プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
25位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


3.八戸北高校


D/春になって王たちが戦いに出向くに及んで・・・(ホルジンガー)



私、育ちに関しましては、高校までは主に宮城、そして高校卒業以降は主に関東です。
だけど、実は生まれ自体は「青森県八戸市」だったりもします。
最近はなかなかそうした機会が減っていますけど、全日本吹奏楽コンクールの全国大会のステージに
湊中学校とか八戸北高校等の青森県八戸市内の学校が登場してくると
聴くたびに心の底で「頑張って・・なんとか練習の成果を発揮して・・」みたいに祈りたくもなりますし応援したくもなっちゃいます。

やはりこれも一つの「郷土愛」というのかノスタルジーみたいなものなのかもしれないですね。
(今現在は埼玉県在住なのですけど、全国大会のステージに、例えば埼玉栄とか春日部共栄みたいな私立が出てきても
正直、「別にぃ~」みたいな感覚なのですけど、例えば以前、与野高校とか市立川口とか松伏みたいな公立高校が
登場すると、やっぱり「地元愛」が湧いてきて? 思わず応援したくもなっちゃいます・・笑・・)

1992年の全国大会の高校の部のプログラム第三番に全国大会初出場の八戸北高校が登場すると、
上記みたいな事情もあり、私としてはノスタルジーみたいなものも感じどことなくテンション上がり気味でしたし、
指揮者が佐々木孝男先生と知ると、「あ―――、あの時の・・」という懐かしい記憶も蘇ってきました。
佐々木先生の指揮を初めて見たのが、1981年に山形県で開催された東北大会の高校の部・A部門で、
当時佐々木先生は八戸高校をご指導されていて、この年はシベリウスの交響曲第1番第一楽章と言う
吹奏楽コンクールの自由曲として演奏するにはあまりにも地味すぎる曲ではありましたが、
あの自由曲の冒頭のクラリネットの長大なソロがとにかく大変印象的でしたし、曲自体は大変地味で内省的な曲なのですけど、
とにかくサウンドが荘厳でひそやかで曲全体として「ほのかな情熱」を感じさせてくれる
「静かな熱演」は当時吹奏楽もクラシック音楽もあんまりよく分かっていなかった私の胸にはどこかじーんと響く
演奏であったのは大変印象的でした。
(私自身がクラリネット奏者であったのも大きかったと思います)
翌年の1982年に福島で開催された時の八戸高校の自由曲はマーラーの交響曲第1番「巨人」第四楽章でしたけど、
あの演奏も優しさと力強さ、甘美さと躍動感といった人としての感情を大変豊かに表現されていて、
マーラーのあの劇的な世界を吹奏楽でも遺憾なく発揮されていたのがとにかく素晴らしかったと思います。

ちなみにですけど、私自身はこのブログで何度も書いている通り、吹奏楽コンクールの自由曲で演奏された
クラシック音楽を聴く事によって
「この原曲はどんな感じなのだろう・・」と興味を持っていったのがクラシック音楽という深い森の中に私自身が迷い込む
きっかけになった訳でして、
(その最大の事例が1982年の東北大会における花輪高校吹奏楽部が演奏したウォルトンの交響曲第1番第四楽章でも
ありました!!)
プロコフィエフ・ハチャトゥーリアン・ラフマニノフ・ベルク・シチェドリン・ブリスといった作曲家を聴くきっかけを作って頂いたのが
言うまでも無く花輪高校の小林先生なのであり、
シベリウス・マーラーの交響曲を聴くきっかけを作った下さったのが八戸高校の佐々木先生だったのです!

うーーむ、やはり私自身は吹奏楽とクラシック音楽は切っても切れない縁としか言いようがないですね・・・(笑)

そうそう、ウィリアム=ウォルトンの交響曲第1番が支部大会以上の吹奏楽コンクールの自由曲として演奏された事例は、
2016年の時点では、1982年の花輪高校と1984年の佐々木先生が指揮された八戸高校という
二つの事例だけです!

そしてそれから数年後・・・あの佐々木先生を普門館の場で見ることになったのです!
(佐々木先生にとっても初めての全国大会出場でした)
八戸高校ではなくて、この頃は既に八戸北高校に異動されていたのですけど、1990年の赴任からわずか2年程度で
こうやって普門館に導かれるあたりは「さすが!」としか言いようがないと思います。

そしてプログラム第3番の八戸北高校の演奏が始まりました・・

「指揮者も学校も全国初出場だから緊張で演奏が崩壊するかも・・」

「シベリウスみたいなほのかな情熱の再現・・・?? いやいやホールジンガーの曲だからそれを求めるのは無理だから
マーラーみたいな劇的雰囲気の再現なのかな・・」と

色々な思いが頭を過りましたけど、とにかくいい意味でも悪い意味でも私の予想を覆す
とてつもない演奏が展開されていました・・・!!

この年の八戸北高校は吹奏楽コンクールの評価としては銅賞という結果で終りましたし、正直に書くと
その銅賞と言う評価は極めて妥当としか言いようがないです・・

一言で述べると、とにかくとてつもない雑で粗野で荒削りのとんでもない演奏です!!
悪く言うと「力任せの演奏」であり、この当時の大相撲には、曙・武蔵丸といった強引な力づくのパワー一辺倒の
突き押し相撲が全盛でしたけど、そうした味もへったくれもなく繊細な感覚とか甘美な表現とは一切無縁の
高校生らしい若さとパワーに溢れた「生命感」そのもののとてつもなく熱い演奏が展開されていました。

とにかく聴いていてあの圧倒的なパワーと音量と粗雑さの前には脱帽するしかない、とてつもない演奏だったと
思います。
その野性味あふれるダイナミックスさというのか
「生命感」が漲る「人間が本来有している本能の雄叫び」みたいなものがあちこちからこだましているようにも聴こえました。
八戸北高校のあの演奏は、
「なんかよく分からないけど、とにかく圧倒される・・曲の持つ迫力とエネルギーの前では・・つべこべ文句を言わせて
貰えない・・だけど何かとにかく面白い・・・
聴いていてなんかウキウキとさせられる・・」みたいな感覚があったと思います。

シベリウスの内省的な情熱とかマーラーみたいな人間の感情を計算し尽くした激烈さを表現されていた
当時の佐々木先生とは全く別の表情の佐々木先生を普門館の場で見ることになるとは予想もしていなかっただけに
とにかくとてつもなく印象に残りインパクトがある演奏だったと思います。

1992年の演奏の話ではないのですけど、
翌年の1993年は、三善晃の「管弦楽のための協奏曲」という難曲中の難曲を自由曲に選曲し、
あたかも「精密な設計図」に基づき緻密に組み立てているような感じの演奏を聴かせてくれ
「え・・・、これ本当に昨年と同じチームなの・・・・??」とびっくり仰天した記憶があります。93年の演奏は、とてつもなくクールで
冷静な演奏であり、とても前年の92年のあの破天荒でパワフルで粗雑な演奏をしていたチームとは思えないものがありました。
そのギャップがとても痛快に感じたものでしたけど、改めて93年の「管弦楽のための協奏曲」の演奏を聴くと、
「なるほどね・・ 佐々木先生にはこうした緻密な演奏の方が性分に合っているのかな・・?」とも感じたものでした。

だけどこの辺りは、スクールバンドらしい話だと思いますね。

指揮者の先生が、「学校のチームカラー」とか「これまでの伝統」にばかりにこだわって
毎年毎年生徒たちに同じような「型」をはめこんでしまうよりは、
八戸北高校のように、その年の生徒さん達の「個性」とか「カラー」に合わせて
演奏スタイルとかを変えていった方が、むしろ高校生にとっては自然体なのかもしれませんよね。

最後に・・・

この「春になって、王たちが戦いに出向くに及んで」という曲なのですけど、
曲自体の特徴としては、「声」を積極的に使用している事があると思います。
ちなみに、吹奏楽コンクールにおいては、「歌詞」を伴わないいわゆる「スキャット」であれば声の使用はOKとなっています。
それと他の特徴としては、とにかくホルンパートが極めて難易度が高いという事は特筆に値すると思います。
あれは・・完璧に「ホルン殺し」だと思います!!
C.スミスの大人気曲/ダンス・フォラトゥーラが「トランペット殺し」ならば、
ホルジンガーのこの曲は、とにかく「ホルン殺し」ですねぬぬ
あのホルンパートの技術的難易度の高さ、特に特にあの超高音域に関しては、
この曲を吹くことになったホルン奏者に対しては「ご愁傷様でした・・・」と声を掛けてあげたい気持ちで
一杯にもなりそうです。

ラスト近くで一旦静まり、チャイムがコーンと響く中、女声スキャットが高らかにこだまする中で
ここから更なる「混沌としたサウンド」が展開されていき、
ラストまで一気にたたみかけるように展開していきますけど、
あのノリは・・・とにかく何度聴いても実に胸がスカっ!!としますね。

この曲は90年代前半に吹奏楽コンクールに登場してきましたけど、今現在でもこの曲が自由曲として支部大会・全国大会でも
演奏され続けているというこの事実こそが、この曲の人気ぶりと普遍的価値を素敵に立証しているのだと
思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3631-2f2e32c0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |