プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最近の記事の中で
「当時のアイスクリームなのですけど、たしか、「ビバオール」という名前だったかな・・・? イチゴ味の棒アイスなのですけど、
棒に「ビバオール」という刻印があると当たりでもう一本、
ビバという刻印とオールという刻印を一本ずつ集めろともう一本という
おまけ付アイスが人気でした! 確か当時の価格で一本30円くらいだったかな・・・?
このアイスのメーカーとか今も販売されているかなんか全然分からないのですけど、なんか懐かしいですね・・(笑) 」
といった記事を書かせて頂いたのですけど、
あれからなんか私自身も少し気になってしまい、「その後のビバオールアイスの軌跡」みたいな事をリサーチしてみると
色々な事が分かりました!

結論から言うと、このアイスは製造会社は既に存在していないのですけど、別の会社がこの商標・製造ノウハウを継承し、
東北・新潟方面で製造販売がまだ続けられているのは大変嬉しいものがありますね!
そうですね・・この感覚は、
亡くなったと思っていた人が実はまだ生存していて思いがけぬ所で再会出来た・・という感覚に近いものが
あるのかもしれないですね・・(笑)




縺翫・繧祇convert_20170603235534


縺ウ縺ー_convert_20170603235614



ちなみにですけど、上記で出てきた「ビバオールのいちご味の棒アイス」と言っても聞いたことがある方なんて
ほぼ皆無じゃないのかな・・?と思います。
というか、関東以南では知名度はゼロに等しいとも思えます。
そりゃそうですよね!
だってこのビバオールというアイスは、昔も今も地域限定発売というのか、
東北地方のスーパーやコンビニ等でしか売られていないアイスなんですよね!

私が子供の頃を過ごした1970年代~80年代の東北地方においては(実年齢がバレバレっすねぇ・・苦笑・・)
子供が食べるアイスクリームというと、やっぱりこの「ビバオール」が主流だった気さえします。
当時は既にグリコのジャイアントコーンととかパピコとか、当時大流行していたピンクレディのCMでもお馴染みの宝石箱なども
ありましたけど、これらは何となくですけど「少し敷居が高いのかも・・?」という感じも無くはなく、
実際そんなにしょっちゅう食べられるものでは無かったと思うのですけど、
この「ビバオール」は当時の価格で一本30円と大変お安く、しかも当りくじ付きのアイスで運よく当たると「もう一本!」という
嬉しいサプライズもありましたから、
そりゃ――、当時の子供たちのアイスの一番人気にもなりますよねぇー! (笑)

「ビバオール」は、表面は淡い桃色のイチゴクリームのラクトアイスで、先端のコーティングされた部分には
濃い赤色のイチゴジャムが入っているという大変シンプルなんですけど、
とにかく甘くておいしくて懐かしい味だったと思います。
私が小学生の頃って、子供たちは午後になると学校が夏休み期間は開放していたプールに泳ぎに行き、友達とその後
校庭で遊んでいき、そして帰る際の「買食い」のお伴は夏場はとにかくこのビバオールばっかりだったと
記憶していますけど、私自身子供の頃にはこのビバオールは結構な本数を累計的には食べていたと思うのですが、
「飽きた」とか「今度は他のアイスにしよう・・」とは当時はほとんど思いませんでしたし、
そのくらい東北地方においては「夏の定番の味」として定着していたようにも思えます。

この「ビバオール」なのですけど、
1970年代 において、 宮城県仙台市若林区に本社があった株式会社しまかげが製造・販売を行い、
東北地方、一部の北関東の駄菓子屋・スーパー等で一般的に売られていた氷菓であるとも言えます。
しまかげが自社工場の度重なる火災により、アイスクリーム製造から撤退し、
一時期「幻のアイス」と化してしまった歴史があるとの事です。
(私自身はあの大震災でしまかげが倒産したと勘違いしていましたけど、実はそのずっと以前に既に倒産していたのですね・・)

だけど・・あの味を懐かしむファンは相当多かったようです!

2004年3月 、新潟市北区の株式会社セイヒョーが、しまかげの元関係者の協力を得て
なんとこの「ビバオール」の復活を果たしてくれる事になったのです!
東北出身者のビバオール復活を望む声を聞き、再販へ向けてしまかげの関係者に直接交渉されたとの事で、
しまかげ時代の三角形から四角形に、味は現代風に改良しつつも当時の味を忠実に再現し、
しかもなのですけど、これは、期間限定復活ではなくて、通年の恒常販売の商品として復活したのは
東北出身で子供の頃にビバオールの味に慣れ親しんだものとしては大変嬉しいものがあったりもします!
2004年3月から東北地方と新潟県のコンビニやスーパーで再販が実現し、「懐かしの味」として現在でも
親しまれ続けているのはやはりとても嬉しいものがありますね!

ちなみにこのビバオールは今の所は多分ですけど埼玉では販売されていませんので、私自身はこの懐かしの味を
食べていませんけど、
このブログで何度か登場している通り、うちの会社は仙台にも関連会社があり私自身も年に何度かは仙台を
訪れていますので、その際には是非是非この懐かしの味を食べてみたいと思います!

最後に・・・

このビバオールアイスはその復刻版ではどうなっているかはわかりませんけど、当時は「当り付」のくじアイスでも
ありました。
棒の焼き印により、もう1本貰えるシステムがあり、「ビバ」、「オール」、「ビバオール」の3種の焼き印があったりもしました。
ビバとオールの焼き印を2本揃えるか、はたまたビバオールという焼き印が当たれば一本で
更にもう一本ゲットできましたので、これはやはり子供向きアイスとしては「王道」みたいな楽しみもあったと思います。
そうそう、中には悪ガキ・クソガキ共の中には、外れ棒に対して、焼き鏝でビバオールという刻印を焼こうとしたばか者も
いたりもしたようですけど、これは駄菓子屋の婆さんでもそのインチキを一発で見抜けるほどの
他愛も無い仕上がりだったようです・・(苦笑・・)

やはり人間は悪いことはできないようですね・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |