プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


東方の世界においては、結構上司と部下・主人とメイドみたいな「主従コンビ」が登場したりもしています。

代表的なものは、レミリア様-咲夜さん、ゆゆ様-妖夢、さとり様-お燐、永琳様-うどんげちゃん、四季映姫様-小野塚小町、
あたりなのでしょうけど、白蓮さん-ムラサ(又は一輪or封獣ぬえ)もそうなのかもしれないですね。

だけど東方の世界において「最強主従コンビ」というとやはり誰が何と言ってもゆかりん=八雲紫様と藍のコンビと
言えるのだと思います。
勿論、ゆゆ様-妖夢のコンビも「死」を操れるという事で強そうな感じもするのですけども、やはり妖夢がちょっと
頼りないのかな・・?とも感じたりもしますし、
そうした意味においては、ゆかりん-藍の最大の強敵は、永琳様-うどんげちゃんという
「東方儚月抄」におけるあの因縁の相手が一番相応しいと言えるのかもしれないですね・・・

さてさて東方の世界においては、たまにですけどゆかりん・藍・橙の3名を「八雲一家」と称する事もあるみたいですけど、
その実態はどんなものなのでしょうか・・?
ま、それ以前にゆかりん=八雲紫様とその式神でもある八雲藍は、幻想郷においてはその住んでいる場所すら不明というのも
なんだか凄いものがありそうですね・・・
ゆかりんと意図としては「私たちは神出鬼没だからこそ存在意義がある」と思っているのかもしれないですし、
阿求ちゃんの推測の通り、この二人の真の拠点は実は「外界」そのものにあるのかもしれないですよね。
(もしくは、外界で色々と悪さをされているゆかりんの幻想郷でのお留守番役とゆかりんが不在の際の結界管理と
霊夢・永琳様等へのスパイ活動を一手に任されているのが藍なのかもしれないです・・・)

八雲藍は八雲紫様の「式神」という事で、ゆかりんから「八雲」という姓も与えられていますし、ゆかりんからかなり大切な
仕事も任されていますし、信頼も相当厚いと思われるのですけど、
(「東方儚月抄」においては、各界の大物たちとの交渉は藍が一手に任されていましたし、ゆかりんと共に月界に侵入
した際のゆかりんのパートナーは藍でもありました!
ゆかりんにとっては、幻想郷においてゆゆ様と並んで信頼を寄せているパートナーといって過言でも無いのが
藍なのだと思われます)
ゆかりんが式神として藍を使っているとの全く同じように、実は藍自身も「橙(ちぇん)」という化け猫の式神を使っていたりも
しています。
だけど橙は、ゆかりん・藍と行動を共にする事はよくある事なのにも関わらず、ゆかりんからはいまだに
藍のように「八雲」という姓を与えられていませんし、藍みたいな大切な仕事を任されている訳でもありません。
「八雲一家」というとなんだか「株式会社 八雲」みたいな組織化されているようなイメージもあったりしますし、
藍はゆかりんの式神、そして橙(ちぇん)は藍の式神という事を考えると、ゆかりんにとって橙の存在というのは、
株式会社 八雲にとっては一つの「孫会社」という下請けの下請けという立ち位置なのかもしれないですよね。

それではどうしてゆかりん=八雲紫様は、橙に「八雲」という姓を与えていないのでしょうか・・?

そうですね・・、阿求ちゃんの「東方求聞史紀」やあややの「東方文花帖」を見た限りにおいては、
橙はまだ子猫ちゃんみたいな化け猫に過ぎませんし、幻想郷内の結界管理等重要な仕事を任せるには
まだまだ役不足で頼りない・・とゆかりんが判断しているからではないのかな・・?と思ったりもしますね。
(今更何を・・みたいな話なのですけど、ゆかりんみたいな妖怪が九尾の狐を式神として使い、その九尾の狐の藍は、
自らの式神として化け猫を使うというのもなんだか凄い話なのだと感じます・・
幻想郷においては、妖怪>九尾の狐>化け猫という力関係があると言えるのだと思います)
橙がもう少し成長し、藍の単なる雑用という役割だけでなくて、幻想郷内のパトロール・結界管理・スパイ活動・異端分子の排除
とか測量みたいな事を橙自身が出来るようになり
ゆかりんから「これであなたも一人前ね・・」と認められた時に初めて「八雲」という姓が与えられて
ここに初めて「八雲橙」と堂々と正式に名乗れるという事になるのかもしれないですね。
見習い期間が終わって正式にゆかりんから任せられた仕事を始めたら八雲橙という事になれると言えるのかも
しれないですけど、その道はまだまだ遠いのかもしれないですね・・(笑)

今回のその①では、藍について簡単に触れさせて頂き、その②において、橙について語らさせて頂きたいと
思います。

一言で、八雲藍を語ってしまうと、ゆかりん=八雲紫様の「式神」であり、阿求ちゃん曰く「最強の妖獣」と言えると思います。
あのゆかりんが全幅の信頼を寄せて、幻想郷内の様々な仕事・雑務を一手にこの藍にさせている点からも
紫様自身が藍を高く評価していることが窺えますし、
確かにこうした高い能力を有していないと、とてもじゃないけどあのゆかりんの式神は務まらないとすら思いますね!!
ここで言う「式神」とは既存の妖獣等に「式神」という術を被せ、強化・制御したものを指すとの事です。
今風に表現すると、パソコンにソフトウェアをインストールするようなものと言えるのかもしれませんよね。
藍の場合は、「九尾の狐」という妖怪がパソコンで、
藍というゆかりんから与えられた「式神」を憑けることで、そのパソコンにソフトを読み込ませていると言えるのかもしれません。
「九尾の狐」は、それ自体が最上位に位置する力を持つ強力な妖怪なのですけど、
そこに藍という式神が憑くことによって超人的な頭脳まで併せ持っているため、
その実力は計り知れないものがあると言えるのだと思います。
だからこそ、あのゆかりんが藍を使っているのだと思いますし、鸞はゆかりんに相応しい妖獣なのだと思います!
そんな強力な妖獣が式神の身に甘んじているのは、
ひとえに主人であるゆかりん=八雲紫様の圧倒的なパワーの前に「私はこの御方にはどう転んでも勝てそうにもない・・」と
藍自体が自覚しているせいもあると思われますし、藍自体が自分が八雲紫の式神である事に
とてつもない誇りと喜びを持っているのだとも思われます。

藍は確かにとてつもなく優秀な式神なのですけど、「つまらない無機質なロボット」という印象は全く無いですね!
「東方文花帖」でのゆかりんとあややとのインタビュー記事でも掲載されていましたが、
藍が自分の式神でもある橙が人間・妖怪等によっていじめを受けた場合なんかは、
「そんな事はやめなさい・・」というゆかりんの忠告も無視し、橙をいじめた人間や妖怪に復讐を兼ねた喧嘩に
臨んだりもする時もあるのですけど、大抵そう言う場合は、後日ゆかりんからお仕置きを食らっています。
(「文々。新聞」における「それは動物虐待ではないか!?」と激しくゆかりんに抗議するあややの対応が面白いです!)
また橙自身が藍の言う事を聞かない事もよくある話みたいで、そういう場合は、マタタビでもって操っている
場合もあるみたいですね・・

藍を一言で述べると、ゆかりんの式神であると同時に第一公設秘書とも言えるのかな・・と思いますね。

また、頭脳はゆかりんにはさすがに及んでいないものの、超人レベルに相当するのは間違いないと思います!
文花帖の記述によると、三途の川の川幅を求める方程式の開発・証明に成功していましたね・・・!

要は・・・方程式が式神そのもの

その方程式とは、具体的には、幻想郷内の測量結果をベースに、北極星までの距離の計算とか
幻想郷内を「霧」で包み込んだ場合、どのぐらいの量の素粒子が必要になる等なのですけど、
方程式が生きた立体を無限に生み出すように、ゆかりんが作り上げた方程式は、藍の力を無敵なものに変えてしまうと
換言できるのかなとも思います、
だから、藍はゆかりんの指示通りに、ゆかりんの方程式通りに動くのが最善の方策なのかもしれません。

式神は、紫様の決めた通りに行動することで、紫様並の程度の力を発揮する事が出来ますけど、
上記のように橙可愛さのあまり、余計な事を仕出かしてしまうと本来の力を発揮できないのです!
だから・・・藍としては、取り急ぎ、紫様の指示通りに行動すれば絶対に負けることは無いと言えるのだと思います。

藍は基本的には大変礼儀正しく、幻想郷内の人里の人間からも「ちゃんとしている」みたいな一定の評価は
得ているようです。
ま、たまにですけど、ゆかりん以外の妖怪たちには、幾分タメ口を叩いてしまう事はあるのは
それはそれで仕方が無い事なのかもしれないですね。
藍は、インタビュー中のあやや=射命丸文にすら、
「あなた、私の式神にならない・・?私の式神になれば、何倍も速く飛べて何倍も強い力が出るようになり
何倍も特ダネ記事が書けるわよ!」と巧みに勧誘しているのがとっても面白いです(笑・・)










さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
アミグリさんが描かれた過去イラストの転載&ご紹介コーナーに入らさせて頂きたいと思います。
今回は言うまでも無く、八雲一家の中から、アミグリさんが描かれた藍と橙(ちぇん)をご紹介させて頂きたいと
思います。

上記の橙(ちぇん)のイラストは、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy  の管理人のアミグリさんが2015年7月に描かれた作品です。

橙は化け猫とかちょっと頼りなくて幼い雰囲気みたいな感じで描かれる絵師様も多いと思うのですけど、
アミグリさんが描かれたこの橙は、化け猫とかそういう感じではなくて、
とってもとってもチャーミングでキラキラ可愛い女の子そのものだと思います!!

最近の「けものフレンズ」を彷彿とさせるこのケモノ耳もとっても可愛いですし、猫又みたいな二つの尻尾も
橙だととっても可愛く親しみやすく感じられたりもしますね!
このキラキラを飛ばす雰囲気が最近のアミグリさんの作風を先取りしているようにも感じられますし、
真紅の衣装がとっても見栄えがしていると思いますし、ふわっとしたスカートの描き方がとっても上手いと思います!

いや―――、この橙は文句なしに可愛いですし、藍が自らの式神として重宝するのもなんだかわかる気が
しますね・・(笑)
橙は阿求ちゃんの二つ名では「凶兆の黒猫」となっていますけど、いやいやこんな可愛い猫ちゃんだったら
ゆかりんと藍の間に「橙争奪戦」が開始されるのかもしれないですね・・(笑)




ran-sama-!!_convert_20130608173305.png




続きまして上記のイラストは、アミグリさんが2013年6月に描かれた八雲藍です!

藍というとゆかりんの式神という事情もあるのですけど、「聡明」とか「優秀」みたいなイメージが大変強いのですけど、
アミグリさんが描かれたこの藍はとっても可愛いですね!

そして何よりもこのふさふさとした九つの尻尾が素敵です!
この九つの尻尾は描かれるのもかなり大変だったと思いますけど、 尻尾がとってもふさふさしている雰囲気が伝わり、
なんか冬になると思わず藍の尻尾を思わず触ってみたくなってしまいそうですね・・(笑)

この「いやぁ~」なんていうちょっと「困っちゃたな・・」みたいなポーズは多分ですけど公式ではあんまりしそうもないと
思われますので、こうした少しお茶目な雰囲気の藍ねとっても可愛いと思います。

アミグリさんが描かれた藍は、他にも2011年7月に描かれたとっても可愛くて素晴らしい作品もありますので、
これについてはその②で改めて転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。

上記の橙と藍は、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

当ブログだけではなくて、是非、アミグリさんのブログ dream fantasy の方もご覧頂けますと、
当ブログの管理人は泣いて喜びますので、こちらの方も何卒宜しくお願いいたします。

今月は、「アミグリさんが描かれた紅魔館ファミリー・・レミリア様も咲夜さんの特集」をさせて頂き、おかげ様で
大変好評を頂きましたので、
来月、7月は「アミグリさんが描かれたルーミア特集」を予定させて頂いておりますので、是非こちらのほうも
一人でも多くの皆様にご覧頂ければ幸いです!!

今回の話は次回のその②に続きますので、その②の方も引き続き宜しくお願いします!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

式神って結構いろいろな作品に登場しますけど、使い魔との違いって何でしょうね。部下であることに変わりはないのだと思いますが。
基本的には、実務を任せられるような存在であるのでしょうが、ペットとの違いはそのあたりなんでしょうね。しかし、使い魔とはちょっとかぶるところがあるように思います。
いずれにせよ、御主人様が強いと、式神も強くなりそうですね^^

そういえば橙って「八雲」付きで呼ばれることないですね。そのへんは橙がまだ未熟だからですよねきっと。ゆかりんの式神じゃないからなんていう情のない理由じゃないといいのですが…w
まだまだ頼りなくても橙は可愛がられてる感があってちょっと微笑ましく思えます。

アミグリさんの描かれた橙はものすごい美少女ですね。
キラキラした美しさもそうですがこのぴょこんと立ったケモ耳が全力で愛でたくなるような可愛さを出している気がしますw

使い魔

八咫烏(負傷中) 様


そうですねぇ・・使い魔というのはどちらかというと「西洋」の概念みたいなもので、悪魔とその使役者による
絶対的服従の関係と言えるのかもしれないですね。
式神というものは、神のような存在の上位者が妖獣にその力を分け与えるという感じで
ゆかりん-藍の関係のように、相互補完パートナーみたいなものといえるのかも
しれないですね。

ゆかりん好きの私にとっては、ゆかりんと毎日行動を共にしている藍はとってもうらやましいものがあります・・・(笑)



ちぇ―――――ん!!

schwert 様


藍は大人の式神なんでしょうけど、橙はまだまだ修行中の身であんまり頼りにならないので、
修行と経験を重ねて、ゆかりんが認めるような実績をコンスタントに出すようになってから始めてゆかりんから
「八雲」という姓を与えられるのだと思います。

藍としては「橙かわいい!」という感じのようですので、本音としては、
「橙はこのまんまでいいし、八雲姓を与えられて紫様の式神として使われるようになるくらいなら、
未熟のまんまの橙のほうがいいのかも・・」と思っているのかも
しれないですね・・(笑)

アミグリさんの描かれた橙を素敵に褒めて頂きありがとうございます!

ケモノフレンズでも通用しそうなあの可愛らしさと耳はとても素敵だと私も思います!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3670-b3035757
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |