プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


12.市立柏高校


A/バレエ音楽「火の鳥」~魔王カスチェイの凶悪な踊り・終曲(I.ストラヴィンスキー)



市立柏高校の石田先生は、まさに現代の吹奏楽界の「生きるカリスマ」だと思います!
とにかく、千葉県のスクールバンドの中では、特に際立ったまさに「生きる伝説の先生」だと私は思います。
あの卓抜した指導力とか統率力は本当に本当に優れたものがあると思いますし、
あんなに長年に渡って市立柏を吹奏楽コンクールで優れた評価を受け続けることが出来るというのは
普通の凡人にはとてもとても出来ない事であり、その点も石田先生のすごいところだな・・と思ったりもします。
石田先生は吹奏楽コンクールでもすごいし、マーチングでも優れた指導力を遺憾なく発揮されているし、
何よりも市立柏の吹奏楽部員悠に100名を超す大所帯と聞いた事がありますけど
コンクールメンバー・マーチングメンバー・小編成部門メンバーと部員一人一人に対するきめ細かい指導は
本当に頭が下がる思いですね!
まさしく「千葉県の吹奏楽界のスーパースター」に相応しい指導者だと思います。

吹奏楽についてそれほど詳しくない方でも
指揮者の石田先生はテレビでも何度も登場していますのでご存知の方もいらっしゃるのかなとは思うのですけど、
とにかく熱いハートのお持ちの大変指導力に優れた先生でして、
そうした熱いハートを胸に秘めつつ大変理性的でコントロールされた演奏を聴かせてくれていると思います。
そうした情熱と理性的な両面を遺憾なく発揮された名演の一つが、少し話は古いですが、
1987年の「ローマの祭り」であるし、1998年の「海の男たちのうた」でもあり、2001年の「アメリカの騎士」であり、
2012年の「復興」なのだと思います。
本記事は1992年の演奏に対するものですけど、その前年度の91年の演奏も素晴らしいものがあったと思います。
課題曲の「斜影の遺跡」は、まるで「設計図面」みたいに一部の隙も無い演奏だったと思います。
冒頭の打楽器の弱音のコントロールも素晴らしかったですし、
金管セクションも全体的にはかなり鳴らしているのですけど、全体の中で鳴る部分と抑制される部分の対比が
かなり鮮やかに表現していましたので、
金管がかなり鳴らしている部分でも「やかましい」とは全く感じませんでした。
自由曲の「ガイーヌ」ですけど、序奏→アイシェのモノローグ→収穫祭という順に曲を構成されていて、
鳴る部分→しっとりと聴かせる部分→壮大に鳴る部分の三部構成になっていて、
動・静・動というコントラストがはっきりと描かれていて、聴いているだけでまさに石田先生ワールドに
ひきずりこまれるような感じの素晴らしい演奏だったと思います。

市立柏は90年のベルキスも素晴らしい演奏を聴かせてくれていて、1992年に関しては、なんとなくですけど
「のりにのっている」みたいなイメージもあり、1992年の全国大会での演奏もかなり期待して聴いていたのですけど、
うーーん、残念ながらこの年は「凡演」でした・・・
関東大会でも正直そんなに名演という感じではなかったのですけど、
「市立柏だから全国までにきっと立て直してくれるはず」と思っていたのですけど、関東大会よりもちょっと見劣りする
凡演だったと思います。
(私個人の感想ですけど、1992年の関東大会は、市立柏と野庭を代表にするのだったら、埼玉栄と東海大学相模を
代表として選出して欲しかったです!
 特に東海大学相模のホルジンガーの「春になって、王たちが戦いを始めるに及んで」が素晴らしい演奏だっただけに
当時は「勿体無いよな・・」と感じていたものでした)
やはり「スクールバンド」の場合、継続性というものは大変難しいものがあると感じますね。
前年・前々年に圧倒的名演を残したとしても、翌年にはその奏者が卒業で抜ける事も多々ありますし、指導者そのものが
異動する可能性もありますし、まして奏者はあくまでアマチュアの普通の中高生ですので、
毎年毎年「名演」を残せるという事自体、どこか無理があるのかもしれないですよね。

92年の市立柏の「火の鳥」ですけど、普門館の会場で聴いていて大変気になった事が二つほどありました。
一つ目は、デューカー編曲のアレンジ版を使用していましたけど、
過去に同じ版で演奏していた他校に比べると調を下げていたような気がし、魔王カスチェイの冒頭の強音が
普門館に響いた瞬間に「あれれ・・なんかちょっと響きがヘンかも・・?」と感じ、
二つ目は、「火の鳥」の中で魔王カスチェイの凶悪な踊りと終曲の二つの部分を演奏し、普通に演奏していても
この部分だけならば7分半程度で収まるはずですし、市立柏のこのとしの課題曲はネレイデスという3半程度の曲でしたので、
特段カットする必然性も理由もないはずなのに、魔王カスチェイの中間あたりでクラリネットセクションの細かい動きが
目に付くあたりを中途半端にカットしていて、聴いていて「なんか不自然・・」と感じたものでした。
この年の市立柏は、課題曲も自由曲も前年度までのスピード感・切れ味に欠けていて、
聴いていてどことなくもっさり・おっとりという感じもし、またこのチームにしては珍しいことに部分的に
ピッチが不安定なのかな・・?と感じる箇所もありましたし、
演奏全体も淡々と進行していてあっさり気味に淡白気味に音楽が流れていたのは、「あれれ・・?」と感じたものでした。

市立柏は翌年の「ロメオとジュリエット」もプログラム一番というせいもあり冴えない演奏でしし、94年の「海」も
印象のの希薄な感じもあり、
92~94年は市立柏全体の歴史の中でちょっと低迷期と言えたのかもしれないです。
だけどそれはメンバーが毎年変わるスクールバンドのある意味宿命みたいなものでやむを得ない事だと
思いますし、逆に言うと90年代後半以降の毎年安定した素晴らしい名演を聴かせ続けている市立柏の奏者の皆様と
石田先生のご苦労には本当に頭が下がる思いがあります。
どうかこれからも習志野高校と共に「千葉の雄」として日本のスクールバンドを牽引し続けて頂きたいチームの一つだと
思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3684-6d16dadc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |