるを得ないと思います!!

正直言って自分でも意外でした!

価格も安いし具材もしょぼいし、お湯と水をあんなに交互に入れたらふやけてまずくなるじゃんと予想したのですけど、
決してふやけるという事も無く、
逆に麺自体にコシがあるという印象です!
そしてモチモチとまではさすがにはいきませんけど麺自体に弾力があるのは間違いないと思います。
何よりもスープがとても美味しいですし、これは「冷し中華」以外の何者でも無いと思いますし、
下手なその辺の街のラーメン店の激マズ冷やし中華食べるよりは大黒のこのインスタントとしての冷やし中華を食べた方が
美味しいですし、お財布にも優しいと思います。
そして同封されているからしがいいアクセントになっているのも大きなポイントだと思います。

いや――、これは正直期待以上の味だったと思います!

これは絶対にもう一度この夏に食べたい味ですね!

最後に・・・一つ欠点を挙げると、やはり一回お湯を切り二回水を切るというのは大変面倒ですし、
もしもですけど食べる際に「氷」がなかったとすると、水だけでは完全に冷やし切れず
生温かい食感での冷やし中華を食べる羽目になってしまうのですけど、
あの麺のコシとスープの美味しさを味わいたいならば、あの生温かさだと美味しさが半減してしまうそうなのが
欠点と言えるのかもしれないですね・・

逆に氷できちんと冷やし切るとその美味しさが遺憾なく伝わると思います。

こういうカップ麺としての冷やし中華も決して邪道ではなくて、私としてはむしろ今後も是非食べ続けてみたいと
思わせる味と価格だったと思います。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんばんはです(^^)/
東北も蒸し暑い日が続いていますが、そちらも暑そうですね!カップ冷やし中華というのは初めて見ましたが、美味しかったようで何よりです(^^♪手間はかかるようですがちゃんと冷やすのがポイントのようですね。
偶然にも本日更新した当ブログにもカップ食品系の話がちらっと出てきます。艦これ関係なのでどういう事かはお分かりになるかと。

艦これファイル

ごにぎり 様


東北も蒸し暑そうですね!
7月でこんなに暑かったら8月は果たしてどんな酷暑になるのか今から戦々恐々ですね・・(汗・・)

カップ麺の冷やし中華も変化球としては面白いですけど、暑い時は、むしろ「焼きそば」なのかも・・・?

おっと・・今回のローソンと艦これコラボとしては、日清の焼きそばを二つ買うと艦娘のクリアファイルを
一枚もらえるというのをやっていましたね!

記事の方は後ほどお邪魔させて頂きまーす! (笑)

ちなみにですけど、うちの近所のローソンは、クリアファイルは即日完売でした!!

カップ麺の冷やし中華

暑いですね~~。

カップ麺の冷やし中華は知りませんでした。

今日のお昼は、今、冷やし中華に決まりました(笑)



えー、冷やし中華にもカップ麺があったんですか。
しかし、なかなか大変な作業が必要なんですね~。
多分、その辺りがカップ麺の冷やし中華がない理由なんですかね。
でも、ちょっと手間暇かけるとおいしくなるなら、まあ、それもありかもしれませんね。後は本当の冷やし中華を作るときの時間や苦労、味と比べて、どちらを撮るかですね~^^私はお店でお金を払ってしまうかな~^^;

写真と説明とで、ぜひ食べてみたくなりました。ごっくん、美味しそう。カップ麺のお世話になっている息子にも教えたげよう~~
ありがとうございました。

冷やし中華

優子 様


本当に暑くて暑くてたまらないですよねぇ~!

こんな暑い時のお昼ごはんは冷たいお蕎麦とか冷やし中華が一番だと思います! (笑)

冷たい麺をツルツルっとすすってあの冷たいスープは最高ですよね!

お店の味もカップヌードルの味もどちらも悪くはないと思いますよっ!

作るのは面倒だけど、意外と美味しい・・

八咫烏(全力稼働中) 様


ぺヤング等のカップ焼きそばの応用編というのがカップ麺の冷やし中華だと思うのですけど、
作るのは面倒で氷が無いと正直あまり美味しさが伝わらないという欠点もあるのですけど、カップ麺なのに意外と
美味しいと言うのは、やはりありがたい面はありますよね!

だって日高屋あたりでも冷やし中華は普通に700円程度しますし、あの価格を考えると、カップ麺で冷やし中華を味わい、
残ったお金でおいしい鳥の唐揚げとか餃子とか冷たい清涼飲料水という
せこう方向性に私は走ってしまいそうですね・・(笑・・)

意外とお勧め!

ナカリママ 様


確かに作る手間は意外と面倒で、「氷」が無いと美味しさの魅力が半減しちゃうのですけど、
ある程度の冷たさをキープできれば、味は決して悪くはないですし、あの価格の手頃さを考えると
意外と「お勧め!」という感じになりそうですね! (笑)

手頃さと価格の魅力の両方をキープできていると思います。

ふむ 絵面的にはアレですが食べてみるとそうでもなかったと

カップ麺のやつとか初めて知りましたよ(;゜∀゜)
うーん食指は動かないですが発想としてはおもしろいですね(^q^)
これでちょっとしたトッピングがあったら違ったかなー

とてつもなくシンプル・・・

みけねころんそう 様


これは意外性の発想と「シンプル イズ ベスト」を絵に描いたような商品なのだと思います。

普通の人は「冷やし中華のカップ麺はありえないじゃん」と感じるのかもしれないですけど、そうした固定観念を
素敵に打破した商品とも言えそうですね・・(笑)

確かに・・! トッピングにもう一工夫あれば違った展開になるかもしれないですので、トッピングは
各自の家で何か入れてくださいという感じなのかもですね・・
ちなみにですけど、私は「焼き鳥」を入れてみたら、これはなかなか素敵な相性だったと思います!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |