プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


またまた今回も最初に元ヤクルトと楽天監督のノムさんみたいな「ボヤキ」から始めさせて頂きますと、
先日とある中古ホビーショップのフィギュア陳列コーナーに、
大変珍しいことに、滅多に実店舗ではお見かけする事の無い東方Projectフィギュアの中で、
華扇が陳列されていました!
(先日の艦娘の熊野フィギュアレビュー記事で登場していたのはさとり様でしたけど、あのさとり様を発見した店とは
また違う別のお店での話です・・)
あのさとり様も目玉が飛び出てしまいそうなとてつもなく高額でしたけど、
華扇は、さとり様よりもある意味珍品で希少価値が高いという事で、あの時のさとり様よりも更に5000円ほど
高い金額で陳列されていました!
華扇フィギュアを見てみると、華扇ってチャイナドレスというよりは「道士」という印象の方が強いなぁ・・と
改めて感じたものでしたけど、やはりあの頭のお団子ヘアが気になってしまいますね・・(笑・・)
あのお団子をパラリとほどくとそこに現れるのはやっぱり「鬼の角」なのかな・・・??

以前の記事においては、熊野フィギュアの価格はさとり様の約六十分の一と記させて頂きましたが、
上記の華扇の店頭販売価格とその華扇フィギュアの近くに置かれていた一体480円で発売されていた艦娘の夕立改二の
フィギュアとの価格差は約47倍近くもあったものでした!

さすがにさとり様-熊野みたいな圧倒的な価格差みたいな感じにはならなかったですけど、
華扇と夕立の価格差も結構なものがありそうですね・・・

本記事は、前半に夕立改二フィギュアのレビュー記事を簡単に書かせて頂き、後半にアミグリさんが描かれた
夕立のイラストを転載&ご紹介 させて頂きたいと思います。









今回取り上げさせて頂く夕立改二フィギュアは、プライズ系という事もあり、初めに率直な感想を言わさせて頂くと、
「確かにとっても可愛いふんわりとした仕上がりなんだけど、ちょっと単調かな・・?」みたいな印象も実は
あったりもします。
というのも、今回のプライズ系フィギュアが出た後に、グッドスマイルカンパニーからこの夕立改二のフィギュアが
登場し、あのとてつもなく完成度が高くて美しい夕立を一度見てしまうと、
このプライズ系の仕上がりは「ちょつと素っ気ないのかも・・」と感じてしまうのは、仕方が無いのかもしれないですね。
そのせいなのか、冒頭でもチラッと書いた通り、このプライズ系の夕立改二フィギュアは、他の白露型駆逐艦娘の例えば、
時雨・村雨・白露等のプライズ系フィギュアに比べて大幅に値崩れしているようにも感じられるのは、
もしかして・・・?
あのグッドスマイルカンパニーの素晴らしい完成度の高い夕立が登場してしまったからと言えるのかもしれないですね。

だけど、このセガプライズ アニメver 艦隊これくしょん -艦これ- SPMフィギュア「夕立改二」だって
基本的にはとてもふんわりとして可愛い仕上がりだと思います。
ちなみにこの夕立改二フィギュアは、アニメ仕様です!
アニメ「艦隊これくしょん -艦これ-」から、仲良し駆逐艦トリオが「スーパープレミアムフィギュア」となって登場したのが
このフィギュアシリーズとも言え、その大トリを飾るのは「夕立」だったのです!
2015年1月から放送を開始したアニメ版に夕立も登場しています!
主人公である吹雪が所属する第三水雷戦隊に所属し、 宿舎では吹雪と睦月、川内型三姉妹がルームメイトとなっています。
赴任してきたばかりの吹雪に対し開口一番「なんだか、地味っぽ~い」と第一印象をストレートに述べているのは
実に夕立らしいストレートすぎるエピソードでしたね・・(笑)

こうやって見てみると夕立は金髪碧眼の直球ガールそのものと言えそうですね・・
(見た目は優しそうなふんわりとした育ちの良さそうなお嬢さんという感じなんですけどね・・・汗・・!)
思ったことをそのまま口に出す直球な性格ながらも、吹雪と睦月の仲の良さに嫉妬する可愛い一面も見せていたのも
なんか楽しかったです!
セガプライズ アニメver 艦隊これくしょん -艦これ- SPMフィギュアは、吹雪・睦月もほぼ同時期に発売されていましたので、
ぜひ駆逐艦3人娘で一緒に揃えてあげたいですね。
(ちなみに我が家には既に吹雪もいますので、残りは睦月のみです! )




CIMG0352_convert_20170613191921.jpg




上記の夕立は、2015年1月から放映されていたアニメ「艦隊これくしょん」のアニメ版によるデザインですけど、
これはとっても可愛いですね!
お嬢様というのかふんわりとしておっとりとした雰囲気が伝わってきそうですね!
そして今回取り上げるアニメverの夕立フィギュアもこのアニメ版をベースにデザインされています。
ちなみにですけど、このアニメの中には、当ブログでも「夜戦バカ」として何度か登場していた「川内」も夕立のルームメイトの
一人として登場していますけど、このアニメ版の川内はゲーム・フィギュアと少し雰囲気が異なっていて、
凛々しさよりも「可愛らしさ」をより強調していたのは印象的でした!

上記の夕立改二フィギュアの商品概要は下記の通りです。

商品名 : 艦隊これくしょん -艦これ- スーパープレミアムフィギュア「夕立改二」
■プライズ景品
■全1種
■サイズ:全高約20センチ
■2015年12月中旬発売
■製造元:セガ・インタラクティブ

全体的にはこの金髪碧眼がとても印象的ですし、このふわっ・・とした感じがとても素敵ですね!




CIMG0353_convert_20170613191946.jpg




夕立というと、やはり誰が何と言っても「~っぽい」という口癖がとってもキュートな白露型駆逐艦娘だと思うのですけど、
「夕立ったら、結構頑張ったっぽい!? 提督さん、褒めて褒めて~!」
「少しずつ暑くなって来たっぽーい。今年も夏が来るっぽーい!」みたいなセリフをさり気なく言いそうな所が
ポイント高そうですね・・・(笑)

ゲームではノーマル→改→改二と進化しますが、フィギュアではノーマルや改のビジュアル、
アニメのキャラデザを元に立体化されているようにも感じられます。
だけどその辺りがちょびっとですけど「良い所を寄せ集めした」とか「ちょっと単調で、可愛い系なのか個性系なのか
路線が中途半端な感じ・・」という印象をもたらしているのかもしれないですね・・・
(その辺りが当ブログで紹介させて頂いた艦娘フィギュアの中でも、瑞鳳・川内・夕張・浜風・鹿島・春雨に比べると
「ちょっとインパクトが弱いのかも・・と感じさせる原因なのかもしれないです・・)





CIMG0355_convert_20170613192010.jpg


CIMG0356_convert_20170613192036.jpg


CIMG0358_convert_20170613192105.jpg




右手には12.7cm連装砲、太腿には2つの61cm四連装魚雷を装備しています。
そして背中の電信部なのですけど、これは意外と取扱注意なのかも・・・?
細くて固い素材で、なんかちょっと触れただけでパキッ・・!となりそうな感じもしますので破損には十分注意された方が
いいかもしれないです・・

夕立は一見ふんわりとしたお嬢様風なのですけど、史実はちょっと違っていましたね・・(汗・・")
第三次ソロモン海戦において、米軍前衛艦隊に単艦で突撃して敵味方の弾の雨が降る中で奮闘し、
沈没までの32分間に多数の巡洋艦・駆逐艦を砲雷撃で航行不能に追い込み、
米軍側の指揮官を含む高級将校数人を戦死させる等、『阿修羅』と評された程の武闘派だったそうです!
(アニメ・フィギュアでの夕立とのギャップが凄いものがありそうですね・・)
あ、だけど・・アニメ版においても、戦闘開始時には「さあ、素敵なパーティしましょう❤」と敵艦隊に突っ込んでいく上、
「まず何から撃とうかしら」と獲物を品定めしながら敵に砲撃する挙句、
夜戦時には「うー、もうちょっとやっちゃうっぽい?」と更に沈める気マンマンでしたし、
公式四コマでも艦隊決戦支援の遠征に真っ先に立候補するものの、直接戦闘がないと聞くとさっさと帰ってしまうなど、
駆逐艦なのに殺る気に溢れているのは壮絶なものがありました・・・

そのせいなのかもしれないですけど、「夕立改二」のデザインの担当イラストレーター氏によりますと、
夕立のイメージは「狂犬」であるとの事で、獣耳のような髪型はそのイメージに由来するとの事です。

後述しますけど、アミグリさんが描かれた「夕立改二」のイラストは、そうした獣耳みたいな髪型もきちんと
描かれているのですけど、狂犬みたいな印象は皆無で、
そこには可愛らしさと強さを巧みに融合させた夕立改二をアミグリさんのイメージとしてきちんと描かれているのは
さすがだと感じたものです!



CIMG0360_convert_20170613192132.jpg


CIMG0362_convert_20170613192157.jpg


そうですね・・・このフィギュアの感想としては、ポージングに勢いが無かったりと、全体としてはギリギリ及第点なのかな?

第一弾の吹雪の完成度がものすごく良かったので、睦月・夕立がちょっと物足りない感じです。

アニメのキャラデザは良く再現されており、正面から観た感じや背中の艤装はなかなかでしたけど、
アニメ版のフィギュア化ですのでやむを得ない側面があるのは十分理解はしているのですけど、
目に力がないというのか「目力」がちょっと弱いのかな・・?と感じたりもしますね。

夕立というと「私、可愛いだけじゃないですけどなにか・・?」みたいな雰囲気も有している艦娘でもありますので、
「可愛い」だけをちょっと強調しすぎてしまったのかな・・?みたいな感じもあったりもすると思います。




yu-dachi-kaini-002_convert_20170604154939_convert_20170613191749.png



さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが
過去に描かれたイラストの転載&ご紹介コーナーです。

上記の「夕立改二」はアミグリさんが、なんと・・・! 先月描かれたばかりの出来立てほやほやの作品です!!

アミグリさんは「夕立改二は初めて描いた」と言われていますけど、いやいや・・これはとてもじゃないですけど
初描きとは到底思えないクオリティの高さを誇っている素晴らしいイラストだと思います!
そしてはっきり申し上げますと、上記のフィギュアよりもアミグリさんが描かれた夕立改二の方がはるかに完成度は
高いように感じられますし、
これは決して贔屓目とかそういうのではなくて、客観的に見て間違いなくそのように私には感じられます!!

アミグリさんの描かれる東方作品も素晴らしいですけど、艦娘も確かにまだ現時点では数こそ少ないものの、
夕張・川内・衣笠・浜風などなど素晴らしい作品ばかりで、このジャンルも今後がとても楽しみですし、
私はアミグリさんが描かれる東方も大好きですし、同じくらいアミグリさんが描かれる艦娘も とっても大好きです! !

この夕立改二は、最近の早苗さん・チルノ・和風メイドこいしちゃんみたいなキラキラ感を思いっきり出す事で
夕立の「可愛らしさ・華やかさ」を
ストレートに描かれているような気がします!

夕立というと見た感じはお嬢様っぽいのですけど、実際は結構な武闘系みたいな所もありますが、
そうしたふわふわと可愛い感じとキリッとした強さの二つの側面を一枚のイラストに
大変巧みに融合させたという印象がありますね!

風にたなびく長い髪も白露型共通のあの黒のセーラー服がとても可愛く描かれているのが大変印象的ですけど、
「私・・可愛いだけじゃないですけど、なにか・・?」みたいに強さとどことなくつかみどころがない雰囲気も感じられ、単なる可愛いだけのイラストで終っていないのがアミグリさんらしいなぁ・・と思いました。
上記でちらっと書いた通り、夕立改二のデザイナーさんは、夕立の「狂気」を獣耳みたいな髪型に託して表現されたような
事を言われていましたけど、
アミグリさんが描かれる夕立改二はそうした「狂気」よりもアミグリさんらしい「可愛らしさ・美しさ・幻想感」をより強調
されているのは、まさにここにアミグリさんの「個性」とか「意図」が感じられると思います。

本当にアミグリさんの描かれる艦娘も 素晴らしいですよね!

この作品を描かれた時のアミグリさんのコメントは、
「夕立改二は髪にピンクのグラデーションがかかっているのですが、きれいなグラデーションになるように工夫しました。
黒のセーラー服と明るい金髪のコントラストのバランスも意識しました。 」との事ですけど、
美しさ・気品・バランス感は絶妙だと思います!

上記の夕立は、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!


当ブログだけではなくて、是非、アミグリさんのブログ dream fantasy の方もご覧頂けますと、
当ブログの管理人は泣いて喜びますので、こちらの方も何卒宜しくお願いいたします。

先月は、「アミグリさんが描かれた紅魔館ファミリー・・レミリア様も咲夜さんの特集」をさせて頂き、おかげ様で
大変好評を頂きましたので、
今月、7月は「アミグリさんが描かれたルーミア特集」を予定させて頂いておりますので、是非こちらのほうも
一人でも多くの皆様にご覧頂ければ幸いです!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

夕立をあまり知らないものから見ると、なかなか良い出来に見えるんですが、やはり詳しい方が見ると「ん~」とひっかかるところがあるんですね~^^
その辺りのこだわり的なものを汲んでくれてこその、作品に対する愛情ってことですよね。
しかし愛情の量に比例して価格もあがっていってしまうのはちょっと困りますね~^^;

今回に関しては・・・(笑)

八咫烏(負傷中) 様


今回に関しては、私の贔屓目も少しはあるのかもしれないですけど(笑)
仕上がり・精度についてはプライズ系フィギュアとアミグリさんが描かれたイラストは、
圧倒的にアミグリさんのイラストの方が完成度が高いように感じられます。

あのフィギュアは、少しアニメの映像を意識しすぎたような感じもあるのですけど、「可愛らしさ」というのはフィギュアの
最大の意義と言えるのかもしれないですので、
その意味ではやはり付加価値は高いのかもしれないですね。

艦娘フィギュアも、以前より景品としてではなくてメーカー正規品がかなり出てきましたけど、
さすがに東方よりは手頃なのかもしれないですけど、
人気キャラは「手が出せない・・」域に近づいているキャラもいたりもしますね・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |