プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
25位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日なのですけど、仕事帰りに何気なく最寄駅校内の自動販売機を眺めていたら、
なんだかとてつもなく気になる商品が置いておりました。
それが何かと言うと「シュークリーム」でお馴染みのビアードパパが作った自動販売機の缶ジュースの一つである
「飲むシュークリーム」でした!

「飲むシュークリーム」なんていうネーミングがなんだかとっても気になってしまい、一缶140円と正直
「随分高いよなぁ・・」という印象ではあったのですけど、どうにもこうにも気になってしまい、ついつい一本
購入しちゃいました。

「ビアードパパの飲むシュークリーム」は、
シュークリーム専門店「ビアードパパの作りたて工房」のシュークリームをイメージしたドリンクで、
2017年3月21日からJR東日本に設置されているエキナカ自販機acure<アキュア>の一部にて先行発売されています。
全国販売は4月24日から予定されているとの事です。

現時点では自動販売機での販売のみで、ビアードパパの実店舗では販売されていないとの事です。

というか私も全然知らなかったのですけど、シュークリームでお馴染みのビアードパパの運営会社は
実はお茶漬けで有名な永谷園のグループに既に経営統合されていたのですね!
そうした事情でこの「飲むシュークリーム」も永谷園から販売をされています。
というか、永谷園は、お茶漬けとかふりかけだけの会社では既になかったのですね。
永谷園は、今現在はどうかあまりよく分からないのですけど、永谷園が運営する直営のファミリーレストランが
埼玉にも何店かあり、ここで何度かご飯を食べた事がありますが、やはり当たり前の話なのかもしれないですけど、
「お茶漬け」も単独メニューとして入っていましたし、
定食の中にもお茶漬けと普通の白いご飯が選べるようになっていたメニューも当時あったように記憶しています。









ビアードパパの「シュークリーム」は既にシュークリーム好きの皆様には既にお馴染みのブランドと言えるのだと
思います。
もちろん、私も大好きですし、うちの奥様も大好きです。
ビアードパパのお店が近くに無いものでして、このお店がテナントに入っているショッピングモールに出かける場合は、
結構な確率で買わされることが多い洋菓子です。
あのパリパリッとした皮に甘~いクリームは、まさにシュークリームの王様!と言っても過言ではないのかも
しれないですね。
結構甘みが強くて、あのバニラビーンズが風味を引き立ててくれて、かなり濃厚なクリームが印象的ですね!
シュークリームとしては既に「確立されたブランド」と言えるのかもしれないですね。

だけど永谷園としてもビアードパパとしても「思い切った挑戦」を仕掛けたと言えるのかもしれません。
シュークリームとしては、既に知名度も実績もブランドも申し分ない商品でありますから、
ここで「ジュース化」というある意味余計な事(?)をしてくれたおかげで、
大爆死という戦略的敗北になってしまう可能性もありますし、両社にとっても
マイナスイメージにもつながる可能性がありますので、失敗は絶対に許されそうもない・・みたいな雰囲気も
あるんじゃないのかな・・?とすら感じさせてくれますね。

そうしたある意味「危険な挑戦」をあえてやるという事は、両社にとっても事前の消費者モニター等によって
「これはいける!」みたいなある程度の確信があったからこそ、
こういう商品を出したと言えるのかもしれないですね。

さてさて・・一体お味はどんなものなのでしょうか・・・?

横にいる艦これの春雨ちゃんもどことなくですけど「心配だけどちょっと楽しみなのかも・・?」みたいなお顔を
されているのかな・・?? (笑)



CIMG0160_convert_20170327234653.jpg



中身を開けてみました。

見た感じはヤクルトっぼい色ですね。いかにも「甘~い乳製品飲料」という感じがしますね。

さてさて飲んでみると・・うーーむ・・めちゃくちゃ甘いです! というかかなり「甘過ぎなのかも・・?」という印象が
大変強いです。
味がとてつもなく甘い割に後味さっぱりという感想なのですけど、
「ビアードパパのシュークリームをイメージしたドリンク」という先入観で飲んでしまうと、大変申し訳ないのですけど、
かなり落胆されるのかもしれないですね・・・(汗・・!)
シュークリームよりは、ミルクセーキ・・甘すぎるプリンみたいな味という感想しか出てこないですね・・(滝汗・・!)

ビアードパパのシュークリーム自体はとつても美味しいです!
それでは、シュークリームとシュークリームドリンクの相性はどんな感じてしょうか・・?
試してみました・・!
結論なのですけど、相性はあんまりよくないです。
甘さのレベルがそもそも全然違うというのか、飲むシュークリームの方があまりにも甘すぎるせいか、
飲むシュークリームの甘さがシュークリーム本体の甘さを打ち消しているような感じもあります。
飲むシュークリームと一緒に食べるお菓子と言うのは、むしろ甘さを抑えたクッキーとかビスケットあたりの方が
良さそうな気もしますし、
ビアードパパのシュークリームと相性がよさそうなドリンクは、砂糖無しの紅茶とか抹茶の方がいいような気がします。

うーーむ、これは商品としてはどうなのかな・・?

なんか申し訳ないのですけど、商品しては「玉砕・・」みたいな予感がありそうですね・・(滝汗!)

「甘さ」を求めたい場合とかとにかく甘いものが飲みたい!という時にはうってつけの飲み物と言えるのかもしれないですね。

そうですね・・これは「飲むシュークリーム」を飲むよりは、シュークリーム単体だけを食べた方が
いいのかもしれないですね・・・(笑)



15b86ef0-s_convert_20170328142703.jpg


97e62052-s_convert_20170328142737.jpg




さてさて・・こうした「飲むシュークリーム」というのは、味としては微妙なのかもしれないですけど(汗・・)
「キラキラ☆プリキュアアラモード」第4話でいちか達がシュークリーム作りで前半に爆発炎上とか焦げとか
オーブンに入れても全然皮が膨らまなかったりと大失敗を繰り返した際のあのシュークリームのお味よりは
まだマシなのかも・・?という感じなのかもしれないですね・・(笑)

いちか達は第8話でもお店自体が真っ黒こげになってしまう爆発炎上をやらかしてくれていましたけど(笑)
お菓子作りも「飲むシュークリーム」もそうですけど、
色々失敗と試行錯誤を繰り返していき、最終的には素敵なお菓子とか商品が出来上がっていければ
最高ですね! (笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんばんはです(^^)/
ちょこんと座る春雨が可愛いです(^^♪味としては個人的に最近飲んだ「プリンシェーキ」みたいな感じですかね?あれもなかなかの甘さでした。
プリアラではお菓子の失敗シーン、結構派手目に描かれていますよね。成功した時との対比的意味もありそうです。

読みながら、味を想像…
こんな味やなと飲んだ気に(笑)

急にシュークリームが食べたくなった人
のために、いつでも缶ジュースなら飲める!
っていう発想かしら??

でもやっぱり、シュークリーム食べたきゃ
シュークリーム買うかな〜(笑)

ぬくぬく先生の気になったて買う!は
よくわかるわ~(*´▽`*)

女の子たちに囲まれて
甘いお菓子がもっと甘くなりそうだ(о´∀`о)

シュークリーム(液体)おいしそう・・・なんだけど
やはり自分はあの皮がいいのであります!

こういうレポート的な記事はとても良いですね!^^
しかし、永谷園というと、お茶漬けというイメージしかないので、シュークリーム(液体)と言われると、なんだかとっても不思議な気分になりますね。
まあお味のほうはシュークリームとして考えると微妙、ということで^^;でもこういう先駆的な企業精神は評価すべきだと思います。私も機会があったら、試してみたいと思います^^

甘すぎ・・??

ごにぎり 様


そうですね・・ポッカの「プリンシェーキ」よりもはるかに甘いと思います・・(笑)

もう少しシュークリームらしい風味は欲しい感じはしますけど、生クリームの感覚を缶ジュースとして出すには
今の所これが限界なのかもしれないですね。

春雨ちゃんを褒めて頂きありがとうございます! (笑)

プリアラの第8話でもいちかが爆発炎上をやらかし、ゆかり以外の4人が黒焦げ状態とと言うのは
とても楽しかったですけど、
ゆかりが今後なにかボケ役とか変顔もたまにはして欲しいなぁ・・とも思っています・・(笑)

これはですねぇ・・・(笑)

napo 様


これはですねぇ・・結論から申し上げると、こうした価格が高めの「飲むシュークリーム」を無理して買うくらいなら、
セブンイレブンのあの「ジャンボシュークリーム」を買った方が
全然ましという感じなのかもしれないですね。

缶飲料で「シュークリームらしさ」を出すというのはもしかして至難の業なのかもしれないですし、
今後のこうした大胆な挑戦も楽しみではありますね・・(笑)

私って結婚前までは少なくとも甘党ではなかったのですけど、男の子というのは、やっぱり女の子に何かと
色々と影響を受けるものなのですね・・(笑)

ありがとうございます!

みけねころんそう 様


このジュースと共に映っている可愛い女の子のフィギュアにも気づいて頂き嬉しいです!

みけねころんそう さんにも一度描いて頂けた春雨ちゃんは、とっても可愛いですよね! (笑・・)

やっぱり女の子とこうした甘いお菓子の相性は抜群ですよね。

シュークリームのパリパリッとした皮も素敵ですよね! 皮とクリームのコラボがあのシュークリームなのだと思います。

永谷園・・

八咫烏(冬眠中) 様


永谷園とシュークリームというその「意外さ」が面白いと思います・・(笑)

今回はあくまで実験的試作なのかもしれないですし、多分ヒットする事はないと予想するのですけど、
今回の失敗(?)を教訓として、
これからのもっと素敵で大胆な商品開発に期待したいと思います! (笑)



コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3550-e07521f9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |