プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


このプログにおいては、今更言うまでもない話ではあるのですけど、
早苗さん・・東風谷早苗は本当に魅力溢れるキャラだと思います。
この話も既に何度か書いてはいるのですけど(滝汗・・)、2017年度の「東方人気投票」にて
私が人妖部門7枠で投票した7名のキャラは、ゆかりん・さとり様・こいしちゃん・あやや・霊夢・アリス、そしてこの早苗さん
だったのですけど、一押しキャラは、実はゆかりんでもさとり様でも無くて実はこの早苗さんだったのでした!
(余談ですけど、東方の創造神とも言うべきZUN神主様がかつて投票した数少ないキャラが妖夢・あややというのも
大変興味深いものがあったりもします!!)

うーーむ、このブログのポンコツ管理人の昨年からのこのすさまじい(?)「早苗さんびいき」も
相当なものがありそうですね・・・(笑)

早苗さんって描き方によっては、もしかして・・・?
「悲劇のヒロイン」みたくはさすがにならないとしても、もう少しジメッ・・とした少し影があっても決しておかしくは無い
キャラ設定・環境ではあるとは思うのですけど、
全然そうならないというのが早苗さんらしい所でもあり、一つの魅力じゃないのかな・・・?とも思ったりもしますね。
早苗さんは、確かに自分の意思で外界の「全て」を捨てて投げ打ち、「幻想郷」に神奈子・諏訪子と共にやって来たのですけど、
「早苗さんは外界を離れて本当は寂しくてたまらないんじゃないの・・?」とか
「こんな魑魅魍魎たる妖怪とか訳のわからん化物が闊歩し、少なくても外界よりははるかに遅れている幻想郷の生活に
本当は馴染んでいないんじゃないの・・? 本当は夜、布団の中に入ると、
こんな生活もう嫌だ・・早く学校のみんなが待っている外界の生活に戻りたい・・」と泣いているんじゃないの・・?とか
外界を離れる際に、両親とか学校関係の友達等との最後の別れの挨拶はどうしたの・・?とか
「本当は幻想郷にやってきた事自体を後悔しているんじゃないの・・?」みたいな余計な(?)想像とか妄想が成り立っても
決しておかしくは無いと思いますし、
そういう解釈に立って早苗さんを改めて眺めると、
「決然とした強い意志で幻想郷に乗り込んできた」とか
「時に外界への郷愁とホームシックに悩ませられ、時に涙ぐんでしまう・・」みたいな弱さと強さを持ったキャラみたいに
どことなく「悲劇に打ち勝つヒロイン」みたいなお涙頂戴みたいなキャラと化しても決しておかしくはないのかも
しれないのですけど、
実際は、上記みたいな事は全く微塵もありそうもない雰囲気と
常識が全く通吉しない幻想郷にすっかり身も心も溶け込んでしまった早苗さんの「適応力の早さ」には
頭が下がるしかないですよね・・!

やっぱり早苗さんは「自らの宿命」をきちんと理解した上で、ちゃんと新しい生活に適応したばかりでなくて、
新しい世界でもちゃんと「自らの居場所」を既に見つけている事は素晴らしい事だと思いますし、
そうした「自らの変化」をきちんと受け入れてしまえている早苗さんは、改めて素敵すぎると言えると思います。

さてさて、早苗さんは、つい最近まで外界の理系の女子高生という事情もあり、
幻想郷においては、よく霊夢や華扇との会話の中で、ついついうっかりとそうした外界時代の用語を口に出してしまい、
時に霊夢や魔理沙を「なんじゃ・・そりゃ・・?」みたいにポカン・・とさせちゃうこともあったりもします。
「店を繁盛させる福の神」と耳にすると、早速勘違いを起し「それってミシュランの人・・・?」とか言って
霊夢たちに「なんじゃそれ・・」という雰囲気を作ってしまったのは、いかにも外界出身らしい早苗さんらしい
エピソードだったと思います・・(笑)

そうそう、早苗さんというと上記みたいな外界のネタをたまーにですけど持ち込んでしまう事も実はあったりしたものでした。

小鈴がメインキャラを務める「東方鈴奈庵」においても、第4巻において、
そうした外界のネタを持ち込んでしまった素敵なエピソードが描かれていて大変面白いものがあったと思います。
蛇と無銭飲食による被害の話の中でしたけど、
「蛇を祀っている守矢神社が犯人じゃないの・・・?」と不審がる霊夢に対して
「そんな事をしたらうちの神社の信用がガタ落ちになってしまう」とやんわりと諭す早苗さんは素敵すぎます!
鈴奈庵における早苗さんの初登場は、この第4巻の
「でもね、そんな事する訳ないじゃないの・・」というセリフなのでしけど、あの初登場早苗さんの美人振りは、
霊夢・レミリア様・十六夜咲夜さんの初登場時のインパクトを超えていたと思います!
いや―――、あの時の早苗さんの美しさは半端無いものがありましたね! (笑)
そして霊夢との会話の最後において、「私が出来る事くらいって・・」と前置きしたうえで、
「レッドスネーク、カモーン!!」とかなんとかお茶目な事を言って霊夢からお祓い棒でピシャッ・・とはたかれた早苗さんが
とっても可愛かったです!
今の若い方には「レッドスネーク、カモーン」とか言っても何の事やら分からないのかもしれないですね・・・(滝汗・・!)
これは、ショパン猪狩と言う芸人さんの持ちネタの一つでした・・・(笑)
アラブ人風の顔・派手な衣装で「ヘェ〜イ!!レッドスネェ〜ク!!!カモォ〜ン!!」と言いつつ笛を吹き、
3つの壷からカラフルな蛇の縫いぐるみをニョロニョロと登場させる芸「三蛇調教」で、昭和の頃には結構人気のある
芸人さんだったと思います。
そうそう・・・ショパン猪狩は、1994年に深夜のフジテレビのバラエティー「よい国」の王様役としても出演されていて、
あのちょっと惚けた雰囲気はかなりいい味が出ていたと思います。
2005年にまだ76際の若さで逝去されたのが惜しまれます・・
そっか・・・早苗さんは、最近まで外界にいたから、こんなテレビのギャグなんかも言えちゃうのかもしれないですよね・・(笑)

鈴奈庵のこの回の早苗さんは、幻想郷内の民衆に対して一生懸命布教活動とか啓蒙活動をしていて
「頑張る巫女さん」とか「普段からの地道な営業活動=布教活動を真面目にやっている」みたいな印象が大変強いですね。
霊夢は面倒くさがり屋で、「そうした地道な布教活動なんてやってらんない・・・私は妖怪退治で稼げばそれでいいじゃん・・」
みたいな感じなのですけど、
早苗さんの場合は、神奈子と諏訪子から「そのようにしなさい・・」と指示されている可能性もあるとは思うのですが、
そうした日頃からの地道な民衆に対する普及活動を行って
「神社とはどういうものなのか・・・」とか「神の使徒でもある蛇はどのように対処すればいいのか・・」などを
民衆に対して親身になって懇切丁寧に説明している姿はとっても「早苗さんとしての誠実さ」を
感じたものでした。
その辺りが霊夢と早苗さんの違いなのかな・・・
霊夢には霊夢の美点が一杯あり、早苗さんは早苗さんとしての良さがたくさんあるというのが
現在の幻想郷内の二つの神社の巫女さんの描き方と言えるのかもしれないですね。

霊夢はなんとなくですけど、都会も田舎もどちらも似合いそうみたいな雰囲気もあるように思えますし、
「土着の巫女さん」というか土の香りっぽい感じも無くは無いのかな・・とも思いますし、
同時にどことなく神秘的な雰囲気も有している巫女さんとも言えるんじゃないのかなとも鈴奈庵では思えます。
対して鈴奈庵の早苗さんは、いかにも「垢抜けた」みたいな感じで、
「あ、やっぱり最近まで外界の女子高生だった御方はなんか違うな・・・」とも感じさせるものでした。
早苗さんというと、丁寧語とか敬語で話すみたいな印象もあった中、鈴奈庵の早苗さんは、霊夢に対して
ため口をポンポンと叩いていたのがとっても印象的で
あの喋り方はなんかいかにも現代っ子みたいな感じでとっても微笑ましく感じたものでした。
蛇という「神の使い」に対しての敬い方・扱い方を民衆に説いてるシーンの早苗さんですけど
(守矢神社というのぼりを立てて、みかん箱らしきものの上に乗って民衆に啓蒙活動をしている早苗さんが
とても可愛かったのが印象的です!!)
早苗さんは、「蛇は過剰に恐れるべき存在ではないが敬う必要はある。決して乱暴に扱ったり殺すことはよくない」と説き、
民衆から「でも実際死者も出ているじゃん」と指摘されても
「私達守矢神社の分社を建てましょう! そしてそこにお供え物をすれば、蛇はそれを食べて人を襲わなくなるし、
祟りもしなくなる。
要は蛇を神の使いとしてきちんと崇めておけば、決して襲われることは無いはず」と説くのですけど
いやーー、こういう「丁寧さ」なんかは霊夢には望みたくても望みようがない美点でもありますし、
いかにも早苗さんらしい「説話」みたいな感じでした。
だけど、霊夢はやっぱり少し面白くありません・・
霊夢の場合、「よそからやってきた新参者のくせに、古くからいる私を差し置いて、こんなにも民衆の支持を
得るなんてなんて憎ったらしい!!」みたいな焼きもちという感情では全く無くて
「上手い事を言って、どうせお供え物をくすねるだけでしょ・・」みたいな現世利益の事ばっかり真っ先に思いつくのは
いかにもこの人らしいお話でしたよね・・・・(笑)
そしてそうした霊夢に対して「そんな乞食みたいなせこい事を目的にする訳ないじゃん!」と霊夢にタメ口を叩く
早苗さんはとってもキュートでした!!

霊夢は一応は、早苗さんにとっては先輩巫女に当たるのかもしれないのですけど、
あの「みみっちい・・そんな事目的にする訳ないじゃん!」と「じゃん!」という現代語的タメ口を霊夢に対して叩いていたのは、
とっても印象的でしたし、
改めて「早苗さんは外界出身の人なんだなぁ・・」と実感させるものがあったと思います・・(笑)

いや―――、私、鈴奈庵のこのシーン、とっても大好きなんですよね!!

そして更にいうと・・・鈴奈庵ではなくて公式ゲームの世界でのネタなのですけど、
「弾幕アマノジャク」においても、この「レッドスネーク、カモーン!」を応用したネタが飛出し、早苗さんファンを
狂喜乱舞させていました・・・(笑)
その一つが早苗さんが放つ弾幕の一種で、蛇符「バインドスネークカモン」というものでしたけど、
これは、早苗さんが御札をばらまきながら蛇に見立てたビーム弾が縦方向と横方向に展開されるものでした。
また、蛇符「グリーンスネークカモン」というのもあり、これは、
蛇に見立てた巨大なへにょりレーザーが画面一杯に這いずり回る弾幕で、軌道が読みにくく密度も高いのが特徴でした。

早苗さんは、髪飾りのヘビとカエルが特徴でもあるのですけど、実はヘビ年生まれでもあるこの管理人は、
そうした意味からも早苗さんにより強い親近感を持っているのかもしれないですね。

さてさて・・・そうした「レッドスネーク、カモーン!」という昭和のネタをなんで早苗さんが知っているの・・?みたいな話は
結構以前から囁かれていて、下記のエピソードでもそれが示唆されていました。

「東方神霊廟」においては、早苗さんのとある会話の中から
まさかまさかの・・
「え・・・早苗さんって本当につい最近まで外界の女子高生だったの・・?? 実は違うんじゃないの・・!?」とか
「早苗さん実は37歳説」みたいなものが出てくることになってしまいます・・・(笑)

その一例が・・・・

芳香:ちーかよーるなー! これから先はお前達が入って良い場所ではない!
早苗:来た!
芳香:我々は崇高な霊廟を守るために生み出された戦士(キョンシー)である。
早苗:キョ、キョンシー?
芳香:そうだ。やんごとなき霊魂に命を吹き込まれたのだ。
早苗:知ってます見てました。テンテン可愛かったですよね。
芳香:何の話だ?
早苗:そうかー、キョンシーって最近聞かないと思っていたら幻想郷(こんなところ)に居たのねー。

→ここで問題になるワードは「テンテン」なのですけど、
 「テンテン」とは「幽幻道士」という台湾映画シリーズのヒロインであると思われますけど、
 このシリーズ、公開されたのが1986年~1988年なのですよね・・・
 早苗さんのセリフは、いかにもリアルタイムで見ていたみたいな言い方ですし、
 リアルタイムで見ていたのを仮に・・・10歳くらいにすると・・
 あらあら・・ここに「早苗さん実は37歳説」が生まれ出てしまうのですよね・・・(笑)

そして更にもう一つ・・・・

早苗:あのー、どちら様でしょう?
神子:私は豊聡耳神子。人は私を聖徳王と呼ぶわ。
早苗:聖徳太子!? あの旧一万円札の?

→ちなみにですけど一万円札が聖徳太子から現行の福沢諭吉に変ったのは1984年、
 そして聖徳太子の旧一万円札の発行が完全に停止になったのはやはり1986年なのです。
 うーーむ、なぜ早苗さんは、こんな旧一万円札を知っているのでしょうか・・・(笑)

うーーむ早苗さんは、やっぱり本当は37歳なのかな・・・??

幻想郷は「常識に囚われてはいけない世界」なのですし、
ましてや・・・紅魔館には、時間の進行さえ止めちゃうメイドさんだっているのですから・・・・(笑)
そうですね・・・
テンテンの件は、後年DVDを見たという解釈を採用し、旧一万円札が聖徳太子というのは、
別に常識の範囲なのかもしれないですらね。
やっぱり私達の早苗さんは「永遠の17歳! 永遠の巫女さん」なのですからね!! (笑)




kirakirasanae-02-kahitudesu_convert_20170307153458_convert_20170314141916.png




さてさて、ここから先は既に恒例となっておりますアミグリさんのイラストのご紹介コーナーです。
あれれ・・・この早苗さんをまたまた転載&ご紹介させて頂きますと、
アミグリさんファンの皆様より、
「あれれ・・この早苗さんは、最近も二回ほど転載したばっかじゃん・・!」とか
「このブログのポンコツ管理人は、本当に最近は過去記事の遣い廻しばっかりやっているし(滝汗・・!)
さすがに新しいネタの枯渇なのかよ・・・!」とお叱りを受けちゃうのかもしれないのですけど(大汗・・・!!)
いいんです!!

「素晴らしいイラストをこれでもかっ!と繰り返し転載して何が悪い!」とか
「素敵なイラストでも、何度も何度も・・それこそ何十回程度掲載し続けないと、なかなか完全には浸透しにくいものだし、
アミグリさんのイラストの素晴らしさは、何十回同じイラストを転載し続けたとしても、その都度新鮮な新しい発見かあるし、
決して見飽きたりしないもの!」と
このブログのポンコツ管理人は、ほぼ完璧に開き直っておりますので、
どうかどうか・・・素敵なアミグリさんに免じてこのポンコツ管理人を御赦しあれ・・・という感じなのかもしれないですね・・(笑)

改めてですけど、上記の早苗さんのイラストは、
dream fantasyの管理人様のアミグリさんが、
「3月7日は早苗さんの日」に描かれた、現時点では最新作の早苗さんです!

上記の早苗さんですけど、何度でも同じ事を言わせて頂きますが、
とにかくこのキラキラ感が素晴らしいと思います!
そしてめちゃくちゃ可愛い早苗さんだと思います!!
こんな可愛くて魅力的で全てがキラキラ輝いている早苗さんは見た事ない!と断言しても過言ではない
本当に素晴らしい早苗さんのイラストだと思います。

このイラストの下は、アミグリさんが「3月5日は巫女の日」のイラストとして描かれた霊夢と早苗さんの
ツーショットイラストを転載させて頂いているのですけど、それとの比較で見てみると、
こうやって早苗さん単独で掲載をされると 早苗さんの魅力が一段とググッ!と引き立つように感じられますね!

霊夢とのツーショットのイラストの早苗さんは、素敵な笑顔を見せてくれていましたけど、
この早苗さん単独のイラストは、少し表情を変えられていて、
上記の幻想郷内における人里における早苗さんの辻説法とか布教活動のシーンの時みたいに
民衆に対して
「いいですかぁー、ヘビほむやみに殺す事はおやめ頂きたい、それではどうすればいいのかというと
一つ目はですね・・」と
民衆に対してきちんと丁寧に諭しているようにも感じられるものがあると思います。

こういう早苗さんは素敵だと思いますし、本当にお美しいと思います!

アミグリさんが過去に描かれた「早苗さん」としては、もしかして・・? 最高傑作の一つとも言えると思います!










アミグリさんは、先月の「3月5日は巫女の日」に、「完璧!!」としか言いようがない素晴らしいれいさな・・・霊夢と早苗さんも
描かれています!

これは素晴らしい霊夢と早苗さんだと確信していますし、
「巫女の日」にこれ以上相応しい作品はないのではないのか!!と思わず絶句してしまうほどの
素晴らしい幻想郷の巫女さんの二人だと思います!

早苗さん単独イラストの早苗さんの表情と「れいさな」のツーショットの際の早苗さんの表情の違いを
皆様に感じ取って頂ければ幸いです!

上記のこの素敵な霊夢と早苗さんの二人の巫女さんイラスト、および早苗さん単独イラストは、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  も
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんは、昨年末あたりからまたまた素敵な進化を感じさせてくれていて、
従来の持ち味の「ファンタジー感」に加えて、上記の早苗さんのように「キラキラ感」が加わって、
更に絵師様としての魅力がパワーアップされていると思います。
それを素敵に示唆された作品が、昨年末のあのフランちゃんなのであり、今年初めのあのこいしちゃんなのだと
思いますし最近のあのチルノなのだと思います!

ちなみにですけど、

あの可愛いフランちゃんは、フランちゃん♪ からご覧ください。

→、フランちゃん♪


こいしちゃんは、キラキラこいしちゃん!! からご覧ください!

→ キラキラこいしちゃん!!

チルノは、あたいったら最強ねっ! からご覧ください!

→ 、あたいったら最強ねっ!

鍵山雛は、厄リスマス!から
ご覧下さい。

厄リスマス!

最後に・・・プリパラのぴのんちゃんは、【プリパラ】ぴのん★ をご覧頂きたいと思います。

→ 、【プリパラ】ぴのん★


やっぱりアミグリさんの最近の作風の「キラキラ感」も、淡い色彩作品同様に素晴らしいものがありますよね!

さてさて・・・ここから先のアミグリさんの進化と方向性はどうなっていくのか、こちらもとても楽しみです!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

レッドスネーク、カモーン、もちろん知っている世代でございます^^外界から幻想郷へ行ってみたいかというと、行ってみたくはあっても帰れないってのはかなり厳しいですね。早苗さんの芯の強さがなせるわざでしょう。霊夢のセカンドカラーだなんて、昔思っていましたけれど、とんでもない話ですよね-^^アミグリさんの絵、何度見ても良いですね^^キラキラ輝いています^^

レッドスネーク、カモーン

八咫烏(冬眠中) 様


早苗さんの「レッドスネーク、カモーン」ネタは私も大好きなネタの一つでして、
あれは公式漫画の一コマでしたけど、ドヤ顔であれを言ってのける早苗さんがとても素敵でした!

早苗さんも言動をよく見ると「あ、この人って昭和育ちなの・・?」と感じさせるものが多数あるのが
とても面白いと思います・・(笑)

アミグリさんの最新作の早苗さんは、自分で言うのもなんですけど本当に惚れ惚れとする素晴らしい傑作の一つだと
思います!
またまた素敵にお褒め頂きありがとうございます!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3563-e1f2f856
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |