プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
13位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日の「健康診断に行ってきました」記事でも書いたのですけど、
当日はバリウムを使用した胃のX線検査もあったりして、その検査の際にあの白いドロ~ッとしたバリウムを飲む前に
胃を膨らませるという発砲薬も飲まされますが、検査完了後もなんか感覚として「お腹いっぱい状態」になってしまい、
前日のPM19:00から飲食禁止になっているため本来はお腹がかなり空いている感じになっているはずなのに、
「検査が終わった~! なんかお腹いっぱい美味しいもの食べたいね!」という気持ちには
あんまりなれないですね・・

さてさて検査完了後に駅まで寄ろうとしたら松屋の店舗があったのですけど、入口のポスターに
大創業祭のキャンペーンとして、13日午前10時から20日午後3時まで「プレミアム牛めし」が、
通常価格の380円から50円期間限定で値引き販売されるという告知が掲示されていて、当日はまさに
そのキャンペーンが開始されて間もない時間帯でした!
あ・・ちなみにこのキャンペーンは本日の時点では既に終了していますし、このキャンペーン自体が
関東限定という事でもありましたので、全国的にはこのキャンペーンの知名度は今一つだったのかもしれないですね。

だけどなんかこの「期間限定」という言葉についつい誘惑されて、実はなのですけど、
この松屋の「プレミアム牛めし」というのは今まで一度も食べた事が無かったこともあり、このキャンペーンに乗じて
初めて食べてみる事にしました!



譚セ螻祇convert_20170614181758



松屋の「牛めし」というのは価格が290円でしかも味噌汁付という事で、吉野家よりも安いというせいもあり、
一時期は私もよく食べていたのですけど、
数年前にこの牛めしが突如「プレミアム牛めしにリニューアルされました!」との告知により、商品として廃止になってしまい
(関西方面など一部の店舗にはまだこの「牛めし」というメニューは提供されているとの事です・・)
この「プレミアム牛めし」というのは、それまでの牛めしが一杯290円であったのに対して、なんと一杯380円です!!
松屋の説明としては「お肉に熟成チルド牛肉を使って、タレや玉ねぎも従来のモノよりもグレードアップし、
味も品質とは従来の牛めしとはひと味もふた味も違う!」との事になっていたのですけど、
やはり私のような一般庶民の視線から見てしまうと
「なんだ・・それって結局は実質的に90円の値上りじゃん!」となってしまいがちなのも無理はないと思っています。
「確かに味は以前よりちっとは美味しくなったのかもしれないけど、従来と似たような商品が90円も値上がりするんじゃ
ちょっとね・・」と考えた人はもしかしたら結構多いんじゃないのかな・・?と思ったりもしたものでした。
その頃、吉野家に「豚丼」が330円として再商品化というまさかの復活を果たしていましたし、
「いくら味噌汁がついて多少美味しくなったからといって一杯380円の松屋の牛めしを食べるのだったら、
たとえ味噌汁が付いていなくても一杯330円の吉野家の豚丼の方が全然財布に優しいし、
遅い時間帯のスーパーの総菜コーナーとかお弁当買った方が節約にはなる」みたいな事を私自身も感じていましたので、
そんなこんなで松屋に牛めしが消え、「プレミアム牛めし」という実質的に値上げした商品が登場して以降は、
実は私自身は松屋には全く行かなくなってしまいました。

だからそんな訳で「関東限定・期間限定のプレミアム牛めしが50円引き大創業祭キャンペーン」が今回展開されて、
健康診断帰りに「半日程度の断食」から解放されたお祝いに(?)
食べるものとしては、むしろうってつけだったと思いますし、ここに本当に数年ぶりに松屋の店舗に入ってみることに
しました。

ネットの口コミ等ではこの「プレミアム牛めし」は、正直あんまりいい事は書かれていませんし、どちらかというと
マイナス評価の方が多いような印象もあります。
「牛めしとプレミアム牛めしの味の違いが今一つよく分からない」とか「実質的な値上げにすぎない」とか
「タレが薄くなった気がする」とか
「プレミアム牛めしは先代を犠牲にしてプレミアムと名乗れるほど果たして美味しくなったのか疑問が残る」とか
「プレミアムになったの名前と金額だけ」というのがあらかたの街の声みたいな感じです。

だけど、私自身は前述の通りこの「プレミアム牛めし」を食べるのは初めての事でしたので、
そうしたネットの意見は意見として、まずは「物は試し・・せっかくこうした50円引きキャンペーンやっているのだから、
こういうイベントでもやらない限り、正直こんな値上がりした食べ物は食べる気がしなかったからね・・」と思い、
自分のこの鈍感な(?)舌で味わってみることにしました。

結論から書くと、いや――、めちゃくちゃ美味しいです!

以前の牛めしとは味が全然違うし、このプレミアム牛めしを一度食べてしまうと、二度と以前の牛めしに戻れなくなってしまう!
みたいな美味しさは間違いなくあると思います。

どこが変ったのかと言うと、一言で言うとお肉が大変ジューシーになり、そしてそのお肉がとてつもなく柔らかい!という
事です!
例えて言うと、以前の牛めしが「缶詰の牛肉の大和煮」とすると今回のプレミアム牛めしは「すき焼き」という違いが
あるようにも感じられたもします。
以前は、ま、確かにまずくはないのですけど、部分的に「なんかまずいすじ肉食べているみたい・・」な感じも無くはなかったと
思いますし、その肉の硬さをかなり濃い味のタレで誤魔化していたような感じもなくはなかったと思いますが、
今回は、肉は確かにうすいしタレはうすい上品な味で、一見すると「マイルドすぎて印象に残らない」みたくも
感じなくもないのかとは思うのですけど、その全てを「肉の美味しさ・柔らかさ・ジューシーさ」がカバーしていると思います!

そのくらいお肉自体の味と食感は劇的に変化しているようにも感じましたし、繰り返しになりますが、
私自身はネットの意見は一旦置いておいて、とても美味しいと思います。

そして味噌汁の安っぽい(汗・・)具は以前と変わりはないのですけど、味噌汁の味自体が、だしの要素が大変強くなり、
飲んでいて「こくがある・・」と感じられたのもプラスだと思います。

チルド保存することで、肉が熟成し、旨み成分のアミノ酸が増すとのことですけど、
肉のうまみが増した分、味を濃くしなくても十分勝負できる一杯に仕上げたのではなったのではないのかなとも
思ったりもします。
とにかくこの「プレミアム牛めし」し牛肉自体の勝利と言っても過言ではないと思います。

だけどなぁ・・50円引きのキャンペーン中だったら「何度でも行きたい!」と思うのかもしれないですけど、
このキャンペーンが終了してしまうと
「それでも行きたい!!」かというとやや疑問も残ります。
やはりそこには50円の壁というのか「たかが50円、されど50円」という普通の会社員の財布の事情もありそうですね・・(汗・・!)

でも今回のキャンベーンによって
「松屋のプレミアム牛めしは美味しい!」という事はよく分かりましたので、ちょっと頑張った時のご褒美とか
臨時のお小遣い的なものが入った時には、もしかして・・・?
食べに行ってしまうのかもしれないですね・・・(笑)
そうですねぇ・・・
松屋のプレミアム牛めしと吉野家の豚丼なら安い豚丼を選び、
価格が大体同じ吉野家と牛丼と松屋のプレミアム牛めしなら松屋の方を選ぶという感じなのかもしれないですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

食べてみたいなぁ・・・牛めし
関東限定なんですね。残念
お味とお値段の間で葛藤する気持ちが
とても他人事とは思えない主婦です(*^-^*)

PC早くもどるといいですね。復活をお待ちしています。

牛めし

umi 様


このプレミア牛めしは関東限定なのですけど、逆にふつうの安い価格の牛めしは西日本限定で
いまだに販売されている店舗がありますので、
私としてはどちらのメニューも一つの店舗に置いて欲しいなぁ・・と思いますね・・(笑)

お金が無い時は普通の牛めし、少し余裕がある時はプレミアと使い分けるのも
ささやかな幸せ・・という感じなのかもしれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |