プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


11.洛南高校


A / ダンス・フォラトゥーラ (C.T.スミス)


改めてですけど、洛南高校をご勇退後のあまりにも早すぎる宮本先生のご逝去の知らせは、
花輪高校・秋田南高校の小林先生のご逝去の知らせ同様にとてつもなく残念なニュースでもありました。
だけど宮本先生=洛南高校のあの素晴らしき数々のインパクトと大変個性の強い名演は、永遠に私たちの心の中に
生き続けると確信しています。
そしてその宮本先生らしい豪快でダイナミックスで「個性」を強く感じさせる代表的な演奏の一つが
この年、1992年の自由曲のスミスの「ダンス・フォラトゥーラ」だと思います!

最近の奏者の皆様の感覚ですと「ダンス・フォラトゥーラというと精華女子のあのとてつもない怒涛のウルトラ名演で
決まりじゃん!
他にどんな名演があるの・・?」と言われるのかもしれません。
確かにその通りだと思います。
私もクロード・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」の歴史的名演というと二度に渡る精華女子のあの名演を超越する演奏は
今後出てこないんじゃないのかな・・?とも思っています。
(あの名演を今後超えそうな可能性があるのは、前・精華女子の指揮者でそのダンス・フォラトゥーラを指導されていた
藤重先生が現在指導・指揮されている大分の垂水女子だけじゃないのかな・・?とも思っています)

だけど・・・

精華女子の名演は2000年代以降の話なんですけど、実は1990年代にもとてつもないダンス・フォラトゥーラの名演が
存在していたのです!
それが1992年の全国大会において宮本先生が指揮されていた洛南高校だと思います!!

あの演奏は、まさに宮本先生のアクの強さが漲り渡り、「宮本先生=洛南高校」というとてつもなく強烈なサウンドが
確立された瞬間じゃないのかな・・・とも感じさせてくれました!
ああいう演奏が出来ちゃう演奏団体は、今現在の吹奏楽コンクールの高校の部では皆無と言えるのかも
しれないですね。
あの「宮本先生=洛南高校」という組合せは、「吉永陽一先生=兵庫高校」に匹敵するとてつもなく個性的なものだったと
今でも思っております。
まさに個性がギラギラ漲っているみたいな言い方がこれほどしっくりくるチームは少ないとすら思えます。

92年の洛南の「ダンス・フォラトゥーラ」のスピード感と切れ味と男子校らしい豪快さの素晴らしさは、あの演奏から既に
25年以上経過した今現在でも決して色褪せているものではありませんし、
あの演奏を普門館の生演奏で聴いていた私も、あの「爽快さ」は今でもはっきりと耳に残っている気がします。
92年の金賞受賞チームの中では、グランプリ候補というと常総学院・高岡商業・東海大学第四が挙げられると
思いますが、洛南高校も十分グランプリ候補になると思います。
精華女子とか最近この曲を演奏したチームに比べると少しカットが大胆というのか、演奏時間が短めという感じも
するのですけど、それだけ集中度が高い演奏ではないのかなとも思ったりもしています。
金管・打楽器セクションが充実しているのは今更言うまでもない話なのですけど、木管セクションもべらぼうに
巧いですし、他校に比べて木管楽器の数は少ないと思うのですけど、そうした弱みを全く感じさせない演奏と言えると
思います。
また、トランペット・サックス・クラリネット・フルート等のソロもほぼノーミスで見事に「決まっていた」と思います。
金管も、トランペットもそうですけど、ホルンのハイトーンも惚れ惚れするくらい決まっていたと思いますし、
トロンボーンもめちゃくちゃ上手かったですね!
トロンボーンのあの凄まじいグリッサンドも実にお見事でした!!

洛南高校は、実は1987年にも「ダンス・フォラトゥーラ」で関西大会に臨みダメ金に終わっていますので、
気持ちとしては「リベンジ」という感覚だったかもしれません。
(「ダンス・フォラトゥーラ」の支部大会以上での演奏の初演は、この洛南を含めて3校あったと記憶しています・・)
1987年の演奏は、課題曲が「渚スコープ」という大変静粛な曲でしたので、自由曲でもって課題曲の鬱憤を晴らした
エネルギーの大爆発があったのですけど、カスタムテープで聴く限りは、ちょっと粗削りでもう少し細かい部分で
整理が足りない部分があるのかな・・?と感じたものです。
92年の演奏は2回目という事もありましたので、「手慣れている」みたいな感じもありましたし、全体的に
「細かいところまでとにかく几帳面に整理されているけど、全体のエネルギーの爆発は87年の関西大会以上」という
印象も感じたものです。

1992年の前年度の1991年の自由曲の「ローマの祭り」が何か気持ちが乗らない感じで
正直私としては「ちょっと洛南らしくないなぁ・・」という今一つの演奏でもありましたので、
「今年はみんなの力でなんとかしようではないか!!」」という気持ちが全曲に漲っていたと思います。

私的には、洛南高校は、クラシック音楽のアレンジものよりは、こうした吹奏楽オリジナル路線の方が
あっているような気がします。
後年の「アメリカの騎士」とか「ハリソンの夢」は、洛南のカラーにドンビシャの演奏だったと思います。
吹奏楽オリジナル作品をあの独特な解釈&サウンドで演奏した時の方が
クラシックアレンジものを演奏した時よりも一層「際立った個性」が感じられ、
私個人としては、「洛南はオリジナル作品の方が真価を発揮できる」と思ったりもしています。
特に、2001年の「アメリカの騎士」は本当に大好きな演奏です!
アレンジものは・・・うーーん、そうですね・・・なんか聴く人の好みによって好き嫌いははっきりと分かれる様な
感じがあります。
そうですね・・・・
洛南は何度もーか「ダフニスとクロエ」第二組曲を自由曲にしているのですけど、
私のあくまで個人的な感想なのですけど、
演奏者のガッツは評価するけど、音色のあの厚化粧振りにとてつもない違和感を感じる・・という感じもあったりします。
「ローマの祭り」・「ローマの松」・「スペイン狂詩曲」も大体同じような印象です。
そんな中、1997年の「ハンガリー民謡・くじゃくによる変奏曲」は、フルートソロの部分をクラリネットに置き換えたり
洛南らしい個性的な解釈が見られる中、素朴さ・哀愁もしっかりと表現された素晴らしい名演だと
思います。
それと、関西大会ダメ金で終ってしまいましたけど、
1993年の「海」(第二楽章も部分的に選んでいましたけど、あの部分の解釈は大変繊細で素晴らしい!!)とか
1994年の「リバティーファンファーレ」も、「隠れた名演」の一つと思っています。

改めてですけど、ダンス・フォラトゥーラの技術的難易度の高さは半端ないものがあると思います。
精華女子のあの素晴らしい演奏を聴いてしまうと
「すごいな・・・こんな難曲中の難曲を聴いている者に少しも疲労感を与えないでこんなに楽に聴かせちゃうなんて!」と
毎回感心させられちゃいますね!
(洛南の唯一の弱みは、ちょっと力みを感じ、聴く方もちょっと構えて聴いてしまう感じもあるのかもしれないですね・・)
それにしてもあの「ダンス・フォラトゥーラ」の超絶技巧の炸裂振り・金管殺し・トランペット奏者殺しは
一度聴いてしまうと、完璧にはまってしまいますね・・・
そうなんですよね!!
吹奏楽を知らない方でも是非この「ダンス・フォラトゥーラ」だけは精華女子高校の演奏を聴いて欲しいです!!
この曲、そしてあの素晴らしき名演を知らないまま一生を終えるなんて
勿体無いかもしれませんよ・・・??

余談ですけど、
「ダンス・フォラトゥーラ」の全国大会初演は、実は高校の部とか一般の部ではないのです!!
実はなのですけど、1989年の中学の部で出場した宮崎県の生目南中学校が全国大会初演なのでした!
しかも、この学校は全国大会初出場です!
この演奏、私も普門館の生演奏で聴きましたけど、とてつもなく印象度が強い演奏だったと思います。
私の印象としては、この難曲中の難曲を音にするだけで精一杯なんだけど、「音楽をみんなで奏でよう!」という
熱いハートは客席にもとてつもなく熱く熱く伝わっていたと思います。
全体的な印象は「細かい事は気にするなっ!!」という感じで、
細かいところよりも全体の雰囲気を大事にしているという感じで、とにかくあの「荒っぽいおおらかさ」は、
現在のコンクールでは絶対に聴く事が出来ない「熱さ」は絶対にあると思います。
この「ダンスフォラトゥーラ」は中間部にトランペットのとてつもないハイトーンのソロがあるのですけど、
生目南中学校は、あの部分のトランペットソロは一オクターブ下げて演奏するという「荒業」も披露してくれて、
これも大変印象に残っています。

最後に、洛南高校は最近では全国大会でしばらく耳にする事もなくなりましたけど、いつの日にか「名門復活」を
期待しておりますし、必ずやその日がやってくると信じております!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

個性派バンドの最高傑作

コメント失礼致します(^^)

華麗なる舞曲は最近また多くのバンドが取り上げていますが、洛南高校の華麗なる舞曲を上回る演奏にはまだ出逢えて無いですね(>_<)💦

最近だと精華女子、岡山学芸館、横浜総英、高輪台といった高校の部の名門校が取り上げてますが、技術的には高い、けど心に今一つ響かない、そんな演奏に成り下がってしまっているのは何か残念で仕方ないです(>_<)💦

荒々しくも荒波の中を高速で駆け抜ける、そんなスリルに満ちた演奏です(^^)

まさに個性派バンドの最高傑作、そんな言葉が似合う演奏ですね(^^)

洛南のダンス・フォラトゥーラ

esakui69 様


そうなんですよ!

洛南の92年の「ダンス・フォラトゥーラ」は本当にスリリングでエキサイトした演奏であり、一歩間違えると
演奏が破綻しかねない危険性もあるのですけど、
その危険性すらもかる~く超越させてしまう演奏が洛南なのであり、宮本先生の漲る個性なのだと思います。


あのスリリングな演奏は、96年の愛工大名電の一歩間違えると破綻寸前のあのスリリングなローマの祭りに
極めて近いものがあると思うのですけど、
最近の演奏のあまりにも優等生過ぎる演奏を聴いてしまいますと、
やはり洛南のあの人間味あふれる個性的な演奏の魅力は尽きないものがあると思います!

洛南

洛南と言えば金管(特にトランペット)&持ち替えのイメージですね。
あと、自分が知る限り、必ずといって良いほどフリューゲルを使っていたような気がしますね。

華麗なる舞曲でひな壇1列に並ぶ10本のトランペットも凄かったのですが、
リバティーファンファーレで(確か)メンバーの4分の1~3分の1くらいを占める14本のトランペットがずらりと並び(3列くらいだったか?)、途中でそのうちの数名がフルートに持ち替える様は、初めて見たときは衝撃でした。

洛南

某大学の卒業生 様


洛南というと男子校らしいあの豪快さは「お見事!」の一言に尽きると思います。

94年の「リバティファンファーレ」の冒頭の金管セクションの鳴らしっぷりと鐘の音の響きは
とても素晴らしかったのですけど、あの演奏が全国大会代表に選ばれなかったのは
大変残念なものがありました。

洛南の楽器持ち替えは大変有名な話ですけど、89年の「ローマの松」でのトロンボーン奏者がフルートに持ち替えていたのを
見た際は本当に当時ぶったまげたものでした・・(笑)

個人的には確かに「粗い」ですが、1987年の華麗なる・・・を越える演奏はめぐり合ってませんね。
ラストのホルンの雄たけびは・・・衝撃的過ぎました。

1994年のリバティー・・・も名演ですが、その年は近大付属のエスタンシア(こちらも1回目)の方がすごかったです。

洛南

まったく 様


87年の洛南の「ダンス・フォラトゥーラ」は粗いというよりは「固い」と言った方がいいのかもしれないです。

他校のモデル演奏が無い中、手探りであの曲をこなすのは大変だったと思いますが、それでも大変な好演だったと
思いますし、それを更に進化させたのが92年のあの歴史的な名演なのだと思います!

94年の「リバティーファンファーレ」の演奏終了後のプラボーコールの大きさもすごいものがありましたけど、それに
相応しい立派な演奏だったと思います!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3669-7b8f056f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |