FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


ドキドキの六花さんの正妻振りがホント興味深くてたまらないです・・
歴代プリキュアの中にも色々とカップリングと言うか「百合キュア」が存在していましたが、
「マナりつ」は歴代の諸先輩方の百合キュアをはるかにしのぐ濃密な関係振りを
序盤から提示してくれています。
うーん、この濃密さは「ひびかな」と同じレベルか最終的にはそれすらも超越するかも・・??

おせっかい好きバカ旦那とそれを支える古女房とというパターンに「マナりつ」も該当しそうですが、
そのパターンには「のぞりん」という大先輩が控えています。




のぞみとりんちゃんの場合、マナと六花さんがどちらも聡明であるのとは対照的に、
のぞみは、ひたすらアホでドジでおっちょこちょいで勉強もスポーツも全然ダメという
ある意味ピンクプリキュアの王道をいっています。
それを支えフォローしているのがりんちゃんなのですが、
六花さんはどこまでもマナを「幸せの王子」理論の下、心配し追い求めているのに対し、
りんちゃんは、時にそんなのぞみに愛想を尽かし、何度か険悪な状態に陥っている所が
明確な違いですよね。
のぞりんもマナりつもどちらも幼馴染設定で、りんちゃんも六花さんも歴代プリキュアでは
数少ない常識派+突っ込み系なのですけど、
時にりんちゃんが「のぞみなんていなければいいのに」と思ってしまう所が
逆に自然な展開なのかもしれませんよね。
「ドキドキ」はその点、歴代プリキュアでも珍しくメンバー全員が聡明という明確な相違点を
有しているため、今後可能性的に、六花さんが
マナの「幸せの王子」振りに嫌気を差した時とか、第10話の時のように自分とマナの関係に
土足で入りこまれた時に、何か「ドキドキ」としての明確な危機が訪れるのかも
しれませんよね。
そうした展開になるかどうかは、正直予想もできませんけど、それはそれで一つの楽しみ方でも
あります。

それにしても、プリキュア間で「焼きもちを焼く」プリキュアが登場するとは
夢にも思いませんでした。
ひびかなの場合は、「夫婦喧嘩は犬も食わない」の世界でしたけど、ドキドキの場合は
高次元の感覚の嫉妬の問題も何かありそうで興味津々です。

プリキュア5の場合シリーズが二年間続いたというせいもあるのですが、
のぞみの成長が実に素晴らしい!!
「のぞみとココの夢気球」の回で「なぜ勉強しないといけないのか」という問いに明確な答えを
提示出来なかったのぞみが、翌年のGoGoでは、りんちゃんの弟妹に応える形で
「人はなぜ勉強する必要があるのか」について、のぞみ自身の言葉で語りかけている所が
素晴らしいと思いますし、また影でそれを見守るりんちゃんもまた偉いと思います。
アホなのぞみを表に裏に支え続けたりんちゃんがあってこそののぞみの成長があったのですが、
両者とも聡明で信頼関係は構築できているマナりつが、果たしてどこまで「のぞりん」の域にまで
達する事が出来るのかは、今後の楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/360-e763f3fd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |