プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
25位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


とうもろこしを使った料理・・例えば炒め物もそうですしサラダもそうですし、ラーメンやパスタのトッピングとしても適していると
思われますし、勿論ゆでたものをガブリと頬ばるのもとても素敵だと思いますし、
スープにしても本当に素晴らしい具材だと思います。
本当にとうもろこしって美味しいですよね!
そしてとてつもなくシンプルな調理方法なのですけどゆでたとうもろこしをみりん・バター・醤油等を用いた調味料で
焼き上げると本当に美味しいしとっても香ばしいと思います!
ま・・・室内で「焼きとうもろこし」をやってしまいますと、煙がとてつもない事になってしまい、室内にかなり香りは
染みつくと思います。
そういう場合は、最近煙草記事でも登場していたファブリース等の消臭剤の出番ですよね!

焼きとうもろこしって、夏祭りとか縁日等イベントの屋台の一つの定番だと思うのですけど、あれが売られている屋台で
あんな香ばしい醤油の香りがぷ~んと漂っていると
ついつい買ってしまい、頬ばりたくなってしまいますよね! (笑)




螯ャ縺阪Δ繝ュ繧ウ繧キ_convert_20170429061527



以前なのですけどプランターでとうもろこしを栽培した事があるのですけど、プランターと言えども
とうもろこしはかなり成長し、普通の畑で植えた程度の高さにまで伸びてしまうのは毎回感心してしまいます。
だけど、やっぱりプランターで育てると栄養が行き届かないのかな・・・?
確かに上にとてつもなく伸びるのですけど、肝心の中身は、畑で育てたものに比べると全然小さいです!
プランターで育てたトマト・きゅうりなんかは実も結構大きくなってくれるのですけど
やはりとうもろこしはプランターでは無理があるのかもしれないですね。

そうやってプランターで栽培したとうもろこしを自分で茹でたり焼いたりして食べる時は、なんか
「勿体無いな・・」と感じる反面、やはり「手作り」の嬉しさみたいなものは感じたりもしますね。
だけど自宅内で焼きとうもろこしをやってしまうと、上記のとおり室内は煙が充満し、匂いが染みついたりする可能性も
あったりします。
そういう場合、どうすればいいのでしょうか・・?

室内でとうもろこしを焼く場合、グリルや網を使うとどうしても煙が充満しがちなのですけど、実はなのですが、
焼きとうもろこしはフライパンでも簡単に作れちゃいます!
電子レンジで4~5分ほどとうもろこしを加熱し、フライパンにバターをひいてその上にレンジで加熱したとうもろこしを焼き、
「バチッ、パチッ」と音がし焦げ目が多少付いた頃に仕上げとして醤油をとうもろこしの上にたらし、
更にもう少し焼き上げると、それほど煙が出ないで美味しい焼きとうもろこしが完成します!

そうそう・・その応用編ですけど、上記で焼き上げたとうもろこしをもちろんそのまんま食べてもとっても美味しいのですけど、
さらに手抜き料理を書きますと、
上記の焼きとうもろこしの粒だけを芯から取っておき、炊飯器の中に水・お酒少々・お塩ほんのちょびっと・お米、そして
焼きとうもろこしの粒を入れ、炊飯器のスイッチを押すだけで
あらあら、とっても簡単でお醤油味がベースの焼きとうもろこしの炊き込みご飯の完成です!
ごはんととうもろこしの相性ってとっても素晴らしいものがあると思い知らされた瞬間でもありました!
お米ととうもろこしの関係で言うと、普通にチャーハンを作り、最後の仕上げに鮭フレークと焼きとうもろこしの粒を
ほぐしたものを投入し、最後に強火で炒めると
やはりとってもおいしいもろこし鮭チャーハンが完成します!




繧ゅm縺薙@_convert_20170429061608



さてさて、東方の世界において「とうもろこし」は東方茨歌仙第6話・雷の持つ見えない毒にて登場していましたね!

茨歌仙の第6話というと第二巻に収録されている話なのですけど、この頃はまだ初期の頃という事で
華扇とか早苗さんの絵のタッチが今とかなり異なっていますので、今現在の比較で見てみると大変興味深いものが
あると思われます。

この話の中では、大変珍しい事に霊夢と魔理沙が何やらぐったりとしている描写から始まります。
それを見た華扇の反応は「「貴方達から元気を取ったら何が残るの?」という事なのですけど、
後からやってきた早苗さんも「二人から元気を取ったら一体何が……」と華扇とほぼ同じ感想を述べているのが
大変面白いものがあると思います。

この話の中でどうして霊夢と魔理沙の二人がぐったりと元気がない様子なのかというと、その原因は
様々な動物を飼い慣らし動物とも自由自在に会話が出来る華扇が放し飼いとして飼っていて、
冬場はおとなしい為にうっかり華扇がその存在さえも忘れてしまった電気獣とも言うべき「雷獣」の毒に当ってしまった
という事が判明します。
霊夢魔理沙は落雷時にその雷獣の存在を発見し、
それを利用してエネルギー問題を解決し、あわよくば余剰エネルギーを売るつもりだったらしい・・という意図があるのですけど、
「ミイラ取りがミイラ」になってしまうの諺通りにこの二人が雷獣の毒に当ってしまったというのも
実に東方らしい話と言うのか白蓮さん風に言うと「因果応報」の世界なのかもしれないですね。
そしてその雷獣の毒の解毒剤として効果があるとされたのが、
上記の「とうもろこし」を砕いたものだったのです。
このとうもろこしを食べることによって霊夢と魔理沙もたちまち元気を回復する事になってしまいます。
さてさて、その際に霊夢と魔理沙の解毒剤として使われた以外のとうもろこしは余ってしまいますので、
ここで早苗さんはなぜか知りませんけどいきなり外界ではお馴染みなのですけど幻想郷ではその存在自体が
ありえないはずの「カセットコンロ」を多分ですけど守矢神社から持って来て、
このカセットコンロを使って「焼きとうもろこし」を作り皆に振る舞っていました。
というか・・・・早苗さんは外界から幻想郷に移住時にわざわざカセットコンロまで持ってきたのですね・・・
それよりも幻想郷にはあるはずもない缶に入ったガスをどうやって用意したのでしょうかね・・・(笑)
外界で市販されていたものを元々持ち込んでいたのか、それともはたまたカセットコンロとガス缶自体を
河童のにとりたちに指示して作らせたのかな・・?

さてさて、この「雷獣」とか雷獣の毒の解毒剤としてのとうもろこしなのですけど、
実はちゃんと元ネタはあったのですね・・(笑)
松浦静山の随筆「甲子夜話」によれば、雷獣が大きな火の塊とともに落ち、
近くにいた者が捕らえようとしたところ、頬をかきむしられ、雷獣の毒気に当てられて寝込んだという話も
あるとの事です。
また江戸時代の画家・谷文晁の説によれば、雷が落ちた場所のそばにいた人間は気がふれることが多いが、
とうもろこしを食べさせると治るとの事です。
ある武家の中間が、落雷のそばにいたために廃人になったものの、
文晁がとうもろこしの粉末を食べさせると正気に戻ったというエビソートも紹介されています。
なるほど・・! 東方茨歌仙に限らず東方の世界観は、西洋東洋問わず世界各国の様々ないい伝えを物語の中に
ちゃんと反映している点も素晴らしい所があると思います。

またこの話の中で、早苗さんは、霊夢と華扇の会話を聞いて
電気の獣というワードに反応し、ウナギやナマズの他にピカチュウらしきものを思い浮かべるというのは、
やっぱり外界出身者らしいエピソードと言えるのかもしれないですね・・・(笑)

最後に・・・

華扇の「リスクのない恩恵なんてこの世には無いのです」とか
「電気のような高度な恩恵を得たければかなり大きなリスクを負うのは当然です」
というセリフは、福島の原発事故を意識した教訓話と言えるのかもしれないですよね・・
それかもしかして・・・?
「東方地霊殿」は2011年以前の話なのですけど、あの中で「核融合」という力を暴走させてしまったお空というキャラが
登場したりもしているのですけど、
東方の創造主のZUN神主様としては、
お空みたいなある意味危険キャラを生み出してしまった・・・という「自戒」の意味を込めて
茨歌仙第6話の中に華扇の言葉の中にそうした意図を盛り込んだと言えるのかもしれないですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

東方や他のアニメや漫画にも
震災が起こる前に原発や東北震災を示唆する話がありました

一種の予言でしょうかね おそろしやおそろしや(´・ω・`)

屋台で売られる焼きとうもろこしって
香りでそそられますよね~
香りの記憶が蘇る…あっ、お腹がなってる(笑)
家で作るとなると、確かに匂いが…
外出バーベキューの時はいいけどねぇ。

焼きトウモロコシとトウモロコシの炊き込みご飯の作り方、ありがとうございます。今度試してみます。すっごく興味があります^^
とうもろこし、結構好きなんですよ。アレルギーある私でも食べられるので^^東方の解毒の話も実に興味深いですね。というよりも、バックボーンにしっかりとした元ネタがあるのがすごいですね。お話を作る人たちは、古今東西のネタに通じていないとダメなんですね-^^

予感・・・?

みけねころんそう 様


そうですね・・・これって「いつかはそうした事が起きるのかもしれない・・」みたいな心の深層としての
「不安感」が結果的に予知するみたいな事に繋がったのかもしれないですね。

「高度な生活を維持するためには何かしらのリスクが伴う」というのは、
現代社会に対する一つの警告なのかもしれないですね。

香ばしい香りは大歓迎!

napo 様


タバコの臭いは迷惑千万以外の何者でも無いですけど、こうした焼きとうもろこしの香ばしい香りならば、
多少室内にこもっても大歓迎という感じなのかもしれないですね・・(笑)

あのお醤油が焦げた香りがたまらないですし食欲そそりますよね!

東方は意外と・・・?

八咫烏(冬眠中) 様


とうもるこしは香ばしいしとても美味しいから私も大好きです!

とうもろこしの炊き込みご飯は実に簡単ですからお勧めです!

東方の元ネタって古今東西の伝説・お伽話等が大変多く、そうした引用を現代風に合わせてアレンジしてくるから
「うまいなぁ・・」と思う事が多々ありますし、
東方の意外な奥深さは、そうした元ネタがしっかりとベースにあるという事も大きいのだと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3581-57105a61
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |