プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


7.福岡工業大学付属高校


A/ハンガリー狂詩曲第2番(F.リスト)

今更言うまでもない話なのですけど、中学・高校といったスクールバンドの場合、実績と指導力がある先生が
異動されてしまい、翌年以降指揮者の先生が変更になってしまうと、
とたんに前年度みたいな演奏が中々出来なくなってしまい停滞が続いていくみたいな話は、
吹奏楽コンクールではよく聞く話で別に珍しくも何ともないと思います。

福岡工大付属高校も、1989年jまで指導をされていた鈴木先生が退任されて、
1990年からは指揮者が真和志中・石田中・那覇中等でお馴染みの屋比久先生へと変わり、福岡工大サウンドも
一変する事となります。
中学校であれほど実績を残された屋比久先生ですら、高校の部では最初ご苦労されていたのが印象的です。
というかスクールバンドの場合、実績のある学校で指揮者が変った場合に、他校で実績が既にある別の先生が
赴任されたとしても一年目から「結果を出す」という事は大変難しいものがあると言えるのかもしれないですよね。
90~91年は九州大会において福億工大付属はダメ金で、
屋比久先生の指揮で福岡工大が初金賞を受賞されたのは、1993年の事ですから、
いかにスクールバンドにおいて、実績ある指揮者が離れると後任の方がご苦労されるのかを示唆した典型的な
話しなのだと思います。

この屋比久先生はすごいです!
だって・・私が生まれる以前から既に九州大会に出場されていましたし、
中学の部で「沖縄サウンド」と呼ばれる音楽で全国大会の聴衆を魅了され
(特に石田中学校時代のパッサカリア・シチリア島の夕べの祈り・ドヴォルザークの8番終楽章は素晴らしい名演だと
思います!)
1990年代以降は、高校の部へと舞台を移され、福岡工大付属を鈴木先生時代から更にステップさせ、
幻想交響曲・トッカータとフーガ・元禄・ショスタコの5番・アルプスの詩・エルフゲンの叫び等の数多き名演を
私達に残してくれましたし、
更に2007年以降は原田学園に転任され、ここでも素晴らしい名演を色々と生み出しただけでなく
昨年は九州情報大学を全国大会にまで導き出されています!

まさに吹奏楽界の「神様」みたいな存在の先生だと思います!!

そうした神様みたいな屋比久先生を持ってしても、新しい学校での一からの指導というのは中々難しいものが
あるのでしょうね。
屋比久先生の「個性」が吹奏楽団全体に浸透するにはやはりそれなりの時間が必要なのかもしれないですし、
先生自身も従来までは中学生相手の指導から高校の部での指導という事で多少はどこか戸惑いみたいなものも
もしかしたらおありだったのかもしれないですね。
90年の運命の力、91年のラフマニノフの交響曲第一番は、
鈴木先生時代の金管楽器が主体のこのチームのカラーと屋比久先生指揮での木管重視のカラーが
まだ完全に融合していなかったのかもしれません。

1992年は、屋比久先生が福岡工大付属に赴任されて初めて全国大会に出場したのですが、
やはりまだ「ちぐはぐ」な印象は残っていたと思います。
課題曲・自由曲共に重厚さは感じられるものの、音楽に自由さ・躍動感があまり
感じられず、指揮者と奏者の間に、「見えない壁」みたいなものがあったようにも感じました。
普門館からの客席で私もこの演奏を生で聴いていましたけど、「うまいな・・特に木管のうねりが素晴らしいな」と
感じてはいたのですけど、正直この年の演奏は木管の巧さ以外は特段語る部分も少ないのかな・・?と
感じさせる演奏で、上手いのだけど音楽としての「個性」があまり伝わってこない演奏に少しもどかしさを感じたのも
また事実でした。
全体的に歌い廻しが理屈っぽい感じがして不自然さを感じさせたのはマイナスだと感じました。

私の記憶ですと、この年はプログラム1番から6番目あたりまで演奏終了後のブラボーコールが湧き起こらず
「今年の聴衆はマナーが向上したのかな・・?」と瞬間的に感じたのですけど、
普門館でのあの喧しいブラボーコールが湧きあがったのは、1992年の高校の部においては、
この福岡工大付属が初めてだったと思います。
(あれは三年ぶりの全国大会という事でOB等のやらせなのかも・・・? 正直とてもじゃないけどブラボーコールが出る
演奏では無かったような気がします・・)

福岡工大付属が屋比久先生指揮の下で一気に覚醒するのは、翌年の幻想交響曲からだと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

そうなんですよね…。

屋比久先生でも福工大城東高校でいきなり結果は出せなかったんですね。。。
あっ、いつも秋田絡ませで申し訳ないんですが、秋田だと前山王中・前秋田南高校の細谷先生がまさにその例かもしれません。山王中でのあれだけの全国連続出場・金賞の実績があり秋田の吹奏楽関係者の期待はものすごいものでしたが、秋田南高校の2年間は結局東北ダメ金どまり、、、秋田でもトップクラスの進学校の教頭先生だったこと(細谷先生は音楽ではなく数学の先生です)、実績を出すには2年は短い勤務期間だったこと、……そしてあれだけの先生でも前任阿部先生からの教え子たちとは、お互いが馴染むのに時間がかかったことなどあるようです。(あくまでも聞いた話ですが)
中学・高校の有力指導者の先生が、必ずしも一般バンドの指揮者として実績が出てるとは限らないのも同じだと思います。先生よりもずっと歳上の団員がけっこういたり、中には同じ教師で上司の団員もいたり、どうしても指導には限界もあるでしょう。

ちなみに……私は現役・楽器から足を洗って約30年ですが、もし復帰しても、心の師のである恩師でも社会人バンドの指揮者だったらさすがに入団は遠慮しますね(笑)。
あっ、話がそれてすいませんでした(笑)。
やはり中学・高校・社会人をまたいでの指導は難しい壁がある、それは確かと思います。


指揮者の交代は難しい・・

一秋田県民 様


確かに・・

中学の指導で実績があった先生が高校の部で同様な実績を残せるのかと言うと難しい側面があり、
ご指摘の通り山王中と秋田南高校を指導された細谷先生がその典型事例と言えるのかも
しれないですね。
だからこそ屋比久先生の存在はまさに偉大としか言いようがないですね!

埼玉の高校の部でも、かつて全国大会金賞チームでもあった与野高校とか狭山ヶ丘高校なども指揮者の異動・退任で
最近ではすっかりご無沙汰しているみたいな事例は珍しくもなんともないですし、
この辺りにもスクールバンドの「伝統の維持」の難しさはあるものですね。

そうそう・・私も一般の部でも、中学や高校のOB吹奏楽団はパスするのかも・・?

学生時代と同様な先輩後輩の関係がそのまんま維持されちゃいそうな感じもありますよね・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3647-aa3f3a4e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |