プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


やっとPCが修理より無事に(?)戻ってきましたので、本日よりこのブログを再開させて頂きますので、
改めてですけど引き続き宜しくお願いします!!


最近の当ブログでは「東方儚月抄」については小説版も漫画版もあまり触れてはおりませんけど、
昨年の丁度今頃のゆゆ様語りとかレミリア様語りにおいては、この東方儚月抄については
かなり熱っぽく語っていたと思います。

この作品の中では、

主演→霊夢・魔理沙・レミリア様・十六夜咲夜・綿月姉妹

助演→永琳様・パチュリーさん

黒幕→八雲紫=ゆかりん

MVP→西行寺幽々子=ゆゆ様

みたいな印象が私の中にはあったりもするのですけど、実は「真の主人公はもしかしてゆゆ様ではないのかな・・」と思わせる
抜群の切れ者&知恵者という印象をもたらしていたと思います。
ゆゆ様は、何となくおっとりしているとかふわっとしているみたいな印象も一見ありそうなのですけど、
いやいや、実は大変な切れ者であることがこの東方儚月抄で明らかになっていたと思います。
特に特に、ゆかりんとのあの「阿吽の呼吸」は素晴らしいしお見事でした!!!
まさに「最重要人物」だと思いますし、本当に惚れ惚れするくらいかっこうよかったです!!

そしてそれと同時にゆかりんの黒幕振りも素晴らしかったですね!!

あのゆかりんはまさにヒール役そのものでしたけど、ゆかりんの本質はやはりああした悪役とか悪だくみとか策略という所に
あるんだなぁ・・としみじみ感じさせる作品でもありました。

「東方儚月抄」の漫画版の冒頭シーンは、ゆかりんが霊夢に対して稽古を付けているシーンから開始されます。

あのシーンを見てしまうと、いくら霊夢が「巫女無双」とか「幻想郷最強」とか言われていても
やっぱりゆかりんには到底及ばないのかな・・?とも思ってしまいますけど、そんな事はどうでもいいのです。
あのシーンでゆかりんが霊夢に対して稽古をつけていた技とは何かと言うと「神降ろしの術」、つまり巫女さんの体内に
神様を降臨させて、神と人が一体化するというある意味とてつもない技でして、結果的に
霊夢がこの「神降ろしの術」を会得しないと、住吉三神を霊夢の身に降臨させることが出来ず、幻想郷から月へと
向かうロケットの推進のエンジンという動力を確保できないという「東方儚月抄」の物語の根幹に関わる話でも
あったりします。
だけど・・ゆかりんが霊夢にそうした技を指導・稽古させているという事は、
ゆかりん自体もそうした「神降ろしの術」が出来るという事じゃないのかな・・?
八雲紫様=ゆかりんは言うまでもなく「妖怪」という立ち位置であるのですけど、こういう展開を見てしまうと、
改めてですけど、ゆかりんは単なる妖怪じゃない・・否! 神を降臨させられるという事は、ゆかりん自体が元々は巫女または
「神」そのものなのではないのかな・・と考えたりもしますね。

霊夢の保護者というか親代わりと言うかアドバイザーみたいな立ち位置の御方は、
そりゃ言うまでもなく八雲紫=ゆかりんだと思うのですけど、
「妖怪退治」を生業にしている巫女の保護者が「妖怪」というのもなんか
「幻想郷においては常識に囚われてはいけない」という幻想郷らしい話ですよね・・・(笑)
霊夢のいる博麗神社は外界と幻想郷の境界に位置しているのですけど、換言すると妖怪勢力と人間の境界の
立ち位置に居るのが霊夢なのだとも思えます。
霊夢は言うまでもなく「人間」ですし、本来は妖怪であるゆかりんからアドバイスを受けたり、神降ろしの術の手ほどきを
受ける事自体、「この人、本当に人間サイドの立ち位置なのかな・・?」と思えなくもないのですけど、
博麗神社自体が、どちらかというと妖怪の溜まり場と化している側面もあり、人間側の神社というよりは
「妖怪神社」という雰囲気もありそうですし、
ゆかりん自体は、言うまでもなく妖怪側の立ち位置であり、確かに「妖怪と人間のパワーバランス」を最重視しているのですが、
あくまでも「妖怪と人間は妖怪側の勢力の方が上でないといけない、妖怪は人を襲い、人は妖怪を恐れるもの、
そして幻想郷で一番起きてはいけない事象は人間性力が妖怪を駆逐する事」という考えに基づいていますので、
そうした意味においては、霊夢がいる博麗神社は、ゆかりんが牛耳っている神社という側面も無くはないものですので、
霊夢の保護者的存在がゆかりんであるというのもあながち根拠が無いという事は無いと思えます。
このブログで何度か書いたことがある通り、私自身の脳内妄想では、霊夢とは「ゆかりんが外界からさらってきた子」であり、
ゆかりんと藍と先代巫女が協力して育てあげたのが霊夢であり、
霊夢とゆかりんの関係は、時に姉妹のようであり、時に親子関係のようなものであり、時にパートナーのようなものだと
思います。
実際、霊夢自身もゆかりんの姿を見ると「何の用!?」とか言っていますけど、
例えば「東方地霊殿」において、霊夢のサポート妖怪としてゆかりんが霊夢の通信機器の役割を担っていた際にも、
他人の心を読み取る能力があるさとり様からは
「霊夢は八雲紫の事を信用している」とその本音を読み取られていますし、
霊夢とゆかりんが楽しそうに話している様子を目にしたパルスィは二人の事を「妬ましい」と感じるくらい、
この二人にはやはり一定の信頼関係がありそうですし、
やはりなんだかんだ言っても霊夢とゆかりんの二人の絆はそれなりに強いものがあると思えますし、
霊夢が頼りにしているのは、華扇も多少はそうなのかもしれないですけど、最大の頼りにしている相手は、
やはりどう考えてもゆかりん以外ありえないのかもしれないですね!
ゆかりんは藍と共に普段は一体どこに住んでいるのか?という事時代「幻想郷の謎」の一つでもあるのですけど、
霊夢が何か本当に困った事態に陥った場合に、ゆかりんを呼び寄せる方法を霊夢が知っているというのも
「いざとなれば頼りになる存在」としてゆかりんを見ている事の一つの証しなのかもしれないですね。
もっともその方法とは、博麗大結界を霊夢が意図的に緩める事でもありますので、実際にそれを本当にやったとしたら
後でゆかりんから大説教&お仕置きを食らいそうですね・・(笑)

三月精のシーンでも、霊夢が博麗神社の大木を「神木」として祀りながらもいつもの怠け癖と飽きっぽさで、
祀っていた事自体を忘れて放置していた際に、霊夢に対して
「神様というものは、放置されるとどんどん忘れられた存在になります」と諭した上で
「霊夢・・・あなたにはお勉強とお仕置きが必要なようね・・」と釘を刺すゆかりんは、やっぱり幻想郷内での
霊夢の「素敵な保護者」と言えるのかもしれないですよね!
だけど、ゆかりんの「お仕置き」とは果たしてどんなものなのか、いろんな意味で興味津々ですね・・(笑)

「東方儚月抄」の物語は、簡単に言うと、霊夢・魔理沙・レミリア様たちがゆかりんにそそのかされて
月侵略に向かったという話であるのですけど、それはあくまで表向きの話・・・
そして実際にゆかりんが本音で「意図した事」とは言うまでもなく、幻想郷で暮らす永琳様に対する未来永劫の
不気味なプレッシャーを与える事でもありますが、
この話の中では、霊夢たちは月の綿月姉妹たちに敗北を喫してしまいます。
本来ですと、あやや=射命丸文の言葉じゃないですけど、侵略者の最大の戦犯としての「霊夢」は、
月の民によって「獄門打ち首」という処刑に遭っても決して文句は言えない立場にあったと思えます。
射命丸文の「地上では打ち首獄門ですが・・」とか「そろそろ新しい巫女を探さないといけないという事なのか・・」
という言葉に示唆される通り、
神様たちを憑依させる事も出来る霊夢は、綿月姉妹にとっては一番の危険分子でもありますし、
魔理沙・レミリア様・咲夜は帰還させても構わないけど、霊夢だけは「将来の災いの芽」を摘んでおくとか
はたまたゆかりんへの「警告」を含めて霊夢ただ一人だけ、月界で「処刑」される可能性もあったと考えられます。

そういう場合、ゆかりんの選択肢として

1.霊夢奪還のため、他の妖怪勢力を集結し月界をゆかりん自ら本気で襲撃する

2.「博麗神社の巫女の代りはいくらでもいる」という事であえて放置し、霊夢の処刑を静かに見守る

3.輝夜を誘拐し、永琳様との交渉を開始し、永琳様から綿月姉妹へ「減刑嘆願の手紙」を書かせる

4.あの当時、月には実はゆゆ様と妖夢もいましたので、この二人に霊夢を奪還させる

という事が想定されると思うのですけど、
ここで私自身が予想した選択肢は、以前は2の選択肢なのかなとも思っていた時期もあったのですけど、
さすがにゆかりんは「霊夢を見捨てる事」は出来ないのではないのかな・・と今現在は考えております。
霊夢にとってゆかりんの存在は「親兄妹以上の関係」であるとの同様に、ゆかりんにとって霊夢の存在とは
「パートナーとしての関係を超越した信頼関係」があると思えてなりませんし、さすがにあのゆかりんと言えども
霊夢をたやすく見捨てるという選択肢はないんじゃないのかな・・?とも思ったりもしています。
3は永琳様に「借り」を作ってしまい、本来のゆかりんの目的とは大いに逸脱してしまうし、
1は結果的に幻想郷内のパワーバランスを崩壊させかねないという事でもありますので、
この場合の選択肢は、ゆかりんとゆゆ様の「阿吽の呼吸」に委ねるという事ではないのかな・・とも思ったりもします。




CIMG0317_convert_20170530194304.jpg




さてさて、こちらは既に当ブログにおいて6/17(土)の霊夢フィギュア記事にて掲載済ですけど、
霊夢のフィギュアとコトブキヤのゆかりんフィギュアとのコラボです!
派手で威厳のある雰囲気のゆかりんに対してとにかくとてつもなく可愛くて少し幼い雰囲気の霊夢という
組合せなのでけど、
やはり「れいゆか」という霊夢とゆかりんの組合せは、ゲームの上でも公式書籍の上でも
はたまたこうしたフィギュアとしても、見ているだけでとても楽しいものがあると思います!

霊夢フィギュアが多少幼く造型されているせいもあるのですけど、やはりここでのゆかりんの雰囲気は
霊夢の素敵な保護者という感じだと思います。









さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです。

上記の「れいゆか」・・・霊夢とゆかりんのイラストは、アミグリさんの作品の中でもかなりの初期作品に位置付けされます。
具体的には2010年1月に掲載された作品で、
ご覧になって頂ければ一目瞭然ではあるのですが、このれいゆかは2010年の年賀状デザインとして描かれた作品であり、
実質的には2009年に描かれた作品と言えるのだと思います。
つまりこの作品は、アミグリさんにとってもかなりの初期作品とも言え、その意味においては大変貴重なものが
あると思います。
現在のあのとても素晴らしい「キラキラ可愛い作品とは少しばかり風情が異なっておりまして、どちらかというと
写実的というかタッチが骨太で「力強さ」とか「素朴さ」も伝わってきているかのような感じもあります。
2010年と言うと今から7年前なのですけど、わずか7年の時間の経過の中で、アミグリさんは、
習作時代→力強いタッチ→淡い作品時代→中間時代→キラキラ可愛い路線と、自らの作風を素敵に進化させ続けていて
「これが私の最終ゴール」とと定めずに、一つの到達点だけに満足される事なく、常に自らの作風に
「新しい息吹」を吹き込み続けている点は、特筆に値するものがあると私は考えております。

この霊夢とゆかりんですけど、上記で私がグタグタと書いていた事をたった一枚の絵で見事に雄弁に
物語っていると思います!!
このイラストは、まさに霊夢の素敵な保護者としての大人っぽいゆかりんがいるのだと思います。

というか、このゆかりんには「そこはかとない上品なお色気」が滲み出ていて、見れば見るほど
「ゆかりんはやっぱり東方の素敵なレディだなぁ・・」と感じてしまいますし、
このゆかりんの大人っぽい妖艶さは素晴らしいと思います!
それに対して霊夢はとっても可愛いです!
アミグリさんが当時描かれたこの霊夢とゆかりんの作品は、この二人の身長差がかなりあるようにも思えますけど、
そうですね・・
何となくですけど、霊夢が10歳程度という雰囲気もありそうですし、ぼちぼち・・・「反抗期」に入った頃のような
雰囲気もどことなく感じさせているようにも見えるところが色々と妄想のし甲斐もありそうな作品だと思えます・・(笑・・)
この作品の霊夢は、そろそろ博麗神社の巫女としての自覚が少しは出てきたようにも感じられ、
霊夢の挙動に対して、色々と箸の上げ下げまで煩くいいがちなゆかりんに対して
「ゆかりは妖怪のくせにいちいちうるさいんだから!」となにか一言ゆかりんに対して文句を言いだけな霊夢みたいな
雰囲気も伝えてくれていそうにも私的には感じたりもします。
(霊夢の腕組みが「もー、ゆかりはいちいちうるさいんだからぁー!」みたいな事を示唆しているようにも感じたりもします・・笑・・)
そしてこの霊夢のへそ出しがとっても可愛いです!

アミグリさん、いつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます。

上記の霊夢と紫のツーショットイラストは、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  も
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

今月は「アミグリさんの描かれたレミリア様&咲夜さん」を特集させて頂きましたが、
来月はどうしようかな・・・?
迷っていたら、天から「そーなのかー」みたいな声も聞こえてきたような気もしますので(笑・・)
次回はあのキャラのご登場なのかな・・??





43254571f0cbb513c4e2f4cd27624f1d_convert_20170612195534.png




最後に余談を・・・

上記の霊夢とゆかりんのイラストはとても素敵なツーショットでしたけど、
2014年の夕張においては、「夕張まんがメロン祭り」というのも開催されていて、この告知ポスターが
なんと・・・!
霊夢と艦娘の夕張ちゃんだったのですね!!

この二人はとっても可愛いです! そしてとても素晴らしいツーショットだと思います!!

こんな素敵なイベントは是非行ってみたかったですね!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

メロンちゃん

紫と霊夢は本当に親子みたいなものですね。
案外本当に実の親なのかもしれないですね。
霊夢処刑に関する考察は鋭いものがありとても興味深いものがありました。
イラストの霊夢がかわいいですね。本当に反抗期の頃の霊夢
みたいですね。
最後のメロンちゃんというか夕張とのツーショットがとても
可愛いです。

夕張

jyanya 様


確かに・・・

私も以前瞬間的に「霊夢は実はゆかりんと森近霖之助の間の隠し子なのか・・?」と妄想した事も
ありました・・(汗・・)
さすがにそれはないのでしょうけどね・・

霊夢処刑に関する考察とアミグリさんの描かれたあの素敵なツーショットへの言及もありがとうございます!

夕張ちゃんと霊夢という意外なコラボツーショットはとても素敵なものがありますし、
二人ともとっても可愛いと思います!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |