プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


その③の続きです・・・

不老不死と言えども、その一番の敵というのは「孤独」という事なのかもしれないですし、同じくらい大敵なのは
「退屈」という事なのだと思います。
そうですね・・人と言うものは寿命があっても不老不死であっても「生きる目的」が無いと生きるのが辛い・・という事に
なってしまうと言えるのだと思いますし、
幻想郷での妹紅は、そうした妹紅なりの「生きる目的」とか「生き甲斐」が出来たと言えるのだとも思いますね。
ま・・その生きる目的というのか生きがいというのが因縁の相手の蓬莱山輝夜(かぐや姫)との間のバトルというか殺し合い
というのも幻想郷らしい話でもあるのですけど、
殺し合いの元々の原因となった「怨恨」というのも年月の経過によって段々と風化していき、
輝夜も妹紅にとっても「そんなの今更どうでもいいじゃん」という感じなのかもしれないですし、もしかして
あまりにも長大な時間が経過していますので「元々の私たちの諍いの原因ってなんなのだったっけ・・・??」というレヴェル
なのかもしれないですね。
とにかく二人にとってのバトルとは「退屈しのぎ」というのが現在の実態なのかもしれないですね。

その③で語った通り、輝夜には、永琳様・うどんげちゃん・てゐといった幻想郷内の仲間が既にいて、輝夜自体には
特段「孤独感」というものはなかったと思います。
だけど元が人間でもある妹紅にとっては、周囲の人たちが不死身の体ではないだけに、せっかく妹紅と仲良くなった人とも
いずれは「永遠のお別れ」=「死」というものが待ち受け、
妹紅にとっては輝夜みたいななんでも語り合える仲間がいなかったというのが二人の間の大きな違いではないのかなとも
思ったりもします。
だけど妹紅が幻想郷入りして以降の大きな変化と言うのは、どちらかというと不器用で無愛想な妹紅にも
「お友達」というか「仲間」が出来たという事なのだと思います。
それが慧音先生なのですけど、

どちらかというと無愛想・不器用な性格であまり他人との交流を好まない妹紅でして、
そうした妹紅を何かと気にかけている慧音なのですけど、
それじゃ、なんで元々慧音は妹紅の事を気にかけるようになったのかな・・・?みたいな事も何だか
気になってしまいますね。
しかも・・・
一応ご年齢的には、妹紅の方が慧音より、はるかに年上だと思われますからね・・・

慧音は人獣という分類に属し、人間でもないし妖怪でもないし、獣でもないし、大変微妙な位置づけの御方と言えるのかも
しれないです。
妹紅も「蓬莱の薬」を飲み、不老不死になった時点で既に人間とは言えない状態とも言えますので、
人間とは異なる立ち位置という「共通点」から、
なにかお互いに「気持ちがよく分かる」というのか「同情できる点」が多々あるのかな・・・とも
思ったりもしますね。

「獣人」には先天性と後天性があるとの事ですけど、阿求ちゃんの著作によると、慧音先生は
後天性との事で、実は慧音自体は元々は列記とした人間で、両親も当然ながら人間との事です。
普段は人間としての活動&形態を取っていますけど、
満月の夜のみ「白沢(ハクタク)」に変身し、この時には、白沢としての役割でもある幻想郷の歴史の編纂及び一部改訂(?)を
しています。
普段は、人里に住み「寺子屋」を開き、幻想郷内の人里の子供たちに「歴史」を教えています。
(慧音がよく慧音先生みたいな言い方をされるのも寺子屋の先生と言うのが理由です)

慧音は生まれつきの人獣ではありませんし、普通の人間がある日突然そうした妖怪みたいなものに変容した経緯が
あるのですけど、どうして獣に限りなく近い妖怪みたいな立ち位置になってしまったのか
みたいな経緯は全く触れられていません。
その辺りは、そうですね・・正直、「脳内妄想の範囲」で考えるしかないですね。
「人獣」ですから、西洋の「狼男」みたいな設定に近いとも思えます。
または、カフカの「変身」という小説ではありませんけど
「ある朝目覚めると、自分が一匹の巨大な毒虫になっているのに気付いた・・」
まさにそんな世界なのだと思います。
慧音みたいな幻想郷のうら若き乙女が突然そんな「獣」になってしまったとしたら、本人としてもとてつもないショックが
あったのかな・・とも思うのですけど、
なんかそうした「ショック」とか「どうして私がこんな目に・・」といった「悲愴感」は慧音からは全く伝わってきません。
むしろ逆になんか「自分の意志」でそうした「人獣」としての道を選んだのかな・・とすら思ってしまいます。
そうですね・・・八坂神奈子がお空に「八咫烏」としての力を与えたかのように、
幻想郷内の神が慧音にそうしたハクタクとしての力を与えたのかもしれないですよね。
その辺りは公式でも何にも設定がありませんので、想像の域は出ませんけど謎ですよね・・

私の脳内妄想としては、慧音は、元々「歴史」に大変興味がある女の子で、
今風に言うと「歴女=れきじょ」という感じだったのかもしれないですよね。

幻想郷自体は、人間と妖怪の「微妙なバランス」というのか「妖怪は時に人間を襲い、人間は妖怪を恐れ、
そして定期的に巫女等に依頼し妖怪を退治する」という絶妙なバランスで成立しているとも言えます。
妖怪というのは基本的にはどの妖怪も恐ろしくご長寿な方達ばかりなのですけど、
人間と言うものはにはおのずから「寿命」というものが最初から存在し、
大体20~30年で「代替わり」が果たされていきます。
だから・・・・
「あの日あの時こんな場所でこんな妖怪に出会い、こんな酷い目に遭った」みたいな記憶と記録と言うものは
どんどん薄れていってしまいます。
妖怪側としては「昔も今も大して変わりがないじゃん・・」みたいな感覚なのかもしれないのですけど、
人間側の記憶・記録が曖昧なものとなり、
特に幻想郷に結界が張られるようになり、以前ほど「妖怪は恐れるべきもの」という意識が強くない状態ですと、
妖怪にとっても張り合いがありませんし、
人間にとっても「こういうある意味平和な状態が来るまでの間にどういう過程があったのか・・・」みたいな
意識も薄れていくのかもしれません。
ま、人間と言うものは、阿求ちゃんみたいに「先祖代々の記憶」を例えうっすらとでも「継承」は出来ないものですからね・・・

そこで・・・

こうした「妖怪と人間に関する歴史」というものを、現在から歴史を発見・探索していくという方法ではなくて
「歴史」という動きを、「現在の動き」のように・・・
昔から脈々と受け継がれていくべきかのように・・・
歴史そのものを現在の事のように伝え続けていく事の重要性を絶えず提唱し続けているのが
この慧音なのではないのかなとも思ったりもします。

もしかしたらなのですけど・・・・
幻想郷の歴史を編纂する事を本来的役割として担っている阿求ちゃんに対して、
ゆかりんとかレミリア様とか永琳様のようなとてつもない巨大な力をお持ちの御方から、
せっかく阿求ちゃん自身や阿求ちゃんの先代たちが編纂した歴史書に対して
「ここは、私があまりにも悪く書かれ過ぎているからこのように修正しなさい」みたいに指摘を受けてしまい、
不本意ではあるのですけど、そうしたお強い御方の意向を受けて歴史書に修正・変更を重ねていく実態に対して
「ちょっと・・・・それは違うんじゃないの・・・!
私達、幻想郷の人間の歴史は、私達人間のもの!!」という何か「義憤」とか「使命感」みたいなものを感じて、
「今現在の幻想郷の現実・実態はこんな感じだ!!」というようにまさに「今現在の生きている歴史」をそのまんま
後世に伝え続けていくことの必要性を認識し、それを自らが「ハクタク」という人獣になるというある意味リスクを
背負ってでも実践しようとした強い意志の御方が
この慧音と言えるのかもしれないですよね。

ま・・・上記の事は、これはあくまで私の脳内妄想ですので・・・(笑)

そうそう・・・私が大学生の頃、「近現代西洋政治史」の講座の中で、担当教授が
半分口癖のように、
「紀元前5世紀を生きた歴史家は紀元前5世紀の頃の現代史を書き、
19世紀の歴史家は、19世紀の頃の現代史を書いた。
つまり、古今東西の歴史家は常に現代史を書いているのだ」みたいな事を言われていたのですけど、
これはまさに慧音が実践している事とほぼ同じなのかな・・とも思います。

つまり・・「歴史」というのは、「現代史」の積み重ねという事なのだと思います。

そして慧音が幻想郷で「寺子屋」を開設したのも、
「今現在の生きている歴史」をそのまんま後世に伝え続けていくことの必要性を、一人でも幻想郷の人たち・・・
特に子供たちに伝え、
「歴史の普遍的価値」を後世に受け継いでいきたいという気持ちから出てきたものなのかなとも思いますね。

慧音としてはそうした幻想郷内における「歴史の正しい継承」という使命を担ってはいるのですけど、
やはり心の深層としては、
「私は最早人間ではない・・元人間という立ち位置で、所詮は幻想郷内にごまんといるその辺の妖怪・妖獣と
大して違いはないのではないのか・・?
私も所詮はああいう化け物みたいな妖怪となんら変わりがないのではないのか・・」みたいな疑問とか心の不安というものは
内在しているんじゃないのかなとも思ったりもします。

そういう時に何かの偶然でばったり知り合ったのが妹紅なんじゃないのかなとも思ったりもします。

共に「私は既に普通の人間ではない、だけど元々は人間であった」という共通項から、出会った瞬間から
何かお互いに引き付けあうものを感じ
「こいつなら私の悩みも分かってくれるんじゃないのか・・」みたいな要素もあったんではないのかなと私なりに
妄想したりもします。
片方は不老不死で、片方は満月の夜の時だけ白沢に変容するという半分人間半分獣・・・
うーーむ、やはりこの二人が幻想郷内で出会い互いに共通項を見出し惹きつけられていくのも時間の問題だったのかも
しれないですよね・・(笑)
「東方心綺楼」ではこの二人は観戦のみの出演に留まっていましたけど、
二人の仲睦まじき様子はまさに夫婦と東方ファンからは歓喜の声が上がっていたのはかなり有名な話でしたよね・・
(最近もネタで使用しましたが、ゆゆ様が観戦時に妖夢から差し出されるおにぎりを無限大に食べ続けていたのも
この心綺楼でした!)
茨歌仙ににとりのプラネタリウムの回において、慧音の隣の席にいたのは妹紅ではなくて阿求ちゃんというのは
少し意外でもありましたけど、慧音と阿求ちゃんは元々「歴史編纂」という共通項が多い上に、
慧音先生が寺子屋で使用するテキストはほぼ全て阿求ちゃんの著作物でもありますので、慧音先生と阿求ちゃんの関係性は
妹紅-慧音のカップリングと同様に深いものがありそうですね。
鈴奈庵での描写では、慧音先生の寺子屋は、幻想郷の歴史だけに留まらず、読み書き・算数も教えていましたし、
慧音先生は生徒から大変慕われるみたいな雰囲気で描かれていたのが大変印象的です。
(但し、慧音先生は授業中はおっかない先生の側面もあり、宿題を忘れたり居眠りをすると頭突きを食らってしまうとの事です)

「東方文花帖」という東方キャラに対するあややのインタビュー記事において、ほとんどのキャラの皆様たちは
天然さんみたいな珍回答とかゆかりんとかゆゆ様みたいなすっとぼけた言語明瞭意味不明みたいなはぐらかと回答とかが
目立った中で、唯一まともな事を言いあややに対して最後まで丁寧語を使用し礼節をわきまえていたのは
慧音先生だけというのもなんか頷ける気はしますね・・・(笑)
その文花帖に収録されているアンソロジー漫画の中で、この妹紅と慧音をテーマにした作品もありましたけど、
あのいかにも百合っぽい漫画のラストは、そんな百合っぽいお二人に対して、襲撃(いつもの退屈しのぎの喧嘩・・?)を
仕掛けていたのは、言うまでもなく輝夜とうどんげちゃんなのですけど、
考えてみるとうどんげちゃんも、昼間は師匠の永琳様から無茶ぶりされて、夜は夜でこうやって輝夜の無茶ぶりに
お付き合いさせられて、うーむ、うどんげちゃんの苦労はまだまだ続きそうですね・・・(笑)









さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです。

上記の藤原妹紅の永遠の(?)ライバルというのか宿敵である輝夜は、アミグリさんが2010年9月に描かれた作品です。

当ブログに藤原妹紅語り その③の際にもアミグリさんが描かれた輝夜を転載&ご紹介させて頂きましたけど、
あの輝夜はどちらかというと今風の輝夜みたいな印象もあり、
「ミニスカは絶対的正義」の言葉じゃないですけど、
アミグリさんが描かれた輝夜のスカートの短さは意表を突かれますし、短めスカートの輝夜のイラストが決して
そんなに多く描かれていない中でもキラリと光る素敵なセンスが輝いていたと思います。

それに対して今回転載の2010年9月に描かれた輝夜は、初期作品というせいもあるのですけど、
力強さの中にも「儚さ」みたいなものもうっすらと感じさせてくれる幻想的な輝夜がそこにたたずんでいるような雰囲気が
あると思います。
アミグリさんの創作オリジナルイラストは長髪の女の子が比較的多かったようにも思えますけど、
東方等の版権作品でも長髪の女の子は大変美しく幻想的に描かれている様な印象が私の中にはあったりもします。

今回転載させて頂いた輝夜もロングヘアがとっても美しいし、
この雰囲気はまさに「竹取物語の素敵なお姫様」に他ならないと思います。
その③における描かれたミニスカートの輝夜さんも現代的な美しさに溢れていましたけど
今回、その④の輝夜もとても美しくて、月光の下、「月下美人」みたいな雰囲気があるなぁ・・と感じました。

アミグリさん、いつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます。

上記の輝夜のイラストは、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。


是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  も
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

これは予告でもありますけど、来週の土日は、またまた今回もアミグリさんのイラストの特集記事を予定しています、
一つが、艦娘の「夕張」のフィギュアとアミグリさんの描かれた夕張という素敵な「ダブル夕張」でして、
もう一つが久しぶりの「紅魔館ファミリー」特集という事で、今回はレミリア様&咲夜さんを
ご紹介&転載をさせて頂きたいと思います。

どうか来週の当ブログも宜しくお願いいたします!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

昔から脈々と受け継がれていくべきかのように・・・

このくだりで、こちらのブログタイトルを思い浮かべました。
ぬくぬく先生さんがやっていることも、今の世の中の出来事。文化を文字として刻んでいることに他ならないですよね。現代史の積み重ねが歴史であるように、当時の人々の考えや文化などを色々な形で書き記すことはとても重要なことだと思います。現代の人は古代の遺跡から発掘された様々なてがかりを元に当時の様子を把握しようとしましたが、こうしたブログなどから今の様子などを分析しかえすことが、未来に起こるかもしれませんね。
「昔のFC2ブログのデータを復元しました!」

歴史は常に動いている・・

八咫烏(冬眠中) 様


私のこんなしょっぱいブログなんぞそんな「歴史を語る」資格なんて全く無いですよ・・(汗・・)

そうですねぇ・・、私の場合、誰かに何かを語り継ぐというよりは「自分史」というのか、自分に対する備忘録というのか
自分の命が尽きる前あたりに過去記事を色々と読み返し
「こんな事もあったよね・・」と少しでも感じる事が出来れば嬉しいですね・・

世の中の「歴史」というものは毎日動いているもので、そうした「現在の動きを記す事の積み重ね」が
未来の人たちから見てみるとそれが「歴史書」という事になるのかも
しれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3614-f1d6fe16
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |