FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


1983年の大学・職場・一般の部の全国大会は宮城県で開催されました。
だけど申し訳ないのですけど、出場者の方には気の毒な事をしたと思います。
だって、会場の宮城県民ホールは音響的には最悪なホールで、
その理由は当時の実況盤レコードを聴けば一目瞭然だと思います。
80年の名古屋、81年の北陸の会場の音響の悪さはひどかったけど、やはり宮城県民会館は
最悪の会場の一つだと思います。
でもそういう自分達も県大会とか、定期演奏会の会場は宮城県民会館でしたからね・・・
ちなみに県大会の前段階の仙台地区予選は、仙台市民会館だったのですけど、こちらは音響的には
普通なのですけど、いかんせん収容人数が少なすぎ・・・

この年は、ヤマハ浜松の「フェスティヴァルヴァリエーション」だの
近畿大学の「大阪俗謡による幻想曲」だの出雲吹奏楽団のリシルド序曲だの色々と素晴らしい演奏が
あったのですけど、レコードで聴いてもその良さが中々伝わりにくいのはホント、気の毒でしたね。
大学の部で宮城教育大学が「幻想交響曲」にてまさかの金賞を受賞していましたけど、
あれはご当地のご祝儀なのかな・・??
だけど当時の指揮者は、山王中学校で大活躍の細谷氏でしたので、さすが先見の明という
所ですかね・・・

この時の全国大会は是非何としても地元だし聴きに行きたかったのですけど、当日は
絶対にさぼれない全国統一模擬試験の日でしたので、泣く泣く断念しました。
だけど、吹奏楽部員の中には、模擬試験をさぼって全国を聴きに行ったものもいて、後でそれが
ばれて大目玉を食らった部員もいました。

宮城県では、1992年にも大学・職場・一般の部の全国大会を開催していますが、この時は
宮城県民ホールではなかったものの、確か榴ヶ岡近辺の体育館みたいなホールだったと
思います。
あれも宮城県民ホール以上に音響は最悪でしたね・・・
当時の勤務先の山梨県甲府から駆け付けたものの、あの音響の悪さには閉口しましたね・・・
あそこで全国開催するから、まだ「イズミティ」の方がましだったたかも・・・


〇愛知工業大学名電高校

 この年から「名古屋電気高校」から今の校名に変わったみたいです。
 又この年あたりから女子生徒がちらほら混ざるようになり、82年の「交響的断章」の
 圧倒的威圧的サウンドから徐々にではありますが、よりマイルドなものへと変化をしていったような
 感じもします。
 ま、全体的に伝統的に愛工大名電のサウンドは、緻密さ・緊迫感が魅力なのですけどね。
 この年初めて「プラハのための音楽1968」を取り上げました。
 松井先生は、この曲を広めるのがライフワークと思ったかどうかは定かではありませんが、
 この後も、85年・87年・92年と計4回もプラハを取り上げていきます。
 余程相性が良かったのでしょうね。
 個人的には、87年の演奏が一番良かったと思います。
 この年は、85年の演奏と比べても何か「未消化」のものを感じてしまいます。
 楽譜を適切に音にしているものの、85年のあの感動的な演奏に比べて、聴衆に向けて
 何かを伝えるという事には至っていないような感じもします。
 何となく切れ味も鋭くなくて、モサーッとしているのが気になるところです。
 課題曲の「白鴎狂詩曲」もピッコロとクラリネットのソロの掛け合いが決まっていないせいか
 何かちぐはぐしたような印象もありました。

〇中村学園

 1982年はなぜかコンクール不出場でしたので、2年ぶりということになります。
 81年の「スペイン奇想曲」でも気になった事ですが、このチームはサウンドがすごくベタベタしているのが
 当時は気になりました。
 リズムが甘いというか、スタッカートを全部わざとスラート気味にというか、押して吹いているような
 感じがあって、この年は正直あまり良い印象は持っていません。
 中村学園が化けるのは、1985年あたりかな・・・
 BJ1月号で審査員の一人が、
 「トランペット奏者が少々ガニ股気味に足を開き気味にどーんと構えていたのは、勇ましくもあり
 中々見事な演奏スタイル。立ち上がってそのまま椅子に座る感覚だとああいう演奏フォームになり、
 理に適っている」みたいな事を書いていましたが、当時のレコードジャケット写真を
 見てみると確かにそんな感じでしたね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/362-4e7b7e09
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |