プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


今年に入って当ブログにおきましては、dream fantasy
管理人様のアミグリさんが描かれたフランちゃん・こいしちゃん、そして今月は二回に渡って妖夢特集を
させて頂きましたが、多くの皆様にあの特集記事をご覧頂けた事に深く深く感謝申し上げさせて頂きたいと思います。
数多くのアクセス、多くの皆様からの温かい拍手、そして多くの温かいコメントを頂きありがとうございました!

あんなにも素敵にアミグリさんの描いた東方イラストを褒めて頂き、アミグリさんへの励ましのお言葉を
頂けた事に改めてこの場を借りて改めて御礼申し上げたいと思います。

ちなみにアミグリさんが描かれた 「アミグリさんのフランちゃん祭り」 を再度ご覧になりたい方は、是非是非こちらからお入りください!!

→ 「アミグリさんのフランちゃん祭り」

そしてそして・・・改めてですけど・・・
アミグリさんが描かれた アミグリさんのこいしちゃん祭り を再度ご覧になりたい方は、是非こちらよりお入り頂ければ幸いです!

→ アミグリさんのこいしちゃん祭り

更に更に・・・アミグリさんが描かれた アミグリさんの妖夢祭り Ⅰ をもう一度ご覧になりたい方は、是非こちらをご覧ください!

アミグリさんの妖夢祭り Ⅰ

そして アミグリさんの妖夢祭り Ⅱ をご覧になりたい方は是非ここからお入りください!

→ アミグリさんの妖夢祭り Ⅱ

多くの東方絵師様が既にたくさんの素晴らしきフランちゃんやこいしちゃんや妖夢を描かれているのは
私も百も承知なのですけど、
以前も書いた通り私はアミグリさんが描かれるフランちゃんがやこいしちゃん・妖夢が一番大好きですし、
少なくとも私の中では「マイ・ベスト・東方絵師」は、アミグリさんじゃないのかな・・・?とすら感じておりますし、
とにかく尊敬をさせて頂いている素晴らしき東方絵師様だと思っています。
(もちろん、アミグリさんの素晴らしき作品は別に東方作品だけではありませんし、それを立証させて頂くために、
昨年から今年にかけて、アミグリさんが描かれた東方以外の版権作品特集やオリジナル作品特集もさせて
頂いております!)

そしてこれは事前の宣伝と言うのか、告知記事でもあるのですけど、フランドール・こいし・妖夢の3人以外でも
アミグリさんの得意キャラというのか、アミグリさん自身が東方作品の中では、
かなり得意とされていて相当以前から描かれ続けているキャラも他にも何人もいたりするのですが、
その代表例がチルノ・十六夜咲夜・霊夢・魔理沙などなのかな・・・?とも思っております。

そしてその中において特に目立っているのが、東方屈指のおバカさん妖精であるのですけど、
その可愛らしさは東方でも随一と既に東方では不動の地位を築いているといっても過言ではない「チルノ」
なのだと思います。
アミグリさん自身も、dream fantasyの開設初期の頃から
実はこのチルノをかなり描かれていて、、dream fantasy
中でも「チルノ――! 愛しているよぉー!」などと叫ばれておりまして(笑)
上記の三人のキャラと同じくらいの「チルノ愛」をとっても素敵に感じたりもしています(笑・・)

最近も同じような事を書いていたと思いますが(滝汗・・!)
これまでのフランちゃん・こいしちゃん・妖夢同様にとにかく多彩で自由自在なチルノに溢れていると思いますし、
まるでチルノの宝箱をひっくり返したようなヴァラエティーに富んだチルノがそこにはいっぱい一杯います!

そうした訳で、是非是非アミグリさんが描かれた「チルノ」も当プログで特集させて頂きたいと思い、
またまたアミグリさんに転載&ご紹介のお願いをさせて頂いたところ、
今回も快諾をして頂きましたので、
本日ではないのですけど、来月早々に「アミグリさんが描かれたチルノ特集」を開催させて頂き、
ちょっとした「チルノ祭り」を開催させて頂きたいと思います。

皆様に見て頂きたいチルノが山のようにありますので、前回の妖夢同様に
2回に分けて「アミグリさんが描かれたチルノ」をご紹介をさせて頂きたいと思います。
チルノは、公式でも⑨=おバカさんという認定を唯一受けているキャラでもありますので、
本来でしたら、4月1日の「4月バカ」(エイプリルフール)の日に、チルノ特集の第一回目をさせて頂くべきなのかなぁ・・と
当初は思っていたのですけど、そんな事をしてしまいますと、チルノから
「あたいはおバカじゃないもん!」と怒られてしまいそうですので(笑・・)
まず第一回目のチルノ特集を4/2(日)にさせて頂き、続きまして
第二回目のチルノ特集を4/9(日))に開催させて頂きますので、
当日は是非当ブログにお立ち寄り頂けるととっても嬉しいです!

今回も何卒宜しくお願いいたします!!

チルノは、本当に「愛されキャラ」ですし、あのおバカさんぶりとか
「あたいったら最強ね!」の言葉に代表される通り、本当はポンコツ妖精ちゃんなんですけど、少し強がっている所とか
可愛くて可愛くてたまらない!という雰囲気が最高です!
チルノは「冷気を操る妖精」という事で、チルノの周辺は寒くてさむくて堪らないという設定ではありますけど、
なんかああいう可愛らしさを目の当たりにしてしまうと、
今すぐチルノをとっつかまえてきて、頬をすりすりしたいような「愛くるしさ」があると思います。
チルノの言動はまさに「ポンコツ」以外の何者でもないのかもしれないですし、
チルノがなにかやらかす度に、そうですね・・それを見ている方も
「ま・・・またあの頭の悪い妖精ちゃんが何かやらかしたのね・・くすっ・・」みたいな雰囲気にさせてしまうのは、
これはまさにチルノの「人徳」という奴なのかもしれないですし、
まさに「チルノ愛されキャラ説」を立証していると思います。

そんな可愛いポンコツ妖精ちゃんのチルノをアミグリさんが描かれると一体どうなるのか・・・?

まずは4月2日の「チルノ特集 その①」をご覧になって頂きたいと思います。







最後に・・・

「え―ー、4/2の第一弾まで待てないよぉ――!」(泣・・)という皆様には、先行して一枚だけ転載をさせて頂きます!

上記のチルノはアミグリさんが2014年7月に描かれたチルノです。

このチルノは文句なく可愛いと思いますし、どちらかというと「おバカさん」という雰囲気ではなくて
いかにもアミグリさんが描かれたチルノらしい「可愛らしさ・ファンタジー感」に溢れていると思います。

4/2も4/9のチルノは、とにかく多彩で表情豊かなチルノをたくさんご覧頂けるのは間違いないと思いますので、
是非楽しみにして頂けるとありがたいです!
それでは、4月2日(日)と4月9日(日)の
アミグリさんが描かれた素晴らしきチルノ特集にて皆様をお待ち申し上げたいと思います。
何卒宜しくお願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3532-8c6b8878
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |