プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
70位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
13位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


マンションや戸建て住宅も結局は購入後や施工後に15年~20年後辺りでは
大規模修繕工事はしないといけないから、そのコストを考えると
「果たして賃貸がいいのか持ち家がいいのか」というのは永遠の検討課題と言えるのかもしれないですね。
分譲マンションの場合ですと、毎月の共有管理費とは別に、将来のマンションの外壁の改修費用等の
積立金をしなくちゃいけないですし、
戸建て住宅も屋根や外壁の改修は大体「15年~20年に一度」というのは一つの目安と言えると思います。
戸建て住宅の場合、そうしたメンテナンスを放置すると、結果的に雨漏り等が発生し、
屋根自体を吹き替えしないといけなくなっちゃう危険性もありますので、定期的なメンテナンスは、
長期的にはかえって「節約」にも繋がるのではないのかな・・?とも思いますね。
賃貸の場合だと、そうした大規模リフォーム費用は負担する必要が無いし、その住いそのものとか住環境とか
近隣住民等であまりいい条件で無くなった場合に、そこから「転居」という選択肢が出来るというのが
一つの魅力と言えるのかもしれないですね。

持ち家の場合は、確かに賃貸みたいな家賃を払う必要が無いのですけど、やはりあの「住宅ローン」の負担は、
家賃と大して変わりが無いという事になるのかな・・・?
勿論、その土地と建物が「自分の財産」というのはステイタスであり価値でもあるのですけど、
建物自体の資産価値は、木造住宅で大体20年でゼロになってしまうというのは、金融機関にとっての常識なのかも
しれないです。
だけど、資産価値としてゼロになっても固定資産税だけは毎年毎年請求されますから、
果たして「持ち家と賃貸はどちらがいいのか・・?」とという論争に正解はあんまり無いような気もしますし、
金融と住宅の両分野に在籍している(していた)私としては、
どちらにもそれぞれメリットとデメリットがあるとしか言いようがないですね。
日本人は伝統的に、「持ち家」とか「資産価値」にこだわる傾向が強いと思いますし、
「家と家族を持つことで初めて社会的に認知される」みたいな側面もない事はないと言えるのかもしれないですし、
「家賃を死ぬまで払うのだったら、持ち家という資産価値を持ちたい!」みたいな意識が外国の方よりは
強いのかも・・?という感じも無くはないですし、
そうした日本人の資産価値感が、昭和の頃の「日本改造論」とか平成初期の「土地神話バブル」を呼び込んだと言えるのかも
しれないですね。

さてさて・・我が家も2003年の施工後から早くも14年が経過します。

以前の記事でもちらっと書いたのですけど、
我が家は、施工後14年経過している家にはあんまり見えないです・・・
外壁はサィディング外壁材なのですけど、セラミックコーティングを施しているせいか、汚れとかクラック(ひび割れ)とか
隙間とか目地の割れなんかほぼ皆無ですし、
室内も天井とか壁のクロスには全く「汚れ」はないと思いますし、
建築会社在職の私が言うのも何ですけど、どうみても施工後14年の家にはあんまり見えないです・・(笑)

だけど外装関係はまだいいとして、家の中の設備関係はさすがにそろそろがたついてきた・・みたいな感じもあったりします。

最近もウォッシュレットの水が一時的でしたけど数分間止まらなくなって焦ったり(汗・・)
キッチンのイオン整水器の水が一時的に茶色っぽくなったり、
テレビモニターが一時的に画像が映らなくなったり、
郵便ポストの蓋が破損したりなどなど・・やっぱりこれだけ長い間住んでいると色々と不具合は
出てくるものですね。

そうした中、先日、あれれ・・?と思ったのは、24時間計画換気システムの給気ファンからの異音発生でした!

突然ウォンウォン・・とモーターの異音が発生し、なんとなくですけど、モーターから焦げたような匂いも
感じたもので、スイッチは止めざるを得ない状態になってしまいました(滝汗・・!)

あ・・ちなみにですけど「24時間換気システム」とは何かと言うと、室内の空気をファンなどの機械を使って
2時間に1回、家中の空気が入れ替わるよう計画的に換気して、24時間常に新鮮な空気を維持するためのシステムです。

住宅の高断熱高気密化にともない、ホルムアルデヒト・VOCをはじめとした化学物質によるシックハウス症候群の増加が
問題になり、2003年に建築基準法が改正され、
24時間換気システムを設置することが義務づけるようになった経緯があります。

だから最近の家にはほとんどこうした換気システム装置は見られると思われます。

参考までに、24時間換気システムの方式には第一種換気から第三種換気までの3種類の方法があります。

◆第1種換気

給気と排気の両方にファンを使って、強制的に換気するタイプです。

◆第2種換気

給気にファンを使って強制換気をして、排気は自然換気をするタイプです。

◆第3種換気

給気は自然給気で、排気にファンを使って強制換気するタイプです。
最も一般的に行われている方式です。極寒の北海道やスウェーデンでも9割以上はこの方式が採用されています。

ちなみにうちの換気システムは、第1種換気タイプで、給気も排気も換気扇という機械が
24時間稼働するタイプです。
24時間モーターで動かしていますので、そりゃやっぱり・・14年も経過すると、モーターも限界が
来てしまった・・という感じですね。

こういう時、勤務先が建築関係だとある意味ありがたいです・・

給気ファンとか排気ファンは基本的には一つ5000円~7000円程度の安いものですけど、
これを電気工事店等に依頼すると、人件費の問題もあり、大体結局は2万ぐらい請求されるのかな・・?
私の場合、社員ということでほぼ原価通りで請求書は部材の原価だけで済むというのは、助かりますね・・・



換気



建築基準法では、24時間換気システムで必要な換気量は0.5回/h、
つまり、2時間に1回家中の空気が入れ替わる換気量を確保しなければならないと定められています。
換気量が少なすぎると、健康に悪く、逆に多すぎると、冷暖房のロスが大きくなってしまいます。

自然換気だけに任せていると、換気量は気象条件により大きく影響を受け、適切な換気量の確保は不可能です。

ですから、24時間換気システムは健康な暮らしと省エネのためには、必要不可欠なものですけど、、
その重要性を理解している住宅業界関係者でも実はあんまりいないのかもしれないですね・・(滝汗・・)

給気という事はモーターで空気を強制的に入れるという事で、冬は寒いとか深夜になるとモーターの音が少しうるさい
みたいな事も起きたりして、
こうした換気システムのスイッチ自体を切ってしまっている人も結構いると思いますよ・・・

今回は換気システムの不具合でしたけど、最近はなんとなく「給湯器」の調子があんまりよくないのも
気になってします・・・
浴室や洗面所のお湯が以前よりは高温になるのに時間が掛かるとか前兆は既に出ていますので、
そろそろ交換時期なのかな・・・?
なんか色々と余計な出費が掛かりそうな雰囲気もありそうですね・・・(泣・・)

あ・・最後に・・

こうした給湯器の交換を東京ガスとかエネファームに依頼すると、大抵の場合「定価」が見積り出されますので、
給湯器は地元で実績がある工務店に依頼した方がいいのかも・・?
こういう所は、定価ではなくて、卸価格に利益を乗せたものを見積もりますけど、それでも定価そのまんまの
東京ガス等よりは全然安いと思いますよ! (笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

持ち家のお話、とても参考になりました。
私の母も、家賃払うぐらいなら家買ってしまいなさい、とよく言っていたものですが、遊牧民的な暮らしが好きな私は全く従っていません。専門家によれば、持ち家は負債である!とまで断言している人がいるようですね。
本日の記事を拝見して、長いスパンで考えてみると、どっこいどっこいなのかな、と思いました。
要は短所と長所を踏まえたうえで、より納得できる選択肢を選ぶといったところでしょうか。

こんにちわ~(^^)/
何でしょうね、こういうのって、いっぺんにガタがきたりしますよね~
うちの換気扇も中から異音が一時期してました
バタバタって羽音みたいなのが
何か居たのでしょうか・・・・(怖

私の家の給湯器は最近壊れて、
突然使えなくなって何かと大変でした。
まだまだ寒い時期に壊れると最悪ですね💦

なんとなく壊れそうかなぁと思ったら、
早めに修理などするのが
いいのかもしれませんね(^_^;)
私の場合は、
ついつい まだ大丈夫だろう、と
先延ばしにしちゃう事が多いです💦

永遠の課題

八咫烏(冬眠中) 様


賃貸か持ち家かというのはよく議論される事ですけど、結論はないと思いますしどちらも正解なのだと
思います。
理想は現金で一括で買う事ですけど、そんな事できる人は少数派だと思いますが、
ローンを組む事に抵抗があるかないかの違いが持ち家か賃貸なのかを分かれさせる鍵なのかな・・とも
思ったりもしますね。

異音は・・・


Cれに 様


住宅関連の機械系ってそうですね・・・大体持って13~15年が一つの交換の目安と言われていますので、
同時期の施工ならば、大抵同じ時期にガタがくるケースが多いですよね・・・

換気扇の異音は結構ヤバいのかも・・??

放っておくと、モーターの焼き切れ→火災の原因にもなりかねないでかので、早めの交換がいいのかも
しれないですね・・

給湯器

kirakiya.rumari  様

給湯器はですね・・・大体13~15年が交換の目安ですけど、大抵の場合、ある日突然壊れることが多いもので、
あんまり前兆みたいなものはないケースが多いので、
kirakiya.rumari 様の場合は、むしろ普通じゃないのかな・・とも思ったりもします。

給湯器は実は修理してもあまり意味がなく、部品交換で直る場合もありますけど、短期間で再度壊れることが大変多く
壊れたら即交換というのがこの業界の鉄則と言えるのかもしれないです。

大変ね~。

持家あるあるですよね。
給湯器は、まあ~壊れますね。
うちも取り替えました。
水回りも危険(笑)
そして、壊れる時は一気ですからね。

コメいただいてたのに返事が遅くなってしまいごめんなさい。
復活しました~。

家の設備は一気にガタがくる・・??

mama.ikuko 様


確かに・・・家を新築した場合って最初の頃はいいのですけど、大体15年前後が一つの節目で
屋根・壁・家の設備が壊れ始めるのも大体この頃で、
一つが壊れるとそれに連動するみたいにどんどん色々なものが不調になっていくというのは
よくある話で、
同時期に購入した家電製品も同じ事が言えるのかもしれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3552-b3d9512f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |