プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


私が中学生あたりの頃で吹奏楽オリジナル作品の中で比較的簡単で親しみやすい曲を作る作曲家というと
コーディル・カーター・オリヴァドーティーあたりだったと思います。
私が中学生の頃は、コーディルはなぜか「カウディル」と吹奏楽コンクールのプログラム等では表記されていたのは
なんか懐かしいですね・・・(笑)
当時の吹奏楽コンクールにおける県大会クラスでの中学校C編成(25人編成、東北ブロックではこのC編成を設置している
県がいくつかあったと記憶しています)ですと、出場チームの半分程度の自由曲がこのカウディル(現、コーディル)で
占められている・・なんていう平和な時代も昔はあったものでした・・・(汗・・!)
当時のカウディルの曲と言うと、吹奏楽のための民話・ランドマーク序曲・オデッセイ序曲などが結構演奏されていたと
思います。

私が高校から大学の頃になると、ジュニア向けの平易で親しみやすい吹奏楽オリジナル作品の第一人者は
「スウェアリンジェン」になっていたと思います。
(私個人としては、オリヴァドーティ・カーターの作品も出来れば忘れることなく演奏され続けて欲しいのですけど、
最近ではその名前すらほとんど耳にする事はなくなりましたね・・・ちょっと残念です・・)
私が初めてスウェアリンジェンの名前を耳にしたのは意外と古く、確か1979年の宮城県大会で
ある中学校が自由曲として「エグザルテーション」を演奏していました。
だけど当時のコンクールのプログラムの表記では
「スウェアリンジェル」ではなくて「スエーリンゲル」となっていましたので、
この二つの表記の方が同一人物と気が付くのは数年後の事でした(汗・・)

スウェアリンジェンの曲って本当に分かりやすくて単純明快で明るく楽しく実にいですよね!
構成もA-B-Aという実にシンプルなものだし、「シンプル イズ ベスト」をまさに実証していると思います。
私自身、スゥエアリンジェンの曲は、インヴィクタ序曲しか吹いたことが無いのですけど、
この曲は高校3年の時の定期演奏会の一曲でしたが、
他の曲がスペイン奇想曲とか組曲「絵のような風景」とか芥川也寸志/交響管弦楽の音楽などとにかく難曲ばかりでしたので、
この曲を吹くときだけは実にのびのびと楽しく吹くことができていたと思います。
この曲、クラリネットのスコアも難しい箇所はほぼ皆無で、極端な高音もないし指使いは平易だし、
曲は実にのびやかで楽しいし、吹いていて実に気持ち良かったです。
やはりプレイヤーをこうした気持ちにさせる事とか技術的な易しさとか親しみやすいメロディーが
スウェアリンジェンを長期間日本の吹奏楽界で(特に中学校の小編成部門で)「不動の地位」を保てた
一つの理由と言えるのかもしれないですね。

私も大学でも一応吹奏楽部に所属し、毎年全日本吹奏楽コンクール・都大会大学部門に出場していましたけど、
大学時代も高校時代と同様に学生指揮でしたが、
自由曲に、ドビュッシーの「三つの夜想曲」~Ⅱ.祭りを選曲した際も全体とし中々的確にてまどまらず、
大学の部の都予選まであと一か月を切った際、指揮者がついポロッと
「うーーん、やはりドビュッシーは君たちの技術では無理なのかもね・・・今から自由曲を
 スゥエアリンジェンのチェスフォードポートレイトに変えてみる?
大丈夫、この曲簡単だから、君達でも三日でマスターできるよ・・・」
なーんて屈辱的な事を言われてしまったのは何か懐かしい思い出ですね。
だけど当時指揮者から言われたあの一言は、私的にはかなりの屈辱でしたね・・(汗・・!)

スウェアリンジェンがブレイクするきっかけとなったのは1981年の狂詩曲「ノヴェナ」ではないかと思います。
支部大会でこの簡単な曲をやるチームは少なかったですけど、この年の県大会では、このノヴェナが大流行したような
記憶があります。
出だしのピッコロと木管ののんびりとした素朴な感じで始まり、コンサートチャイムがカンコン鳴り響いたり
いかにもスゥエアリンジェンらしい曲だったと思います。
スゥエアリンジェンの曲って大抵の場合、威勢のいい打楽器のリズムとか金管の咆哮から開始される事が
多かったような気もするのですけど、こういうしっとりとした出だしと言うのは案外珍しい部類だったのかもしれないですね。

スウェアリンジェンの曲と言うと・・・

〇狂詩曲「ノヴェナ」

〇インヴィクタ序曲

〇チェスフォードポートレイト

〇コヴィントン広場

〇アヴェンチューラ

〇マジェスティア

〇栄光の全てに

〇センチュリア

〇誇りと祝典

〇シーゲート序曲

あたりが私は好きですね。 だっていかにスゥエアリンジェンらしい響きの曲ばかりですから・・・(笑)

東京都大会では、今現在そうしたシステムがあるのかどうかは分からないのですけど、少なくとも2000年代初め頃までは、
都予選B部門(35人以内の小編成)で予選一位と二位のチームに
「特別演奏」という形で名誉あるお披露目演奏が出来る特権を与えているのですけど
1987年~89年の3年連続で、瑞穂中学校がこの特別演奏枠で出場しているのですが
3年間自由曲は全てスゥエアリンジェンというのは画期的だと思いますし、素晴らしいと思います!!
というか、多分ですけど、同一学校が3年連続B組特別演奏枠を掴みとっていた事例はこの瑞穂中以外はないと思います。
演奏も大変生き生きとして素晴らしかったです。
その自由曲は、確かセンチュリア・誇りと祝典・シーゲート序曲でしたね。
確か90年も同じくスウェアリンジェンの「栄光の全てに」を取り上げたのですが
残念ながら4年連続での特別演奏は実現できませんでした・・・(泣・・)
ちなみにこの当時のの瑞穂中の指揮者の臼井弘美先生は、あの伝説の名チーム・瑞穂青少年吹奏楽団の
メンバーだったとのことです。
ちなみに臼井先生はホルン奏者だったとの事です。
牟田先生の後のバトンを託されたのが臼井先生でもあったのですけど、臼井先生指揮での
瑞穂青少年吹奏楽団の演奏は、88年のリードの「ゴールデンジュビリー」と89年のワーグナーのタンホイザー序曲を
都大会・一般の部予選という形で、霊友会小谷ホールで聴く事が出来たのは、
今となっては大変貴重なものがあると思います!

スウェアリンジェンと言うと、中には少し不思議な曲もあり、
例えば「ロマネスク」とか「リフレクションズ」みたいに少し哀愁溢れる曲もあったりして
特に「リフレクションズ」の少し物悲しい感じは、スウェアリンジェンの別の表情みたいな感じもあり、
これはこれで悪くはないし、私は好きですね。

最後に・・・

スウェアリンジェンというと前述の通小編成のジュニア部門という印象が強いのですけど、
実はなのですけど、2016年のコンクールの時点で、たった一度だけこのスウェアリンジェンの曲が全国大会で
演奏されたことがあります。
それがどこかというと、1991年に全国大会にも出場したJR東日本でしたけど、正直・・演奏は上手くは無いです・・(汗・・)
だけど・・・!!
厳密にいうとJR東日本に先駆けてスウェアリンジェンを自由曲にして全国大会出場を果たしたチームが
ありました!
どこかというと、1984年の東北大会で自由曲にこのスウェアリンジェンの「チェスフォードポートレイト」を選んで
全国大会代表の座を掴んだ秋田銀行というチームがあったのですけど、
理由は定かではありませんが、全国大会出場を辞退してしまい、このスウェアリンジェンの曲が全国大会で
鳴り響くのには7年後のJR東日本まで待たなくてはいけなかった・・という経緯もあったりします。

ちなみにですけど、1985年の秋田銀行は自由曲に「ボイジャー」を選んで普通に全国大会に出場していましたので、
やはり少し勿体無い気もしますね・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

中3の自由曲は「チェスフォードポートレイト」でしたよ!

自分の出身中学が中学校Cクラスでした。中1はダジェンホーストの「カンタベリー組曲」、中2がロッシーニの「ブルスキーノ氏」、そして中3がスウェアリンジェンの「チェスフォードポートレイト」でしたよ。いまだに後年CBSソニーで発売された「スウェアリンジェン作品集」のCDは時々ですが聴きます。
当時、演奏しやすさで現役部員からは好評でしたがOBが「この低レベルの曲でいいの…」となんて言われてのを思い出します(笑)。
中学を卒業した翌年高1の母校の自由曲は「マジェスティア」、更に翌年高2の母校の自由曲があの狂詩曲「ノヴェナ」でした。「ノヴェナ」は中学の恩師にとっては母校での最後の自由曲で、3年ぶりの県大会出場を果たして新任校に異動し思い出に残っているようです。
やはり当時は、中学校Cクラス部門を中心に自由曲に多くの学校が「スウェアリンジェン」を選曲してました。「コーディル」も「オリバドッティ」もですし、「エリクソン」も「ガーター」もよく演奏されました。
スウェアリンジェンは暖かみのあるサウンドで、且つ情緒的メロディがあり、好きな作曲家です。
そうそう!自分が秋田の人間なので知ってましたが、スウェアリンジェンの曲で全国大会出場を初めて手中のは「秋田銀行」でしたね!
…でも全国大会は、金融機関の業務関係で全国出場を辞退してしまい残念でした。。。
最近は難易度がある作曲家の作品だとマクベスの「マスク」・「神の恵みを受けて」とかA・リードの曲さえも演奏される機会が少ないんですが、最近の邦人・オリジナル各曲以上はもちろんこれらの名曲がコンクールや地域の演奏会で聴かせてくれればと思います。

親しみやすいオリジナル名曲

一秋田県民 様


最近の吹奏楽コンクールでは、県大会・地区予選ですらも今回名前を挙げられていたカーター・エリクソン等の
オリジナル作品が演奏される頻度はがくんと減り、ジェイガーはもとよりリードすらあまり演奏されていない実態に
驚きを禁じ得ませんし、「時代は変わったなぁ・・」と思うばかりですが、
カーターの交響的序曲とかタジェンホーストの「ピラミッド」とかオリヴァドッティの「バラの謝肉祭」とか
エリクソンの序曲「祝典」とかコーディルの「吹奏楽のための民話」などは
不滅の名曲ですので、コンクールは無理ししても普段の練習の際のテキストとしても使って頂き、
なんとかこうした素敵なオリジナル曲も後世で演奏され続けて欲しいものです。

一秋田県民 さんも現役時代はスウェアリンジェンを演奏されていたのですね!

私が高校1年頃あたりに「ノヴェナ」がかなり流行っていたような記憶がありますが、今現在の視点で聴いてみると
「あれ・・、なんかインヴィクタと似ている・・」と感じられるのは、いかにもこの作曲家らしい話なのかな・・?とも
思ったりもします。
スウェアリンジェンのあの親しみやすさと分かりやすさは、本当に素晴らしいものがあると思いますし、
やはり「忘れてはいけない作曲家」の一人であるのは間違いないと思います。

そうそう、秋田銀行ですけど、1983年の「夢の超特急」という作品も東北大会銀賞でしたけど、あの演奏は
なぜか印象に残っています。
当時の東北大会の職場の部は、秋田銀行・青森県信用組合・天童市役所・新日鉄釜石・呉羽化学など
職場の部の支部大会としては都大会と同様の出場数があり、その充実ぶりは素晴らしいものがあったと
思います。

最後に、私自身の中二の時の自由曲がマクベスの「カディッシュ」でしたけど、
あの曲の強烈な「負のエネルギー」には圧倒させられるものがありました、あれを練習するたびに
「生きるのがつらい・・」みたいな感覚にもなっていましたね・・(笑)

私の中学は弱小で小編成でコンクールに出ていました。
中1 プロイヤー:デボンシア序曲
中2 カーター:管楽器のためのソナタ
中3 コーディル:吹奏楽のための民話
それでも県大会にはいけませんでしたが、当時はインヴィクタとアルヴァマー、そしてマクベス:マスクのオンパレードでしたね。

その後、ミッチェル、シェルドンが台頭しますが、懐かしいいい時代でしたね。

栄光のすべてに

お久しぶりにコメント失礼します(^^)

栄光のすべてに、懐かしいです(^^)
中学生時代、県の吹奏楽祭で毎年演奏するのが、栄光のすべてにでしたので、何だか懐かしく感じましたね(^^)

曲の流れ方もシンプル明快で分かりやすく、吹奏楽を初めて触れる人から永く経験して来た人まで幅広く理解できるのがいいですね(^^)

最近のオリジナル曲は複雑化し過ぎてしまい、混乱を招いてしまうので、なんだかなぁって思いますね(>_<)💦

私事ですが、高校卒業以来約15年振りにチューバを始めましたね(>_<)💦
昔みたいに吹けないのですが、悪戦苦闘しつつ、日々練習に励んでますね(笑)

第2の吹奏楽人生、また楽しんでますねー(^^)

オリジナル作品

まつたく 様


懐かしい曲ばかりですね!

最近の吹奏楽コンクールでよく演奏されるオリジナル邦人作品の華麗なんだけど難解みたいな雰囲気がありますけど、
この当時の曲は、技術的には平易だけど何よりも「親しみやすい・覚えやすい」という感じでして、
私は、最近のオリジナル曲よりはこうした70~80年代の親しみやすい平易な曲の方が
印象深いものがありますね。

カーターの管楽器のためのソナタ・・いい曲ですね! なつかしい曲です!

頑張ってくださいね!

esakui69 様


確かに・・!

最近の吹奏楽コンクールで演奏される邦人のオリジナル作品は派手で色彩感があり演奏効果は高いけど、
なんかその後の印象が低かったりもします。
70~80年代のオリジナル作品って確かに平易でシンブルなんですけど、あの数々の素敵なメロディーは
なぜか今でも時々口ずさんでしまう程の親しみやすとさ分かりやすさはあったと思いますし、
スウェアリンジェンとかコーディルの曲は典型的なそうした感じの曲なのかもしれないですね。

おーー、第二の吹奏楽人生を始められ、チューバを始められたとは!!

素晴らしいです!!

是非ぜひ楽しんで吹いて欲しいですね!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3657-71d56560
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |