FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


そう言えば最近「田中賢」の名前をコンクール等で聴く機会が相当減ったような気もします。
田中賢と言えばやはり「メトセラⅡ」が圧倒的に有名なのでしょうね。この曲が1988年に
ヤマハ浜松で初演されると、翌年から翌々年はかなりこの曲が人気曲になっていましたよね。
だけど吹奏楽オリジナル曲は、「目新しいもの好き」が多いせいか、
一度ブレークして飽きられると、その後はグッと演奏頻度が下がるというのは
毎年毎年の恒例ですよね・・・
そのいい例が、

〇アメリカの騎士

〇交響組曲第二番「GR」

〇ゴーストトレイン

あたりなのかな・・・??

田中賢の名前が一躍有名になったのは、メトセラⅡの二年前の同じくヤマハ浜松で初演された
「南の空のトーテムポール」なのかもしれません。
個人的には、少々作為的で演奏効果を狙いすぎた「メトセラⅡ」や「紅炎の鳥」よりは
この曲の方が大好きです。
ま、確かにメトセラⅡもダイナミックスで躍動感があり嫌いではないのですけどね・・・

出だしが比較的ゆったりと始まって徐々に盛り上がっていき、
打楽器アンサンブルから管楽器の掛け合い辺りで最高潮に達し
興奮の内に終了する感じなのですが、
ホント、いかにも「南洋の空」という音楽的イメージがストレートに伝わってきて、
そのシンプルさが抜群に素晴らしいと思います。

「エオリア」とか「始原Ⅰ~大地の踊り」何かは何を言いたいのかさっぱりわからないのですけど、
この「南の空のトーテムポール」とか「華」なんかは、構造がシンプルな分
ストレートに面白さが伝わってくるのだと思います。

この曲がコンクールで初演されたのは1986年なのですけど、その五年後にヤマハ浜松は、
「南の空のトーテムポールⅡ~リラ」という曲を自由曲に選びます。
実は、1991年の東海大会は、常滑市で開催されたのですが、当時20台後半で体力もヒマもあったせいか
当時甲府に住んでいたにも関わらず、車で駆けつけ、このヤマハ浜松の演奏を生で聴く機会に
恵まれました。
だけど、正直驚きました・・・
だって、86年の「南の空のトーテムポール」にハープが入ったぐらいで、あとはほとんど
変化がなかったからです。
あの時は思わず
「何やねん、この曲のどこがⅡやねん・・・南の空のトーテムポールと全然変わらない曲やないけ」と
突っ込みたくなりました・・

だけど改めて聴いても、この曲独特ののびやかな感じ・大らかさは素敵でしたね。

東海大会の会場も、ヤマハ浜松は確か最後から二番目のプログラムでしたが、
ヤマハの演奏終了と同時に聴衆も半分以上席を立ったのには
本当に驚いたものです。
(気持ちは分ります・・・・)

1989年に「メトセラⅡ」で全国大会金賞に輝いた新潟県の三条市吹奏楽団は、翌年は自由曲に
この「南の空のトーテムポールⅡ~リラ」を選曲していましたが、実は
県大会の前段階の支部予選大会でスカ金に終わり、実は県大会にすら進めなかったという事実は
あまり知られていません・・・

でも、たまには全国でも田中賢の曲も聴きたくなりますよね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/356-41de0500
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |