FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


4/14の「ドキドキプリキュア」は、第11回でやっと新アイテムが登場しましたね。
「スマイル」は第12回目で「レインボーヒーリング」が登場しましたので、ペースとしては
大体同じようなものですね。
だけど、CMで既に新アイテムが登場してしまったのは何か笑ってしまいましたね。
だけど前作「スマイル」でも第30話あたりで新アイテムが登場し、みゆき達が「これは何?}と
言いかけた所で放送が終了し、すかさずCMで新アイテム「ロイヤルクロック」を紹介していた事も
ありましたから、仕方がないですよね・・・

オープニングもオールスターモードから久しぶりに通常モードに戻りましたので何か懐かしい感じも
しました。
(改めて見てみると、まこぴーが可愛い・・)

「ドキドキ」は歴代シリーズと異なり、全員聡明で理解力が早いという事もあり、
必ずしも一人の強烈なリーダーシップの下、そのリーダーの指示に基づいて一致団結して行動する
ストーリーではないと思います。
その点が、「のぞみ」という不思議なカリスマ性のあるリーダーの下で、チームワークを最大の武器として
2年間戦い抜いたプリキュア5との最大の違いかなーと改めて感じさせてしまいます。
「ドキドキ」の場合、全員が主体的に自分の頭で考えて行動できるメンバーなので、
現段階では、マナという強烈なリーダーがいたとしても、マナ一人だけの指示で動いている訳では
ありません。
真琴は、トランプ王国崩壊の被害者的な視点から物事を見ており、
(マナがソフトボールの試合開始に間に合わず、「一番必要とされる人がいないのでは、もう無理」と
 やや懐疑的な視点に立っているのはこの辺りに原因があるのかもしれません)
六花さんとありすは、マナの協力者という共通点はあるものの、六花さんは暴走しがちなマナに対する
ブレーキ役、ありすはマナと六花の間の調整役という役割を担っていて、
一人の強いリーダーに引っ張られて動くというチームではないように思えます。

ま、その辺りも「トランプ王国復活」という真琴の願いに対して、他の3人がどのような共通認識を
持って臨んでいくかと言うのが、今後の当面の課題なのかもしれません。
マナは、その点「困っている人がいれば助けたいと願うのが当然でしょう」という
例の「幸福の王子」理論そのままみたいな人なのですが、
暴走しがちなマナを正妻的側面からサポートする六花と
心の本音では「自分もマナにもっと深く入り込みたい」と感じているありすが、自分の感情を
セーブしてまでも、マナと六花の調整役に徹するありすが最終的にどのような「理論」で
真琴・マナをヘルプしていくのかと言うのは、今後1年間の課題なのでしょうね。

それにしても、マナのソフトボールのピッチャーとしての素質は相当高そうですね。
SSの咲もピッチャーとしては、中々のものでしたし、SS第一話自体も咲が10人連続三振を取る
シーンから始まっていましたが、どうみてもピッチャーとしての素質はマナに軍配が
上がりそうですよね。
だけど、今回の話は結果的にマナが全然「助っ人」として役に立たなかったことが最大のポイントであり、
マナ自身が序盤で言っていたように
「いつまでも誰かに頼ってばかりじゃダメ」というのがミソだったと思います。
もしかして、自分達の「予選突破」ばかりにこだわっていたソフト部の上級生達の発想そのものが
「ジコチュー」だったのかもしれません。

でも改めてマナはすごい・・・
「困っている人を助けるのに理屈なんていらない」というのが一つの発想の根幹なのに対して
その一方で「だけどいつまでも他人に助けてもらってばかりじゃダメ!! その間に己を鍛錬し
磨いて、いつかは他人の力なんか借りなくても対処できるような自活力を身につけなさい」という
メッセージも持っています。
その辺りが六花さんの言う「幸福の王子」だけで終わらせない+アルファがあるのだと思います。
ただ単純に「自己犠牲」・「他人を助けるために自分の身をポロポロにする」というのは
「幸福の王子の童話」とか太宰治の「饗応夫人」の世界なのだと思いますが、
それに加えて、
「自分も取り急ぎ今は、あなた達を全力でサポートするけど、サポート中にあなた達も
 自分の技を盗み取り、自分達自身で学習し、自分を飛び越えていきなさい。そして更なる進化を
目指しなさい」というのが
マナの発想の根幹なのかもしれません。
「自分も精一杯頑張るけど、あなた達もそれ以上に努力をしなさい。最終的には
自立・自活出来るようにしなさい」というのが
「ドキドキ」の「幸福の王子」理論に対する反論なのかもしれませんよね。

最終的には賢いメンバーだから、その事に気が付くのかもしれませんよね。

同時にトランプ王国の事でも、
まこぴーに対しては、「自分達も精一杯のお手伝いをするけど、最後に頑張るのはあなた」というスタンスで
臨み、一方六花さんとありすに対しても
「あなた達の力が必要なの、お願い私に力を貸して」という感じになるのでしょうね。

だけどそれにしても新アイテムは格好いいですよね。
皆それぞれいいのだけど、今回はデザイン的にはロゼッタが断然見栄えが良いし、
アクアさんとビューティさんを彷彿とさせるハートの「ハートシュート」という弓矢は
群を抜いて格好いいですよね。
弓を構えている時のハートの凛とした顔とウインクをした時の可愛さの落差が
これまた素敵・・・





だけど、今回は、4人全員新アイテムをゲット出来て良かったです。
フレッシュのベリーやスイートのリズムのように
「どうして私だけ・・・」というのが無くて何か安心しました・・・
というか、あの時のベリーはホント、気の毒でしたよね・・・
自分よりもプリキュアとしての覚醒が遅く、当時は戦闘でもどんくさかったパインにすら
先を越されていましたからね・・・

だけど、次週は、またまた六花さんのライバル登場??
しかも今度は男の子??
またまた六花さんの「焼きもちモード」が炸裂??
ついでに新たな敵幹部の登場の予感・・・?
まだまだ「ドキドキ」は続きそうですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/359-3c4aa0c2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |