プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
8位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


5.松江女子高校


C/バレエ音楽「バリの喜び」(オッフェンバック=ロザンタール編曲)



長い間出雲高校を指揮されていた金本先生は、1988年以降はこの松江女子高校に異動されていましたけど、
この松江女子を率いての全国大会初出場を掴みとられていました。
ただ前任校の出雲高校はこの年は中国大会ダメ金で終っていましたので、金本先生としては「どうだっ!」という気持ちと
「すまん・・」という揺れる二つの思いだったのかも・・・

松江女子の演奏ですけど、課題曲も自由曲も大変申し訳ないのですけど、ほとんど印象に残らない演奏だったと
思います。
全国大会初出場という事もあり、比較的早い出演順だった事も悪い方向に流れてしまい、
課題曲Cも本当は鋭い響きを期待したい所、どこなくもさーーっとした締りの無い響きで開始され
「あれ・・?」と思っていたら、そのまんま調子に乗りきらない雰囲気で課題曲は終わってしまいました。
自由曲は課題曲よりは、曲の流れがよく、この楽しいバレエ音楽らしい「華やかさ」は十分アピール出来ていたと
思うのですけど、なんとなくですけど、金本先生の指揮はどことなく柔らかい方向に振っている感じが
客席から聴いている私の感覚として伝わり、
その柔らかさが「サウンドの洗練さ」ではなくてむしろ「少し鈍くさい感じ」として伝わり、それが前述のもさっとした響きに
なってしまったようにも聴こえたものでした。

やはり全国大会初出場と言うのは色々な意味でプレッシャーが掛るもので、普段の練習の成果があんまり
発揮できないまんま普門館の本番のステージが終わってしまったようにも感じられたものでした。



6.土佐女子高校


A/ エル・サロン・メヒコ (A.コープランド)


土佐女子校としては通算4回目の普門館で、森本先生としては、3回目の全国大会でしたので、
指揮者としてもチーム全体としても慣れというのか余裕みたいなものがプログラム5番の松江女子よりは
伝わってきていて、こうした全国大会と言うものは、やはり出場回数とか伝統とか指揮者の慣れと度胸も
結構大きいのではないのかなとも感じたものでした。

課題曲Aのネレイデスは、私が聴いた限りでは何の問題も無く、いかにも女子高らしい繊細でデリケートな響きが
大変印象的でしたし、この課題曲特有のうねりとモヤモヤっとした響きも大変上手にまとめられていると
感じました。
このチームは木管も巧いけど金管セクションのコントロールとか音色のブレンドが素晴らしいと思います。
土佐女子は88年の寄港地とか87年のサロメとか
森本先生の指揮ですけど土佐女子中学校として初出場の中学の部の「ダフニスとクロエ」もそうなのですけど、
どちらかというとフランス音楽の繊細な響きを大変しっとりと歌い上げるのがうまいみたいな印象もあったりします。
そうした中、この年の自由曲に取り上げたのはアメリカのコープランドのちょっと武骨でけたたましい音楽でしたので、
土佐女子の方向性と曲の粗雑さ・粗っぽさが今一つ噛み合っていないのかな・・?みたいな印象も感じられ、
この演奏を普門館で聴いていた私としては、
「テクニックはそこそこあるし、トランペット・クラリネット・ファゴットのソロも決まってはいるのに、
どこなく不安定さを感じさせるのはどうしてなのかな・・?」というミスマッチさを感じたものでした。
やはりそれは選曲ミスの範疇に入ってしまうのかもしれないですね。
トランペットのあのとてつもなく難しいソロを難無く決めていただけに「勿体無いなぁ・・・」とも感じましたし、
個々のテクニックはこんなに大変優れているのにどうして全体としてはどこか冴えない感じになってしまうのだろう・・?と
感じたものでした。

1998年以降、土佐女子の名前を全国大会では耳にしないから少し寂しい気持ちはありますね・・・(泣)
土佐女子の当時の演奏ユニフォームは、まさに伝統的で王道の「純白のセーラー服」の学校でしたので、
男子高校出身の私としては、土佐女子のあの純白セーラー服を見ることが出来るだけでもとてつもない
眩しさはあったと思います!! (汗・・)
前述の通り1988年の「寄港地」の演奏は素晴らしいものがあり、結果として銀賞なのですけどあの演奏は金賞でも
全然遜色ないと思います。
土佐女子は、1998年のウィルソンの「コンサートバンドとジャズアンサンブルのためのラプソディー」で唯一の金賞に
輝いているのですけど、あくまで私個人の感想で言うと、
何か今一つ盛り上がらない感じの98年の演奏よりは88年の「寄港地」の方が大好きです!!

そうそう・・土佐女子の指揮者の森本先生は他校ではありえないほどのご苦労もされていたのが大変印象的です。

土佐女子高校は系列附属に土佐女子中学校もありましたけど、森本先生は高校だけではなくて、この中学の方の指導も
一手に任されていたようでして、
この年、1992年と1995年においては、土佐女子中学校と土佐女子高校のダブルで全国大会出場、そして
普門館においては土日り二日間連続で指揮者として出場されていたという今では考えられない大変なご苦労を
されていたのが大変印象的でした!
印象としては、例えば92年のアルメニアンダンスパートⅠとか95年のバレエの情景のように
とても可愛らしくてチャーミングな響きの中学の生徒さんたちが三年間みっちりと基礎を叩きこまれて、
高校に入って更に進化を重ねたみたいな印象もあったりしますね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3637-a4706548
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |