プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
70位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
13位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


不二家の「カントリーマアム」は定番ロングセラー商品ですよね!

不二家が数年前に例のあの不祥事で営業自粛をして店頭からケーキ・シュークリームが消えた際も
ルックのチョコレートとかカントリーマアム等の焼き菓子は、細々と生産・販売されていました。
あの時の不二家は結構マスコミから気の毒なくらいバッシングを受け続けていましたけど、
子供の時から「不二家のケーキ」とか「ペコちゃん」が大好きな私としては、大変苦々しく感じていましたし、
「早く平常な状態に戻って欲しいなぁ・・」と感じていたものでした。
あの当時は、スーパー等からも「ケーキ部門」ではないのにカントリーマアムとかルック等が撤去されていて
大変遺憾に感じていたものですけど、実は全小売店からカントリーマアムが消えた訳では無くて、
一部の小売店では細々とではありましたけど、カントリーマアムも引き続き販売されていて、
私も「応援・・」とか「早く改善点を見出して心機一転頑張って欲しい!」という意味で、カントリーマアムだけは
購入をし続けていました!

逆に言うと、そんだけあの「カントリーマアム」のあの味が大好きであった!という事なのだと思います。

ミルキーは「ママの味」とも言われていましたけど、「カントリーマアムもお母さんの味」なのだとも思います。
ミルキーはどちらかというと人工的な味みたいな感じもなくはないのですけど、
「カントリーマアム」は、どことなくあの「手作り感」みたいな味があるのが素敵だと思います!







oks-134963_convert_20170322153734.jpg



カントリーマアムってあのしっとりとしたやわらかさと甘さが本当に素晴らしいですよね!

口に入れるとふわっ・・としていて頬張ると口の中でさっ・・と溶けていくような食感が素敵ですし、
あの独特の甘さが美味しいと思います。
考えてみると、私って、30年以上カントリーマアムを食べ続けているんじゃないのかな・・と思いますし、
まさに「ロングセラー商品」だと思いますし、
誰からも「愛される資格のあるお菓子」の一つなのだと思います。

カントリーマアムの特徴ってなんなのだろう・・?

思いつくままに挙げてみると・・

1.カカオマスやカカオバターがたっぷり入った本物のチョコチップのおいしさを生の状態で閉じ込めています。
 クッキー自体を低温でじっくりと焼き上げ「しっとり感」を引き出しています。

2.クッキー自体を二重構造にしている。外側はサックリ層、内側はしっとり層にしていて、その食感が素敵だと
 思います。

3.手作り感覚のクッキー」という食感で、古き良き時代のアメリカンみたいなお菓子みたいな感じがします。

4.そのまま食べてもおいしいですけど、レンジで再加熱すれば、さらに焼きたての美味しさが再現できる
 というのも凄いと思います。

カントリーマアムは、基本はバニラとココアの二種類だと思うのですけど、
季節限定の商品の方が私的にはよりなじみ深いものがあると感じられます。
具体的には、春先のいちごと抹茶、夏場のソフトクリーム味、秋から冬にかけての宇治金時味とかかぼちゃ味などが
大変印象的ですし、
個人的には、いちごと抹茶とソフトクリームの味がとても気に入っています!

そうそう・・今現在は廃止になっていますけど、信玄餅味とか高知ゆず味とか丹波黒豆味とか沖縄黒みつ味も
大変印象に残っていますし、
他にはチーズケーキ味とかホットケーキ味とかあまおう苺味とかレモン味とかいちご大福味とか
チョコバナナ味も大変印象的でとても美味しかったです! (笑)




f65e4b12-s_convert_20170322180248.jpg



ちなみにですけど、「カントリーマアム」を自宅でそっくり同じものを再現する事は、
とてもじゃないですけと私にはできませんが(汗・・)
カントリーマアムもどきの「しっとりクッキー」は自宅でも案外簡単に作れると思いますよ!

ちなみにですけど、私自身も数年前に何度かそうしたカントリーマアムもどきの甘くてふんわりクッキーを
焼いたことがあります。
(当時はブログ未開設でしたので、写真でも残してあればよかったですね・・)

そのカントリーマアムもどきクッキーのレシピを下記に簡単に記させて頂きたいと思います。

それでは・・「キラキラ☆プリキュアアラモード」のピンク系主人公のいちかちゃんではないですけど
「レッツ・ラ・クッキング」ターイム!! (笑)

1.ホットケーキミックス・卵・サラダ油・砂糖をボールにいれてヘラでやさしくかき混ぜます。
  (いちかみたいにむきになって力任せに混ぜるのはNGです・・笑)

2.オーブンを180度に予熱しておきます

3.生地がまとまってきたら、ここに少し大きめのチョコチップを入れます

4.生地を手で丸くこねて、そして手のひらで押しつぶし、厚さ1cm程度の平べったい丸型に整えていきます。

5.あらかじめ余熱で温めておいたオーブンで約10分ほど加熱します。
 (当たり前の話かもしれないですけど、厚めだとしっとり感が増し、うすめだとサクサクカリカリ感みたくなります)

これはそんなに難しくないと思いますし、設定温度さえ間違えなければ、こげるとかしっとりしないという事は
多分ですけどそんなにないと思います。



5fb6e8cb-s_convert_20170322180229.jpg



fdde1264-s_convert_20170222195542.jpg




上記で一つのポイントは、材料をかき混ぜすぎない事と記しましたが、
まるで「スマイルプリキュア」のキュアハッピーの「気合だ、気合だっ、気合だぁーーっ!!」みたいに
やたらめったら材料を力任せにかき混ぜてしまい、結果としてオーブンで加熱しても全然ふくらまないで、
ケーキを作ったつもりがクッキーみたくなってしまった御方と言うのが・・・そう!  
2月から放映が開始された12代目プリキュアの「キラキラ☆プリキュアアラモード」のピンク系のいちか=キュアホイップ
なのでした!! (笑・・)

まったく・・この愛すべきポンコツちゃんのピンク系のいちかは、第一話に続けて第二話でも
やたらめったら材料をかき混ぜすぎてしまい、大失敗の繰り返しをやらかしてくれていましたけど、
第四話でも黒こげシュークリームの皮ばかり焼き上げていましたよね・・(笑)
いちかの「頑張ろう!」とか「美味しいものをみんなに食べてほしい!」みたいな素直な気持ちだけは
伝わっていたのは素晴らしかったと思いますし、
確かに最初は失敗ばかりでしたけど、今作は「スイーツ」とか「お菓子作り」が一つのテーマみたくもなっていますので、
今はダメダメでも、いちかのこうした「スイーツ作りの腕」の向上も、プリキュアとしての成長性と合わせて
温かい目で見ていきたいものですね・・・(笑)

それにしても本当に今作のピンク系プリキュアのいちかちゃんは可愛いですね!! (笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

カントリーマアム、あまり食べたことがないんですよー^^
でも知り合いはとても好きでした。
やっぱり例の事件のとき、残念がっていましたね。
料理をする際の基本は「赤子泣いても蓋とるな」ですかね^^
いちかちゃんのように全力過ぎると、かきまわせすぎたり、
火が強すぎたりしてうまくいかないのかもしれませんね^^
料理って奥が深いですよね^^

不二家さん

毎度ご来店ありがとうございます。
あの時は困りましたね。
LOOK、カントリーマームなど、定番製品が食べられませんでした。
毎年のクリスマスケーキなんて、こちらで意匠登録できるのでしょうに、全国津々浦々の洋菓子店が作ってますもの。
今も大好きなLOOKを食べながらコメントを打っています(笑)。
子供のころから親しんだ味ですもの。
特にバナナ味が好き。

カントリーマアムのあのさっくりしっとりな不思議食感はいつ食べても心地よいですね。
期間限定商品はどれも大当たりですし、地域限定商品でもすごく気になるのが揃ってて不二家さんのすごさを感じます。紫いも味とか美味しそうですけど九州限定みたいで残念ですw

これからいちかたちのスイーツ作りは上達していくのでしょうけど、そうしたら第二話、第四話みたいに派手に失敗するシーンもなくなってしまうのでしょうか。
あのポンコツっぷりに惚れた身としては嬉しいけどちょっと寂しい気もしますw

カントリーマァム

八咫烏(冬眠中) 様


多分ですけど、イギリスのお菓子「スコーン」から発想を得たお菓子だと思うのですけど、
あの表面はカリカリ、中はしっとりという王道的な美味しさがここまでのロングセラーになっているのかも
しれないですね。
是非是非一度食べてみてください! (笑)

いちかちゃんみたいなポンコツ娘ちゃんが作ってくれるお菓子ならば、少々焦げていても不味くても
「おいしい、おいしい!」とか言ってぜんぶ食べてあげたいものですね・・(笑)

不二家は私も大好きです!

MK 様


ぺヤングの時もそうでしたけど、
「何もここまで大袈裟に騒がなくてもいいのに・・マスコミは少し煽りすぎじゃないの・・?」と当時
苦々しく感じていたものですけど、なんとか以前のように復活してくれて
私も安堵しています・・(笑)

ルックやカントリーマァムみたいな誰からも愛される定番商品は、ずっとずっと後世まで受け継がれていって欲しいものですね!

バナナ味も美味しいですよね!

ちなみに私は夏限定のソフトクリーム味が大好きです! (笑)

あおいもいい子!!

schwert 様


カントリーマァムは不思議とある日突然食べたくなってしまう「なつかしさ」みたいなものが間違いなくあると
思いますし、あの味そのものが、私たちのソウルフードになっていると言えているとも感じますし、
誰からも愛される商品の理由と言えるのかもしれないですね。

山梨の地域限定の「信玄餅味」のカントリーマァムは、ぜひもう一度食べてみたい味ですね! (笑)

いちかちゃんのあのポンコツ可愛らしさは、本当に惚れ惚れするものがありますし、
特に第8話のあの大炎上はとても楽しかったです!
あのシーンで、あきらさんも真っ黒こげになっていましたけど、あきらもああいうボケ役も出来るのですね! (笑)
だけどあの後、嫌な顔一つせずに片付け&モップの拭き掃除をしているあおいちゃんも素敵でしたし、
力任せに椅子やオブジェを放り投げる様子がとっても可愛かったです!!

こうやって見てみると、ポンコツ・ポンコツと言われながらも本編でも何度も普通に美味しそうなケーキを
焼き上げていたハピネスのめぐみは、意外と優秀なのかもしれないですね・・(笑)

時々限定味が出るとつい買ってしまう
カントリーマアムですね(^ ^)
ご当地味とかも旅行に行くとつい見ちゃいますね。

いつも思うのですが、
料理やお菓子作りを結構されていますよね^_^
どちらも完成を考えながら作ると
楽しいですよね(^。^)

男の子は一度ぐらいは一人暮らしはすべきなのかも・・・(笑)

kirakiya.rumari 様


カントリーマァムは本当に美味しいし定番おやつですよね!

地域限定で印象的なのは山梨の「信玄餅カントリーマァム」でした!

あの黒蜜仕様はとても印象的でしたし、甘くておいしかったです。

いやいや、私が多少は料理とかするのは、親元離れて結婚するまではずっと一人暮らしで
会社の寮に入っていた時以外は、
結構自炊もやっていましたので、その時になんとなく身についてしまった・・という感じですね。

結婚するまでずっと親元にいた男の子というのは、大抵の場合、家事も料理も何もやらない人が
多いと思いますので、
男の子は結婚前に一度は一人暮らしをすべきなのかもしれないですね・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3538-7e036412
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |