プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


14.愛工大名電高校


C/プラハのための音楽1968~Ⅲ.間奏曲 Ⅳ.トッカータとコラール(K.フーサ)



伝統的に愛工大名電のサウンドは、精密さ・劇的な緊張感が一つの「売り」なのだと思います。
そしてこの緻密さと緊迫感が極限にまで達したような自由曲の演奏が
フーサの「プラハのための音楽1968年」だと思います。

松井先生=愛工大名電のコンピは、1983年に初めて「プラハのための音楽1968」を自由曲として演奏しました。
先生ご自身は、「プラハのための音楽こそが私の代表曲!」と思われていたかどうかは定かではないのですけど、
1983年の演奏以降も、85年・87年・92年と計4回もこの「プラハのための音楽1968年」を自由曲として取り上げています。
松井先生の気質と「プラハのため音楽」は内省的に相当相性はよいものがあったのかなとも感じます。
人によっては松井先生というとネリベルの「交響的断章」が代表的名演と言われる方も多いのかとは思うのですけど、
私個人の感想としては、松井先生=愛工大名電=プラハのための音楽という方程式が成り立っているんじゃないの・・?とすら
思えます。
(松井先生指揮でのローマの祭りとかエル・サロン・メヒコも捨てがたいものがあると思いますし、プラハのための音楽というと
名電以外では1990年の都立永山のあの熱い名演も決して忘れてはいけない演奏だと思います)

全国大会での4回の演奏ともそれぞれ素晴らしい演奏を聴かせてくれてはいるのですけど、
私個人としては、回を重ねるごとに「曲の峻烈さ」が増していき、特に特に・・87年と92の演奏に「音楽としての劇的緊張感」を
遺憾なく発揮させてくれていたと思います。

1992年の愛工大名電なのですけど、フーサの「プラハのための音楽1968」を自由曲に選び、人によっては
「なんだ・・名電はまたプラハなのかよぉー・・・いい加減ワンパターンじゃん!」と思われる方も当時結構いたと思いますが、
それはこの当時、同じ自由曲を3回も4回も選び続ける先生と言うのがあんまりいなかったからじゃないのかなとも
思えます。
ま・・今現在の感覚ですと、淀川工科の丸谷先生なんぞ、ここ十数年程度はダフニスとクロエと大阪俗謡による幻想曲の
2曲以外を自由曲として選んでいないというまさに「究極のワンパターンの自由曲」を選び続けている事から比べると
松井先生のプラハのための音楽を4回自由曲として選曲した事なんて「かわいい・・」とすら感じてしまうのかも
しれないですね・・(苦笑・・)
淀川工科の「大阪俗謡による幻想曲」は、正直に言うと、演奏した年による「演奏の明確な差・違い」というものは、
ほとんど感じられないのに対して、
松井先生=愛工大名電の「プラハのための音楽」は、4回の演奏それぞれに「違い」と言うものが明確に感じられ、
その点が「ワンパターンな自由曲」と後世からも陰口を叩かれない理由なのだと思います。

初めてプラハのための音楽を自由曲として選曲した1983年の演奏は、
「プラハのための音楽1968」という曲自体、大変政治色が濃厚で「メッセージ色」が大変強い曲ではあるのですけど、
確かにとてつもない難曲をよく音にはしているものの「音楽としての感銘性」とか「音楽上のメッセージ」を
普門館の聴衆に伝えるまでには至らなかったと感じます。
その点、熱いメッセージ性を普門館の聴衆にビシビシと伝えていたのが85年の緊張感の極めて強い演奏だったと思います。
87年の演奏も「熱い名演」なのですけど、課題曲の風紋との時間の制約上、カットが少し強引だったことがマイナス点なのだと
思われます。

そうした中、1992年の演奏は、この年で通算4回目の同じ自由曲の演奏となりますけど、
松井先生としては、結果的に最後のプラハのための音楽の演奏となってしまいます。
過去4回のプラハを全部聴いた人間として言わせて頂くと、技術的には、この年、1992年の演奏が過去最高ではないかと
思える事もあります。
勿論、87年の演奏も「過去最高」と太鼓判を押したいのですけど、やはりカットの問題が少し尾を引くのかもしれないです。
その点、92年の課題曲はCを選曲し、課題曲が約3分版程度で収まりましたので、自由曲のプラハのための音楽を
それほど「タイムオーバー失格」を意識しないで、のびのびと吹いていた事が「過去最高の名演」に繋がっていったと
言えるのかもしれないです。

反面、この年の演奏は表現も申し分ない仕上がりなのですけど、
過去3回のプラハが記憶と印象として既に固まってしまっていましたので、いくら素晴らしい技術・表現をしたとしても、
「新鮮度・感銘度」にはどうしても欠けてしまうような感じもあったのかな・・?とも思えます。
この年は、まさかの銀賞でしたけど、
それは、もしかして新鮮さの点で評価が割れたのかもしれませんよね。
翌年からは、愛工大名電はアレンジ路線にシフトしてしまいますが、例えば95年の
「エル・サロン・メヒコ」とか96年の「ローマの祭り」とか
意外とこのチームのアレンジものの演奏も新鮮と言うか、骨太な表現がとても面白かったです。

結果的に松井先生として最後の「吹奏楽オリジナル作品で臨んだ普門館」になってしまいましたけど、
フィナーレに相応しい松井先生としての個性と劇的緊張感を最大限発揮された素晴らしい名演だったと思います。

本当に惜しい銀賞の一つです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3690-28c13542
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |