プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日なのですけど、最寄駅前からの帰り道、その駅の構内で立ち食いそばの新商品キャンペーンというポスターが
目に留まったのですけど、その中に
「宇都宮新名物! 宇都宮ハムカツ丼とソバのセット」というのがありました。

最初に見た瞬間、

「へぇー、宇都宮は餃子の街だけじゃなかったんだ・・」と何か妙に印象に残り
「餃子の街というと宇都宮というイメージがあったけど、最近はその座も浜松に奪取されつつあるし、
宇都宮としても何か新しい名物を色々と模索しているのかな・・?」と感じたものでした。

うーーむ、その心意気は素晴らしいですね!

わが埼玉なんぞ、自慢じゃないけど例えば「宇都宮=餃子」みたいな定番の名物もな~んにも無いですし、
まさに何も無いないのないない尽くし、それでいて宇都宮みたいに「新たに新名物を発掘しよう!」という心意気も無い
まさにポンコツシティーとしては、宇都宮のこうしたチャレンジは、爪の垢でも煎じて飲まさせて
頂きたいものであります・・・(滝汗・・!)

正直、ハムカツとしての宇都宮の知名度は現時点ではほぼ皆無に等しいのだと思うのですけど、
「それじゃー、なんで宇都宮がハムカツなの・・?」という素朴な疑問に対しては、
実はハムカツとかハムステーキの製造を専業としている宇都宮市内の「ハガフーズ」という会社が、
超粗びき肉厚ハムで仕上げた「宇都宮ハムカツ」の本格販売を開始したという事がその回答なのだと思われます。
既に宇都宮市内のスーパー店頭で販売し、宇都宮ハムカツの販売実績を重ねることで、
全国の取引先をパートナーにした「ご当地ハムカツ」の開発製造に乗り出す考えとの事で、実際埼玉県内にも
既に試験販売はスタートしているとの事ですし、上記の立ち食いそばの新メニュー「宇都宮ハムカツ丼」というのも
そうした営業攻勢の一環なのかもしれないですね。

宇都宮ハムカツは、肉本来のうま味がしっかりと味わえる超粗びき豚肉を使い
独自にブレンドしたスパイスを加えてハムに作り上げ、衣を付けて揚げたもので、風味、食感、後味を重視したハムカツです。

とにかくこれが餃子と並んで宇都宮の新名物になれるといいなぁ・・と密かにエールを送らさせて
頂きたいと思います・・・(笑)



繝上Β繧ォ繝Юconvert_20170525141954




改めてですけど「ハムカツ」ってレトロなんだけどとっても美味しいですよねぇー!

あのサクッとした衣にたっぷりのソースをかけて食べるのが本当に大好きです!

ハムカツとは、ハムに衣をつけて揚げた料理なのですけど、惣菜店・肉屋で売られる事は多々あっても
なぜか洋食屋で供されることはほとんど無くて、定食屋や居酒屋では定番メニューではないけど、メニューとして設けられて
炒る事は多い一品だと思います。
ちなみにこの「ハムカツ」は、当たり前の話しかもしれないですけど、「ハム、勝つ!」という事で日本ハムファイターズの
ファンの皆様にとってはかけがえのないゲン担ぎの食べ物として既にお馴染みですよね! (笑)

大変古い話ではあるのですけど、戦後の高度成長期の頃の家庭の食卓ってかなりのスピードでメニューの洋食化が
進んだのだと思うのですけど、
まだクリームコロッケとかハンバーグとかとんかつがちょっと「高嶺の花」だった頃、家庭の食卓の洋食おかずの一つとして
定番だったのがこの「ハムカツ」だったような記憶もあったりします・・・
(うーーむ、こんな事書いちゃうと「あんた一体年はいくつなんだっ!?」みたいなツッコミが入りそうですね・・・汗・・!)
確かに食卓のメニューは、和食→洋食への変化のスピードは早かったのですけど、
エビフライはぜいたく、とんかつはもっとぜいたく、クリームコロッケなんて滅多に食べられないとくれば、
やはり夕ごはんのおかずとしても弁当のおかずとしても、はたまたちょっとしたおやつとしてもこの「ハムカツ」の需要は
大きかったと思います。

私は中学と高校の頃って吹奏楽部に所属し、結構遅い時間帯まで練習させられていましたけど、
そうした練習時間の合間の休憩時間の時なんか、
中学の時でしたら、近くの駄菓子屋、そして高校の時でしたら、学校の目の前の肉屋が結構吹奏楽部も含めて
色々な部のたまり場というのか短い憩いの場になっていたと思います。
中学の頃は、駄菓子屋で息抜きで食べるものって、アイスクリームとかベビースターラーメン・ビッグカツ・花串カステラ・
カレーせんべい・モロッコヨーグル・マルカワのオレンジガムとかミルクせんべいみたいないわゆる駄菓子が
多かったですねぇ~(笑)
当時のアイスクリームなのですけど、たしか、「ビバオール」という名前だったかな・・・? イチゴ味の棒アイスなのですけど、
棒に「ビバオール」という刻印があると当たりでもう一本、
ビバという刻印とオールという刻印を一本ずつ集めろともう一本という
おまけ付アイスが人気でした! 確か当時の価格で一本30円くらいだったかな・・・?
このアイスのメーカーとか今も販売されているかなんか全然分からないのですけど、なんか懐かしいですね・・(笑)

中学校の生徒会なんかでよくバカで空気が読めない生徒会長が一度
「買い食い禁止令」みたいなものを発動したことがあったのですけど、
誰もそんな禁止令なんて守っていませんでしたし、ほぼ無視状態でしたね。
そして確か、その駄菓子屋の爺婆の二人組が学校に「営業妨害すんな!!」と怒鳴り込みに来て
確か、あえなく禁止令が消滅したような記憶がありますね・・・(苦笑・・)

更に余談ですけど、
私が子供の頃って、駄菓子屋さんの目の前に設置されている販売機は、飲み物の自動販売機ではなくて
「コスモス」とか言う名前の半分インチキ&ガラクタ商品ばかり置いている自動販売機があったような気がしますね。
この「コスモス」って箱の上にはなにかとてつもなく魅力的な事が一杯書かれていて
小・中学生としては、ついつい買ってみたくなる衝動に駆られるなかなか巧みな宣伝文句に溢れているのですけど
箱を開けてみると、ほとんどの場合、くっだらねーガラクタばかり・・というパタンーが多かったのですけど
たまーーに結構いいものが入っていたりして、結構ついつい何度かやってしまうのですよね・・・(苦笑・・)

高校の頃のそうした練習の合間とす部活終了後の立ち食いは、現在のようにコンビニがまだそんなには日常化していない
時代でもありましたので(汗・・)
私の男子高時代の頃は、学校の目の前の肉屋でしたね!
だけどこの肉屋は、今現在のコンビニの揚げ物コーナーよりも数段充実していて、串カツ・コロッケ・鶏のから揚げ・
じゃがバター・焼き鳥・肉まん・ハンバーガーなどかなり商品が充実していましたし、
あれは部活で腹ペコの男子高校生たちの「お腹の恋人」に間違いなくなっていたと思います!

そんな中、私の記憶ではあの肉屋の一番人気は「ハムカツ」だったと思います。

当時の記憶なのですけど、確か一枚40円くらいだったと思います。そして店内にソースが置かれていて、
ソースはかけ放題でしたので、このハムカツにたっぷりのソースをかけて食べることはまさに至福のひと時でしたし、
練習中のいや~な出来事も一瞬で忘れさせてくれるものはあったと思います!
そして確か食パンも安く売られていて、食パンにソースたっぷりのハムカツを挟んで食べると、もっと美味しく感じた
ものでしたね・・・! (笑)

ああいう食べ盛りの頃に部活でお腹をいっぱい空かしている時に食べたハムカツだからこそ、その味も
なんか私の中では「忘れられない味」になっているのかもしれないですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

わぁ~めっちゃ美味しそうなハムカツ画像♪
分厚いし〜(*´˘`*)♡

私の知るハムカツって、もっと薄かった記憶が…
で、アレンジ商品もあって、ハムの間に
ポテサラを挟んで揚げたものも、近年は見たような♪

厚切りハムって、カツにしても、ステーキにしても
な~んか美味しそうなのよね♪♪♪

ハムカツ、大好き。
でもこんなに分厚いのははじめてみました。
最高に美味しそう。

宇都宮の由来にはそういうプロセスがあるのですね。

おなかが減ってくる記事でした(笑)
ハムカツって美味しいですよね~!
気負わずに食べられる庶民の味方で私も大好きでーす(*´∀`*)
うう、食べたい・・・じゅるり。
でも私の知ってるハムカツは、画像よりももっと薄かったです(笑)

宇都宮はやがてはハムカツの町になってしまうかもしれないのですね~。ハムカツ自体は、実はあまり食べたことがなく。ハムそのものはよく食べていましたが。埼玉県はうどんがなかなか強いのではないですかね。宇都宮のハムカツ、埼玉県のうどんなど、あまり知らなかったのですが、こちらのブログのおかげで色々と物知りになってきました^^

チーズを挟んでも美味しい!

napo 様


ハムカツって一般的には薄いハムカツにソースたっぷり掛けるみたいなイメージもあるのですけど、
こうした厚切りにして食べると、正直ソースはそんなにかけなくてもいいのかな・・?とも思えますし、ハムそのものの
美味しさが満喫できると思います。

やはりとんかつにしても「厚さ」は美味しさの一つのポイントなのかもしれないですね・・(笑)

うすいハムカツの場合、間にチーズを挟んでもとっても美味しいと思います!
ポテトサラダを挟むのも美味しそうですね!

厚さは魅力的!

森須もりん 様


とんかつもそうですけど、ハムカツも「厚さ」が加わると更に美味しさがUPすると思いますし、
うすいハムカツと違ってそんなにソースをかけない方がより「肉としての美味しさ」が感じられるのも
面白いものがあると思います。

ハムカツ丼の場合、ごはんの上にキャベツを乗せて、この上にハムカツを乗っけてたっぷりとソースを掛けるのが
美味しい食べ方なのかな・・?とも思いますね・・(笑)

ハムカツ

めろ子 様


ハムカツは最近コンビニの軽食コーナーでも見られるようになり、あれをがぶりと頬張るのは
とても美味しいですし爽快ですね!

ハムカツって「薄い・・」みたいなイメージがありそうなのですけど、分厚くして揚げるととたんに高級食材のようにも
感じられますので、とんかつ共々こうした揚げ物には「厚さ」というものは美味しさを左右する大きな要因と
言えるのかもしれないですね!

あの手この手で・・・

八咫烏(冬眠中) 様


いやいや・・・私のこんなしょっぱいブログ記事なんぞ、とてもじゃないけどカラス様のあのブログ記事みたいな
知性・ユーモアを感じさせるものではないですし、
私なんぞまだまだ修行不足ですよ・・(滝汗・・!)

JR駅構内の立ち食いそばの「ハムカツ丼と蕎麦セット」は中々美味しいと思います。

薄いハムカツではあるのですけど、温かい蕎麦と一緒に食べることで美味しさが更にUPしているような気も
しますね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3632-482f801a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |