プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日なのですけど、自治会主催の連合町会対抗のソフトボール大会が開催されました。
こうした行事は本来は土日開催なのですけど、当初予定されていた日程の際には雨で順延されてしまい、
順延となった日がなんと平日!
こりゃ・・参加者なんてほぼ皆無だよね・・と思っていたらまさにその通りになってしまい、
土日祝日は仕事のため不参加という明確な(?)理由がある私なのですけど、
急遽平日開催となってしまい、「このままでは9人すら揃わない・・こりゃまずい・・」という感じで、
一度は辞退したはずの私にまで再度お声が掛かってしまい、開催された平日は、私も休みであったため、
ついつい試合後のお弁当とお菓子支給という言葉に誘惑されてしまい、そのソフトボール大会に参加をさせて
頂きました。

ソフトボールなんてすごい久しぶりでしたね・・というかグローブをはめたりバットを振った事も
なんだかとてつもなく「懐かしい・・」という感触だったほどでした。

だけどこんな平日の昼間にこんなソフトボール大会開催しても、ちゃんと選手揃うの・・? 大丈夫・・??という危惧もありましたが、
その予感は大当たりでした。
というか他のどのチームも平日開催という事で現役世代の皆様の参加はほぼ期待できません。
「こりゃ、メンバー全員、年金受給者世代なのかな・・?」と思ったら、まさに「その通り!」という感じになってしまい、
この私が・・なんと・・! チーム最年少という体たらくでした・・・(汗・・!)
「あんた、一番若いのだからピッチャーやってよね・・!」という長老(?)からの鶴の一声で、
多分、高校の吹奏楽部でたまにやっていたレクリェーション以来なのかな・・? とてつもなく久しぶりに
ピッチャーなんてやる羽目になってしまいました・・(汗・・!)
ソフトボール女子のあの剛腕・上野投手みたいなあんな剛速球なんてとんでもない・・!
まさにボールにハエが止まりそうなへなちゃこ山なり超スローボールを投げる事が精いっぱいでした・・(笑・・)
案の定、試合自体は一回戦でボロ負けし、すぐに帰る事が出来たのは救いだったのかも・・?
というか、私以外のご長寿メンバーは、みなさん元気は元気なのだけど、
動きは超スローだし、「走る」というよりもよたよた這いずり廻っているようなものですし(汗・・)
ゴロが転がってきても、まるで子猫がボールを弄んでいるかのように、ボールが手についていない様子ですし、
バットを振っているというよりは棒に振り回されている・・みたいな感じでした・・(笑)
見ている私も、「あんな張り切っちゃってぎっくり腰でも起こさなきゃいいけど・・」みたいにハラハラさせまくり・・という
感じでもありました。

だけど、そういう私自身も、翌朝は首から肩・腕・太ももが筋肉痛で、とにかく動くのすら面倒くさい・・
痛くて痛くてたまらん・・!という有様でした・・(汗・・!)
やっぱり普段の運動不足とか最近の体力低下は、我ながらひどいものがあるなぁ・・と感じたものでした。

さてさて、そんな私でも、実はなのですけど、一度だけ私自身が選手として出場をさせて頂きました
ソフトボール大会で、なんと・・! 「優勝」をさせて頂いた事もかつてはありましたぁーー! (笑)
確か私がまだ20代後半の頃で、今現在とは全然違ってまだ体力も有り余っている頃の話でしたけど、
あの当時の私は山梨県のとある金融機関に在職していましたが、
そこの「中巨摩郡に支店がある金融機関によるソフトボール大会」が開催され、中巨摩郡内の銀行・JA・信用組合・信用金庫の
ほぼ全てが参加していたような感じで、出場チーム数も20チームは優に超えていたような記憶があります。
そのソフトボール大会は、一つの「ローカルルール」があり、何かと言うと、9人の選手のうち常に3人以上の
女子行員をメンバーに入れ、ピッチャーは必ず女の子にする」というものがありました。
当時私が在籍していた支店は、それほど大きな支店ではありませんでしたし、こういう場合慣例的に
支店長・課長・次長等の役席は選手として出場しませんでしたので、20代~30代の若手主体の少数精鋭で
控え選手はあんまりいなくて、スターディングメンバーの9人は、試合終了まで基本的にはフル出場という状況でした。
上記の通り、この時、私が在籍していた支店は、偶然とまぐれが重なり続け、まさかまさかの予想外の
決勝戦進出まで果たし、結果的に一日4試合をこなしたものでした!
(こんなハードな事、今では絶対に出来ないですね・・汗・・!)

この時のソフトボール大会というのは、意外に思うかもしれないですけど、
楽なポジションはキャッチャーなのかもしれないです・・(笑)
ポジション的にピッチャーが投ずるふんわりと山なりのボールを受け止める程度ですし、そうそう・・そのローカルルールでは、
盗塁禁止・パスボールの際の進塁禁止という大変ありがたいものがありましたので、
内野や外野がやらかすエラーは時に試合に重大な影響があったりするものですが、キャッチャーはそうしたやばいエラーは
ローカルルール上ではあんまりなかったため、楽だったと思います。
だから、その時私が選んだポジションは迷うことなくキャッチャーでした・・(笑)
他のチームは、元・高校野球球児がメンバーにいたり、スポーツ経験者とか女の子のピッチャーが元ソフトボール部とか、
事前にある程度練習を重ねていたりとか、それなりに戦力とか準備は整っていたとは思うのですけど、
私が出場したチームは、そんな経験者は皆無で、しかも事前の練習は一切無しで、文字通りのぶっつけ本番でも
ありました。
それではどうしてこんな素人同然のポンコツチームがこの年に優勝できたのかと言うと、
この時私とバッテリーを組んだピッチャーの女の子がある意味・・「魔球」みたいなものだったからです・・(笑)
その子は、野球もソフトの経験はおろか、運動経験すら無かったのですけど、試合開始30分前に
「それでは誰がピッチャー務めるの・・?」との話になった際に
全員に一度ピッチングさせてみて、一番コントロールがいい子にしようとなり、その投球練習の際に、
ほぼストライクばかり放り込める子がピッチャーになったのですが、その子のボールがある意味とんでもないものでした!
何かと言うと、放り投げたボールはほぼ100%ストライクなのですけど、スピードはほぼ皆無で、
とてつもないヘロヘロボールで、打者としても「なんだこのヘロヘロボール・・こんなボールいつでも打てるじゃん・・」みたいに
ついつい錯覚してしまうのですけど、そのヘロヘロボールがバットに当たる瞬間に
なんか知らないのですけど、微妙に変化するのです!
「揺れる」とか「手元でストンと落ちる」とか「変化球」という感じでは全く無いのです!
私自身、その時キャッチャーをしていて一番間近で見ていた人間の感覚としては、「バットに当たる瞬間に微妙に変化する
というのか微かに落ちる」のです!
打者もこんなボール簡単にバットに当たるじゃん・・と思っていて、スイングをしてバットにボールが当たる瞬間に
うまいことタイミングが微妙に外されるような感覚になるのだと思います。
投げている女の子は、そうした「バッターのタイミングを外す」とか「変化球を自分が投げている」という感覚は
皆無だったゆえに、まさに「無意識の微妙な変化」だったのだと思います。
本人は打者を打ち取ろうという意識は全く無くて、いわゆる「女の子投げ」みたいな感じでひょーーい・・と投げるのですけど、
それがどうにもタイミングをうまく外すという感じなのです。
決して三振はとれないのですけど、バッターのほとんどは、タイミングが外されて、サードゴロとかキャッチャーゴロとか
そんなのばかりで、あんなへなちゃこボールなのに、外野にほとんど飛ばないから不思議なものがありました。
あの時結構多かったのは、当り損ねの結果としてのキャッチャーフライみたいな感じで、後ろに飛ぶという感じで、
キャッチャーの私としては、「あ・・結構面倒・・」みたいなものもあったと思います・・(笑・・)

今にしてみても、あれ・・不思議な感覚でしたね・・

どうしてあんな山なりのへなちょこボールがバットにうまく当たらず、ほぼ全てボテボテゴロかキャッチャー小フライになるのか、
どうしてあんなにもタイミングが外されるのか、
間近で見ていてとにかく不思議でたまらないものがありました。

そんなこんなでなんかとんとん拍子に結果的に優勝が出来ちゃいましたぁ―! (笑)

だけど、俗に「二匹目のドジョウはいない・・」と言われますけど、翌年の大会で、その女の子と再度
バッテリ―を組んだのですけど、その時は、その子も妙なスケベ根性というか成功体験が足を引っ張ったのか、
ああした微妙な変化のボールはほぼ投げられず、一回戦でコールド負けを食らってしまいました・・(汗・・)




縺贋コャ縺輔s_convert_20170324181611



そうですね・・あの時の打者の感覚は、大変古い漫画になってしまいますが(汗・・)
「巨人の星」の星飛雄馬が投げた「大リーグボール3号」という「ボールがバットを避ける魔球」に
近いものがあったのかもしれないですね・・(笑)
ちなみにですけど、大リーグボール3号というのは、
下手投げから投じられる超スローボールは打者がバットを振る際に生じる風に乗り、
バットを避けてミットに収まるという空前絶後の魔球でもあります! (笑)

これ・・よく言われる話でもあるのですけど、星飛雄馬ほどのとてつもない速球投手が、一定の緩急さえちゃんとつければ
あんな「巨人の星」で酷評されたような「ホームラン配給王」になる事はほぼ無いと思います。
ではなんで、星飛雄馬みたいな剛速球投手があんなトリッキーな大リーグボール1~3号を開発する羽目になったのかと言うと、
二つほど理由があると思います。
一つは飛雄馬の親父の星一徹が頑なに剛速球にばかりこだわり、飛雄馬に変化球を一切教えず、
打者との駆け引きとかボールをちらすという事を飛雄馬自身も、どちらかというと「邪道」みたく思っていた節がある事で、
二つ目は、1960年代後半の日本の野球界では「体重の軽い投手が投げる球は軽い」という俗説が信じられていて、
飛雄馬もプロ野球の世界に入って、左門豊作からいきなり開幕戦でホームランを打たれると
「自分は体格が小さくボールが軽いから、プロでは剛速球投手としては通用しない・・」と勝手に勘違いをしていて、
その結果として、「プロでも通用するとてつもない魔球を生み出す必要がある」と考えたからなんでしょうけど、
体格が小さい投手がプロで通用するケースだった多々ありますし、例えばロッテと巨人で活躍した前田投手だって、
かなりのちびっこ投手でしたけど、十分すぎるほどブロでも通用していましたよね!

ちなみにですけど、大リーグボール3号のヒントになった場面は、
スケバンの京子(後の左門豊作の奥様・・!)が、「指をつめる」という例のあの一件の負傷により
小指をかばってリンゴを投げたところ、左門がそれを取り損ねた事を飛雄馬が目撃した事なのですけど、
考えてみると・・
あのウルトラ野暮ったい左門豊作が、当時で言うとんでもない不良のスケバンのチンピラみたいな京子・・お京さんに
一目惚れして、なおかつ結婚までしまうとは、ある意味とんでもない話でもありました・・! (笑)
考えてみると、左門豊作もお京さんも、もしかして・・10代での結婚だったのかもしれないですね・・・!

最後に・・・大リーグボール3号を巡ってのとある新聞社主催の座談会に出席していた3名のうち、2名は、
元ヤクルト監督の野村さんと「喝!」でお馴染みの張本勲でした・・(笑)
あと1名は、元ロッテのアルトマンでした!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

巨人の星

「巨人の星」は大好きな漫画です。

星飛雄馬が投げた「大リーグボール3号」について、ここまで詳細に書いてらっしゃるので、嬉しくなりました。

素晴らしい!!

巨人の星→伴宙太や左門豊作といったサブキャラも魅力的でしたね!

ミシェル・マーティン 様


今時「巨人の星」ネタを書いてもピンと来る人は少ないだけにこうやってコメント頂けるだけでも
書いた甲斐があったと思います(笑)
巨人の星は、とにかく魅力的なキャラが一杯登場していて、花形以上に伴や左門も大好きでしたね!

飛雄馬みたいな剛速球投手なら、少し変化球を覚えただけでも十分年間二桁勝利は間違いないと思うのですけど、
完全主義者の主人公がそれを許さなかった・・という感じでもありましたね・・

お疲れ様でした…
しばらく…筋肉痛ですよね…^^;
どうしても普段使ってない部位は
やられますもんね。

お疲れさま

それはそれはお疲れ様です。
筋肉痛がちゃんとやってきたのは、まだまだお若い証拠かも。
翌々日とかになって体が痛くなると、それはそれで笑えますけどね。

おかげ様で・・・(笑)

napo 様


おかげ様で・・(笑)

5回を完投できただけでも御の字ですね・・・(笑)

翌日以降、腰痛よりも腕に来たのは、いかに全身で投げていなくて「手投げ」であるかを
立証していたようなものでした・・・(汗・・)

若くないですよ・・・! (滝汗・・!)

mama.ikuko 様


試合に勝つという事なんかよりも、無事に完投できるという事の方がある意味貴重なのかも
しれないですね・・・
普段慣れない事をするという無茶というのも、そろそろ限界なのかもしれないですね・・・
次回以降はベンチ要員か代打要員の格下げですね・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3541-d6402053
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |