プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


昨日の記事におきまして、私の書き方が唐突過ぎたという事もあり、
なんか多くの皆様に誤解と勘違いを呼び込んでしまったみたいでして、その辺りを少しばかりフォローさせて
頂きたいと思います。

まず当プログは別に無期限の更新停止とか閉鎖という事では全く無くて(汗・・)
あくまでも4/30までの間、「喪に服すためのお休み」を頂くという事だけの事であり、
5/1には普通にさりげなく再開しておりますので、その辺りは何卒ご安心ください。

それと、何が「喪に服す」という事なのかと言うと、詳細は5/1の追悼記事に記させて頂きますが、
私自身が吹奏楽とクラシック音楽の「深い森の中」に迷い込むきっかけを結果的に作って頂く事になった
秋田県立花輪高校吹奏楽部を指導・指揮されてこられた小林久仁郎先生のご逝去という大変残念なニュースを
知ったからに他なりません。
正直、小林先生の御逝去は、私自身の親の死よりもショックが大きいものでして、
最初にあの知らせを聞いた時は、茫然自失となってしまったほどでした。

このブログにおいては、「花輪高校」というワードでブログ内検索を掛けると実に140近い記事がヒットするほど
とにかく開設当初から「これでもかっ!」というほど何度も何度も記事にさせて頂いてはいるのですけど、
そのくらい私自身にとっては花輪高校吹奏楽部とその指導者の小林先生が私自身に与えた影響は
相当大きいものがあるのだと思っていますし、
この事は既に何度も何度も記事にしているのですけど、
高校2年頃まで特段音楽とか吹奏楽に興味も関心もなく吹奏楽部をただなんとなく漠然と続けていた私を
一気に「音楽」に開眼させてしまった演奏が・・、
そう!
1982年の全日本吹奏楽コンクール・東北大会・高校の部のプログラム第一番で演奏された
花輪高校のあの伝説の不滅の名演、ウォルトン作曲/交響曲第一番変ロ短調第四楽章なのです!

その意味においては、音楽上の私の大恩人とも言える存在が小林久仁郎先生なのてあり、
小林先生が花輪高校吹奏楽部時代に残された素晴らしき名演の数々が、その後、私自身がクラシック音楽とか吹奏楽に
のめりこんでいくきっかけになっていったのです!
ちなみにですけど、当ブログを5年前に開設した理由の大きな一つが
「吹奏楽コンクールにおける花輪高校・秋田南高校・仁賀保高校・就実高校・屋代高校等の過去の素晴らしき名演を
形に残る形で後世に残しておきたい」というものでもありました。

そうした私の音楽上の大恩人の先生の突然の死という大変残念なニュースを聞いた私自身のショック緩和というのが
4月末までの更新のお休みの意味でもありますので、その辺りは察して頂ければ大変ありがたいものが
あります。

5/1からは元の普通のプログとして更新が続きますので、どうぞ今後とも何卒宜しくお願いいたします。

また一つお詫びがあるのですが、予定では4/30(日)に掲載予定であった
「アミグリさんが描かれた東方・艦これ以外の版権作品特集」は、5/7(日)に順延させて頂きますので
何卒ご了解頂ければ幸いです。
あ・・ちなみにですけど、現在の当プログが日々更新を続ける理由の一つが、
アミグリさんが描かれた東方等のイラストを一人でも多くの皆様に見て頂きたいというのもこれまた事実でもあります!

考えてみると、花輪高校吹奏楽部もアミグリさんが描かれたイラストも
「それまで私が全然知らなかった世界を教えてくれた」というとっても素敵な共通点があったりもしますね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんばんはです。昨夜は仕事の都合で訪問できませんでしたが、まさかそのような事があったとは…。今は心の整理をしてください。

恩義のある方がなくなられると、すごいショックでしょうね。しかし、私は私自身の今までの人生で、果たして肉親以外になくなって、そんなにショックを受けるほどの方がいただろうか、と深く考えてしまいました。。
それだけ影響力のある方に出会えたのは、ぬくぬく先生様の人生にとっても素晴らしいことでしたね。
故人のご冥福をお祈りいたします。

そういうことでしたか、ちょっとビックリして勘違いしてしまいました(すみません・汗
大恩人とも呼べる方が彼岸に旅立たれたのは、すごくショックですね。
故人のご冥福をお祈りいたしますと共に、
ぬくぬく先生が5月に戻ってくるのを、お待ちしておりますね。

ありがとうございます

ごにぎり 様


お気遣い頂きありがとうございます。

5/1より普通に再開していますので、その節は何卒宜しくお願いします。

会ってお話した訳では無いのですけどね・・(笑)

八咫烏(冬眠中) 様


この小林先生という御方は、残念ながら直接お話しをさせて頂いたとかご指導を受けたとか
そういう訳では無いのですけど、
私自身の「音楽観」を語る際には絶対に外す事ができない先生でもありますし、
私に与えた影響はとてつもなく大きいものがあると思いますし、当ブログが「皆様にお伝えしたい事」の
大いなる対象の一人でもありましたので、やはりショックでしたね。

だけど、この先生の事とかアミグリさんのイラストを皆様にお伝えするというのも当ブログの一つの使命と考え、
今後も臨んでいきたいと思います。



5/1には戻っていますので・・(笑)

めろ子 様


いやいや、私も書き方が悪くて驚かせてしまったみたいで申し訳なかったです・・(汗・・)

だけどご安心下さい。

5/1には普通にさりげなく再開していますので、その際にはいつも通り宜しくお願いします。

身内か親友とかが亡くなって、心の整理期間が必要なのかなとは思ってました
葬式も準備大変だし

気長にお待ちしてます( ^∀^)

明日よりさりげなく再開・・

みけねころんそう 様


労りのお言葉ありがとうございます。

身内・友人という感じでは全然無いのですけど、やはり自分が「心の師匠」と思っていた方が急逝されると
ショックは大きかったですね・・・

5/1よりさりげなく再開しておりますので、どうか今後とも宜しくお願いします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3576-77b24ffc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |