プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


支部大会以上の吹奏楽コンクールとか東京佼成Wとかシエナのようなプロの吹奏楽団の場合は、
「バスクラ」(パスクラリネットの略)とクラリネットの持ち替えという事はあんまり見られないのかもしれないです。
反面意外かもしれませんが、プロの管弦楽団の場合、日常的ではありませんが
クラリネット奏者がバスクラを掛け持ちして吹く事もあるようです。
(日曜PM21:00から二時間枠でEテレで放映されているN響の定期公演の映像を見ると、クラリネット奏者がバスクラを
掛け持ちしたり、またまたクラリネット奏者がエスクラというかE♭クラリネットを掛け持ちしている様子も散見されます。
またファゴット奏者がコントにファゴットも掛け持ちしている様子を見ると、ブロ奏者も大変だな・・と感じる事も
多々あったりしますね・・)

改めてですけど、バスクラとは、クラリネットより1オクターブ低い音が出るクラリネットの派生楽器の一つで、
普通のクラリネットの長さで言うと大体倍ぐらい大きさがあります。
指使いはクラリネットと同じですので、クラリネットと持ち替えをしても違和感はほとんどありません。
マウスピースがクラリネットよりもかなり大きめですので、クラリネットと比べてはるかに簡単に音が出ますし、大変吹きやすい
楽器であると思います。
特徴はなんといってもあの「重厚な低音」だと思いますし、
管弦楽でもそうした深みのある表現とか内省的な雰囲気を出したいときに作曲家がたまにですけど使う場合も
あったりします。
(その代表的使用例がチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」第一楽章だと思います)
吹奏楽作品でこのバスクラが使用されている代表的事例としては、
何といっても小山清茂の「吹奏楽のための木挽歌」~Ⅳ.フィナーレのラストのバスクラの鬱々としたソロで閉じられる
あの雰囲気が大変印象的ですし、
クロード・スミスの「フェスティヴァル・ヴァリエーション」にて中間部が盛大に盛り上がって終結部に入る所のつなぎとして
バスクラのソロが用いられているのは大変印象的です。
(1997年の全国大会では、愛工大名電があまりにも盛大に感動的に中間部を吹きあげたため、ここで曲が終わったと
勘違いした多くのポンコツな聴衆が拍手をしてしまい、バスクラのあのソロが拍手でかき消されてしまったという
エピソードはいまだに語り継がれていますよね! 笑・・)
ちなみにですけど、私自身がバスクラのソロを初めて耳にしたのは、1978年の吹奏楽コンクールの課題曲Aの
ジュビラーテにおいて、中間部が閉じられてトランペットのソロが開始される直前は、バスクラの伸ばしによるソロだったと
記憶しています。




繝舌せ繧ッ繝ゥ_convert_20140805192137



バスクラってクラリネットとの違いとして他に何があるかな・・・?

リードがクラリネットに比べて1.5倍程度大きいせいもありますけど
「リードミス」が少ないというのは奏者にとっては嬉しいものがあります。
バスクラは結構重たい為、首に「ストラップ」を付け、ストラップと楽器を結ぶことが多いです。
(ストラップを使用するサックス・バスクラ・ファゴット奏者は首こりと肩こりが多いと言われるのは、多分このストラップの
おかげだと思います・・)

ちなみに「バスクラ」よりももっと重低音が出せる楽器として「コントラバスクラ」っていうのもありますけど、
こちらの価格は目ん玉が飛び出るほど高価な楽器です!!
バスクラは音量的にはどちらかと言うと弱いと思うのですけど、そのせいか同じ木管低音セクションの中でも
バリサク(バリサンサックス)に音がかき消されてしまうというのはよく聞く話だと思います・・(笑・・)

私自身、バスクラは何度か吹いたことがあります。
私の高校の場合、毎年秋になると「アンサンブルコンテスト」(略称、アンコン)に出場するパートもあったりして、
毎年クラリネットパートはこのアンコンに欠かさず出ていました。
私は、クラリネットとバスクラを掛け持ちし、
低音が必要な場合、さっとクラリネットからバスクラに持ち替えし、低音パートとして支える事がありましたけど、
前述のようにバスクラはリードミスがあまりない「安定した楽器」なので掛け持ちはし易かったと言いたいところですが、
逆にバスクラからクラリネットに戻る際の「違和感」が相当残り、こちらの方が苦戦した記憶があります・・・

管弦楽の世界でこのバスクラが使用されるようになったのはいつ頃なのかな・・・?

ソロとしてのこの楽器に光を当てたのはやはり19世紀以降の作品なのでしょうね。

このバスクラが効果的に使用されている管弦楽曲を挙げてみると・・・


〇チャイコフスキー/バレエ音楽「くるみ割り人形」~こんぺい糖の踊り

〇  同       /交響曲第6番「悲愴」第一楽章

〇ワーグナー / 楽劇「神々の黄昏」~夜明けとジークフリートのラインへの旅

〇ストラヴィンスキー/バレエ音楽「春の祭典」第二部

 ※吹奏楽アレンジ版ですけど、1977年の駒澤大学のバスクラ奏者はこのソロを
  見事に(?)外してしまい、リードミスのきーーーッという絶叫が普門館をこだましてしまいました・・・

〇グローフェ/組曲「グランドキャニオン」~山道を行く

〇ウィリアム=シューマン/交響曲第3番第二楽章第二部

〇ショスタコーヴイッチ/交響曲第7番「レニングラード」第二楽章


ショスタコーヴィッチの7番のバスクラのソロの扱いは見事だと思います。
あの呟くような陰鬱なソロがあるから次のオーボエの悲痛なつんざくような高音のソロが生きてきますし
次の全体でのffの音響が対比として効果的だと思います。

私が現役の頃は、12月辺りにアンサンブルコンテストの地区予選が開催され、年が明けて1月に県大会が
開催されるというのが一つのパターンとなっていました。
最近のアンサンブルコンテストは、聴く機会が全くありませんけど、朝日新聞の記事を読んでみますと、
地区予選クラスでも、随分と立派なホールを使用しているのですね。
何だかうらやましい・・・

以前の記事の中で、私が中学生だった頃の吹奏楽コンクールの地区予選は、
中学校の体育館で開催されたという記事を掲載したことがありましたが、
私が高校生だった頃のアンサンブルコンテストの地区予選は、高校の音楽室を借用しての開催でした・・(笑・・)
チューニング室も控室も普通の教室を使用していました。
聴衆は10人いるかいないかのレベルだったようにも記憶しています。
審査員の先生方は、音楽室の折り畳みテーブルとパイプ椅子に座っての審査でしたけど、あの光景は今現在では
絶対にありえそうもない光景ですね・・(汗・・)




92081a25_convert_20150707115112.jpg




私が高校生の時は、アンサンプルコンテストは木管五重奏で二回出場しましたけど、
一度は地区予選銀賞どまりで県大会には進めずに撃沈し、
二度目は、地区予選金賞で、県大会に駒を進めたものの、県大会では銅賞でした・・・(滝汗・・!)
あの時成績発表で「銅賞」と発表された時は、とっても悔しかったですし、
「響け! ユーフォニアム」第一期第12話の久美子じゃないですけど、夜の街を号泣しながら
「うまくなりたい、うまくなりたい!」と絶叫したい気持ちだったと思います。

地区予選は、うちの高校から会場となる高校までは自転車を使っての移動でした・・(笑)
アンサンブルコンテストの際は、私は普通のB♭クラリネットとバスクラを持ち替えての演奏でしたので、
二つの楽器を前かごと後ろの荷台にくくりつけ移動したものです。
移動の最中に、出場者全員で、たい焼き屋に寄り道し、
「演奏前に腹が減っては良い演奏も出来ない!」とか言ってバクバクたい焼きをばくついていました・・・

やはり、田舎の高校生らしい一コマですよね・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

バスクラ

バスクラの高校画像懐かしいです。
4?年前、ブラスバンド部の発表会用台本書きのため、酒?、飯付きで、合宿所に囚われの身になった頃以来、初めて見ました。

バスクラ

MK 様

バスクラはクラリネットの兄貴分で、コントラバスクラの弟分みたいなものですね・・(笑)

例えばレスピーギの「ローマの松」のアッピア街道の松でのあの低音の支えはいつ聴いてもうっとりとするものが
ありますね。

縁の下の力持ちみたいな楽器ですね。

バスクラ、懐かしいです。

フェスティバルバリエーションを定期演奏会で演奏したのが、ほぼ日本初演に近かったため(天理高校が演奏した年)だったため、ものすごい勢いのフライングブラボーが発生!
結局、拍手が終わるまでコントラバスクラのソロ吹くの待ちました(笑)

個人的にはあの曲、ソロが多くて楽しかったですねー。

バスクラ、楽しませていただきました。
卒業後、オケにいき、クラに転向しましたが(高校でバスクラ専属だったため)オケでの木挽歌のソロはおいしかったです。

いやー、いい楽器だ、バスクラは。
失礼いたしましたm(__)m





バスクラ

大昔のバスクラ吹き 様


「フェスティヴァルヴァリエーション」の盛大なる中間部が終わって再度展開部に入る直前のバスクラのあのソロは
完全なるバスクラの一人舞台ですし、奏者にとっては腕の見せ所でもありましたね!

1997年の愛工大名電のフェスティヴァルヴァリエーションの演奏の際にもそうしたフライング拍手が入ってしまい、あれは
指揮者も奏者も困惑したと思いますしもそのせいなのか、その後のトランペットの展開部がメロメロの演奏に
なってしまったのは大変気の毒でした・・
あの曲はホルンの高音域という印象が強いのですけど、ファゴット・チューバ・ユーフォ・ホルンなどのソロの扱いも
大変優れていたと思います。

バスクラは縁の下の力持ちだけの楽器ではないですよね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |