プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


27.兵庫高校


D/ディオニソスの祭り(F.シュミット)


兵庫高校吹奏楽部というと、オールド吹奏楽ファンの私ですと、やはりいまだにあの吉永陽一先生の
とてつもなくアクと個性が漲っているギラギラとした演奏というイメージが大変強いです。
(クラシックアレンジものの演奏ではどちらかというと正攻法に近いスケールの大きな表現をされる傾向が
あるのに対して、あの吹奏楽オリジナル作品のとてつもない珍解釈と個性の強さは、あれは吉永先生そのものと言っても
過言ではないとすら思います)

そうした中、吉永先生は西宮高校に異動をされ、あの伝説とも言える「吉永陽一=兵庫高校サウンド」の幕は
閉じてしまったのですけど、
兵庫高校吹奏楽部は新たに松井先生というこれまたとてつもなくアクと個性の強い偉大な指揮者が異動されてきて、
前任校の明石北高校時代以上の「素晴らしき名演」を普門館の聴衆に聴かせ魅了されてきたと
思います。
そうした意味では、兵庫高校吹奏楽部は、吉永先生・松井先生と2代に渡って極めて優秀で個性的な指揮者迎えられ、
この学校としての素晴らしき全盛期を見せてくれていたと思います。
吉永先生時代と松井先生時代の兵庫高校吹奏楽部の普門館での数々の名演の歴史は、間違いなく後世の私達の記憶の中に
受け継がれていくものと確信しております。

兵庫高校吹奏楽部は、ここ20年近く「全国大会」からは遠ざかっていて寂しいものはありますが、
いつの日にか・・・あのかつての名門校が復活し全国大会のステージに戻ってきてくれると信じたい気持ちで一杯ですね!
(二人の偉大な指揮者の異動後も、あの激戦の兵庫県大会を突破し、ほぼ毎年のように関西大会に出場
され続けている事は本当に頭が下がる思いで一杯ですね。
ここ数年の傾向として、関西大会は大阪府代表の学校ばかりが全国大会への代表権を獲得していますけど、
他県のチームの皆様も頑張って頂きたいですね! 笑・・)

さてさて・・この年、1989年の兵庫高校の演奏は、兵庫高校としても6年ぶりの全国大会出場という事での意義も大きいと
思いますが、それ以上に、明石南高校でのあのまさに歴史的名演に相応しい「ダッタン人の踊り」を指揮されていた
松井先生が、兵庫高校に異動後に初めてつかんだ全国大会への切符という意味でも
大変価値がある演奏のようにも思えます。
松井先生というと、火の鳥・ロメオとジュリエット・シンデレラ・白鳥の湖・三つのオレンジへの恋などに代表されるように
ロシアもののクラシック音楽アレンジ作品を指揮・演奏されたら右に出る者はいないと言われるほど
ロシア音楽には定評がありましたけど、そうした松井先生が「ディオニソスの祭り」のような古典的でバリバリな
吹奏楽オリジナル作品を自由曲として選曲されていた事はある意味驚きでもあるのかな・・とも思います。
演奏自体なのですけど、後年のあのロシアもののあの「松井節」とも呼ばれるあのギラギラとした個性のある演奏に
比べると、確かに、兵庫高校としての松井先生の初めての全国大会という事情はあるにせよ、
「ちょっとらしくないのかも・・?」みたいに感じさせる演奏になってしまったのかな・・?とも当時感じていたものでした。
この頃の兵庫高校の演奏ユニフォームは、男性奏者は学ランでしたけど、進学校とか大変頭がよい学校としても名高い
兵庫高校の学ランのドラム奏者が課題曲D/ポップスマーチ「すてきな日々」でドラムを優雅に叩きまくっても、
何となくですけど「優等生」みたいな演奏に聴こえてしまい、
確かに洗練されてテクニック的に大変巧みなのですけど、ちょっと「型」にはまったような演奏にも聴こえてしまい、
東海大学第四高校のあの粋なノリのたいへんいい「すてきな日々」を聴いてしまうと、
「ちょっと固いね・・」みたいな感想にもなってしまうのかもしれないですね。
自由曲の「ディオニソスの祭り」は、正直インパクトに欠ける演奏でもありました。
関西代表で「ディオニソスの祭り」の圧倒的にアクの強い名演というと御影高校をついつい思い出してしまうのですけど、
御影高校のあのとてつもない悪魔みたいな演奏を一度聴いてしまうと、
やはりこの年の兵庫高校の演奏は「おとなしい」とか「優等生みたいな演奏」みたいな感想になってしまうのかも
しれないです。
音のムラ・木管セクションの細かい動きにやや不安感が感じられた事とか部分的にサウンドが薄くなってしまい、
そうした薄さの際に技術的な不安定さが出てしまったのもコンクールとしては少しマイナスポイントだったのかも
しれないです。

私個人の採点は銀賞でしたけど、コンクールの評価としては無事に金賞入賞を果たしていました。

だけど、真の意味で松井先生=兵庫高校の個性が覚醒し確立化されるのは、翌年の「火の鳥」以降なのだと思います。

だけど、ここから松井先生=兵庫高校吹奏楽部の吉永先生時代に次ぐ「第二の黄金時代」が開始されたのだと思います。
後年の兵庫のアクの強さは、まだこの時は姿を見せず、オーソドックスな演奏を展開していたのが
この年の演奏だったと言えるのかもしれないですね。

兵庫高校吹奏楽部ですけど、私は勿論吉永先生時代の演奏も大好きですし、それと同じくらい
松井先生時代の演奏も大好きですね。
お二人の先生ともとにかくアクが強いというか「個性」が漲っている先生でしたし、
吉永先生の場合は、
「下品でどこが悪いねん!! 音楽とはそんなお上品のものばかりとは限りまへんでぇ~!!」みたいな感じでしたし、
松井先生の場合は、確かに個性はとてつもなく強いのですけど
演奏と言うかその表現は、まさしく「ロマンティックな情緒」が漂っていてあのリリカルな雰囲気は
独特なオーラが漂っていたと思います。
松井先生時代の演奏としては、
特に1992年の「ロメオとジュリエット」の低音をバリバリと豪快に鳴らした演奏も大変素晴らしかったですし
1991年の「火の鳥」において、いきなりトロンボーンの強烈なグリッサンド&ティンパニのロールから開始したと
思ったら、次の瞬間「子守唄」の大変抒情的で瑞々しい響きになり、
そして「魔王カスチェイの凶悪な踊り」で一気にエキサィティングしていった演奏も忘れがたいですね。
93年の「シンデレラ」とか96年の「三つのオレンジへの恋」のプロコフィエフシリーズにおいても
あの独特のファンタジーは、本当に私の胸をキュンキュンとさせてくれていました!!
これらのロシアものは、指揮者の松井先生の「松井節」が炸裂し、曲の隅々まで「アクの強さ」が漲っていて
ま、確かに多少粗っぽいドライヴはあるのですけど、全然「粗野」みたいな印象は無く、
むしろ「切れ味の鋭さ」とか「鋭角的な響き」・「ひたすら前進し、とにかく積極果敢に攻める演奏」という事で
とにかくエキサィティングな演奏でしたね・・・!!

兵庫高校吹奏楽部は松井先生の指導の下、毎年毎年豪快で個性に溢れる音楽を聴かせてくれ
そのあまりの「アクの強さ」が、あんだけ毎年素晴らしい演奏を聴かせてくれるのに
評価が金と銀をいったりきたりしたり、関西大会でダメ金に終わったりと今一つ「評価の不連続性」を
もたらしている原因の一つと言えるのかもしれないです。
だけど、それは「審査員の好み」の領域であり、とにかく私は大好きな演奏チームの一つであるのは今でも
全く変わりがないと思います。

さてさて・・この兵庫高校の演奏でもって1989年の全国大会高校の部語りは終了です。
こんな拙いあくまで私個人の感想記事でしたけど、見て頂けた皆様には深く感謝をいたします。

次回の当ブログの吹奏楽コンクール語りは、1992年・高校の部を予定しております。
この年は大変レヴェルが高く、銀賞チームにも名演が続出していたのが大変印象的ですし、
そうした銀賞名演の一つが、上記の兵庫高校の「ロメオとジュリエット」であり、新屋高校の「ガイーヌ」なのだと思います。
私個人としては、常総学院のあのあまりにも色っぽいサウンドの「アルプス交響曲」が大変印象的です!

そして・・1992年というのは、先日追悼記事を書かせて頂きました小林久仁郎先生が、結果的に
花輪高校吹奏楽部を指揮された最後の年という事になります・・・
(93年以降は小林先生は秋田南高校へと異動をされ、当時停滞をしていた秋田南高校吹奏楽部を立派に立て直し
名門復活を私達に見せつけてくれていました!!)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ありがとうございます!

鍵付コメント 様


教えて頂きありがとうございました!

これは初めて目にする情報でしたので、とてもありがたかったです!

それにしても吉永陽一先生が、自ら「ローマの祭り」をアレンジしたのはいいとして、それを著作権協会に
無申請で関西大会まで演奏していたという話にはびっくり仰天ですし、
いかにもまだのんびりとしていた昭和の頃のエピソードですよね・・(笑)

また是非素敵な情報があれば教えて頂ければ幸いです!

なつかしい記事でした。
松井先生が兵庫に移ってからは初年度のシードを除き、ハンガリー狂詩曲、ハーリヤーノシュなど名演だったにも関わらず県大会とまりで苦渋をなめまくっていました。
ただこの89年は地区大会の時点で私は全国金を確信したほど、見違えるような生気みなぎる演奏だと思っていたので、たいへんうれしい感想でした。

ありがとうございます!

まったく 様


コメント頂きありがとうございます!

吉永先生時代の兵庫高校も素晴らしかったですけど、それを更に素敵に進化させた松井先生の功績も
素晴らしいものがあると思いますし、私はどちらの先生の演奏も大好きです!

松井先生の明石北時代の「ダッタン人の踊り」もまさに歴史的名演に相応しい演奏だったと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3561-045daa00
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |