プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
70位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
13位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ロッテの「雪見だいふく」って昔からとっても大好きです!

季節はたとえ厳冬の真冬であっても、とてつもなく寒がりの私ではあるのですけど、
時に雪見だいふくが無性に食べたくなる時があるのも不思議な話だと思います・・(笑)
例え外は寒くても、温かい車内とか家でこたつに入りながらぬくぬくしながら(?)雪見だいふくを食べる時って
なんか知りませんけど「至福の瞬間」すらも感じちゃいます! (笑)

この雪見だいふくが初めて世に出たのは、確か私が高校生あたりの頃だったと思いますが、
最初にあれを食べた時の驚きと新鮮な嬉しさはなかったようにも記憶しています。
というか、お餅とアイスの組合せを考え付いた御方は、本当に天才なのだと思います!

温かみあるイメージの強い和菓子の大福餅と冷たい洋風のアイスクリームという全く対照的な二つの食材から
作られているというあの意外性は発売当初から斬新だったと思います。
こんなにも美味しいのだから、夏本番の暑い時期にも「この雪見だいふくを食べたい!」と思っていても
実は制約があるのですよね!

実をいうと、「雪見だいふく」というアイスは、2つのサイズが商品として存在しています。

一つ目は、2個入りパッケージのものです。これが一番私達にも馴染みが深いですよね。
そして二つ目は、「ミニ雪見だいふく」9個入りのパッケージです。

意外な事なのかもしれないのですけど、夏本番の暑い盛りの際には「あの冷たくて美味しい2個入りパッケージの
雪見だいふくを食べたい!」と思っていても、実は販売自体されていないのですよね!
実をいうと、雪見だいふくは基本的には、「冬季限定販売」で、9月〜4月だけの販売なそうです!
(というか、この事実を知ったのはつい最近の事であり、雪見だいふくはアイスなんだから、一年中売られているものと
思っていました! )
ちなみにですけど、「ミニ雪見だいふく」9個入りの方は、これは実は通年販売されています。
だから真夏の盛りにどうしても雪見だいふくを食べたいというのでしたら、このミニサイズを買えばいいのですけど、
あんなちっこい雪見だいふくを食べても、なんか「ちょっと違うよね・・」と感じてしまいます。

餅はそもそも冷やすと硬くなってしまうため、硬くなりにくいような糖類やでんぷんを使用しているとの事です。
これはロッテによる特許だそうですが、これは冷やして硬くくなりにくい反面、
温まると餅部分がドロドロに溶けてしまって食感が変ってしまい、
美味しく食べられなくなってしまう可能性があるため、夏には販売しないとの事です。
ミニサイズなら一口で食べらますけど、2個入りの普通サイズは食べるのに時間が掛かって溶ける割合も多くなるから、
ミニサイズだけは通年販売がされているとの事らしいです。




髮ェ隕祇convert_20170324181647



繧・″縺ソ_convert_20170324181713



さてさて・・これは昨年の話ですけど、ロッテの「雪見だいふく」に新商品が登場していました!

それが「雪見だいふく おしるこ」ですけど、とにかくこれは是非是非お勧めしたいです!
とにかくめちゃくちゃ美味しいです!!

あずきアイスをおもちで包んだシンプルなものですけど、
アイスには、あずきとあずきの煮汁で炊き上げたこしあんが混ぜ込まれていて、
元々の商品自体に「本格的なおしるこの味わい」が楽しめるようになっています。
そうですね・・この「雪見だいふく おしるこ」ですけど、感覚としては普通のバニラ味の雪見だいふくを
熱い「餅なしのお汁粉」の中に放り入れたような感覚の味に近いと思います。

既にネットで紹介されている話ではあるのですけど、この「雪見だいふく おしるこ」を電子レンジで10秒ほどチンすると、
まさに「気分はおしるこそのまんま!」というとっても美味しいとろーーーっとした和スイーツが完成されます!
この電子レンジ雪見だいふくはとっても美味しいですし、これはお勧めですよ!
それとこれまた変な組み合わせですけど、食パンの上に溶けるチーズを乗せて1分ほど電子レンジで加熱し、
更にその上に「雪見だいふく おしるこ」を乗せて電子レンジで15~20秒ほど加熱させると、
極上のあま~いサンドイッチの完成です! (笑)
この感覚は、小学生だった頃、とてつもなく不味い激マズ給食のメニューの中に、
「食パン・牛乳・ひじきの炒り煮・イカと里芋の煮っ転がし・プリン」という今ではあり得ないような組合せもあったりしていて、
食パンと里芋・ひじきがどうやって合うのたろう・・? そして更に牛乳・・?と当時は感じていたものでしたけど、
その組合せの不味さをほんのちょびっと回避させる方法として私が編み出した技とは、
「食パンの中にプリンを挟んで食べる」というもので、最初にこれを食べた時は
「うーーん、これはヨーロッパの牧場の味」と思っていたものでした・・(汗・・!)
食パンに雪見だいふくを乗せて加熱するというものは、なんとなくですけど「食パンにプリンを挟む事」に
少しだけ近いようなものがあるのかも・・・??



繧阪▲縺ヲ_convert_20170324203325



ロッテの「雪見だいふく」ですけど、主にどこで生産されているのかと言うと、
意外な事でしたけど、埼玉県内の浦和と新狭山の工場との事です。
(一部は九州工場でも作られているとの事です)
武蔵浦和駅周辺には、「ロッテ浦和球場」と言う千葉ロッテマリーンズの2軍球場があり、
埼京線や新幹線からこの球場もよく見えるのですけど、実はなのですけど、その周辺に名物施設があり、
それが何かと言うと「ロッテ・浦和工場」なのです。
このロッテ浦和工場は、武蔵浦和駅からも結構近いのですけど
この工場の近くは、何となく気のせいという感じもありますけど、微かに「チョコレート」の甘い香りが漂っているような
気もします。(多分気のせいだとは思いますけどね・・笑)
この浦和工場では、雪見だいふくの他に、ガーナチョコレート・コアラのマーチが主に生産されているとの事です。
このロッテ浦和工場は、事前の予約が必要ですけど「工場見学会」もかつては開催されていたようにも
記憶しているのですけど、今現在でもあれ、やっているのかな・・・?




lotte_convert_20150317231345.jpg




上記でちらっと書いた通り、ロッテ工場の近くに、
千葉ロッテマリーンズの二軍本拠地として使用している「ロッテ浦和球場」があったりもします。

実は、私、以前もこのブログで書いたことがあると思いますが、
子供の頃からロッテファンでもあります!
なぜかと言うと、
昔、ロッテは、マリーンズではなくてオリオンズ時代の1970年代中盤頃に「本拠地」が無い時代があり、
「準本拠地」として、現在楽天が使用している宮城球場を使用していた時期があり、
1970年代中盤に仙台で野球に関心があった少年の大体30%程度はロッテファンだったと思います。
そんな理由で、私自身も小学生の頃はロッテが大好きで
野球帽は当然オリオンズの帽子を被っていました・・・・(笑)
だから、その名残で私は今でも、たとえロッテの本拠地が千葉であったとしても、名称が千葉ロッテマリーンズであっても
ロッテの大ファンである事には何ら変わりはないです・・!

この「ロッテ浦和球場」ですけど、前述の通り、目の前が埼京線と東北新幹線ですので、
東北新幹線からこの球場はよく見えると思います。
武蔵浦和駅周辺をたまに車で散策すると、この球場は必ず目に止まりますね。
ロッテファンの立場で申し上げると、二軍とはいえ、ロッテに関係する球場が近くにあるのはとても嬉しいものです。
このロッテ浦和球場は、二軍のイースタンリーグも開催され、入場料は無料です。
収容できる観客席は200~300前後じゃないのかな・・・?
一度うちの奥様と二軍戦を観戦したことがありますけど、閑古鳥が鳴いていましたね・・・・(苦笑・・)

どうなんだろう・・・・? 千葉が本拠地の球団なのに
二軍が浦和というのは少しヘンなのかも・・・・??
以前からいずれは二軍も千葉に移るという話もあるようですけど、例え二軍であったとしても、
お気に入りの球団は、私が住んでいる地元にいてほしいものですね!



78337406_convert_20150501161517.jpg



ちなみにですけど、埼玉県ローカルショートアニメの「浦和の調ちゃん」に登場する別所子鹿と沼影彩湖の
お住まいに由来するのが、上記のロッテ浦和球場とかロッテ浦和工場がある武蔵浦和駅でもあります!

公式HPでも「現在第二期鋭意制作中!」と書かれているばかりなのですけど、
そろそろ正式発表があってもいいのかな・・?

もしもですけど「浦和の調ちゃん」の第二期の放映が開始されたら、とっても嬉しいものがありますね!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

雪見おいしいです!
ちっちゃいのもそれはそれでいいけど
食べごたえあるのがいいですね(^q^)
おしるこも好きです!
小豆好きです!!

雪見だいふく大好きでした!最近は、ちょっと事情があって食べていませんが、あのおもちとアイスの合わさった食感が大好きです!
しかし、夏、売りに出していないとは知りませんでした。
秋冬限定なんですね~。
埼玉県で作っているというのも初耳です。
あー、懐かしい食感がよみがえります。
あれを考えた人は確かに天才ですね^^

ぽちっと応援にきました
雪見だいふくってアイス、しばらく食べてないですねぇ
おしるこなんてのもあったのか

子供の通っている小学校(普通の市立の小学校です)では、
雪見だいふくが給食にでるそうです。人気があるので、
学年末の給食終了には必ず出るそうで…。
その給食の雪見だいふくは2個で1個の包装でなく、1個ずつ
包装されているそうですよ(^^)1個ずつ配れないと、
争いのもとになりますものね…。

雪見だいふくって、冬季限定商品だったんですかー!?
私はたった今、ぬくぬく先生さんのブログで知りました(笑)
雪見だいふく美味しいですよね(*´∀`*)

冷凍庫から出したばっかりのヤツだと、お餅が硬すぎて付属の爪楊枝(っぽいプラスチックのアレ)が刺さらなくて悲しいですけど・・・!
なので私は、10分くらい放置してから食べるのが好きです(笑)

おしるこ味なんてのもあったんですね~、これも初耳です。
見かけたら、レンチンして食べてみようかなぁ~(*´∀`*)♪

おしるこ最高!

みけねころんそう 様


雪見だいふくのおしるこ味はお勧めですよ!

「冷たいおしるこ」という感じでもあるのですけど、やはり小豆は大福もそうですしどら焼きも
そうですけど、まさに日本人のソウルフードのおやつの足背なのかもしれないですね。

熱いおしるこも素敵ですけど、こういう冷たいおしるこも最高だと思います! (笑)

ロッテ

八咫烏(冬眠中) 様


そうなんですよ!

埼京線からも見えるロッテの浦和工場であの雪見だいふくが作られているのでした! (笑)

ちなみにロッテの新狭山工場でも作っているのですけど、大変古い話なのですが、ロッテの二軍は、昔は
その新狭山工場内にあったとの事らしいですね。

雪見だいふくは確かに発案された人は天才としか言いようがないですね(笑・・)

いつもありがとうございます

てかと 様


いつも応援して頂きありがとうございます。

雪見だいふくはとっても美味しいですよね!

おしるこもそうですけど、最近は「みたらし団子」味の雪見だいふくも実はあったりもします・・(笑)

給食にも出ているのですね!

薬屋の嫁 様


へ――、雪見だいふくみたいなスイーツが今や給食にも出される時代になっているのですね!

それは初耳でした!

給食の人気メニューというのも全く当然!という感じですね!

ちなみにですけど、私の世代ですと、給食にパンではなくて「ごはん」が初めて登場した時代と
重なります。
あの頃は、ご飯にプリンとかチーズが普通に出されていましたけど、
それもご愛嬌のうちですね・・(笑)

夏ではなくて冬限定!

めろ子 様


そうなんですよ! アイスなのに夏限定ではなくて冬限定と言うのがミソですね!

確かに夏場はすぐに溶けちゃいそうで餅がびしょびしょになるのはちょっと抵抗がありますよね・・・(笑)

ちなみに8個入りセットは一年中売られています。

そうそう、最近では、おしるこ味の他に「みたらし団子味」も売られていて、
雪見だいふくも年々進化を重ねているといえるのかもしれないですね!

今食べたい…。

食べたい…、今すぐ食べたい。
おしるこ味でも普通のでもいいから…。

と思う時に限って、固すぎてなかなか食べられないのが雪見だいふくなんですよね。

私はミニ派なんですけど、娘も旦那も普通派です。
もめるよね~(笑)

固い時は電子レンジを・・・

mama.ikuko 様


雪見だいふくって結構カチンコチンに固くなっていて、プラスチックの楊枝が貫通出来ない事も多々ありますので、
そういう際は電子レンジで10秒ほどチンすると、
柔らかくなってトロ―――ッとしてきますからお勧めですよー(笑)

おしるこ味もいいけど、最近発売された「みたらし団子味」もお勧めですね!

雪見だいふくはどの味も美味しく、2個入りじゃ物足りず3パックぐらいまとめて買うことが多いですね(笑)
おしるこ味はずっと気になっていたので今度買い物するときは買い物かごに入れたいと思います^^

ぬくぬく先生さんのロッテファンに至るまでの話を聞けて嬉しいです(´∀`*)
あとロッテの工場の近くに球場があるとは、ロッテファンにとっては嬉しいですよね(°∀°)
まさかの浦和でしたか…!埼玉というと西武球場を思い浮かべてしまう西武ファンでした(;´д`)

イースタンに通ってますが、ロッテ球場、久しく行ってません。
西武2軍との試合、平日開催ばかりで
営業回りの時に、脇道から様子を伺うくらいです。

チョコレートの甘い匂いの中で
試合観戦をするのも、他では体験できなさそうで
面白いと思います。

埼玉は・・・

Bär 様


埼玉というとどうしても浦和レッズとか大宮アルディージャばかりが目立ちがちですけど、
実は所沢にはライオンズが古くからいますし、
浦和にはロッテの二軍もありますし、更に更に・・戸谷はヤクルトの練習場もありますから、
意外と野球にも縁があるエリアなのかもしれないですね・・・(笑)

雪見だいふくは、おしるこ味もいいですけど、「みたらし団子味」もお勧めしたいですね・・(笑)

戸田でもたま~にやっていましたね・・

tsukasatan ⅹ教祖ⅹ 様


ロッテの武蔵浦和の二軍球場は「観客席が少ない」のが難点なのかもしれないですね・・・(笑)

印象としては閑古鳥が鳴いているけど、元々の観客席が少ないから丁度いいという感じでも
ありますね。

そうそう、ご存知とは思いますが、戸田にはヤクルトの練習場もあったりして、
たまにですけどここで練習試合が行われていたりもして、それを見るのも楽しいのかも
しれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |