プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


今現在はまだ鬱陶しい梅雨が続いていますけど、艦娘の時雨は「いい雨だね」という名言を残してはいるのですが、
やっぱり梅雨時のあのシトシト雨は気分的に少し滅入ってしまいますし、
とにかく食べ物の痛みは早いし、ちょっと室内に食べ物を放置しただけでカビが生えて来ちゃいますし、
多少暑くても構わないから、早く本格的な夏到来になってほしいです!
ま・・だけど、実際酷暑が始まると「この暑さは堪らん! こんな暑い夏は早く終わってしまえ―!」と言うのは目に見えていますし、
更にさらに・・実際に秋から冬にかけて寒い季節が到来すると
「早く冬が終わって欲しい・・」というのは目に見えていますので、結局、私は一年中暑いだの寒いだの文句を言いっ放しで
本来ですと、暑くも無く寒くも無く中間的な春・秋が一番しっくりくる季節なのかもしれないですけど、
最近の日本は、極端に暑い夏と極端に寒い冬ばかり続き、春と秋が年々短くなっていく感じになる「四季が無い国」に
なりつつあるのはちょっとなんか寂しい気もしますね。

さてさて・・間もなくそうした酷暑も近づきつつあると思うのですけど、
昨年や一昨年みたいな夏場のあの酷暑をいざ迎えると、どうしても夏バテとかエアコンが効いた室内と外とのギャップの大きさ
などで「あんまり食欲が無い」とか「飲み物以外受け付けられない・・」みたいな事も予想されたりもします。
そうした食欲不振が更なる夏バテを招き体力低下みたいな事にもなりかねないと思うのですけど、
そうした酷暑の際に夏バテ防止の食べ物としてだけではなくて、
食欲が湧かずに食べ物があんまり喉を通らないという時に案外サクサクっ・ツルツルっと喉を通りそうな食べ物の一つが
「とろろ」じゃないのかなとも思ったりもします。
実際、私が社会人になりたての頃、初めて営業担当職として山梨県の支店に左遷(?)された時、あの甲府盆地特有の
とてつもない蒸し暑さに辟易して食欲というものが全く湧かずに日に日に痩せ衰えていた頃に(?)
唯一喉を通った食べ物の一つが、とろろを使った料理、すなわち・・とろろご飯ととろろ蕎麦でした!
とろろご飯もとろろ蕎麦も、咬まなくても食べ物が自然とずるずるっ・・と胃に流れ落ちていくような感じもありましたし、
とにかく「食べやすい!」という感覚は大変強かったと思います。

それにしても「山芋」という食べ物は、ある意味万能な食べ物と言えるのだと思います!

栄養価の高い食品で、昔から滋養強壮によく、疲労回復に効果的なことから「山のうなぎ」と言われる事もあるそうです。

そのまま食べればシャキシャキとした歯ごたえですし、とろろにすればネバネバの感触が美味しいです!!

そんな山芋ですが、どのような驚くべき効能があるのかと言うと、
消化を助けてくれたり高血圧改善に効能があったり、疲労回復や夏バテ防止、糖尿病予防・新陳代謝を高め免疫機能の強化
に一定の役割を果たしてくれたり、動脈硬化の予防や血糖値のキープといった生活習慣病に対する予防的効果も
期待できるとの事です!

うーーむ、これは凄い!

夏バテ対策用の食べ物だけじゃなくてこんなにも実は優れた効能があるものなのですね!




 縺ィ繧阪m鬟ッ_convert_20170618180513



上記で山芋の効能について記させて頂きましたが、山芋の効能として整腸効果というのも実はあったりもします。

山芋は食物繊維が豊富なので、便通が良くなって腸の調子を整えてくれる効果もあります。
そしてその整腸効果を最大限発揮できる食べ方の一つが「すりおろして食べる」という事なそうです。
この「すりおろす」ことによってネバネバさせることが、食物繊維の働きを最大限に発揮させ
最も理に叶った食べ方と言えるそうです。

そっか・・・夏場のとろろご飯というのは実は先人からの知恵でもあったのてすね!

だけど改めてですけど、この「とろろご飯」はどんなに食欲が無くても、なんとなくずるずるっと喉は通り胃に入っていくから
まさに夏バテの食べ物であると同時にその栄養的効能にも目を見張るものがあるのですね!

このとろろご飯ですけど、シンプルにとろろそのものの食感を味合うのが一番美味しい食べ方だとは思うのですけど、
ご飯にとろろを掛けて、その上に「わさび」を添えると、美味しさは更にUPすると思います。
また定番の食べ方の一つとして生卵を乗せるというのもあるのですけど、
それも確かに美味しいとは思うのですが、「明太子」を乗せてもそれはそれで美味しいと思います。

先日、スーパー・マルエツに寄った際に実演コーナーで「とろろご飯のマグロ乗せ」をやっていましたけど、
とろろとマグロとわさびの相性は素晴らしいものがあると思いますし、
これぞまさに「夏バテ回復」にとっては理想的な食べ方の一つだとも思います。




縺ィ繧阪m縺昴・_convert_20170618180441



そうそう! 「とろろご飯」も美味しいですけど「とろろ蕎麦」だって負けていないと思います!

但し私個人の感覚としては「温かいとろろ蕎麦」よりも断然「冷たいとろろ蕎麦」がしっくりくるような感じがあります!

とろろご飯と同様に極力シンブルな方により魅力を感じ、夏野菜・おくら・梅干し等を添えるのも決して悪くは無いと
思うのですが、ここは「シンプル イズ ベスト」じゃないですけど、冷たいとろろそばの上にやや多めのわさびだけで
私は十分美味しいと思います!
一つだけ余計な具材を加えるとすると、私的には梅干しもいいけど、意外と「シーチキン」も美味しいと感じています!

さてさて・・・・ここから先はちょっと余談になってしまうのですけど、
上記で「とろろご飯」の事を書いていたら、私の記憶の中にこの「とろろ飯」が出てくるCMが蘇ってきました。
確か炊飯器のCMで、1970年代の日曜の昼間の時間帯に放映されていた「家族そろって歌合戦」という番組の中で
頻繁にCMとして流れていて、かなり長大な「かぞえ歌」みたいな感じで、一番最後が確か
「十でおしまい、鶏のメシ~」となっていて、ここでアニメのニワトリがぐわっぐわっと大騒ぎし、
「やっぱりやめてぇ~、とろろめし」というオチで終っていたと思います。

あれれ・・・このCM、なんのCMだったかな・・・? と私のポンコツ頭脳の記憶をほどいていくと、
やっと思い出しました!
そう! 「パロマ」の炊飯器のCMでした! (笑)
パロマというと十数年前に死者も出た「給湯器」というイメージもあったりしたのですけど、「炊飯器」というメーカーの
側面もあったりしましたね・・

そのパロマのCMの「かぞえうた」なのですけど、確かこんな歌詞だったかな・・?

一といったら 芋の飯~
二といったら にぎり飯~
三でほんのり さくら飯~
四できれいな 白い飯~
五で楽しい 五目飯~
六は炉端で 麦の飯~
七は七色 七草の粥~
八はやっぱり パロマのご飯
九でクリクリ 栗の飯~
十でおしまい 鶏の飯~~
 
やっぱりやめて とろろ飯~~~
ご飯炊くなら パロマだよ~~~♪

うーーむ、このほのぼの感はやっぱり「昭和のCM」そのものであり、昭和レトロですね! (笑)

「やっぱりやめて」でホッ・・としてニコニコするニワトリがとっても可愛かったのが大変印象的でした! (笑)




縺ゅd縺輔↑_convert_20170624223723



上記のパロマのかぞえ歌のCMを聞いて一番感情移入しそうな東方キャラは誰かと言うと・・・

そりゃいうまでもなく、元ネタが鴉天狗・・つまりカラスで「焼き鳥・鳥鍋絶対反対論者」でもあるあやや=射命丸文ですね! (笑)

あややにしてみれば「鶏飯? 冗談じゃないわよっ! そんなのとろろ飯で決まりでしょ!」という感じになりそうですね・・(笑)

「兎角同盟」というのは、「兎肉を食べる事に絶対反対!」という点で一致した幻想郷内の野兎たち・うどんげちゃん・てゐの
同盟みたいなものなのですけど、
元々は霊夢の博麗神社の宴会に乱入した妖怪兎が宴会で振舞われていた料理の一つが「兎鍋」である事に
びっくり仰天し、この事をうどんげちゃんやてゐに報告を入れた事が発端で成立した同盟であると思われます。
早速うどんげちゃんは意気揚々と霊夢に対して「こんな神社の宴会で可愛いウサギたちの肉を食材として兎鍋に
提供するなんて酷すぎる! こうした宴会には今後兎肉を供しない事を断固要求する!」という事を
霊夢に猛抗議をするのですけど、そこは霊夢だって負けていません!
霊夢は断固譲りませんし、「兎肉を鍋に供して何が悪い!!」と完全に開き直っています。
そうですね・・・私は「兎の肉」を食べた事がないもので何とも言えないのですけど、なんか聞いた話では
兎のお肉はかなり美味らしいですね!
兎は古来より狩猟対象であり食用とされてきたみたいですね!
縄文時代の貝塚から兎の骨が見つかることは、兎=食というものを示唆するものであると考えられますし、
江戸時代徳川将軍家では、正月の三が日にウサギ汁を食べる風習があったという話もあるそうです。
(余談ですけど、私は一度イノシシの肉と鍋を食べた事がありまして、味はかなり美味しいと思います!
だけど肉としての匂いは結構強烈で、独特の臭みがあり、翌日になっても体内の猪の肉の臭みが残存していたような
感覚があったものでした!)
だから別に幻想郷内で霊夢が神社の宴会の食材として兎肉を供する事は全然普通の事だとも思えます。
霊夢としては「だって兎肉を食材として鍋で仕えなかったら宴会で食べるもの何にもないじゃん!
それともおつまみなしで酒を飲むだけの宴会でいいの・・!?」みたいな事をあややに同意を求めていますけど、
あややもそれに対しては特に異議もないようですね・・・
(あやや自身は幻想郷内でも屈指の酒豪でもありますし、萃香と差しで飲むことが出来るくらいの呑兵衛ですので、
もしかしたら・・つまみなしでもそこそこは飲めるのかもしれないですね・・!)

そしてそして・・・霊夢とうどんげちゃんの「鍋論争」(?)の結末なのですけど、霊夢は一歩も譲らないし、
うどんげちゃんも「兎肉を食べる事は絶対に反対!」という事で、なんだか妥協点を見出す事自体が大変難しい感じも
あったのですけど、
双方の「共通項」は「宴会で何も食べるものが無いと困る・・」というものでしたので、
結局は、兎鍋半分・鳥鍋半分という事で妥協点が図られた模様です・・・(笑)

うーーん、だけどこの妥協点に一番不本意なものを感じていたのは、実はあややじゃないのかな・・?

だってそりゃそうですよね! あややの元ネタは「鴉天狗」という事で「カラス=鳥」という事で、あややとしては「鳥鍋」が
供されること自体には大変複雑な思いがあるのかもしれないですよね。
事実、この東方文花帖のミスティア・ローレライという妖怪夜雀との対談において、あややはミスチーと
「焼き鳥反対!!」という事では意見が一致し、その点に関してだけは意気投合しています。

この場面ですけど、私のご贔屓目もあるのかもしれないですけど、「さすが!! あややは違う!!」という感じも多分に
あるんじゃないのかな・・とも感じたりもします。
幻想郷内の妖怪さんや巫女さんたちはどちらかというと個性が強く血気盛んな方たちばかりですので、
もしもこうした取材をしているのがあややじゃなかったら、
「そんなの冗談じゃない!!」という感じになったのかもしれないですよね。
あややとしては内心では「鳥鍋なんて勘弁してよぉ――」という意識なのかもしれないですけど、
そうした当事者としての感情を表に出し過ぎると、取材自体がうまくいかない可能性だってありますし、
そうしたあややのようなマスコミ関係者に求められるのは「自制心」という事もあるのかとは思うのですけど、
そうした「個」の感情に左右されずに自制心と冷静な心をもって取材にあたるあややは、やっぱり「立派なもんだ!!」と
感じずにはいられないですね!
しかも、文花帖の記事においては、うどんげちゃんは意外にも・・(?)あややに対して「じゃー鳥鍋にする?」みたいな事を
複数回に渡って挑発されてもいるのですけど、そこはぐぐっと堪えて「取材」に徹しているあややは
やっぱり素敵ですし、さすが幻想郷内の「素敵なブン屋さん」なのだと思います!!

ゆかりん・早苗さん・こいしちゃん・さとり様・アリス・霊夢も素敵ですけど、やっぱりあややも素晴らしい東方キャラですよね!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

あーとろろいいっすねー(^q^)
マグロ漬けとか最高やないですか!
家で食べるのもいいけどお店で食べるとまた格別ってね

そばは最近食べてないですね
めんつゆでつるるってあーいいっすね〜( ̄q ̄)

とろろご飯もとろろ蕎麦も、
美味しいですよねぇ♪
とろろ汁も美味しいですよねぇ〜
ただ、食べすぎると唇がかゆくなるので
ほどほどでって、どんだけ食べんねん(笑)

胃に優しく身体にいいし、万能野菜♪

とろろ、最近食べていないですね~^^;
でも一時期、あまりにも栄養があるというフレを聞きまして、よく食べていました。夏バテで食欲がなくなったということはあまりないんですが、整腸作用は魅力的なんですよね~。
なにより、あのツルツルッとした感覚が久しぶりによみがえってきました。ちょっと買ってきてみようかな~と^^

とろろ

とろろご飯、とろろうどんとか、
マグロのお刺身にかけたりして
食べてます♪
小さい頃は嫌いだったけど、最近は食べるように
なりました。
山芋の千切りに鰹節と醤油をかけて、
食べるのも好きです。

蕎麦派

とろろそば!!
すき!!
冬でも食べる!!
先日の食事会で山芋の漬物をいただきました。
美味しくてびっくり!!

マグロ漬け

みけねころんそう 様


予報では来週の月曜は大変な酷暑で最高気温が38度に達するかもしれないと恐ろしい事を言っていましたけど、
そういう場合にこの「とろろ付まぐろ漬け丼」は夏バテにうってつけですし、
食欲なくてもずるずる~っと食べられそうですので、
最適の食べ物といえそうですね!

とろろそばにわさびを思いっきりまぶして食べるのもなかなか美味しいです!

夏にはピッタリ!

napo 様


関東では7/3の予報が最高気温38度という恐ろしい事を言っていますけど、
そうした酷暑の際にとろろは疲労回復とか整腸とかにはうってつけの食材ですし、
あのたべやすさとのど越しの良さは夏には最適の食品と言えそうですね。

確かに・・・

食べ過ぎると口が少しかゆくなってしまいますよね・・(笑)

最近は・・・

八咫烏(負傷中) 様


以前の記事で「チューブ入り大根おろし」の事を書かせて頂きましたが、最近のスーパーでは、
ビニールとかチューブに既に入ってしまった状態でとろろを売っているのも全然珍しくありませんけど、
本当に便利な世の中になったもんだなぁ・・と感じますね。

つい最近まで、とろろを食べようと思ったら、山芋を自分ですり鉢ですりすりしないといけないし、あれをやると
手が痒くなってしまう手間を考えると楽なもんですね・・(笑)

とろろ

優子 様


山芋の千切りもシンブルだけどあのサクサクした食感はとても美味しいですよね!

うどんのチェーン店に行くと、夏場の「冷やしとろろうどん」は定番メニューになっていると思うのですけど、
あのツルツル~っとしたのと越しが実に堪らないと思いますし、
食欲ない時のメニューとしてはうってつけだと思いますね!

漬物・・??

mama.ikuko 様


とろろ蕎麦はおいしいですよね!

熱いつゆにとろろよりもやはりあの夏場の冷やしとろろ蕎麦の方が合うのかもしれないですけど、
とにかくあのツルツルっとした食感はたまらないものがありますね。

それよりも「山芋の漬物」なんて初めて聞きました・・
全然予想がつかない味ですけど、なんとなく「おいしそう」というのは分かるような気もしますね・・(笑)

トロロ、美味しいですよね!
日本でも山芋は精がつくと言われていますが、漢方薬でも使います。
山薬(さんやく)と言い、胃腸を助けてくれます。よく使われる
生薬です。

あぁ~、私も食べたくなりました♪

とろろ

薬屋の嫁 様


山芋・すりおろしたとろろは日本人のソウルフードなのかもしれないですね!

精進料理というイメージもあったりするのですけど、なるほど! やはり「漢方」でも重宝されているのですね!

これこそまさに「医食同源」を絵に描いたような食材と言えるのかもしれないです。

とろろは最近のスーパーでは、ビニールに梱包された形でも売られていますので、以前よりは
「食べやすい」という感じもありそうですね。
猛暑で何も食べたくない時は、私も冷やしたお蕎麦につゆとわさびをたっぶりと掛けて
つるつるっとすすってみたいです!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3674-3824f53d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |