プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


10.浜松商業高校


D/トッカータとフーガ ニ短調(J.S.バッハ)



浜松商業の遠山先生は長い間浜松工業を指導・指揮されていて、浜松工業を1960年代~80年代初めにかけて
全国有数の強豪校に育て上げた実績&大変な指導力のある先生です。  
1983年以降は浜松商業に転任され、当時は吹奏楽においてはほぼ無名のこの浜松商業を短期間のうちに
全国大会の常連校に育てあげたその手腕は本当に素晴らしいものがあると思います。
そして浜松工業だけでなくて浜松商業においても、皆様ご存知の通り、素晴らしい名演を色々と生み出されていたのは
いまだに記憶に新しいものがあると思います。
浜松商業の歴史的名演というとやはり1986年の課題曲・嗚呼! と自由曲のトッカータとフーガの印象が大変強いですね!
あの演奏なのですけど、私的には、あの浜松商業の「嗚呼!」の演奏は、雄新中学校・神戸高校の演奏と並んで
大好きな演奏の一つで、浜松商業のあの劇的な音楽的緊張感のキープは素晴らしいものがあったと思います。
そして圧巻は自由曲の「トッカータとフーガ」でした!!
バッハのあの曲がオルガンのように壮麗に鳴り響くという演奏事例は、例えば82年の創価学会関西などのように
既に色々とありましたけど、あそこまで内省的に踏み込んだ演奏は正直聴いた事がなかったものでして、
あの内省的緊張感の高まりの演奏は、浜松商業時代の遠山先生を代表する不滅の名演の一つだと思います。
他にも87年の課題曲の風紋の音楽的な優しさとか91年のメトセラⅡのパワーと若さ爆発の豪快さなども大変印象に
残っています。

前述の通り、遠山先生は1983年以降浜松商業に異動をされたのですけど、
翌年の84年には早くも全国大会出場を果たしたことは、とにかく凄い事だと思います。
一般的には、あんまり実績がない学校をゼロから作り上げて全国大会でも十分通用するチームを作るのには
最低でも3年は掛ると言われる事が多い中、遠山先生はわずか2年でそれを実現していましたからね!
大変古い話で恐縮なのですけど、かつて天理高校吹奏楽部を指揮されて、1979年以降は近大付属に移られた
谷口先生は、風の便りで聞いた話では
「天理なんぞ2年で簡単に追い抜いて見せる!!」と豪語されていたとの事ですけど
ついに谷口先生時代は全国大会出場を果たすことは一度もありませんでしたから、
やはり、指揮者・指導者の転任・異動というのは大変難しいものがありそうですね。
公立校から公立校の異動でそれを軽々とやってのけられた遠山先生のそのお人柄・指導力・音楽的解釈は
本当にお見事なものがあると思います。

さてさて、そうした遠山先生なのですけど、大変惜しまれる事にこの年でもって浜松商業を勇退され、
結果的に最後の全国大会での演奏になってしまいました。
前述の通り浜松商業は、1986年に92年と同じ自由曲の「トッカータとフーガ」の素晴らしい名演を残してくれていたので
この年の演奏も期待して聴いていたのですが、結果は、ちょっと残念な凡演でした・・(泣・)
奏者も余計なプレッシャーがかかって、気合と気持ちが空回りしてしまったのかもしれないですね。
関係者で無いものでその辺りの事情は分からないのですけど、当時の出場者の生徒さんたちは、もしかしたら・・??
「今年でもって遠山先生は勇退・・・だからなんとか全国大会金賞でもって遠山先生のフィナーレに花を添えたい!!」
みたいな重圧感みたいな雰囲気があったのかもしれないですね。
私的には限りなく銅賞に近い銀賞という感じでもあったのは大変惜しまれるものがあると思います。

だけど、遠山先生のコンクールとしての演奏はこの年の浜松商業が最後では無かったのですね!
翌年の1993年に意外な所でこの遠山先生をお見かけする事になりました。
それがどこかというと、東海大会・職場の部でした。
高校時代の吹奏楽の部員の一人が当時トヨタ自動車吹奏楽団に所属していて、
1993年は、ヤマハ浜松が5年連続金賞による特別演奏でお休みのため、
「もしかしたら全国大会に出場できるのではないか・・・? 否! 今年こそがラストチャンス!」という事で
異常に張り切っていたようですけど、93年に、突如静岡県の職場の部に天方吹奏楽団というチームが出現し、
その指揮者が遠山氏で、しかもその時の自由曲が「トッカータとフーガ」という事で
「自分たちにとって千載一遇のチャンスなのに、そんな時に浜商のOB楽団(?)みたいなものが
突如出てくるとは何と運が悪い・・・ただでさえ、東海支部にはツヅキボウという強敵がいるのに・・」と
ぼやいていたのは何か懐かしい思い出です。

最後に・・・余談の領域ですけど、「浜松」と言うと、私的には「音楽の街」というイメージがあります。
やっぱりそれは「ヤマハ浜松」の存在が大きいのかな・・・・?
元来、浜松市はオートバイや木工・繊維関連など、「モノづくりの街」として名を知られていますけど、
やっぱり最たるものは「楽器制作」ですよね・・・!!
河合楽器製作所・ローランドなど、名だたるメーカーが浜松市に集結していますし、
国内でのピアノ生産量は第1位ですからね!!

浜松は「世界最大規模“楽器の街」という感じがしますね。

浜松は、吹奏楽コンクールの関係で「浜松アクトシティ―」に行ったことも何回かありますけど
音響的にも見た目にも素晴らしいホールでしたね!!
ついでに書くと、一度うちの奥様と温泉旅行に行った舘山寺温泉とか浜名湖とか
本当に素晴らしかったですね・・・!!
ホント、もう一回くらいは行ってみたいな・・・・
(舘山寺温泉近辺の観覧車とかフラワーパークも大変印象的でした!)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

遠山先生は今年から浜松開誠館高校の吹奏楽部の音楽監督に就任されて、今も現役で指導を続けておられてますよ
ちなみにこは、もともと管弦楽部がありましたが、吹奏楽に路線を変更した新進バンドです

遠山先生頑張ってますね(´^ω^)。

管理人様の投稿を読むと一目瞭然わかりますが、1970年代~1990年代前半に全国大会などでご活躍された吹奏楽指導者には既に鬼籍に入られた方は多くいらっしゃいますし、ご健在でも連盟役員等をご勇退され第一線は退かれた方もいますが、遠山先生は頑張っていらっしゃいますね!
また浜松市は「ヤマハ吹奏楽団浜松」の地元で当然楽器に関わりが強く、全国大会音源でしか聴いたことがありませんが「アクトシティ浜松」という素晴らしい音楽ホールがある街ですね。……あぁ、アクトシティ浜松には一度行ってみたいですね。
かつてではありますが、全国大会に出場する公立高校は進学校が多い中、遠山先生が浜松商業高校・浜松工業高校とか千葉県の銚子商業高校などの素晴らしい高校がありましたね。今はほとんどの高校が音楽の授業がありますが、この頃だと実業高校の中には音楽の授業がない学校もあり(浜商・浜工・銚商に音楽の授業が当時あったかはわかりませんが)、指導できる顧問の先生がいなくて学生指揮者だったと推察しますが、決して万全なとはいえない・ハンデある部活の環境で、結果はとにかくコンクール等で頑張ったなと多います。
最近の全国大会に限ってですが、公立高校・私立高校ともに実業高校はちょっと不調かな?とも思いますが、上記3高校のように実業高校からまた全国大会に、そして遠山先生もいつまでもお元気で日本の吹奏楽界をリードしてくださってほしいと願うばかりです。

ありがとうございます!

カンカン 様


素敵な情報を教えて頂きありがとうございます!

遠山先生がいまだにこうやって現役で第一線で頑張っておられるお姿には本当に頭が下がる思いですね!

浜松開誠館高校の今後の活躍もとても期待が持てそうですし楽しみですね!

遠山先生!

一秋田県民 様


埼玉も1960年代には「大宮工業高校」が大変頑張って来られた実績もあるのですけど、
最近はすっかり耳にしないですよね・・
確かにご指摘の通り、商業・工業系の実業校はどうしても私立や普通科高校に押されがちでもありますけど
是非ぜひ頑張って頂きたいものがありますね!

浜松工業&商業の遠山先生の指揮は何度かお目に掛った事がありますけど、決して大振りはされませんし、
全てを奏者の自主性に任せているみたいなおおらかさと温かさが伝わる素晴らしい演奏と指導力だったと感じています。

遠山先生の現役としての第一線でのご指導には本当に頭が下がる思いですし、是非ぜひ今後とも
日本のスクールバンドの発展のためにご尽力をして頂きたいと思います。
そう言えば、比較的最近まで、「生きる伝説」とも言える片寄先生も出雲北陵等で頑張っておられましたね!

アクトシティ浜松は素晴らしい音楽ホールだと思います!

さすがに「音楽の街」の一つの象徴だと感じたものでした!

いやいや、遠山先生は大人気ですね!

私が高校生の時には「ヤマハ吹奏楽団」との接点って無かったですよね。定期演奏会に行く位で特に何か有った訳では無かったと記憶しています。勿論、OB・同級生・後輩の中にはヤマハに入社して吹奏楽を続けている人もいましたけど。

私の年ですとヤマハに入社出来るのは2名だけで案外ヤマハで吹奏楽を続けるって考えていた同級生は少なかったと思います。

そして高校の音楽の授業も確かに無かったです(笑)

私は専門教科を選択していて高校の音楽室って使った事ないですね。

他の方のコメントにも有りましたが公立高校の全校大会で復活を私も期待しています。幸い浜松にも頼もしい高校が誕生しそうです。母校では無いですけどね(笑)

それから浜松は大河ドラマ効果で観光需要が増えています。是非是非、浜松に遊びに来て下さい。案内しますよ!!

主様、暑くなりお仕事大変かと思いますがお身体に気を付けて下さいね!!

遠山先生

カリオストロ 様


私自身も今回の浜松商業の記事のコメントを拝見させて頂くまでは、遠山先生が今現在でもああやって
音楽監督という立ち位置から吹奏楽に関わっていらっしゃる話を耳にして、
大変嬉しく思いましたし、「遠山先生頑張っているなぁ~!」と実感させられたものでした!
なんか遠山先生指揮での全国大会でのあの雄姿をまたまた拝見させたくなってしまいそうですね!

静岡も90年代と比べると随分と吹奏楽事情も変化したと思いますが、公立校も含めて、
愛知に負けずに素晴らしい名演を私達に聴かせて欲しいと思います。
ヤマハ浜松も須川氏が常任指揮者に就任して以降は、またまた素敵な進化を見せ続けている事も素晴らしいですし、
やはり浜松は鰻だけでなく、まさに「音楽の街」に相応しい素敵な街だと思います!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3661-28151468
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |