プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
25位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


昨年10月~12月にかけて放映されていた「響け! ユーフォ二アム」【第二期】の第7話においては
吹奏楽コンクールとかマーチングコンテストとか定期演奏会みたいにちょっとお堅いようなコンサートではなくて、
歌謡曲とか映画音楽とかアニソンとかポップスみたいな楽しく親しみやすい曲から構成された「えきびるコンサート」みたいな
イベントが最後に登場していましたけど、
そうした「ポップスコンサート」は私も現役奏者の頃は何度か出演したことがありましたが、
定期演奏会とかコンクールみたいな緊張しまくりのステージという訳ではなくて、確かに目の前にはたくさんの観客が
いるのですけど、のびのびと楽しんで吹くことができる「ポップスコンサート」は私も吹いていて
とにかく楽しくて楽しくて仕方がなく、自由に難しいことをあまり考えずにごく自然体で演奏できていたようにも
感じたものでした。
こういうのって、市のイベントとか駅ビル・スーパー・娯楽施設等におけるイベントの一環として行われ、
別に出演料とか謝礼が出る訳でもなんでもないのですけど、学校から現地までの移動手段としてのバスが無償でチャーター
されることが多く、「人前で演奏する経験」を数多く重ねることで、コンクールや定期演奏会という大事な本番で
緊張のあまりポーっとして普段の練習の成果があまり発揮されないで終わってしまうということへの対策ということでも
大きな意義があり、高校・大学の頃はこうしたイベントの依頼が舞い込んで来たら、出来る限り参加させて
頂いたものです。

こうした野外のポップスコンサートで演奏する曲目にはもちろん定番の曲もあるのですけど、やはり時代によって
その演奏される曲目にも「時代」は感じさせるものがあると思います。
例えばなのですけど、1980年代前半の場合は
(もーー、管理人の年がバレバレっすね・・)
「この曲を演奏すれば、間違いなく客席からの反応も良く、ハズレはほぼ無い」という曲は、
ルパン三世のテーマ・西部警察・松田聖子メドレー・ピンクパンサーのテーマ・宇宙戦艦ヤマトあたりだったと思います。
そして少し時代が進んで、1980年代中盤に入ると、
チェッカーズメドレー・おにゃんこクラブの「セーラー服を脱がさないで」とかドラゴンボールあたりが
比較的ウケが良い曲の一つだったような印象があります。

今現在の現役奏者の皆様に「西部警察のテーマ曲」と言っても「なにそれ・・?」みたいな反応になるのかもしれないですけど、
やはり時代によって、コンサートで演奏される曲目の流行り廃りがあるのはこれはやむを得ないことですよね・・
昭和の頃の曲って特に歌謡曲とかアニソンがそうなのですけど、メロディーが大変シンブルなのにとってもわかりやすくて
親しみやすくて一度聴いたらなんか耳に残ってしまい忘れられない・・そんな雰囲気があったようにも感じるのですけど、
最近のJ-POPやアニソンってメロディーが複雑ですしやたらと転調が多く、確かに完成度と仕上がり自体は大変高く
感じるものの、親しみやすさとか普遍的に後世に残る曲という感じはあんまりしなくて、
その点は「昭和と平成の歌はちょっと違うんだよなぁ・・・」と時に感じてしまうのは、それは私が昭和育ちであるゆえ
なのかもしれないですね・・・(汗・・!)

ちなみにですけど・・・私自身が高校生の頃の1981年におけるこうした地元スーパーのイベントとか学校の文化祭で
演奏した曲目は、なぜか今でも記憶に残っています・・・(笑)


〇Dr.スランプあられちゃん

〇スニーカーブルース

〇トップ・オブ・ザ・ワールド

〇明日にかける橋

〇ルビーの指輪

〇スマイル・フォー・ミー

〇1981年課題曲A/イリュージョン

〇吹奏楽のための第一組曲(ホルスト)

〇お嫁サンバ

といったものでした・・・
うーーん、これは何だか懐かしすぎる・・・というかこれはすでに懐メロの領域ですね・・・(滝汗・・)
「スニーカーブルース」は、当時たのきんトリオで一世を風靡したマッチの曲で、
「スマイル・フォー・ミー」は河合奈保子の曲でしたし、「お嫁サンバ」は郷ひろみの曲でもあります。
「イリュージョン」とホルストの第一組曲は、この年のコンクールの課題曲と自由曲でした。
今の若い人たちに寺尾聡は昔は歌手もやっていて「ルビーの指輪」はその代表曲といっても、あんまりピンとこないのかな・・?








94c2a3c9-s_convert_20161119175019.jpg




アニメの「響け! ユーフォ二アム」第7話の駅コンの演奏シーンも素敵でした!

晴香が担当する「バリトンサックス」は吹奏楽的には「縁の下の力持ち」みたいな役割を担っていて
普段はこうした華やかなソロを担当する事はあんまりないのに、
本来アルトサックスのソロをバリトンに代用させて晴香のソロとしての見せ場を作ってあげた
滝先生も素晴らしかったと思いますし、それに応える形で
堂々としたソロを聴かせてくれた晴香も素敵だったと思います!!

前半の修羅場とラスト近くのこうしたのびのびとした雰囲気の落差がいかにも「響け! ユーフォニアム」らしくて
いい味出しているなぁ・・と感じたものでした!!

最後に、余談ですけど、私自身は演奏したことはないのですけど、1990年代中盤になると
「ど演歌えきすぷれす」シリーズといって昭和の頃に流行った日本の演歌のメドレーを吹奏楽にアレンジし、
時にしっとり、時に激しく、時に抒情的に懐かしいメロディーが次から次へと出てきた作品もありましたけど、
普段ほとんど演歌とかを聴かない私であっても
「なんかこういう日本の演歌っていかにも古き良き時代の歌だね・・」となぜか心にしみるものがありましたし、
この「ど演歌えきすぷれす」はこうした駅ビルコンサートとか母校の演奏会でも何度か耳にしたことがありますけど
「あー、こういうメドレーも吹いてみたかったなぁー」としみじみ感じたものでした・・・

参考までにこの「ど演歌えきすぶれす」第一番の曲を列記してみると、
兄弟仁義 、涙の連絡船 、天城越え 、与作 、青い山脈 、旅の夜風 、リンゴの唄 、あの娘たずねて 、函館の女
いつでも夢を 、津軽海峡冬景色 、氷雨 、霧の摩周湖 、雪のふるまちを
となっています!
そしてこの第三番の曲は、
箱根八里の半次郎 、大井追っかけ音次郎 、浪花恋しぐれ 、道頓堀人情 、浪花節だよ人生は 、旅姿三人男
潮来笠 、中の島ブルース 、宗右衛門町ブルース
となっていますけど、一部平成の曲が入っているのもなかなかお見事な選曲だと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

今の若い人は知らないでしょうねぇ~
寺尾聰さんが歌を歌ってた事、
河合奈保子さんという
健康的なナイスボディな人がいた事…
反対に知ってる私って想いますもん。
どれも口ずさめたり(笑)

なつかしいです

割といろいろやりましたが、記憶にのこっているのは、パーマンですね。えーー変拍子ー?って。パーマンの連呼のところが
6/4で、子供の時は歌ってたけど、気づかなかったなあ、って思いました。

全部わかっちゃう

こんにちは。

たのきんトリオは、懐かしすぎます。
男子=マッチファン、女子=トシちゃんファン。
ボクは、たのきんトリオに対抗したイモ欽トリオが好きでした。
この頃の南海は5位と6位をさまよっていましたねぇ。
管理人様が挙げられた曲は全部わかっちゃって、トシとったなぁって。
でも、当時の自分とホークスがフラッシュバックして、懐かしくなります。

観客の目線で書かせていただきますと、私的には立派なコンクールなどよりも、こういった機会での演奏のほうが見ていて(撮っていても)楽しいです^^
吹奏楽って撮影しても意外と楽しいのですが、演奏者さんがのびのびと演奏していると、表情がとてもよくなります。曲もすごく柔らかく感じます。
よさこいなどのイベントもそうですが、コンテストとか(これはこれで意味がありますが)でないほうが、踊り子さんも楽しく踊っていますね^^
私の撮りたい写真は、実は「そちら」にあったりします^^
※ちなみに吹奏楽の「ルパン三世のテーマ」、最高です。

懐メロ・・?

napo 様


最近の若い皆様ですと、寺尾聡というと「渋い俳優さん」というイメージしかないのかもしれないですね。

「ルビーの指輪」とか「宇野重吉の息子」という連想をする方は少なくなりつつあるのかもしれないですし、
私たちの世代がどんどん高齢化してきたという事なのかもしれないですね・・(汗・・!)

川合奈保子は、デビュー当時は確か「西城秀樹の妹」というキャッチコピーだったのもなんだか懐かしいですね・・(笑)

パーマン

まこ 様


「パーマン」・・・なつかしいですね!

私は吹奏楽で吹いた事はない曲ですけど、確かに変拍子っぽい個所はあったような気も・・??

「ドラえもん」のオープニングソングも吹奏楽のポップスコンサートでは定番の一曲だったと思いますけど、
あの親しみやすいメロディーは素敵でしたね!

イモ欽トリオ

五航戦の愛鷹 様


今の若い世代の皆様に「フツオだっ、なぁ―――ッ!!」といっても分かる人はいないのかもしれないですけど(汗・・)
それが分かる五航戦の愛鷹 様は、
私と同じ「昭和育ち」ですね・・(笑)

この頃のホークスは、穴吹監督とか広瀬監督の時代かもしれないですけど、既に低迷期に入っていたのですね・・

なんとなく70年代末とか80年代初期は、まだ強かったような印象もあったのですけど、
既に弱い時代になっていたというのも意外な感じもしたものでした!

ポップスコンサート


八咫烏(負傷中) 様


あ・・、今回頂いたコメントはよく分かります!!

コンクールは「建前の顔」とも言えますし、こうしたポップスコンサートは、本音がよく出ている「いつもどおりの本音の顔」
とも言えると思います。
考えてみると、よさこいもコンテストの雰囲気とそうでは無い時も雰囲気的にはかなり違いがあるのかも
しれないですね!

吹奏楽の場合、マーチングとかチアガールとのコラボの場合ですと、奏者ものびのびと吹く傾向にありますし
ポップスコンサートなんかですと、自然体そのもので楽器を楽しみながら吹く事が大変多いものですので、
カラス様のようにカメラマンの方にもそうした「楽しさ」が自然に伝わってきていると言えるのかもしれないですね!

「ルパン三世」とか「西武警察」は吹いている方も楽しくて仕方がなかったですね! (笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3634-de6600fb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |