プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ここ数年、吹奏楽コンクールの全国大会は普門館で開催されていませんが、
かつて「普門館=野球部で言う所の甲子園」みたいなイメージがある私としては少し寂しい感じがします。
確か耐震設計上の問題でしたよね・・・
だけど5000人も収容できるホールって結構少ないし、何とか普門館の復活を期待したいと思ってはいるのですけど、
残念ながら既に閉館→解体という方向で決まっているようですね。
改めて振り返ると、普門館は広いホールですし、
早朝のプログラム一番の演奏は、まだ空気が温まっていない感じがします。
プログラム一番の演奏は、特に中学の部において銅賞を受賞する傾向が昔から強いのは、
勿論奏者の緊張もあるでしょうし、頭が完全に覚醒していないということもあるかもしれませんが、
一番の要因は、広いホールの空気が温まっていない状態で演奏を開始になっても響いてくる音が
「あれ、何か全然会場に響かない・・・」
「あれ、いつもと感じが全然違う」
という不安の連鎖反応ではないのかな・・と感じることがあります。

例えば良い例が
1991年~1992年に中国代表で演奏した宇品中学校をあげても良いと思います。
このチームは、1991年以前も何回か全国に出場し素晴らしい演奏を披露していますが、
1991年は不幸な事にプログラム一番・・・
この時演奏した曲は、組曲「サルタン皇帝の物語」でしたが
1986年に「三つの夜想曲」で歴史的名演を残したチームとは思えないほど
サウンドがぼやけきった、技術的に不安定な演奏を展開しています。
だけど翌年の92年は、出演順が後半になったせいか、
普段通りの実力を発揮し、素晴らしい「シェエラザード」を聴かせてくれました。

1992年の高校の部のプログラム一番は精華女子高校で、私が聴いた限りでは、それほど朝一番の不利な条件という事も
感じさせず、練習通りの演奏が出来ていたと思いますが、中学の部のブログラム一番の中間東中学校は、
音楽に大変独特なクセと個性は感じられるものの、朝一番という条件が響いたのか、全体的には音程不良が散見され
(特に自由曲の「イベリア」のコールアングレの代用楽器のソプラノサックスの音程の悪さがかなり酷かったです・・)
やはり「プログラム一番はきついよなぁ・・」と感じさせる演奏でした。

プログラム一番の不利さの問題はずっと以前から議論されていますけど、この問題を解決するためには、
プログラム一番のチームだけは、緞帳がおりて演奏開始前の三分間は
舞台上でのチューニングと音だしOKみたいな事を認めた方が何か公平なような気もします・・・

上記で記したとおり、現在は、5000人を収容できる「普門館」での全国大会開催が事実上出来なくなっているため
全国大会開催ホールは、せいぜい2500人収容のホールが一つの限界という事になると思われます。
そのためのせいかはよく分かりませんが、吹奏楽コンクールの「全国大会」の高校の部の入場券は
最早「プラチナチケット」と化し、入手する事自体極めて困難みたいですね。

1992年の都大会のプログラムを改めて眺めていると、全国大会の入場券の入手方法は、
入場券の金額に該当する郵便局の定額小為替と返信封筒と明細書を吹奏楽連盟まで簡易書留で
郵送して欲しいとのことですけど、何か少し時代を感じさせますね・・・(笑)
だって、現代だったら、全てネットでの申し込み→ネットバンキングを利用しての決済という事でしょうし、
大体、今の若い世代の人達に「定額小為替」と言ってもピンとくる人はいるのかな・・・?
1992年の一般の部は仙台で開催されたのですけど、「当日券の発売あり」と明記されていますけど、
まだこの時代は「当日券」はあったのですね・・・・
仙台で開催された「仙台サンプラザ」での全国大会会場は、それにしても音響が最悪でしたね・・・
あれは、音楽ホールというよりは、何か体育館みたいな感じでした・・
元仙台市民の私が言うのも何ですけど、あのホールで開催する事自体無理があったし、百歩譲って
宮城県民会館の方がまだなんぼかましだったし、遠いけど「イズミティ21」の方がまだ音響的にはマシだった気がしますね・・・

そうそう・・この年、1992年より従来の「大学・職場・一般の部」から大学の部が分離されて、大学の部が単独で
開催されていました。
大学の部は、土曜のPM15:00演奏開始でしたけど、普門館のプログラム一番はAM9:05というシビアさに比べると
全然マシではあると思うのですが、
やはりプログラム一番の全国大会の金賞チームとしては当時既に常連で会った中央大学は、
都大会に比べると全然冴えない演奏で終わってしまい、
改めてですけど「午前・午後に関係なくコンクールのプログラム一番は大変だよなぁ・・」と感じたものでした。

さてさて・・これにて番外編は終了とさせて頂きます。
次回からは本編に入り、プログラム一番の精華女子より順次感想等をのんべり書かせて頂きたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

仙台

仙台、懐かしいですね
25年前の話です

その前の年は県予選会場が学校から自転車で20分(当時住んでいた家からでも、歩いて30分かからない)、
支部大会・全国が広島で移動が短時間だったので、
それと比べると仙台がものすごく遠く感じました
(本州のほぼ端から端まで移動)

楽器を初めて3年目だった上に、元々絶対音感もなく、
音響の良し悪しは気にならかったですね

長距離移動

某大学の卒業生 様


確かに・・・! 91年の全国大会は地元からも近かったのに対して、92年はあまりにも遠すぎましたね!

それにしても92年の仙台のあの会場は、音楽ホールでも何でもなくて、体育館みたいな印象が強く、
残響音の響きがほぼゼロだったので、この年のソニーのCDに収録されている大学・職場・一般の部の演奏団体は
どこもモノラル録音みたく聴こえて大変勿体なかったと思います。

中国から東北というと日本列島縦断!という感じですよね・・

当時はとにかくお疲れ様でした!!
(当時会場近くにあった代ゼミも既に撤退しています・・これも時代ですね・・)

1992年全国大会は仙台でしたね。

管理人さんの投稿読んで、確かにこの年の東北大会閉会式で「全国大会は宮城県仙台市で開催されます」と東北吹連役員の先生がお話したのを思い出しました。この東北大会のプログラムを見たら、あの頃で既に東北吹連理事長さんは現任の「三塚尚可先生」でした。まさに東北吹連の四半世紀をリードしてきた方だと思います。
「仙台サンプラザ」には一度も聴きに行ったことがないので一概には言っちゃいけないでしょうけど、音響のことではあまりいい評価は得てないみたいですね、、、同じ東北のホールで比較的新しいところといえば「青森市文化会館」(2011年全国大会で行きました。いい響きのホールでした)とか「郡山市文化センター」とかは音響に評価がありますが、仙台サンプラザも新しいホールなのにそういうこと考えないで建設したのかな?
あと、2005年全国大会は名古屋・大阪ともに「国際会議場」というホールでしたが、あの年は初めてKINGRECORDが演奏収録して試行錯誤だったのもあると思いますが、CDだけの音源でも音があまり響いていないのがよくわかり……今は普門館が耐震の関係で使用不可は理解しつつ「やはり、全国大会会場にふさわしい大ホールが必要、名古屋だとどうしても遠く感じるので、できれば東京もしくは埼玉・神奈川・千葉あたりで」と思います。
……ちなみに、秋田県民会館も来年春で閉館、そして解体して同じ場所に新しいホールが建設される予定です。とても寂しいです…。(新ホールが完成したら、秋田市文化会館も解体予定)
いつも新しいホールとか巨大なイベント会場が建てられる度に思いますが、建ててから「あぁ~、これ失敗ホールだった。。。今にしてみれば各音楽団体・文化団体の意見を尊重するべきだった…」なんてことも多くありますから、全国大会会場の普門館に代わるホールも含めて慎重な判断をして建ててほしいですね!

仙台サンプラザ

一秋田県民 様


とにかく、仙台サンプラザは最悪の音響、最悪のホールでしたね・・(汗・・!)

一般の部のプログラム一番の西宮吹奏楽団の「ペトルーシュカ」は本当はとてつもなく精緻な名演だと思うのですけど、
残響感がほぼ皆無のため、ペトルーシュカの木管の細かい動きがとてつもなく生臭く響いていて
「なんじゃ、こりゃ・・?」と感じてしまいましたし、ヤマハ浜松のあの名演「紅炎の鳥」ですら、感動性が
東海大会よりもはるかに後退して聴こえていたのは大変惜しまれます・・

普門館の代りのホールはなかなかないものですね・・

都内の音響の素晴らしい音楽ホールというとサントリーホール・東京芸術劇場・オーチャードホール・文京シビック・
葛飾シンフォニーヒルズ・大田区アプリコなど色々あるのですけど、
中には「国際フォーラムCホール」のように2000人程度収容できる音楽ホールなんかは、
仙台サンプラザも真っ青の音響最悪のホールもあったりしますので、
やはりサントリーホールのように綿密に計算され尽くされた音楽的ホールとしての設計が必要になってきますね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3619-6348f626
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |